teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: Piper Cherokee 40

 投稿者:Voodoo  投稿日:2019年 2月11日(月)21時40分52秒
返信・引用 編集済
  インストラクションに従ってのんびりと進めています。

・胴体の組み立て
・サーボのレイアウト
・リンケージのレイアウト
・水平尾翼の接着
・垂直尾翼の接着

ラダーはピアノ線からワイヤーリンケージに変更します。
胴体のバルサ部材がどれもミディアムからハードで重いので、後部は一部肉抜きしようと思っています。

 
 

Lancaster

 投稿者:Voodoo  投稿日:2019年 2月 2日(土)18時02分47秒
返信・引用
  久しぶりにランカスターを飛ばしました。
天気が穏やかで楽しめました。
いつもナイスな画像をありがとうございます。
(撮影:K木さん)
 

Re: Piper Cherokee 40

 投稿者:Voodoo  投稿日:2019年 1月15日(火)00時49分54秒
返信・引用 編集済
  オレオ付ギアへの変更、防火壁の穴あけ、尾翼の作成など行いました。
エンジンマウントは、横置きだとカウリングからのはみ出しが大きくなるので、
倒立に変更しました。

・キット付属のギアを切断し、4mmシャフトとして利用
・オレオ付きギアの長さが長いため、各10mmほどグラインダーで切断
・回り止めのイモネジ2個のうち1個が切断部分にあるため、残った1個の90度横位置にタップを切りイモネジ取り付け
・オレオに付属のスプリングが固すぎるため、やわらかめのスプリングに交換

・倒立レイアウトで防火壁にエンジンマウント仮止め
・ノーズギアの仮止め
・燃料パイプ用、スロットルリンケージ用、ステアリングリンケージ用などの穴あけ

・水平尾翼、垂直尾翼の組み立てとサンディング
 

Piper Cherokee 40

 投稿者:Voodoo  投稿日:2019年 1月10日(木)00時19分20秒
返信・引用
  次はパイパー チェロキーにしました。20年以上前のGreat Planesのセミスケールバルサキットです。(翼幅は60インチ=1524mm)

インストラクションに4st 40~60とあるので、手持ちのOS FS48をサイドマウントで搭載予定です。
ただ、後部キャブレターでエンジンの全長が長く、カウリングをはみ出してしまうので、
防火壁位置を15mmほど奥に変更しようと思います。
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年12月31日(月)01時02分21秒
返信・引用 編集済
  haさんにmovieを撮影してもらいました。いつもありがとうございます。
製作画像とあわせてyoutubeにまとめてみました。



これで一区切りです。ぎりぎり年内にまにあいました。

 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年12月30日(日)00時08分14秒
返信・引用
  2回目のテストフライトを行い調整しました。
今日は晴れていたので青空をバックに写真を撮ってもらいました。

・動力用バッテリーで受信機用も兼用し、重量は1898gに軽量化できました。(11.1V 2700mAh 込み)
・重心を図面指定位置60㎜にしてみましたが、やや不安定になりフレアー操作も難しくなったので、1回目テスト時の50mmに戻しました。こちらのほうがよさそうです。

これで調整も終了です。大切に丁寧に飛ばしたいです。

飛行画像:K木さん(いつもありがとうございます)

 

Re: コンステレーションおめでとうございます。

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年12月25日(火)23時24分25秒
返信・引用 編集済
  GRAYさん、こんばんは。

2年経過してしまいました。不定期のアップにお付き合いありがとうございました。
1ヶ月以上なにもしない、や、ドーントレスを先に作ったり、と、途中で飽きています。
でもあきらめないので、2年もたってしまいましたが、完了できてホッとしています。

コニーは旅客機型は、見たことがありませんが、米軍の偵察機型は厚木や横田に飛来しているのを
見た記憶があります(胴体の上に大きな墓石みたいなのが立っているタイプ)。
三枚尾翼を持ち、滑らかで複雑な曲線を描く優雅な胴体形状など、レシプロ旅客機の中で
一番美しいと感じる飛行機です。

それを作れて、無事フライトできたので、とりあえず一丁上がった感じですが、
初飛行での改善点を対応しています。

・ノーズステリングの角度が少なすぎるので、ホーン穴位置をずらす。
 (ラダー連動ですが、ラダーのエンドポイントを少なくする必要があり影響がでた)
・2番ナセルの主翼上面にフィットするカーブが合っていないので、削ってあわせる。
 (単体では合っていたのですが、前方から円筒形ナセルをかぶせると力がかかりすこしゆがむため)
・CGは指定よりやや前でしたので、バッテリー位置を後方にずらす。
 (念のため前縁から60mm指定のところ50mm付近でテストしたが、指定位置でよさそう)
・左主脚が格納時に引っかかって完全には引き込んでいないことがあり、調整する。
 (ナセル内に配線したアンプ信号線のテープ止めが剥がれて、タイヤと干渉したため)
・受信機/サーボ用バッテリ―を廃止し、動力用バッテリーから分岐させ軽量化を図る。
 (モーターの電力消費が心配で、別バッテリーでテストしたが、5,6分の飛行で50%残と余裕あったので、別バッテリーは搭載しないこととし、60gほどの軽量化を行う)

などなど、もう少し作業があります。
 

コンステレーションおめでとうございます。

 投稿者:GRAY  投稿日:2018年12月25日(火)09時48分10秒
返信・引用
  初飛行大成功でしたね。haさんのブログでVTR拝見しました。まぁ粘り強いお方ですねぇ。2年間よく飽きずに? 続きましたねぇ。流石竹谷さんですね。
おめでとうございます。
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年12月24日(月)15時22分14秒
返信・引用 編集済
  完成したので、飛ばしてきました。
曇りですが、風はなくテストには好条件でした。

バッテリー: 動力用 11.1V 2700mAh +  受信機/サーボ用 7.4V 1000mAh
重量(機体のみ): 1674g
重量(バッテリー込): 1956g

ということで、2kg以内に収まりました。

4発の加速、引きは十分で、20mほどで軽々と浅い角度で上昇します。
トリムをとった後は、実に穏やかな挙動で素直にまっすぐ飛行でき、
旋回も巻き込む気配はなく、実に飛ばしやすい機体でした。
胴体が長いせいか、エレベーターの効きも緩慢な感じで、しっとりしています。
このため、接地直前のフレアーは早め、多めの操作が必要など、いろいろわかりました。
着陸進入でフラップを下げ、やや機首下げ姿勢でゆっくり降下してくる様子は、ぞくぞくします。

やっと工房が空きました。次の機体を考えます。

飛行画像:K木さん(いつもありがとうございます)

>
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年12月21日(金)00時40分6秒
返信・引用 編集済
  フィレットは、バルサを成型して塗装しています。
懸案だったフィレットの取り付けを行いました。

 ・フィレット前部は、主翼フィルム上に両面テープ止め
 ・フィレット後部は、ピアノ線2本のガイドと、ネオジ磁石1個でフィレット前部に結合

フィレット前部にサラ木ネジを取り付け、フィレット後部の磁石と結合します。
フィレット後部は取り外せるので、運搬時などに便利です。

主翼上面にある黒ラインもテープを貼りました。
100円ショップにあった、「ホワイトボード用ラインテープ 幅2㎜」を使いました。
耐久性などはこれからですが、塗装していないフィルムにしっかり張りついているようです。
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年12月16日(日)21時58分1秒
返信・引用
  デカールを貼り、尾翼を取り付けると、いかにもコニーらしい優雅な胴体が楽しめます。

・客室窓34個(左側16個、右側18個)貼りつけ
・機首上部のアンテナ製作、取り付け
・ラダーリンケージ
・エレベーターリンケージ
・尾部の発砲ブロック製作、取り付け

などを進めました。

 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年12月 9日(日)18時39分43秒
返信・引用
  水転写デカールは貼り終えて、仕上げの段階です。

・水転写デカール乾燥後、艶消しクリアーを薄くスプレーしてデカール表面を水分から保護
・客室窓をステカで作成し、とりあえず3枚貼りつけ
・前部ドアをテンプレートを作成し、鉛筆で描画
・前部ドア上部の小さなTWAマークをステカで作成し貼り付け

あと33個くらい窓を貼っていきます。


 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年12月 2日(日)19時06分20秒
返信・引用 編集済
  引き続きデカール作業中で、扱いには慣れてきましたが、胴体ライン貼りつけなどは時間がかかりぐったりします。
実機の客室窓は角にアールのある横長のようです。キットのデカールは正方形なので、ステカで黒シートを切り抜いて作ることにします。

 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年11月28日(水)23時13分39秒
返信・引用
  いよいよデカール貼りですが、ちょっと曲者の水転写デカールです。
 ・印刷面側に水がつくと表面が軟弱になり、すこし指で押しただけでデカールが崩壊する
 ・糊の粘着性が弱く、乾いてから浮いてくる
など、困ったデカールです。
ただ失敗を想定してか倍以上入っています。

このため、
 ・デカール裏側だけ湿らせて、印刷面には水をつけないようにし、時間をかけて台紙から剥離させる。
 ・乾いてから浮いてきた部分には、事務用糊を水で溶いたものを塗布して再度貼り付ける
など処置しながら、尾翼のデカールを貼りました。

また、胴体下部のバッテリーハッチを作成/塗装しました。マグネットで脱着です。
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年11月19日(月)01時47分9秒
返信・引用
  胴体の塗装を進めました。

> ・白フィルムの重なり部分が結構目立つので、全体を白で塗装してから、下面はシルバーで塗装します。
→実施

> ・機首先端のレドーム部分は、クリアラッカーと目止め剤で塗装/サンディングしてから、黒艶消しで塗装します。
→実施

> ・キャノピーが別パーツになっているのですが、厚みがあるのでできるだけ段差が目立たないようエッジを薄くしていきます。
→開口部より大きくカットしてかぶせるのが指示ですが、エッジを薄くしても段差が目立つので、
 開口部丁度に合うようにカットしてビス止めすることにしました。

 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年10月27日(土)10時57分35秒
返信・引用 編集済
  胴体のフィルム貼りをしました。
ほとんどどこをとっても三次曲面みたいな胴体なので、小分けに貼っていくしかなさそうです。
プランク材はサンディングでやや薄くなっているので、あまり収縮が強いとキールの線が目立つようにもなりほどほどの収縮に抑えます。

・白フィルムの重なり部分が結構目立つので、全体を白で塗装してから、下面はシルバーで塗装します。
・機首先端のレドーム部分は、クリアラッカーと目止め剤で塗装/サンディングしてから、黒艶消しで塗装します。
・キャノピーが別パーツになっているのですが、厚みがあるのでできるだけ段差が目立たないようエッジを薄くしていきます。

など、さっさと進めていきたいところです。
 

Re: お疲れ様でした!

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年10月11日(木)00時02分53秒
返信・引用
  今日は、よいコンディションで楽しめてよかったですね。
F4はいいフォルムと質感、音で、かつフライトも安心して楽しめるいい機体と思いました。
かつて、こういうのがあるといいなと思っていた製品が、実際に手にはいるようになった印象があります。
予備にもう一機いかがでしょうか。



 

お疲れ様でした!

 投稿者:ha  投稿日:2018年10月10日(水)21時24分33秒
返信・引用
  Voodooさん こんばんは!
今日はちょっと変わった居酒屋風ミーティング…楽しかったです。
お陰様でF-4もクラブ飛行場で無事にフライトすることができ有意義な一日でした。
帰りには懐かしい機体達を見ることができ、美味しい珈琲までいただきありがとうございました。
次回はDHC-2の雄姿を見せてください。
 

Re: 次回もよろしくです!

 投稿者:Voodoo  投稿日:2018年10月 9日(火)01時04分15秒
返信・引用
  いつも撮影ありがとうございます。
この時期は、稲穂が黄金色で、SuperScorpionの色合いとマッチしていますね。
DHC2 BEAVERもゆっくりと飛びました。
(撮影:K木さん)

 

次回もよろしくです!

 投稿者:ha  投稿日:2018年10月 6日(土)21時50分49秒
返信・引用
  Voodooさん こんばんは!
今日もありがとうございました。一日有意義にすごせました。
次回もよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/78