投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


トン知小話

 投稿者:島田直彦  投稿日:2018年 1月 6日(土)13時25分35秒
  新年おめでとうございます。
  皆さん今年は「第30回記念演奏会」の記念すべき年です。お互い頑張りましょう。
  初笑いに「トン知小話」をご紹介します。どうぞご笑覧ください。(バス 島田直彦)



                 短編推理小説 「豚のハナ園」(短縮版)
               かずかずのジョーク、小話で周囲のものを楽しませてきた中で、
               最高傑作と云われるのがこれ。フルバージョンは増補に増補を
               重ねてかなり長いので、ここに短縮版で紹介する。

                                 トン游亭チャーシュー作

〇景色のいい丘の上に、2,000頭の豚が住む豚舎(とんしゃ)がありました。夜になると、
 豚たちはどこで眠るでしょう?・・・・・・・・・・・・・ハイ、正解はトンネルです。

〇2,000頭の豚の中に、太郎クンというハンサムな青年がいて、彼はハナ子さんという
 美しい娘さんに恋をしました。晴れて二人は恋人同士。しかし、ある晩のことです。猪の
 イノ次郎が豚舎を襲い、ハナ子さんを連れ出そうとしたので、太郎クンは敢然と立ち向か
 いました。1時間に及ぶ死闘の末、敗れてハナ子さんを失ったのはどっちだったでしょう?
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・トンカツって食べたことありますか?

〇二人はめでたく結婚して、珠のような豚の赤ちゃんが生まれました。生まれたばかりの豚
 の赤ちゃんを、イギリスでは何と言うでしょう?・・・・・・・中学で教わった筈ですよ。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・答えは、ニュートンです。

〇さて、豚ほどナゾナゾ好きな動物はいません。豚舎の管理人が5時に家に帰った後、暗闇
 の中で、豚たちはナゾナゾをしているんです。たとえば・・・ミシシッピー川の両岸に住
 む野生の豚の所有権を、フランスと争ったアメリカ大統領は誰でしょう?・・・けっこう
 高級なナゾナゾですね。答えは・・・・・・・・・・・・・・・ワシントン大統領でした。

〇こうして楽しく暮らしてきた豚たちでしたが、ある朝、豚舎の経営者が数えてみると、2,
 000頭いたはずが1,990頭しかいませんでした。あとの10頭はどうしたのでしょ
 う。?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そう、トン走したんですね。

〇ある朝のこと、経営者が豚舎に行ってみると、1,990頭の豚が全員倒れていました。
 すぐに獣医を呼びましたが、全員コト切れていました。彼らはどうして死んだのでしょう?
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・トン死したんですね。

〇そのため豚舎は倒産してしまいました。豚舎がなくなった景色のいい丘に、ブルドーザー
 がやってきました。人々が驚いて、何を造るのか尋ねました。すると経営者が答えました。
 「素敵なホテルが建つんですよ。」 え? 何ていうホテルですか?・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい、ヒルトンホテルですね。

〇以上のような豚に関するナゾナゾ総称して、日本語で何というでしょう。そう、トン知で
 すね。短編推理小説「豚のハナ園」はこれでおしまいです。  ありがとうございました。

 
 

どうぞよろしくお願い致します

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2018年 1月 4日(木)22時12分17秒
  初春のお喜びを申しあげます

   

平成30年戌年が穏やかなお天気に恵まれて始まりました
本年もどうぞよろしくお願い致します

上の土鈴はムジカおさらぎの誕生日プレゼントです
向かって左が平成6年に母がいただいた干支の戌
そして
右が平成18年に母と私、二人でいただいた戌

今年の戌のプレゼントは私の誕生月、2月にいただける予定です
私にとってムジカおさらぎと共に過ごす歴史の一つになっています

さて
その次、12年後にいただく戌の誕生日プレゼント
いったい私は幾つになっているの??

私の年+12=計算不能!!

元気で!この私がいただけますように♪
嫁と一緒なぁんて事も考えていますが・・どうでしょう

みなさまのすぐそばにあるしあわせの数々
たくさん見つかりますように
                   祈り
 

今年もよろしくお願いします

 投稿者:シブスト  投稿日:2018年 1月 2日(火)12時30分27秒
  新年おめでとうございます。大きな節目の第30回定期演奏会に向けて楽しく頑張りましょう。  

なまずのふろや

 投稿者:肖像君  投稿日:2018年 1月 1日(月)08時18分52秒
  新実徳英著「うたの不思議」の中で、「どじょうが死んだら蛍どんになる」とか「なまずが死んだら泥亀になる」などは、私にも、良くわかりませんね。いずれも、雁さん一流のイメージの飛翔と言葉の遊びではないでしょうか。」と書いています。ですから、先生方のご指導のように、この歌は現実離れな感じ、破天荒な感じで歌う作品のようです。所で、私は本物のナマズを見たことはありません。調べてみました。鯉目の淡水魚、体は大きい物で、体長50㎝に達する。頭部は、扁平で、口は大きく、4本の長い口ひげがある。池、川に住むそうです。所で今は、平成30年1月1日、午前8時15分、「明けまして、おめでとうございます。昨年中は、大変、お世話になりました。本年も宜しくお願いいたします。先生方はじめ、皆様の今年一年幸多き事を願っております。
 

Marry Christmas!

 投稿者:シブスト  投稿日:2017年12月25日(月)09時20分39秒
  クリスマスイヴの夜、みなとみらいはすごい人出でした。  

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2017年12月17日(日)16時06分15秒
編集済
  歌のサロンのぺージを更新しました。
ここをクリックしてご覧ください。
 

知らなかったお部屋

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2017年12月11日(月)22時52分22秒
  ムジカおさらぎがお世話になっている鎌倉生涯学習センター
その一角に出来たスペース。

ちょっと前までは世界遺産登録を目指していた鎌倉市が
その宣伝を掲示してあるコーナーでした。


   

新しく出来たコーナーは
一人ひとりが個別に書き物や読み物が出来るように簡単な仕切りがあり
それぞれに手元灯りがつくようになっています。

掲示を読んでみると
玉縄青少年センターで青少年のアイデアから生れたようです。
アイデアを出した子供達の脳も柔らかですが
そのアイデアを形にして利用できるようにした大人との連係プレーの賜物だと嬉しかったです。

    
このコーナーの隅に申し込み用紙が置かれていて
誰でも申し込みさえすれば利用できるようになっているのも又うれしいですね

以前、鎌倉中央図書館の司書の方が
「学校に行きたくなかったらここに来てても良いんだよ」と
悩みがあって学校に行かれなくなっている児童へのメッセージを発信したことが
話題になったことがありました。

死ぬほど嫌なことがあったら、死んじゃおうなんて思わないでひとまずその場から離れてごらん♪
居場所のない子供達を見守ってくれる場所として図書館が名乗りを上げてくれた事を、
子供の悩みを察知したいと、
悩んでいる子供の味方になりたいと考えてくれたことを、
心強く思った出来事でした。

たくさんの利用の仕方があるでしょう。
宿題をしたり、手紙を書いたり・・
それから?
それから?
どうぞみんな達のお好きなように!

公共のスペースを「ご自由にどうぞ!」などと言われた経験が少ない私は
脳の活性化からはじめなければなりません。

皆さんもどうぞこのスペースを有効にご利用ください♪
それにしても・・このコーナーに気がつく方がどの位あるでしょう?
必要とする人々が多いほうがいいのか・・少ないほうが良いのか・・それも問題ですかしらね?
 

第30回定期演奏会に向けて

 投稿者:おせっかい  投稿日:2017年11月23日(木)13時36分46秒
編集済
  北風とともに第30回定期演奏会が近づいてきています。

楽譜について
楽譜の見える所にパートと名前の記入。
心覚えの箇所へのマークや自分の歌うところへの下線引き、楽譜の整理など
皆さんの準備はいかがでしょうか?

比較的新しい団員は古い楽譜がないと思います。
必要な方は遠慮なく役員まで声をかけてください。
また、読みや疑問などがある方も役員に気兼ねなく聞いてください。
楽譜係という担当もあります。

なお、記念誌用の原稿が未提出の方は、できるだけ早く提出してください。
基本的に全員が提出することになっているはずです。

今後、製本化するには担当役員は莫大な時間とエネルギーが必要でしょう。
早めの提出をよろしくお願いします。
 

お散歩日和

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2017年11月19日(日)22時05分21秒
  鎌倉駅周辺
時の流れとともに緑が少なくなっています
駐車場も多くなりました

お散歩途中にある川
まい進する車を避けながら見下ろすと
すぐ近くに小サギがついとすまして佇んでいました

見て!
私の姿を見て!!
小サギが飛び立ちました
   
私と小サギだけの世界が広がりました

ほんの一瞬のシャッターチャンス
首からカメラをぶら下げていたのはラッキーでした
もっと良いシチュエーションがあったはずなのになどと言いません
満足な心を温めながら帰宅しました

出来たてほやほやの町
古い古い田舎の町も大都会も
それぞれの楽しさがあり歴史があり
その歴史はこれから先もずっとつながっていくという
当たり前と言えば当たり前のことにようやく気がつきました

あなたの町のあなたの傍の ”楽しい ”をどうぞたくさん見つけてください
そして見つけたお楽しみをハンブンコ
分けてください

ハンブンコ÷みんな達=いっぱい
 

11月歌のサロンを更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2017年11月19日(日)19時43分43秒
編集済
  歌のサロン11月1日号を更新しました。

ヴァイオリン独奏 小笠原伸子さん
ピアノ独奏    北原葉子さん
素晴らしい演奏を動画、アルバム、スライドショーで
お楽しみください。
次回は11月29日です。

ココをクリックしてご覧ください。
 

興味深い町の探検隊(パート2)

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2017年11月16日(木)00時18分30秒
  前回の探検隊報告から日にちが経ってしまいました

練習会場と同じフロアにある『情報フォーラム』
   

何となく入りにくい雰囲気ですが
入ってみると自由な空間が広がり、ゆっくりと館内の本を広げるスペースがあり
書き物をしたり調べものをする人も見受けられます

本棚を眺めると蔵書の種類がユニークです
在日外国人の子供達に日本を紹介する本や教科書と並んで
ちょっと変わった先生用の指導書などもあります

目に止まった一冊
〔おもしろ漢字ドリル〕(面白漢字ドリルとは違います)

うなずく事が分からないサイン
使わない言葉は忘れる

タイトルに引かれて読み進むと
子供達への問答集がありました

例えばこんな具合です
 筆と箱を足すとなぁに?
 雨と傘だとなぁに?
 じゃぁ
 古いと新聞だったら?

思い浮かぶ答えを子供達が次々と答えます
 ふでばこ! あまがさ! ふるしんぶん・・古紙回収?

だんだん怪しくなります
 早い足す飲み込むは・・・
 しばらく考えて
 一気飲み!
 正解は早飲み込み

正解とならなくても、子供なりに懸命に考えたことがよく分かります
こういう授業が展開したら子供達は楽しいだろうなと
この教科を好きになるだろうなと思いました

ムジカの練習
♪なまずこのほど 風呂屋を始めた♪
んっ?いったいなぁに??
思いがけない歌詞に首をかしげ

♪恋の種 うめたので♪
初心な時代もあったわよねぇ~
淡い恋心を抱いた若い日を懐かしんだり

ムジカに出会い
「歌詞の意味を分かってます?」
「ピアノ 聞こえてます?」
散々ご注意を受けながら
アハハと笑って通過

人生って楽しくて思いがけないことがたくさん起きるものですね
思いがけなく脱線しました



 

重ねてよろしく!

 投稿者:JS  投稿日:2017年11月12日(日)14時51分59秒
  ぴろりん様
さっそくお返事いただきありがとうございました。スタバは私も3回目から参加していますので、多分お目に掛かれば「あらら…」ってことでしょう。初めての参加と言っても、沢山お顔なじみがいてとても心強く思っています。先日参加予定だったのに風邪で出られなかったYYさん共々、みなさ~ん!どうぞよろしく!!
 

ようこそ♪

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2017年11月11日(土)21時57分17秒
編集済
  JSさま
こんにちは
数ある合唱団の中から鎌倉混声合唱団ムジカおさらぎをお選びいただき嬉しいです。
こちらこそどうぞよろしくお願い致します。

私もカトリック雪ノ下教会での演奏会で『スタバトマーテル』を第2回目から歌っています。
もしかして・・すでにお知り合い?かしら?
あれこれ想像しながらお目にかかれるのを楽しみにしております。

「若い方々が60歳になったら入りたいと思えるような合唱団であり続けましょう」
佐藤ゆり先生の言葉です。

こちら↓は私のブログです。
ぴーちゃんのひとりごと
サイドメニューの左側に、今までに配布されたつながり合唱団の演奏会のお知らせ、
右側にムジカの練習風景へのリンクを、そして真中は日々のつぶやきを書いています。

よろしければクリックしてご覧になってください。
 

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2017年11月11日(土)16時37分25秒
  ムジカおさらぎのホームページ「演奏会のお知らせ」に
「第59回鎌倉市民合唱祭」の報告を載せました。

ここをクリックして、「トップページ」を開いて、
「演奏会のお知らせ」をご覧ください。
 

どうぞよろしく!

 投稿者:JSメール  投稿日:2017年11月11日(土)09時07分47秒
   この合唱団は、もう20年も前から知っていました。そのころは私も50代で若く、合唱連盟の定期演奏会で舞台からはみ出しそうなお年寄りの集団に「すご~い!」と思っていました。
 時が流れ、代表の佐藤先生とも知り合い何かとお世話になっていますが、最近は毎秋「スタバトマーテル」を歌うくらいで歌うことから遠ざかっていました。昔一緒に歌っていた友達もそう思っていたらしく、「ねっ!ムジカに入らない?」と言うことになり、昨日から参加させていただくことになりました。昨日のモツレクは、皆さんもう何年も歌ってこられた由、ホールが割れんばかりですごい迫力ですね!初めての曲で譜を追うのがやっとでしたが、本当に楽しいひと時でした。もうすっかり団員の資格充分の年齢になり、いくつになっても歌える指導をして下さる佐藤先生を頼りにこれから頑張りますので、どうそ宜しくお願い致します。
 

黄葉の奥日光

 投稿者:シブスト  投稿日:2017年11月 9日(木)10時02分55秒
編集済
  秋を求めて奥日光に行きました。今年の紅葉は早く進み、台風の影響も受けて奥日光ではよい状態ではなかったのですが、カラマツなどの黄葉が美しく輝いていました。いろは坂では美しい紅葉を遠望しました。早朝の光徳沼ではヤチイボウズに霜が降りていました(最後の写真)。鎌倉でもほんの少し色づきが見られますが、見ごろは今月末あたりでしょう。
下のURLをクリックすると沢山の写真を見られます。

http://tnk125.blog.fc2.com/

 

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2017年11月 8日(水)21時28分12秒
  ムジカおさらぎのホームページ「演奏会のお知らせ」に
「第29回定期演奏会」の報告を載せました。

ここをクリックして、トップページを開いて、「演奏会のお知らせ」を
ご覧ください。
 

ラジオ体操、豆知識

 投稿者:肖像君  投稿日:2017年11月 4日(土)12時48分59秒
  先日、11月3日、むじかの練習の時、ゆり先生が「ラジオ体操やっている人は」と問われ、かなりの人が手を挙げました。そこで、(ラジオ体操豆知識)を一つ。これは2008年8月12日(火)の新聞記事に質問形式で出ていたものです。質問者「NHKのラジオ体操を作曲した人が亡くなったそうですね」答え{服部正さんですね。今月2日に100歳で亡くなられました。戦後の混乱期を経て、「だれでも、どこでも、出来る体操のピアノ伴奏曲作りを服部さんが依頼されたのです。放送は昭和26年に始まり翌年6月には、職場向けのラジオ体操第2が生まれています。質問者「ラジオ体操というと夏休みというイメージがありますね。答え「夏休みのラジオ体操は、旧郵政省の簡易保険局とNHKが、ラジオ体操を全国に普及させるためのキャンペーンだったわけです。そうすると、ラジオ体操がはじまったのは戦後ですか。答えいいえ。N
hkが最初に放送したのは昭和3年です。昭和天皇即位の大礼を目前に控えた記念事業として始まりました。米国の保険会社が放送していた健康体操がモデルだったそうです。ですからラジオ体操は80年の歴史があるのです。(今から計算すれば89年
 

来日演奏家の思い出

 投稿者:ヘ音記号  投稿日:2017年11月 3日(金)14時48分15秒
編集済
  昭和28年(1953年)4月。日本の音楽界は沸き返っていました。今から64年前のことです。ピアノの巨匠ギーゼキングと、バイオリンの名手シゲティが同時に来日していました。このチャンスをとらえ、二人の共演をという声が高まりました。その寸前までいきながら、実現は成らず残念でした。だが、幸運にも両者の演奏会を聴くことができました。

シゲティ(1892.9.5~1973.2.19 )は長身のハンガリー人。ギーゼキング(1895.11.5~1956.10.26)はずんぐりタイプのドイツ人。どちらも魅力的な音色で人を惹きつける演奏家でした。先行して来日のシゲティ初日演奏は3月5日。カルロ・ブゾッティのピアノ伴奏でラヴェル、バルトーク、バッハ、シューベルト等、熱演に継ぐ熱演でした。ついで、4月になると、東京交響楽団との共演でモーツアルトとベートーベンの協奏曲を演奏してくれました。詳しい記録がないので、指揮者が誰だったか、モーツアルトの何番だったかは忘れました。とにかく、これらの演奏が大変な評判であったため、帰国前に後楽園スタジアムで特別演奏会をやるという、おまけがついたほどです。内野席が200円というのも大受けでした。しかも、東響のオケ伴でメンデルスゾーンの協奏曲と、何日か前に亡くなったばかりのプロコフィエフ追悼を兼ねて、彼のバイオリン協奏曲1番を聴かせてくれました。ただし、内野の真ん中での演奏となれば、音響はよくないし、マイクとスピーカーを通した怪しげな音でしたが、それでも満足そうなお客さんの拍手となりました。

ギーゼキングのピアノ演奏も2回聴きました。シゲティに優る名演と思ったほどでした。日比谷公会堂の初日演奏は、運よく学生用の当日売り立見席(200円)が手に入りました。3階の通路階段に座って聴いた記憶が残っています。バッハ、ベートーベン、シューマン、ドビュッシーが弾かれ、なかでも、ベートーベンの最後のソナタ32番や、ドビュッシーの組曲「子供の領分」に興奮したのを覚えています。音の強弱幅が大きいこと。ペダルの効かせ方が効果的なこと。一つ一つの音のニュアンスや、和音それぞれに微妙な変化が感ぜられること等、これが本物のピアノの音だと思いました。さらに期待した2回目のコンサートは1等席を確保できたので、2階の前の方で聴くことができました。しかも、大変欲張ったプログラムで、ドビュッシーの前奏曲集1,2巻全曲と、ラヴェルの組曲「鏡」をバリバリ演奏してくれました。ピアノの音がこれほど心に強く響いた経験はいまだにありません。

1950年代、EMIの録音に、ギーゼキングの名演奏がたくさん残されていますが、なかでもドビュッシーの前奏曲集、全24曲の録音はモノーラルCDながら最高のものです。また、youtubeの1956年ライブ録音でラヴェルの鏡を聴くことができます。下記URLをチェックしてご覧ください。
    https://www.youtube.com/watch?v=YWXpQYGzQf
 

わが軍歴 

 投稿者:YURA  投稿日:2017年11月 1日(水)21時10分33秒
   私が島根県浜田市にあった陸軍歩兵第21連隊に入隊したのは昭和17年10月1日ののことであった。当時は前年に始った太平洋戦争に陸、海軍とも敗勢歴然たる状況であった。私等大学、高専の学生を半年繰り上げ卒業させ、幹部候補生要員として、速成教育を経て、将校、下士官に任命し、一日も早く前線に派遣せんとするものであった。
 私等新兵は早朝から日の暮れるまで猛演習に追いまくられて疲れ果て帰隊するや、「軍人精神注入」の美名のもと、古兵から眼もくらむようなビンタの嵐を浴びせられ、全く生き心地もしなかった。他の兵が幹部合格をめざして懸命に努力する姿を尻目に、上記の敗戦必至の状況を念頭に、私と常松之俊(戦後N響の首席チェリスト)ともう一人加えてひそかに談合、軍務をサボることで一致、望み通り幹部不適格の烙印を押された。
 その結果ほぼ半年後、新編成の歩兵大隊に編入されたが、その要員の大多数が予備役(以前召集され、一度帰還したもの)の30歳代の年配者達の部隊で、第一線の部隊が占領した地点を警備することを主たる任務とする第二線部隊であった。
 最初に駐屯したのは中国中部にある県庁所在地でその任務は付近の治安維持と、周辺に出没する共産軍の討伐で、分遣の小隊が討伐に敗れ、小隊長他2名が戦死する事件があった他はおおむね平穏無事であった。
 およそ一年後の18年6月北部中国に移動。新たな作戦命令による揚子江岸を目指しての行軍が始動した。数日後城壁に立て籠もった敵軍から突如猛烈な銃撃を浴びせられて即座に応戦、激闘数時間の末敵城を占領したが、大隊長以下多数の戦死傷兵がその犠牲となった。それ以後はおおむね無事の裡に目指す漢口に到着した。
 揚子江を渡ってからの行軍が超過酷で,文字通り「死の行軍」となった。7月の猛暑の炎天下、30キロの重装備に喘ぎながら行軍中、食糧などの補給が絶無となった。得意の現地調達も、数次の作戦で満目荒涼たる焼け野原が続くばかり。やむなく数日おきに大休止、10数キロ離れた部落で僅かな籾米(もみごめ)を徴発し辛うじて命をつなぎとめる有様。加えて米軍機の銃爆撃が次第にその度を加え、その犠牲になる兵馬が数知れず。そんな悪戦苦闘を重ねながらほぼ一ヵ月後に目的地に到着したが、極度の栄養失調による戦病死兵が後を絶たなかったのはまことに痛ましい限りであった。
 その後命令により駐屯地を移動する中に、昭和20年8月18日停戦命令が発せられ思わずホットした。ほぼ1年間の抑留生活を経て、21年7月2日鹿児島で約4年にわたる軍隊生活から無事復員した。
 追記:戦後出逢った中国正規軍の服装を見て仰天。米軍支給らしき迷彩服着用、驚いたことに自動小銃を手にしているではないか。それに引き替え、わが陸軍の小銃はなんと明治38年制式のいわゆる「サンパチ」式小銃で、5発装填、単発式の重い小銃。こんな兵器同士で撃ち合ったら、ひとたまりもないと大きな恐怖心にかられた。
 

/136