新着順:2/3100 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

練習風景(5月6日)

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2022年 5月11日(水)10時47分33秒
  通報
  はじめに定期演奏会の感想をお聞きしました。

ゆり先生
 ・座った場所によって音の具合は違うが
  背中を見せて歌うのだから上手くいかなくて当然。
  心配していたよりも音として良かった。
 ・舞台袖から舞台への出入りや控室から舞台袖への移動がなかったことは
  団員にとって良かったのではないか。
 ・団員はお客様状態で聞けた。

 座席がいつもより明るいので対面方式でのマイナス面を補足する意味で
 プログラムに歌詞を載せた。
 大ホールの利用人数制限(750人)にちょうど良い人数(約700人)となった。

高須先生
 ・長く苦しい状況だったけれど
  ピアノの演奏をみなさまに客席で聞いていただけたことは幸せでした。

望先生
  ひと言で言えば、はなまるの演奏だった
  舞台に乗りたくても乗れない方が沢山あった中で
  周りの方の理解を得て、勇気をもってこの会に参加してくれた。
  良かった。感謝している。
  この団をつなげるためにもお仲間を増やしていただきたい。

  本番は恵まれた形で迎えられ、お客様の拍手をいただけた。
  個人的には、初めて本番を振った。とても大きな世界だった。
  素晴らしかった。この会を繋いで行きたい。
  全てに於いてはなまるだった。

この後の練習について
 来年9月ぐらいに定期演奏会が出来るのではないか。
 いつもより時間がある。
 良い演奏を目指しましょう。

配布されたもの
  ・新しい楽譜。
  ・お預かりしている月謝のお知らせ。
  ・団員募集のチラシ
   こういう合唱団は日本にはない。
   たぶん世界にもないと思う。
   団が存続するという意味でも
   みんなで団員が増えるように頑張りましょう。

その他
  ・少し時間がかかるがCD・DVD出来る予定。
  ・映像についても編集してもらう予定。
  ・演奏会当日の各自の座席番号を記入した用紙。
   必ず提出すること。
  ・募金に協力を(3週間くらい出して置く予定)

 ※ハレルヤの楽譜を忘れずに持って来てください。
 
》記事一覧表示

新着順:2/3100 《前のページ | 次のページ》
/3100