新着順:117/3025 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

一緒に歌いました

 投稿者:佐っちゃん  投稿日:2020年 8月26日(水)17時09分56秒
  通報
   パソコンを開いたら、うれしい投稿が続けざまに入ってきました。
 シブストさん、逗子マリーナの夕景、きれいです。文章も素敵です。
 ソプラノさん、私も出不精で、家にばかりいます。ですから、yuri先生の「練習再開の方向」というお言葉、とってもうれしいです。

 今週の4曲。ふだんは歌わないのですが、今回は4曲とも、思わず一緒にく口ずさんでしまいました。
 「若者たち」…歌詞に励まされます。ムジカ再開の道が開けそうとのこと、老い人もまた歩き始めるのですね。
 ゆり先生の歌われた2曲。「あーおい目をした…」といきなり大きな口で始まったので、引き込まれて、私も思わず歌ってしまいました。何十年も横浜に住んだ者としては、哀愁や郷愁、またあの時代の香りも感じました。横浜の港や、山手の西洋館群一帯を思い浮かべて聴きました。昔、異人館で見た「青い目の人形展」も思い出しました。
 「知床旅情」。歌いやすいメロディーで、一緒に気持ちよく歌いました。

 クリックすると、次の動画がすぐ見られるしくみ、すごく便利です。
 アルちゃん、ぺぺちゃんの材木座海岸へのお散歩、出不精の私も一緒に行った気分でした。

 今週もありがとうございました。

<おまけ>
 前回のyuri先生の投稿にあったパラサウロロフスについて、その姿と鳴き声が気になり、暇なときに、調べてみました。すると、「後ろに伸びたトサカ…響かせるため」とか「鼻孔はトサカまで伸びていて、記憶に残る美しい鳴き声を出す」とか、合唱をたしなむ私たちにとっては、気になる記述が散見されました。
 恐竜をいろいろ調べているという人が、口と手のひらを上手に使って、鳴きまねをしていました。聞くとトロンボーンのよう。子供はまだトサカが短いので、高くかわいい声、大人は低く奥行きのある声でした。
 さらにびっくりしたのは、パラサウロロフスのぬいぐるみ、フィギュア、ロボットが各種、通販されていて、どれもなかなか、かわらしいのです。マニアには、人気の恐竜なのかもしれません。
 練習が再開されたら、この姿と声を思い出しながら、歌います。<おわり>

 
 
》記事一覧表示

新着順:117/3025 《前のページ | 次のページ》
/3025