新着順:133/3013 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

極上のひととき

 投稿者:佐っちゃん  投稿日:2020年 8月 5日(水)18時36分38秒
  通報
  毎週水曜日が、楽しみです。今週も、いい歌を4曲ありがとうございました。「さとうきび畑」…暑い夏が来ると、毎年あの大戦を想います。ことに沖縄の地上戦。切なく、泣けます。「やさしき愛の歌」…この曲を知りませんでしたが、優しくて懐かしくて、いい歌ですね。

シブストさん。庭のない私は、みずみずしくて美しい花の画像に釘付けです。ありがとうございます。

yuri先生の可笑しな話や望先生のクッキングには、思わずにんまりしてしまいました。

高須先生。私、猫ちゃんのだらっとした姿、大好きです。すごく癒されました。

 次は、私のくだらない話を聞いてください。
 コロナ禍と暑い夏を乗り切るために、昼食後に眠くなったら、30分ほどの午睡を楽しんでいます。風通しのよい北側の寝室の窓の外には、たくさんの樹々があり、アブラゼミ・ミンミンゼミ・ヒグラシがいっせいに鳴きしきっています。すごい音量のはずなのに、全くうるさいとは思わず、心地良いから不思議です。
 西洋人は虫の音を騒音ととらえるそうですが、日本人はそうではありません。西洋人とは反対側の脳で、とらえるからだそうです。1000年位前に書かれた「源氏物語」の中にも、登場人物たちが虫の音(ね)を悦ぶ様子が描かれ、また、蜩(ひぐらし)の叙述もかなり多いのです。昔から、日本人はそうだったのですね。
 というわけで、滴り落ちるようなセミの声に聞き入りつつ、極上のひとときを味わっています。




 
 
》記事一覧表示

新着順:133/3013 《前のページ | 次のページ》
/3013