teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/123 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

野際陽子のドラマ初出演は『悲の器』

 投稿者:太田代志朗  投稿日:2017年 6月28日(水)18時13分31秒
  通報 返信・引用 編集済
  テレビ朝日系の好評の昼ドラ「やすらぎ郷」(毎週月曜12:30~12:50)は倉本聡オリジナル作品。
これまでテレビ界に貢献をしてきた役者、監督、脚本家だけが老後に無料で入れる海辺の老人ホームに展開される波瀾の日々が面白い。
先ごろ亡くなった女優の野際陽子が、目下、好演(生前に収録済み)している。

その野際陽子のドラマ初出演は高橋和巳の『悲の器』であった。
1963年7月5日、出演は佐分利信らで演出:大山勝巳、TBS制作。
野際陽子の役は佐分利信の教え子としてで、NHKアナウンサー上りの新人、野際陽子が選ばれたらしい。

当日、高橋和巳は立命館大の文学部専任講師として夜の授業を受け持っていた。
しがって、その放送ドラマは見ることができなかった。
高橋和巳は文藝賞を受賞後の多忙を極めていた。
授業はよくサボリ、教授会もサボリ、文学部長の奈良本辰也は「二足のワラジははける」といい、助教授の梅原猛は何かと激励していた。

高橋和巳の梨木神社脇の研究室や吹田のアパートによくいっていた私は、しかとそのドラマを見て、すぐ感想文をしたためておくった。
後日、「授業がありテレビを見ることができず残念だったが、原作の意をくんだドラマだったと思っている」との返書があった。

今となっては、佐分利信いがいの出演者の記憶はまったくないのだが。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/123 《前のページ | 次のページ》
/123