teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: Douglas SBD-5 Dauntless ( VQ Models )

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 8月18日(金)21時57分48秒
返信・引用
  今回は、エンジンにしてみました。マニュアルには4ストロークだと60~70と記載があります。
カウリングからのはみ出しを少な目にしたいので、エンジンマウントからの高さが低そうな、OS FS62Vを選んでみました。新品のエンジンは久しぶりです。

面倒なカウリングの穴あけもなんとか終えて、リンケージや艤装にすすみます。
 
 

Re: Douglas SBD-5 Dauntless ( VQ Models )

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 8月16日(水)21時33分42秒
返信・引用 編集済
  >主脚オレオ部は少し斜めに取付けられており、その分、タイヤ主軸も斜めになっています。
> なんとか実機のように改造してみたくなります。

なんとか改造してみました。

・引込脚取付マウントの半分を斜めにカット&半分はクサビ型の土台をいれて傾斜をつける
・タイヤ主軸(4.5mm径)は、万力に固定してハンマーでたたいて、わずかに「くの字」に曲げる
・タイヤが斜めでもオレオに干渉しないよう、タイヤ主軸にカラーを入れる

もうすこしタイヤが薄ければよりフラットになりますが、まあよしとしましょう。
 

Re: Douglas SBD-5 Dauntless ( VQ Models )

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 8月14日(月)09時17分36秒
返信・引用
  主翼のダイブブレーキは上下に開く構造で、多数の丸穴と内側の赤が特徴的です。

引込脚ですが、キットではゼロ戦と同じく「内側」にタイヤがついています。
実機では、「外側」にタイヤがついており、格納するとタイヤ面が主翼下面とフラットに
なっています。このため、主脚オレオ部は少し斜めに取付けられており、その分、タイヤ
主軸も斜めになっています。
なんとか実機のように改造してみたくなります。

 

Douglas SBD-5 Dauntless ( VQ Models )

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 8月14日(月)09時06分48秒
返信・引用
  コニーの途中なのですが、いつものパターンでARFが割り込んできます。
米軍機のなかでは比較的柔らかいラインを持つ、ダグラスの偵察/急降下爆撃機ドーントレス(ベトナムのVQ Models製、スパン1.5m)です。
後部銃座などほどよいスケール感がありそうで、ダイブブレーキも可動になっておりそそるものがあります(ダイブブレーキを使うことはなさそうですが、余興みたいなものかなと…)。

 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 7月 8日(土)17時44分34秒
返信・引用 編集済
  どう引込脚へ改造するか、いつもなやましいところですが、考えを形にして仮組してみました。

・ナセルへタイヤを格納しますが、モーター用フレームの幅がせまく、ダブルタイヤと干渉するので、
 フレームを途中で切断し外側にバルサ板でフレームを張り出し
・フレーム固定のため、左右リブに10mm厚ほどのバルサブロック取り付け
・オレオ付き脚柱は汎用品ですが、数mm切断して長さを調整
・最も小型タイプの電動引込ユニット(3㎜用)ですが、脚柱が太くて格納時につかえてしまうので、
 脚柱を削るのとピンを斜めにすることに。
・これに伴い、ギア取付板を3㎜べニアで切り出し、ギアユニットは翼内に斜めに取り付け
・カウリングを仮組して干渉しないことを確認

などなど、楽しい製作です。
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 6月28日(水)00時27分27秒
返信・引用
  垂直尾翼を3枚とも整形して仮組みしてみました。胴体フレームに載せて様子見です。
丸みを帯びた尾翼の形状が、エレガントな雰囲気かもしれません。
まだ先は長いですが、とりあえず尾翼ができたので、次の工程の主翼に進みます。

 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 6月25日(日)17時10分45秒
返信・引用
  3枚の垂直尾翼は魅力的なのですが、製作はめんどうなところです。
オリジナルはプランクなしのフレームなのですが、フィルム貼った際にフレームが浮き出てしまうので、
スチレンフォームとバルサで作っています。(スチレンフォームにフィルム貼るのは実験済)

・垂直尾翼は、5㎜厚スチレンフォームから切り出し
・ラダーは、1.5㎜厚バルサをテーパー状に張り合わせ(中は中空)
・垂直尾翼固定補強用に竹ひごを2本追加(オリジナルは、バルサ面に接着)
・左右の尾翼は上下にわかれているので、コの字ピアノ線で連結

3枚のラダーを同時に動かすので、ヒンジは軽く動くものを使いました。
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 6月11日(日)15時15分20秒
返信・引用 編集済
  >尾翼の製作に移ります。

ちょっと忙しかったので、止まっていましたが、製作再開しました。

ラダー(3枚)のリンケージは、両サイドは真鍮パイプの半内装リンケージで、
中央ラダーは、ワイヤーリンケージという変則的な構成です。中央ラダーも
真鍮パイプ利用した半内装リンケージに変更することにしました。

・真鍮パイプの半内装リンケージを、中央ラダー用に上側にもホーンを出した
・水平尾翼は中央部と垂直尾翼取付帯の10mmほど以外は、プランクなしの図面ですが、剛性確保もしたく、
上面と下面前部、翼端上下を1.5mmバルサでプランク
・垂直尾翼取り付け部分を補強
・エレベーターもプランクなしの図面ですが、上面のみ1.5mmバルサ板に変更

垂直尾翼が3枚、水平尾翼の上(両サイドは下にも少し)に乗ってくるので、半内装リンケージなど
ちょっと面倒なところです。

 

Re: FMS A-10

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 5月27日(土)10時17分28秒
返信・引用
  ついに決断しましたね。
それにしても最近のはいい質感ですね~。ぜひ完璧な着陸をお願いします。
プラスチックチューブとイモネジでガトリング砲を作って、GWS A10を飛ばして
いた頃が懐かしいです。
 

FMS A-10

 投稿者:ha  投稿日:2017年 5月26日(金)20時12分33秒
返信・引用
  Voodooさん こんばんは!
FMS A-10本日到着しました! なかなか質感も良く良い感じの機体です!
クラブ飛行場でもフライト可能な大きさで、初フライトが楽しみです!
 

Re: これってありですか?

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 5月25日(木)22時00分9秒
返信・引用
  このピラタスのストール性能、すごいですね。
また、なんともいえない秘密基地っぽい感じのロケーションがいいです。
バットマンカーが出入りしているみたいですね。
 

これってありですか?

 投稿者:ha  投稿日:2017年 5月24日(水)17時46分51秒
返信・引用
  Voodooさん こんにちは!

RCじゃあるまいし、こんなのって有りなんですね…凄いですよね…!
https://youtu.be/ZP-9mWqFh3c
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 4月10日(月)23時48分26秒
返信・引用 編集済
  前とあまり変わりませんが、同枠に何本かのストリンガーを接着し、丈夫になってきました。
また、外殻の縦のラインが通って、ボディの形状がイメージしやすくなりました。

さらにストリンガーを接着し外皮を張り付けていきますが、画像インストラクションでは、
いったんここで尾翼を作っているので、胴体は一休みして、尾翼の製作に移ります。


 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 4月 8日(土)15時34分48秒
返信・引用 編集済
  胴体フレームに胴枠を取り付けました。
この上にストリンガー材を張っていきます。
テールにむかって跳ね上がっていく、くじらのような微妙な胴体の形状のベースができてきました。



 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 3月26日(日)22時28分35秒
返信・引用 編集済
  胴体フレームを進めています。クレーンアームのようなトラス構造を図面どおり組立てて基準に
します。トラス構造に胴枠を接着していくことで、正確な断面を形成する方法のようです。

引込脚のためオリジナルから改造しますが、コニーのノーズギアはかなり前方に斜めに突き出し
ています。ということは、動作確度90度のユニットですとかなり奥にとりつけないと、
引込時にタイヤがはみ出してしまいますので、それを考慮しつつ下記改造です。

・機首下面を2㎜べニア枠、機首側面は2mmバルサ板を切り出し接着
・引込脚の取り付けベースは3㎜べニアを機首内部に斜めに接着
・引込脚車軸は、50㎜延長

着陸は、きちんとメインギア→ノーズギアの順にしないと壊れそうです。
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 3月18日(土)22時39分17秒
返信・引用
  Flapさん、お久しぶりです。なにかを作り続けています。

> 同じメーカーのAC-130を作りましたが、胴体のストリンガー(縦通材)などバルサ材は
> ソフトバルサがほとんどで製作中に何度も折れました。

ストリンガーのバルサがソフトバルサだとさすがに不安ですね~。今回のキットは、ストリンガー材のうち2/3ほどは堅めのバルサ材でしたので、まずは堅めのから使ってます。足りなくなったら、自前で用意するようにします。

> 胴体と主翼上部だけは1mmバルサでプランクして何とか剛性を得ました。
> (1.5mmバルサでの胴体プランクは無理でした)

オリジナルの指示ですと、縦通材の上からフィルム張りのようですので、仕上がりが
カクカクになってしまいます。剛性を得て、仕上がりも滑らかにさせたいので、私もプランクします。一式陸攻で鍛えた?「1.5mmバルサパネルをたっぷり濡らしてドライヤーで外板の形状にしてから、モザイクのように張り付けていく方式」にチャレンジしたいと思っています。貼り合わせたあとサンディングするので、1.5㎜ほしいところです。

> 製作記事を楽しみにしています。
Flapさんが楽しみにしているとなると、頑張って進めなくては・・・。
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Flap  投稿日:2017年 3月17日(金)23時27分44秒
返信・引用
  > No.1501[元記事へ]

Voodooさんへのお返事です。

> > たっぷりと楽しめそうですが、いつ着手できるか…。
>
> 他の機体もあるのですが、はじめました。

Voodooさん、お久しぶりです。いよいよ製作開始ですか。
同じメーカーのAC-130を作りましたが、胴体のストリンガー(縦通材)などバルサ材は
ソフトバルサがほとんどで製作中に何度も折れました。
胴体と主翼上部だけは1mmバルサでプランクして何とか剛性を得ました。
(1.5mmバルサでの胴体プランクは無理でした)
製作記事を楽しみにしています。
 

Re: ロッキード スーパー コンステレーション

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 3月17日(金)00時53分29秒
返信・引用
  > たっぷりと楽しめそうですが、いつ着手できるか…。

他の機体もあるのですが、はじめました。

・付属CDの画像を参照し、バルサ棒を切り出して胴体フレームの作成
・3枚ペラ、ダブルタイヤの緩衝装置付引込脚などの調達

などから。

デカールは水転写式です。このまま使ってTWA仕様にと思っています。
 

Re: オールドタイマー機 Super Scorpion

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 2月13日(月)00時45分54秒
返信・引用 編集済
  完成したので、初フライトしました。

 ・主翼前縁等フィルム張り
 ・キャノピー窓取り付け
 ・タンク配管
 ・メカ位置調整

バッテリー込みで1460gと翼面積の割にとても軽く仕上がりました。
図面に重心指定はなく、とりあえずスパーのあたりになりましたが、ちょっと後ろかもしれません。

快晴で風も弱く絶好のテストフライト日和です。青空に黄色とオリーブが映えます。
OS FS40に12x6のペラで、数mの滑走であっけなくまっすぐ上昇していきました。
左右はノートリムでOKでした。主要の捻じれを修正してきてよかったです。
揚力尾翼なので、ピッチ方向はどうなるかと思っていましたが、かなり頭上げの傾向でした。やはり重心はもっと前がよさそうです。

1/4スロットル位でのゆっくりフライトはとても癒される感じで、着陸もソフトに接地でき、オールドタイマー機に抱いたイメージ通りでした。


フライト撮影:K木さん(いつもありがとうございます)
 

Re: オールドタイマー機 Super Scorpion

 投稿者:Voodoo  投稿日:2017年 2月 8日(水)00時51分14秒
返信・引用
  また少し。

 ・エレベーターとラダーのワイヤーリンケージ
 ・主翼位置合わせ用べニア板を胴体に増設
 ・主翼フィルム張り(途中)
 ・フロントウインドシールド仮止め
 ・胴体後部のステッカー作成/貼付/ウレタン筆塗り
 ・機首両サイドのステッカー作成/貼付/ウレタン筆塗り
 ・メインギアの補助ピアノ線を半田付け
 ・120cc燃料タンク取り付け

カンバー翼下面はへこんでいるので、フィルムがはがれないよう
 ・フィルムボンドを水で10倍位に薄めて、リブキャップに擦り込む
 ・コテ先でフィルムをリプキャップによく密着させる
 ・低めの温度で軽くしわをとっていく
手順でフィルム張りを行いました。

スケール機ではないですが、ステッカー貼ると雰囲気がでます。

 

レンタル掲示板
/75