teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


はじめまして

 投稿者:ひろ  投稿日:2014年 8月24日(日)21時02分54秒
返信・引用 編集済
  はじめまして
私は和歌山の紀南地方に住んでます。
昨年から登山をはじめたのですが、良いサークルなどありますでしょうか。
40代後半、女性です。
 
 

謙虚に・・・

 投稿者:K野@橿原  投稿日:2014年 8月12日(火)21時54分40秒
返信・引用
  ショウタンさま

お返事ありがとうございます。
熊からしたら、「オマエ何しに来た?」でしょうね。
「通らせてもらう」気持ちで、
不幸な出会いをしないように
しないといけないと思います。
遭遇後は、携帯ラジオの音量を上げ、
ちょっとやかましいくらいにして歩きました。

まだまだ経験値が足りない自分です。
こうして教えていただくことのひとつひとつを
糧にしたいと思います。

ありがとうございました。


 

Re: 白鬚で熊(^_^;

 投稿者:ショウタン  投稿日:2014年 8月11日(月)09時30分55秒
返信・引用
  > No.1426[元記事へ]

K野@橿原さんへのお返事です。
K野@橿原さま

白鬚岳は人気の山で訪れる方が多い山ですが、どのコースもピストンなら山頂を踏むのは難しくないですが
周回や、尾根を変えて下るのは難しい山ですよね
私は、4月に三本山から取り付きましたが、手強く時間がかかりました
http://www.syotann.com/sirahigedakesanbonyama.html
大雪でトレースがなく下山で道標に感謝しました
読図で分岐を探していれば時間切れビバーグでしたでしょう

何度か登った白鬚岳ですが、白鬚岳から大鯛山と登り、北股林道に仲間が下山して、私がピストンで北股林道に車を回した時、下山組が尾根下山で熊に出合い驚いた話を思い出しました

この付近では白屋岳で子グマを連れた母熊を見ましたが、谷一つ向こうでした
大峰や台高には熊が住んでいますよね
特に、下北山村のサンギリトンネルと荒谷山、付近に多いと聞いています
熊が多いということは、自然が豊かということでしょうが、事故を起こさないためには単独や少人数での山行には熊よけ対策が必要でしょうね

貴重な体験ですね
写真に収めたかったでしょうが、それどころではなかったのでしょうね

11号はマタマタ林道や登山道を壊したことでしょう
自然と親しむ登山は、厳しい中に楽しさを見つけですことでしょう
自然の力を目の当たりにした時、自然の偉大さに驚きます
人が歩けば道になる。
自然を壊さずコースを開、山頂に立つ時が登山の醍醐味、
楽しい登山を続けましょう



> ショウタンさま
>
> こんばんは。
>
> 7日、中奥から白鬚岳に行ってきました。
> 5年前に金剛寺側から初めて登ったときは、山頂からの下山路の入口が見つけられず難儀したので、逆から上がって下山路を確かめるのが念願でした。
> 林道は大荒れで、崩壊箇所もありましたが、
> 登山道に入ると、前回はなかった綺麗な道標が何カ所も設けられておりました!
>
> 高尾で尾根に出てしばらく行ったとき、
> 左手下からガサガサ音、
> てかっと光り、黒々と重量感のある大きなお尻が、慌てて斜面を駆け下っていきました。
> 熊除けの鈴で慌てて逃げ出してくれたようでした。
> 「初熊体験」
> まあ、もう会いたくないですが・・・。
>
> 台風11号これから来ますが、近畿南部はひどい雨量で
> とても心配しています。
> 被害が大きくならないことを祈るばかりです。
>
 

白鬚で熊(^_^;

 投稿者:K野@橿原  投稿日:2014年 8月 9日(土)19時23分29秒
返信・引用
  ショウタンさま

こんばんは。

7日、中奥から白鬚岳に行ってきました。
5年前に金剛寺側から初めて登ったときは、山頂からの下山路の入口が見つけられず難儀したので、逆から上がって下山路を確かめるのが念願でした。
林道は大荒れで、崩壊箇所もありましたが、
登山道に入ると、前回はなかった綺麗な道標が何カ所も設けられておりました!

高尾で尾根に出てしばらく行ったとき、
左手下からガサガサ音、
てかっと光り、黒々と重量感のある大きなお尻が、慌てて斜面を駆け下っていきました。
熊除けの鈴で慌てて逃げ出してくれたようでした。
「初熊体験」
まあ、もう会いたくないですが・・・。

台風11号これから来ますが、近畿南部はひどい雨量で
とても心配しています。
被害が大きくならないことを祈るばかりです。
 

Re: タイタン

 投稿者:ショウタン  投稿日:2014年 8月 3日(日)14時11分33秒
返信・引用
  > No.1424[元記事へ]

槇尾のB29さんへのお返事です。
はじめまして、B29様
書き込み有難う御座います

沢で釣りをなさる方は沢登の達人が多いと聞きます
私などは沢は初心者の域を出ることはないです
大阪わらじの会といえば、沢では有名なグループですね
私の所属する新宮山彦ぐるーぷも沢で有名になった方もおられますが、今は只の山愛好家です

タイタントラックと出会ったのは7年ほど前だったと思います
当時は原型もとどめ、マダマダ走り出しそうでしたが、今は倒木に打ちのめされ、壊れてしまっていますが
トラックとしての役は終わりましたが、登山者の目印として活躍しています
タイタンのディーゼルは定評のある粘りでしたね
その歴史あるマツダのディーゼルエンジンは、低公害のエンジンとした活躍していますね
近く小さなディーゼルエンジンを積んだ小型車が売りだされるとか
タイタンの名前をつけてほしいと思うのは私だけでしょうか

思い出のタイタントラックに出合いにおでかけ下さい
懐かしいものが有るはずですよ


> 始めまして、お便りさせて頂きます。
> 清名の尾のタイタンの記事を読ませていただき大変懐かしく思いお便りさせていただきました。
> 37,8年前まで私自身源流釣りでよく、十津川水系や北山川水系の源流域に入川しておりました。
> その折、大阪わらじの会の方や山彦ぐるーぷの方にもお世話になりました。当時、山仕事の方に
> タイタンの荷台に乗せて頂いた記憶がよみがえりお便りさせていただきました。有難う御座いました。ご自愛いただきご活躍祈念いたします。
 

タイタン

 投稿者:槇尾のB29  投稿日:2014年 7月30日(水)13時55分0秒
返信・引用
  始めまして、お便りさせて頂きます。
清名の尾のタイタンの記事を読ませていただき大変懐かしく思いお便りさせていただきました。
37,8年前まで私自身源流釣りでよく、十津川水系や北山川水系の源流域に入川しておりました。
その折、大阪わらじの会の方や山彦ぐるーぷの方にもお世話になりました。当時、山仕事の方に
タイタンの荷台に乗せて頂いた記憶がよみがえりお便りさせていただきました。有難う御座いました。ご自愛いただきご活躍祈念いたします。
 

山は楽しい♪

 投稿者:k野@橿原  投稿日:2014年 7月14日(月)22時49分33秒
返信・引用
  ショウタンさんへ

お忙しい中、お返事いただきありがとうございました。
私はマラソンからスタートして、
夏場の練習のために金剛山に登りだしたのが山との出会いでした。

山にいるときは自分がいきいきしてくるのが分かります。
理由なんてわかりませんが、
楽しくって仕方ないです♪

きちんと教えてもらう機会のないまま
失敗しては反省・・・を繰り返し、山を
楽しませてもらっています。

どうかこれからもHPでたくさんの山の話を
お聞かせいただけますように。
それから玉岡さんの体調が快復されますように。

いつかお目にかかれる日を楽しみにしております。
では。





 

Re: 観音峰旧登山道

 投稿者:ショウタン  投稿日:2014年 7月14日(月)09時48分27秒
返信・引用
  > No.1421[元記事へ]

k野@橿原さんへのお返事です

はじめまして、単独で山を楽しまれておられるようですね
私もよく一人で山を楽しみますが、最近は体力の衰えとともに、単独登山は少なくなっております
ショウタンの山歩録、お読みくださって有難う御座います
誤字や脱字がおおくお恥ずかしい次第ですが、自分の歩いた足跡は出来うる限りわかりよく書いておりますが
どうもいけませんね、少ない時間で慌てて書き知識不足がいやもう恥ずかしい・・・

観音峰のあのコースは忘れられて久しいですが、最近の間伐作業で整備が進み、復活したのをきっかけに歩いてみました。景色や綺麗さは無いですが、消えてはならない一ルート、又皆様があのルートっで登られることを期待しております

ヤカンは、一度消えてしまいましたが、再度探してぶら下げてみました
いいのか悪いのか分かりませんが、目標としては面白いですよね

玉岡さんや山上さんは高齢で、しかも玉岡さんは今は山に行けない状態が続いています
私も、もう一度玉岡さんや山上さんと、行仙や持経、平治の小屋で作業や、山談義をしてみたいのですが、残念な状態です。
山の先輩の中で一番尊敬する方達です
新宮山彦ぐるーぷの、山に親しみ経験から物事を考えよう。この趣旨が後輩の私達に受け継がれ、南奥駈を中心に山に親しんでいます。メンバーは高齢ですが、沢屋にクライマーに、トレイルラン、と種々な方達が揃っています。
顔出しページの多い私です
時々山で声をかけてくださる方がおられます
ドコかの山で、小屋でお会いした時はお声がけください
今後とも宜しくお願い致します
ご縁が繋がりますように




 

観音峰旧登山道

 投稿者:k野@橿原  投稿日:2014年 7月13日(日)17時45分14秒
返信・引用
  はじめまして♪

ソロで奈良県南部の山を登っています。
HPはいつも山行の参考にさせて頂いています。
気になっていた観音峰のバリエーションを今日歩いてきました。
HP通りに行くことができ、とても満足しています。

ヤカンを見つけた時は、思わず「あった~!」とひとりで
叫んでしまいました。

新宮山彦の玉岡さん・山上さんには以前お世話になり、
昨夏、行仙宿のノートでショウタンさんの書き込みを見つけた時は
とっても嬉しかったです。

いつかどこかの山でお会いできれば!
と思っています♪

ご縁がありますように。では
 

返信ありがとうございます

 投稿者:デニーロ  投稿日:2014年 3月20日(木)22時22分3秒
返信・引用
  ご丁寧なご返信をありがとうございます。
近在のせいぜい1,000m級までの山を対象としてハイキング登山を楽しむ私程度の者にとって、テープや道標はやはり「なければ困る」頼りになるものです。
中年以上の登山者や山ガール、山ンバの多くにとってもきっと同様でしょう。
そんな私たちには、ショウタンさんの裏庭である紀泉アルプス周辺は本当にホッとできる優しい山ですね。
随分以前に井関峠で出会った、ほぼ毎週その近辺の山歩きをしている年配の方からいただいた2万5千分の1地図へ詳細にルートを書き込んだコピー(昭文社地図の比ではない)をもとに、泉南飯盛山から雲山峰までのいろんなルートを何度も歩くのは楽しいものです。
札立山から見返山への途中の鳴滝峠から岬町学校林へのルートで、アミガサタケを初めて見つけたとき、鳴滝不動尊から新池への途中で、綺麗なジムグリの幼蛇を見たときなどなど、忘れられない思い出です。
いつかどこかでショウタンさんにお会いできた際には、声をかけさせていただきます。
これからも楽しいHPを更に充実されますようご期待申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/113