teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ご無沙汰してます

 投稿者:網野志紀  投稿日:2017年 5月25日(木)07時13分27秒
  こちらにもご挨拶を…ってうわあああ元編集長さんがいらしていたとはw
いやほんとパソパラ読参楽しかったです。もうゲームの情報そっちのけで夢中になってました←
読参を通じて知り合ったお友達、またお話ししたいんですが消息がつかめない方が多くて残念です(´・ω・`)
なにかどこかからなんとかかんとかしてうまく繋がれ絆の糸(念

ではまた。あみのんでしたっ
 
 

何もかも皆懐かしい…

 投稿者:元PP編集長(し)  投稿日:2011年 1月21日(金)23時57分19秒
編集済
  たまたまパソパラの読参企画に関してググっていたら辿り着いたので記念カキコさせていただきますね(笑)。

終わってから結構経つのに、未だアツく語ってくれる方がいて関係者冥利に尽きます。
もっとも深海工房コンテンツは、全て向こうにお任せだったので編集部では殆ど何もしてな
かったので、エラソーな事は何もいえないのですが。
というか、泥さんがあまりに優秀過ぎてこっちがやる事が何もありませんでした(笑)。

折角なので知られざるネタを一つ。
実は『精霊異境REBISS』は、ゲーム化の企画が当初より進行しておりました。
あるゲームメーカー(ちなみにアダルトメインではない、一般系メーカーで家庭用で結構有
名な会社でした。今も一応存続)の方と編集部で色々話が進んでいたものの、その方が部署
異動になったりとかあって、結局立ち消えに。

メーカー担当さんと編集部のあった会社に当時所属していた(元)ライターでデザイナーだっ
たバニー某さんが知り合いだったという流れで企画が立ち上がり、某さんとは「目指せアニ
メ化!(でイベントやって日本全国旨いもの巡りツアーを実現しよう!!)」などとバカ話
をしていたものです。

泥さんをはじめとする深海工房の方々も、今ではそれぞれにビッグになって様々な仕事を手
がけていらっしゃいますね。
 

あけましておめでとうございますm(__)m

 投稿者:黒雪智博  投稿日:2010年 1月 1日(金)11時20分35秒
  新年あけましておめでとうございますm(__)m
黒雪でございますm(__)m

すっかりご無沙汰している間に、黒雪は今月投稿する分で投稿10周年を迎えたりします。
なんの自慢にもならない気がしますが。トホ。

今年が皆様にとって素晴らしい年でありますように。
 

あけました

 投稿者:網野志紀  投稿日:2010年 1月 1日(金)11時14分36秒
  べ、別にめでたくなんかないんだからね><

さて、激しくご無沙汰してますが皆さんお元気ですか?
私は相変わらずデッドマンウォーキングしております(´・ω・`)
読参亡き後はインターネッツでの人付き合いもめっきり減り、某オレンジ色のSNSでたまに日記という名の戯言を書き殴ったりしている日々です。
うーたんや極楽さんもいるのでブラザーも気が向いたらやればいいと思うよ!よ!

というわけで今年もよろしくです。また近いうちにお話しましょうなのだぜ。
 

謹賀新年

 投稿者:アスメール  投稿日:2009年 1月 4日(日)23時08分13秒
   どうも、アスです。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年もご迷惑をおかけすると思いますが、何卒よろしくお願いいたします(深々)

以上で失礼致します。
 

ホウコクホウコク。

 投稿者:黒雪智博  投稿日:2008年12月30日(火)12時41分44秒
  パソパラノヘンシュウブガフタタビベツカイシャにイコウノモヨウ。
ドクサンフッカツウンドウヲスルナライマ。
ニイタカヤマノボレ。
 

宣伝にしきたヤラシサ爆発

 投稿者:道化者  投稿日:2008年 6月21日(土)15時58分25秒
編集済
  どうも、お久しぶりで御無沙汰してます。
最近↓でチマチマ小説なんぞ書き始めております。
もし良かったら、皆さん御一読と感想・評価をしていってください。
いえ、折角書いたので呼んでもらえたら嬉しいな~、とか思う次第で。
誰も何も言ってくれないんで寂しいのは内緒な(ぉ
懐かしのあのキャラとか、そのキャラが登場するかも(何

http://ncode.syosetu.com/n1625f/

 

生存反応・・・確認

 投稿者:ぽんこつメール  投稿日:2008年 6月16日(月)23時29分34秒
  第三防衛ラインまで撤退中のぽんこつです。
こちらは戦線を維持。目下、隊を再編成中。みなさん元気してますか?
最近はパソパラ買ってませんネェ。また、読者参加企画ないかな?
また、いつかどこかで、
同じ戦場へ戦えることを心待ちにしています。
って、また、読者参加ゲームはじまらないかな。
 

生きてる人、いますか?(爆

 投稿者:網野志紀メール  投稿日:2008年 6月11日(水)08時14分10秒
  お久しぶりです、あみのんです。
Ohなんてこった、前回の書き込みからすでに半年近くも経っているじゃあないか。
しかもあんまりログが進んでないのが何とも言えない寂しさを醸し出しているZE(´・ω・`)

というわけで生存報告がてら様子見にやってまいりました。皆様、お元気ですか?ここ見てますか?(爆
私はというと、最近は某オレンジ色のSNSでだらだら日記書いたりして適当に過ごしてます。
もし興味がおありでしたら招待しますんでいつでも言ってください。つーかむしろ や ら な い か (笑

ではでは、今回はこれにて失礼いたしますのコト。しーゆーねくすとばーい(=ω=.)

http://cross-lay.hp.infoseek.co.jp/

 

迂闊でした。(^^;

 投稿者:流竜馬メール  投稿日:2008年 2月19日(火)01時41分4秒
  前回(というか先ほどの)書き込みで
「REBISS」の掲載月を素で間違えていました。(汗)
深海工房読参は6月スタート~4月終了固定だったのに!!(自爆)

(▼▲▼;)
「あとは改行ミスだね。DCだと編集できないみたいだし。(ちゅどーん!!)」
 

パソパラ読参紹介・その3です。

 投稿者:流竜馬メール  投稿日:2008年 2月19日(火)01時27分7秒
  「精霊異境REBISS(レビス)」(1997年8月号~1999年6月号)
「学トラ(ジェネ)」に続く「すたじお実験室(深海工房)」第2弾読参で、
イラストレーターは「フルメタルパニック(漫画版)」でも活躍した「千石紫」さんと
前作に引き続き「緑一色」さんでした。

物語は「現代日本」を舞台とした「特異能力者(精霊使い)バトル」で、
第一部は精霊達との関わり合いによる世界の行く末を巡り、
そして第二部はその結果滅びた(!!)世界の再生を目指す展開で、
そのスケールは確実に「前作以上」と断言できましたが、終わる頃にはかなりの問題点を噴出させた作品でもありました。(^^;

<問題点>
(1)良くも悪くも突き抜けたキャラクター(NPC)。
これがまず第一で「性格・状況・設定面全てにおいて普通の人物」は存在しておらず、登場当初はノーマル(一般人)でも、イベントや後に明らかになる
秘密などによって「実はとんでもない存在」になってしまいます。(笑)
おまけに、大半のキャラは善悪の範疇にとらわれず
「自分のやりたいがまま」に行動していたので、
それが鼻についてしまえばアウトだったでしょうね・・・。
(事実、ヒーロー=男性主人公ポジションにあたる「高須和馬」は
 「本人に悪気がないとはいえ、伊藤誠もビックリの鬼畜」でした。)

(2)覆らない、最悪のパワーバランス
これが「個人的最大の問題点」で、結局この物語は
「上位精霊(およびその力を得た者)」NPCが「神も同然の絶対者」であり、
イベントにおいても結果においても我々PC(良くて中級精霊使いまで。)は
「いち兵士」か「お釈迦様の手のひらの上の孫悟空」に過ぎなかったのです。
「作戦(行動選択)がうまくいけば大殊勲を立てられた」前作とは異なり、
あまりにも「やってられない」この扱いにはプレイ当時から萎えましたよ・・・(汗)(そのため、今作品では大量参加をしませんでした。)

(3)戦闘の迷走
戦闘は「精霊とのタッグバトル(2対2)」と
「ダイスバトル(目に応じた攻撃か防御)」形式で行われ、
それ自体は悪く思いませんでしたが・・・・・・
第二部で「まいっちんぐ(下ネタ技だが効果絶大)」なる物を導入した時は
マジで硬直しましたね・・・。
(結果(パソパラ掲載号)の1つがソレで埋まった時もありました(爆))

(4)終わり良ければ全て良し?
幸い、物語はハッピーエンド(世界の再生、というか修正?)を迎え、それ自体はホッとしましたが、
結局戦いの原因は「精霊の過剰防衛(殺られる前に殺れ)」に過ぎず、
おまけにその元凶ともいえる「全てを溶かす者」には何の罰も与えられてませんし、
他の悪役や問題児もほとんど健在でした。
これでは井上敏樹作品ばりの「問題スルーオチ」でしょうし、
また何等かの形で戦乱が起こりそうな気がしてなりませんよ・・・。(^^;

<総轄>
素材(設定や世界観)が良かっただけに
上記の問題さえ無ければ(うまいこと調整できてれば)、
「新機軸を開拓した良作」とも成り得た惜しい作品、というのが本音ですね・・・。
もし「タイムマシン」が存在していれば、真っ先にこの作品への介入を企てていた事でしょう。(爆)

(PS)
ちなみに作中には「学トラ」登場人物の「そっくりさん(笑)」が
結構出ていたので、関連性を考えてみるのは結構楽しかったですよ。

(PS2)
また、この作品もノベライズ化されているのですが・・・・・・
「パラダイスノベルズ」の撤退によって第二部以降の展開が
宙ぶらりんになってるんですよね・・・(^^;
「小説版での加筆」なども期待してただけに残念でした。
 

最初から終わってるぜ(自爆)

 投稿者:アスメール  投稿日:2008年 1月 7日(月)20時52分51秒
   どうも、アスです。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年もご迷惑をおかけすると思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

昨日大阪に復帰したのですけど、疲れていたので挨拶が今日になりました。
いつもこっそり見ておりますので、楽しみにしておりますよ(笑)
本当に色々と。画策するのは好きですし(ぉぃ

では、。以上で失礼いたします。
 

パソパラ読参紹介・パート2です。

 投稿者:流竜馬メール  投稿日:2008年 1月 7日(月)16時05分11秒
  「バイトマスター」(1995年1月号~11月号)
&「超バイトマスター」(1996年1月号~11月号)
イラストレーターは同人界で今でも健在の「風雅うつら」さんです。

・スタート時のズレはあるものの「学トラ&ジェネ」の裏番組(笑)にあたり、
 そのため学トラのあおりを食った(読者コーナーの白熱度は天地の差。)感はありましたが、
「キャラメイキング基本設定の多彩さ(カッコ良く攻めるもウケ狙いで攻めるも自由です。)」
「最終目的は『H(ここでの行動選択もあります。(笑))』というわかりやすい展開。(笑)」
「下ネタ多数とはいえ、基本的に明るいノリ&ハッピーエンド傾向。」
(「学トラ&ジェネ」は作風上、バッドエンドを迎えたNPCも少なからず出ましたからね・・・。)
「読者キャラをレポーターなどの登場人物に起用。(功労者でなくても活躍の機会が!)」
など、売りといえるポイントは確実に存在し、2年間無事継続した事には
今更ながら拍手あるのみでしたね。

・また、裏番組が裏番組故に「ビッグサプライズ」とはいかなかったものの、
 1回だけ「『男』を攻略対象(の一人)に仕立てる」暴挙に出たことも驚かされました。(汗)
 幸い女性PCが攻略成功したため惨劇を見ることはありませんでしたが(爆)
 

謹賀新年

 投稿者:あみのん@au  投稿日:2008年 1月 1日(火)18時52分8秒
  あけましておめでとうございます。
なんだかんだで結構長いお付き合いになりますねー。
そんなわけで今年もよろしく頼(よろ)んだぜ・・・!?(ビキビキィ

レスは次回以降(笑
 

本年もよろしくお願いします

 投稿者:神縄うたげメール  投稿日:2008年 1月 1日(火)01時29分52秒
  レスは次回から では  

あけおめ、でございます

 投稿者:道化者  投稿日:2008年 1月 1日(火)00時21分3秒
  新年です。2008年です。
明けましておめでとうございます。
去年も色々ありました。
今年も色々ありそうです。
それでもめげずに元気を出して、魂燃やすつもりで突っ走りましょう。
人間、勢いって大事ですからね。
そんな訳で、どうぞ今年もよろしく御願いします。
 

ただ今、実家から書き込んでおります。

 投稿者:流竜馬メール  投稿日:2007年12月31日(月)23時55分58秒
  先月の「学トラ(1995年)」解説以降、こちら側のゴタゴタなどで書き込みが遅れてしまいましたが、
実家の休養でようやく火付き直りましたので、来年もまた頑張りますね~!
以後も宜しくお願い致します。
 

どうにか復帰です~!!

 投稿者:流竜馬メール  投稿日:2007年11月19日(月)18時27分7秒
編集済
  食あたり(汗)&風邪(喉の痛み)&それでも休まず通勤(爆)のため、前回の書き込みに反して
遅ればせの書き込みとなってしまいましたが、宜しくです~。(ぺこり)

<パソパラ読参紹介・その1>
「学園トライアングル(学トラ)」(1995年6月号~1996年4月号。)
&「学園ジェネシス(学ジェネ)」(1996年6月号~1997年4月号。)
企画元は「すたじお実験室(後の深海工房)」。イラストレーターは「てくてく」先生です。

僕が(それまで見てるだけだった)パソパラ読参にハマる切っ掛けともなった思い出深き作品で、
参加枚数こそ後の「エナジー・イコール(えないこ)」に抜かれたものの、
「参加者の熱中度」にかけては未だに「歴代随一」と断言できるほどでしたね。
(例)
・読者投稿が盛んに。→ポイントレースの激化。→高ポイント所得者には「ポストカード」や
 「テレホンカード」、そして「読者貴族(シンボルキャラ)としての出演許可」を!!

・(以前の読参でも散発的にはあったものの)チーム行動の呼びかけが盛んに。
 →それが「読者コーナーの一つ」にも発展し、そこからサークルが生まれ、会報活動にまで行き着くケースも。
(流の所属先の一つは、2000年まで活動してました。(未だに驚愕。))

・「国民証(何とれっきとしたIDカード)」「設定資料集」などの「全プレ」が大人気だったり、
 人気投票も盛んに行われていました。(ここで男性キャラの人気が高かったのもビックリです。)

また、ストーリー自体は他の読参やジャンプ漫画などでもお馴染みの「超人ひしめく学園バトルもの」に
「ファンタジー要素(勇者、聖女、亜人、魔族、魔法の存在など)」を加えたもので、
これだけでは「ベタベタ(ありがち)」止まりだったのでしょうが、
そこに「桁違いの戦闘力(特に「必殺技」の威力は「核」の領域まで!!)」や
「勝者が法律(GMが無理と判断しない限りは何でもOK。生殺与奪権すら有り。)」である
「綱渡りのシチュエーション(負ければリーダー格のNPC=基本的に美少女がただでは済まない)」も
加わったことで、一気に「気を抜けない」状態に引き締まり、最初から最後まで一度たりともダレない
脅威のハイテンションのまま「2年間」を突っ走り抜いたことは本当に凄いとしか言い様がありませんでしたね・・・。

「ストーリー&システム上、悲劇が不可避に近い事(ただし犠牲ゼロの回はありました。)」や
「『戦いは数だよ兄貴』なパワーゲームに陥りやすかった事(これが後のNPCキャラ補充に発展。)」や
「危機的状況を作り出すために、善玉サイドはワザワザ不利な状況で戦わねばならなかった事」など
欠点も多々あったとはいえ、それでも「傑作」と言い切れる出来でありましたよ・・・。

もし要望があれば世界観やキャラの詳細も解説したいですね。(爆)

(PS1)
ちなみに小説化(メディアックス・パラダイスノベルズで全4巻。)もされており、
当時の功労者(活躍PC)も何名か登場&イラスト化されているのですが・・・
まさか自分のキャラ「しょーちゃん(ダン○イン(爆))」まで出てるとは思いませんでしたよ。(爆)
しかも会話台詞は一番多かったですし。(さらに爆)

(PS2)
また、パソパラ読参で唯一「ドラマCD化」をされた「プリマ・マテリア」の情報発表時は、
深海工房の公式HP掲示板でこの作品のドラマCD化の可能性も示唆されていました。
(もしヒット路線を確立していたら、本当に実現していたかも・・・)
その時は本当に大騒ぎになったので、「根強い人気」というものを実感しましたね・・・。
 

早いものでもう11月。

 投稿者:流竜馬メール  投稿日:2007年11月 1日(木)16時32分1秒
  少し間が開きましたが、一応元気に生存しております。(爆)
そろそろ学トラ(1995)あたりから書き込んでみようかな・・・(始動の兆し)

>道化者様
>>メモリーカードを抜いたり、電源を切ったりしないで下さい(何
そして「猫リセット」にもご注意を(核爆)

(▼▲▼;)
「あーっ!!(いかにも手遅れっぽいリアクション(何)」

>>この伏線は僕等を試している!(仮面系キャラ)
自分もそれを期待しておりますが(何)、現状だとコーラサワー氏(いきなりかませ犬)より
グラハム氏(金髪イケメン)の方が「2度も交戦した」事からその伏線が濃厚になってきましたね。(爆)
この調子だと「本領発揮だ」とかで本当に仮面装着しそうな気も・・・(マテ)

>>これも世の風潮でしょうか。昔の古き良きピュアな作品達は何処に行った(ひゅ~るり~
確かに・・・。orz
今でも「ARIA」「ななついろドロップス」などピュアな癒し系は絶えてないとはいえ、
昔と比べたら激減してるのは事実ですからのう・・・(^_^;

>>外道スキーの僕ですら彼の腐れっぷりには湧き上がる激情を覚える程ですから(ぉ(伊藤誠)
そうですよね・・・。流の親友(にして隣人)は「奴はシックスの一族(by脳噛ネウロ)に違いない」とまで断言してましたし。(爆)

(▼▲▼;)
「悪意の定向進化っ!?(^_^;」

>>世の中には良い外道と悪い外道がある。これは悪い外道だ(何
極めて納得です。(うんうん)

ちなみに良い外道としては最近終了したアニメ「カブトボーグV×V」の主人公・リュウセイ君ですかね。
「世界を救ったヒーロー」と「マジ外道」の両立をやってのけた事には素で驚かされましたし。(笑)

>>昔のパソパラを捲っていたら、スクールデイズの紹介欄を発見。ジャンルを見ると青春純愛物語。どんだけ~
(思い返してみて)ええ・・・一瞬「J○RO」に電話をかけたくなリましたよ。(爆)

>>僕の場合は何を思ったか、明らかに人間外生命体的アホ強さにしてるキャラとかいました(自爆
ノ←挙手(誘爆)

ちなみに自分の場合はその強さに見合った「弱点」も設定してたのですが・・・
その分、(設定上)強すぎるキャラほど「一歩間違えればギャグキャラ」になる有様でした。(爆)
 

もしもボックスよりソノウソホント

 投稿者:道化者メール  投稿日:2007年10月22日(月)22時11分6秒
  シェンロンももう要らない(何

>ゲパルト黒様
>まずすべきは、ルールの制定と模擬戦闘だと思います。
>せっかく面白そうな企画なので頑張って下さいね。
そんな他人行儀な事言わないで、寧ろ全て考えてく(マテ
互いに知恵を出し合おうじゃないかキョウダイ。三人寄れば木も森になる、というじゃないか(ぇ

>バルバロッサあみーの
>心身ともに普通の女の子になっちゃいましたからね。ルシオラが出てきてからなんかもう完全に空気に(ホロリ
生き返って得た能力が幽体離脱とネクロマンサー。どっちも暗いは華がないわでつД`)
いっそ、神通棍振り回して破魔札投げまくる美神スタイルになれば、巫女装束なぶん人気が出た気も(笑

>っていうかラプロワ連載中に後日談とか勝手に考えてた奴がここにいます(爆
全盛期は一日に十話近く更新されたりとかで、もう頭追いつかせるのでイッパイイッパイだった奴がここにいます(笑

>おけー。どんどん使ってくれたまへ(笑
という訳で、インヴィジ最終回裏側は完結です。ページと僕の気力の都合でちょっとグダグダですがorz

>先生、ラプロワと初代星降がまた読みたいです(笑
その気持ち、僕も判る(笑
機会を見て、何処かで再録?いや不明且つ未明です(混乱気味

>ロンメル四方
>SS用掲示板設置
という訳で、早速使わせてもらっております。勝手にインヴィジifとか連載始めてます。
基本的に更新は土日ばかりになりそうです。毎回、キャラ視点が違います。
何より違うのは、イシュタルの目の制服が黒じゃなく白だという事です(ソコカ
ポチポチ感想などあったらお聞かせ頂くと、励みになったり個人的に素敵だったりします。この催促はヤラシイですね(爆

>ティーガー流
>例え菩薩のような心の持ち主でも彼を許す事は不可能だと断言できますよ。
外道スキーの僕ですら彼の腐れっぷりには湧き上がる激情を覚える程ですから(ぉ
世の中には良い外道と悪い外道がある。これは悪い外道だ(何

そういえば、インヴィジ作品を作る為に昔のパソパラを捲っていたら、スクールデイズの紹介欄を発見。ジャンルを見ると青春純愛物語
どんだけ~

>しかも中には見返せば(勢い任せの産物ゆえに)恥ずかしさ全開のものまで・・・(自爆)
僕の場合は何を思ったか、明らかに人間外生命体的アホ強さにしてるキャラとかいました(自爆
 

レンタル掲示板
/10