投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございました

 投稿者:男声合唱団パン 代表  投稿日:2015年 9月28日(月)12時43分21秒
  男声合唱団パンの第3回定期演奏会が終わりました。ご来聴くださいましたムジカおさらぎの方々ほか、大勢の皆様、本当にありがとうございました。
怪しかったお天気もまるで祝福しているように回復し、お陰さまで鎌倉芸術館小ホールほぼ満員のお客様をお迎えすることができました。団員は思いっきり歌い、皆様に喜んでいただいて、今までの厳しい練習の積み重ねが報われた達成感でいっぱいです。
今までご指導頂いた先生方、私たちを支えこの演奏会にご協力くださった多くの皆様に深く感謝申し上げます。
また2年後の第4回定期演奏会に向かって益々精進を重ね、更によい演奏を!と気を引き締め頑張っていきます。これからもご指導、ご鞭撻を、どうぞよろしくお願いいたします。
男声合唱にご興味がある方、是非、見学にいらして参加してください。大歓迎いたします。
練習は主に鎌倉芸術館リハーサル室で、毎週火曜日午後1時からやっています。
 

更新しました

 投稿者:hp委員会  投稿日:2015年 9月16日(水)14時20分38秒
  歌のサロンのページを更新しました。

8月のゲストは
リコーダー : 大竹尚之さん
ピアノ   : 脇谷敦子さん

アルバム・動画・スライドショーでお楽しみください。
ここをクリックするとご覧になれます。
 

来年秋実施のケルンーヒュルト日独合唱交流のご案内 IJCOC

 投稿者:山田洋平メール  投稿日:2015年 9月15日(火)11時40分4秒
  混声合唱団ムジカおさらぎの皆様へ


■来年秋実施の日独合唱交流のご案内


爽秋の候 皆様にはますますご活躍のこととお喜び申し上げます。

さて、私どもでは来年11月にドイツ・ケルン郊外のヒュルトの町でヒュルト女声合唱団とのジョイントコンサートを計画しております。
つきましては、皆様にこのジョイントコンサートならびにヒュルト近隣都市にて単独あるいはジョイントの2~3回のコンサートをお願いできないでしょうか。
一度ご検討いただけましたら幸いです。

なお、ヒュルト女声合唱団については先月同合唱団が来年10月来日の際のジョイントの相手をしていただく日本側合唱団募集のメールでプロフィールをご紹介させていただきましたが、念のためここにも記させていただきます。(*関東・関西でのジョイントコンサートの相手候補については引き続き探しております。)

指揮者のベルンヘフト女史は日本人で1960年代から現在までドイツで音楽活動をされてきましたのでドイツ・日本のことがよくお分かりです。きっと有意義な日独ジョイントコンサートと交流になることと存じます。

詳しくはご遠慮なくお問合せください。突然のご案内にて失礼いたします。


●ジョイントコンサート国際委員会
事務局長 山田洋平
http://www.jointconcert.com
jointcon@vesta.ocn.ne.jp



■ヒュルト女声合唱団

ドイツ・ケルンから10キロほどのヒュルトの町で1994年に現指揮者のキミコ・ベルンヘフト女史により創設されたヒュルト女声合唱団は平均年齢60歳ほどの約50名のメンバーで編成されています。

レパートリーとしては古典から現代までのポリフォニックの合唱作品を歌っています。
フェリックス?メンデルスゾーン、カール?マリア?フォン?ウェーバー、オッフェンバック、アンドリュー?ロイド?ウェバー、ジュゼッペヴェルディ、ブラームス、モーツァルトやシューマンの作品からハインリッヒ・プースのようなコンテンポラリーの作曲家による合唱曲を歌っています。

合唱団はさまざまな機会をとらえて演奏に参加しているほか、独自のコンサートも計画してきております。
他の合唱団との合同演奏やコンサートツアーも積極的に実施しています。
ノルトライン・ヴェストファーレン州(NRW州)主催の合唱祭Sängerbundに2002年から参加し始め、ステージC参加で成功、2006年にはステージA参加で同合唱祭の〝マスター・クワイア”の称号を獲得。また2012年にも〝マスター・クワイア“となりました。

指揮者 キミコ・ベルンヘフト
東京生まれの合唱指揮者そしてピアニスト
1962年に東京の音楽大学をコンサートピアニストとして卒業後、ドイツに渡り現在のケルン音楽大学にて1962-1967マスター・クラスでピアノをBruno Seidelhofer教授やElse Schmitz-Gohr教授に師事。2001年までヒュルトのジョセフ・メッテルニッヒ音楽学校でピアノの講師として活動。ヒュルト女声合唱団以外にもケルペン、ゼヒテム、ラインバッハといった他の町で合唱団を指導。

●2016日独合唱交流ツアー日程案
日本―ケルン・ヒュルト(4泊)-ライン河観光―ハイデルベルク(2泊)-日本 8日間の日程案に基づく旅費は、人数・旅行条件により変わりますが、25-30万円前後になると予想されます。渡航期間については皆様のご都合に合わせて変更することも可能です。ご相談ください。
 

ごめんなさい

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 9月 4日(金)00時59分2秒
  ムジカの練習に参加できたら
練習の様子を投稿しよう。
こう決めていました。

私が受けたご恩の数々に直接お礼は言えなくても
何かお役に立ちたいという気持ちからでした。

練習の回を積む度に難しくなっていくムジカの練習。
自分のことで精一杯の日々。

自分のことさえ間に合わなくなってしまいました。
練習の様子を投稿できる余裕がなくなりました。
続けることが出来なくなりました。

もしも
もしも
私の投稿をお待ちくださっていた方がいらしたら
ごめんなさい。

レクイエム6番の練習がひとまず終わり、
7番はソロ、8番のラ・クリモーザはすでに演奏済み。
明日の練習にあたり、9番にむけて、宿題がたくさん出ています。

その宿題を何とかしたいと思いつつ
それさえもままならない状態でいます。

ムジカのホームページをご覧になれない方々の為に、練習会場に展示してくださる
HP委員さん。
遅くとも水曜日・・正確には木曜日の早朝までには投稿を済ませないと
印刷する時間に余裕がなくなります。
わかっていながら、とうとうこんな時間になってしまいました。

何もかもが中途半端で、心苦しいです。
それでも
ゴメンナサイと謝るしか方法がみつかりません。

ごめんなさい。
 

募金贈呈の記録から(日本地雷処理機構)その6

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 8月29日(土)22時47分20秒
  日本地雷処理機構が大きな転換期を迎え
地雷を処理するという本来の活動を一旦断念して、
子供たちへの教育に関する支援と並行しながら
水のない村への支援へと大きく舵を切ったことまでお知らせしてから
随分時間が経過してしまいました。

水のない村で、水汲みだけで一生を終える人たちの事を詳しくお話ししたいと思います。

・・・・・

日本地雷処理機構の報告を通して、水汲みだけで一生を終える人たちがいることを知りました。
幼い子が水をいれるものを持って歩けるようになると
水汲みの人生が始まります。

水を入れるための容器を持って家を出る子。
荒れた道はすんなりと歩かせてくれません。
井戸のある隣の村まで、やっとたどり着いたとしても
すぐに水を汲めるとは限りません。

長い道中。長い行列。
夜中になっていることもあります。時間は非情です。
待っている間の食べるものや飲むための水・・あるのかないのか・・・
立ったまま待ちます。座り込んで眠ってしまったら順番が回ってきません。

順番がきて水を汲んだら、その容器を持って帰ります。
水を運ぶ容器がバケツのような持ちやすいものとは限りません。

幼い子供は容器に汲んだ水をこぼせずに歩けるでしょうか?
たくさん汲めばその分、重くなります。
ぽちゃぽちゃとゆれてこぼれてしまう事もあるでしょう。

デコボコの道を、荒れ果てた道なき道を
ちゃんと持って歩けるでしょうか?
地雷があるかもしれません。

迷わずに家族の住む家まで帰りつけるのでしょうか?
家には待っていてくれる誰かがいるのでしょうか?
食べるものは?
すぐに眠れるのでしょうか?

眠ることが出来て、目が覚めたら・・・
どんな朝が来るのでしょう。

私の想像は果てしなく続きます。
一生を水汲みだけで終るという生活が、私の想像を超えていることを感じます。
私の現実からは想像に限りがあって、思考がついていきません。

明かりがまったくない道を幼い子が歩くという事だけを考えても
想像が追いつかないのです。

ムジカの募金は日本地雷処理機構の橋渡しを得て、歌う喜びを支援という形に変えることができました。
これからも感謝を込めて喜びの歌を歌いつづけていきたいと思います。

ここまで書いてきて、
水のない村に井戸を掘るという事が、この村にとって大切だと認識しつつも、
このまま喜んでばかりはいられないと思うようになりました。

一つの村に井戸を掘っても、その水が人々の生活を楽にしたとしても、
それで支援は終らないという現実。

根本は人の尊厳。教育の問題に行きつくからです。
教育。政治。国の事情。国民性。大きな問題をはらんでいます。

話しがそれてしまいました。
次の項では、日本地雷処理機構の活動について話しを進めようと思っています。
 

老後とはかくあるものか

 投稿者:やっとこ  投稿日:2015年 8月29日(土)13時21分56秒
  おもちゃのマーチのやっとこでございます。

下げたくもない頭をさげ、ムッとしながらもご愛想笑いの生活。
リタイアーしたからには、気の向くまま、足の向くままの生活をしようと楽しみにしていました。

ムジカおさらぎで声を張り上げては苦笑を買い、シブストさんに啓発されて写真を観賞する楽しみも知り、念願かなって楽しい生活が始まりました。

暑いと言いながら苦もなく早起きし、毎日のように出歩き、会社員時代よりも熱心に情報誌を読みあさる生活。のんびりと過ごすはずのリタイアー後の生活。想定外の忙しさにこれまた驚いています。

暑さも和らぎ始め、ムジカの練習も新しい局面を迎えたので、ここらで一服ひと休み。写しさえすれば、写してしまった後でも、自動的にピントを合わせてくれるという性能の良いカメラがあるらしい。このカメラを買って撮影旅行としゃれ込もうかと作戦をねっていたところ、そうはさせじの歌の練習。息つく暇もなく、新しい曲の練習が始まるそうな。

あれもこれもと欲張って、目標達成は成らず、上役の目も心配せずに、中途半端のまま次の目標に目をむける気安さに、これこその老後だとやっと安堵の心境に達しました。

みなさま。今後ともよろしくお付き合いの程を願いあげます。
 

なぎさ道演奏会

 投稿者:yuri  投稿日:2015年 8月27日(木)22時02分8秒
  なぎさ道の演奏会が終わりました。
皆様 ご協力ありがとうございました。
暑い中 会場にお越し下さった皆様 ありがとうございました。
本当に 皆様のご支援のおかげで無事に終了いたしました。
子供たちは良く頑張りました。
1年の成長は驚くほどで、今年ウロウロしている子も来年は歌ってくれるでしょう。
学校では うまくなじめない子も なぎさ道で歌うことで自分に自信を持ってくれると思います。
なぎさ道の出番は 市民合唱祭・クリスマスコンサート・白青フェスティバルとまだ今年3回もあります。今後ともどうぞ応援してください。
 

ムジカの練習(8月21日)

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 8月27日(木)00時49分8秒
編集済
  練習日 平成27年8月21日  練習場所 鎌倉芸術館小ホール
    練習した曲 「夜と昼」「島原」「ダッタン人の合唱」

夜と昼
    ・明るく。
    ・ヤユヨ行の発音に注意する。
    ・長い音を長く、短い音はきっちりと短く。
    ・長い音で下がらない。
    ・高音部は言葉が人にわかるように。

島原
 歌詞の意味についての説明がありました。
 ましろなはね → はね・・たましい。
 つばきのはな → つばき・・女の子(二人の女の子が海辺で遊んでいる光景)
 だれしらぬひ つくし → しらぬい と 知らぬ をかけている
              しらぬい・・まぼろしのように灯る火
    ・とげ  の
     ゲヘナ の は 発音が違う点に注意する。
    ・音程を高目に正しく。
    ・アベマリ → マリと歌わない。
    ・レルヤ → を歌う。(この場合のhは無声音ではない)
    ・高音部と低音部のやり取りの部分
      旋律とそれを支える関係で構成されていることに注目して
      自分の役割を意識してきちんと歌い分ける。

ダッタン人の合唱
 次の区切りまでの音とりをしました。
 低音部に訂正があります。お休みなさった方は確認してください。
    ・落とし穴に注意
    ・休符は楽譜通りに伸ばす。
    ・正しい音とリズムで歌う。
    ・うつくしいドレイのあとの ♪ コンチャークハーン ♪は
     全員で歌う。
 

ムジカの練習(8月14日)

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 8月17日(月)23時49分18秒
  練習日 平成27年8月14日  練習場所 鎌倉芸術館小ホール
    練習した曲 「島原」「夜と昼」「レクイエム・・No.6.Confutatis」
          「ダッタン人の合唱」

島原
    ・♪ 海に消えた~ ♪ → 消えるように歌う。
                 高音部と低音部の追いかけっこ
                 音を高めにしていく。
                 (声を大きくすることとは違う)
                 女声は言葉をはっきり発音しない。

夜と昼
    ・明るく。軽いノリで。
    ・真面目すぎない。
    ・長い音と短い音の歌い分けをきっちりする。
    ・スタッカートはハッキリ強めに。
    ・楽譜を高く持つ。

レクイエム
 Confutais
   細かい所を丁寧に確認しながら進みました。
    ・最後の和音が明るい長調になるよう注意してください。
     特にソプラノはfi-nis! の fi(ファ)が低くならないように。

ダッタン人の合唱
  それぞれのパートごとに音とりをしました。
    ・休符のところでフライングしないように細心の注意を。
    ・休符の前の長い音をギリギリまで伸ばす。
    ・前般と少し違う部分にチェックを入れておくと良い。

お知らせ
    ・ジュニア合唱団なぎさ道の定期演奏会が迫っています。
     チケットの購入をよろしくお願いします。

     ・8月19日は歌のサロンがあります。
     鎌倉のハチミツの販売もあります。ぜひいらしてください。

    ・佐藤望先生がパパゲーノ役で出演なさる、相模原シィティオペラ「魔笛」のチケット
     販売中です。よろしくお願いします。

☆佐藤ゆり先生から
    今月中に・・ということは・・練習はあと2回
    「レクイエム・・No.6.Confutatis」の練習を終わりにする予定です。
    歌詞など、できるだけ覚えるようにしてください。
 

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2015年 8月15日(土)13時47分22秒
  歌のサロンのページを更新しました。
ここをクリックしてください。
ゲストの居石和代さんによるトロンボーンの音色(動画)
トロンボーンの仕組みについて(アルバム)など、お楽しみください。
 

ダッタン人の合唱

 投稿者:肖像君  投稿日:2015年 8月14日(金)19時22分40秒
  この曲は、皆さん、ご存じのロシアの作曲家「ボロディン」の歌劇「イーゴリ公」の第2幕に出てくる曲です。ダッタン人とは、現在のタタール、北アジア、モンゴル高原から、東ヨーロッパのリトアニアにかけ、広い地域に活動した民族をさしているようです。歌劇のあらすじは、12世紀末、ロシアは、東方民族の侵入におびやかされ、イゴーリ公は、軍を率いて戦場に向かった。イゴーリ公の妻は、出征以来、音信の無い夫と息子の身の上を案じている。そこへ、ロシア軍が敗れ、イゴーリ公父子は、捕らえられたという知らせがはいる。第2幕 捕虜になった二人は丁重な扱いを受けている。しかも、息子はコンチャク汗の娘と愛しあっている。父も脱走を拒否するという紳士的な性格で、コンチャク汗は、敵将ながら、男らしいイゴーリに内心親愛の情をもっている。、そこで、公を楽しませるために部下たちに踊りを披露させる。「ダッタン人の踊り」として有名な曲である。第3幕ロシア軍を大敗させた軍勢が、もどってくる事を知ったイゴーリ公は、ついに脱走。息子はコンチャク汗の娘とともに陣営に残る。これを知った汗は、寛大にも公を追わせなかった。
 

ムジカの練習(8月7日)

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 8月12日(水)00時43分0秒
  練習日 平成27年8月7日  練習場所 鎌倉生涯学習センター
    練習した曲 「夜と昼」「島原」「レクイエム・・No.6.Confutatis」
          「ダッタン人の合唱」

夜と昼
    ・明るく。
    ・しっかりスタッカートを切る。
    ・誰が笑い 誰が泣く 言葉に即した切れ方にする。
    ・最後のこころ を 音符通りにパチッと切る。
    ・長い音で下がらない。

島原
  女声が高音部
  男声が低音部を歌うことに決まりました。

  (アルトとテノールのパートを変更します。)

    ・次の音を想像して声を出す。
    ・ゲへナで下がらない。
    ・下降形から跳躍するフレーズに注意する。
      (同じ旋律が何度も出てきます。)
    ・ましろ → まっしろに聞こえないように注意して歌う。
    ・男声
     全員、2ページの2段目。休符に1・2と印を付け、フライングしないようにする。

レクイエム
 Confutais
    特に、4区切り目を各パート毎に歌詞をつけて音とりをしました。
    アルトはバスから音を取る。

ダッタン人の合唱
    ・各パート毎に別れて途中までの音とりをしました。

お知らせ
    ・第27回定期演奏会のCDとDVDの販売中です。
     DVDはブルーレイ版もあります。

    ・ジュニア合唱団なぎさ道の定期演奏会が近づいています。
     ご都合上いらっしゃれない方でも、チケットのみ購入という協力の仕方もあります。
     よろしくお願いします。

    ・佐藤望先生がパパゲーノ役で出演なさる、相模原シィティオペラ「魔笛」のチケット
     販売中です。
 

明野のひまわり畑

 投稿者:シブスト  投稿日:2015年 8月 9日(日)21時04分55秒
  暑い時には暑い所へということで、太陽を浴びて元気に花開いている山梨県北杜市明野のひまわり畑に行きました。広い畑一面にひまわりが咲き誇っていました。下の写真で遠くに見える積乱雲の下の山は、八ヶ岳です。  

夜景クルージング

 投稿者:シブスト  投稿日:2015年 8月 9日(日)16時54分12秒
  横浜港から出港して京浜運河沿いのプラントの夜景を撮影しました。船は小型の高速船(遊覧船の2~3倍の35km/h)で楽しい経験でした。揺れる船の上で暗い中の撮影は難しかったです。終わって楽しくビールを飲みました。  

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2015年 8月 8日(土)21時58分10秒
  ムジカおさらぎのホームページ「募金のゆくえ」に,
去る、7月17日の「平成27年度、募金贈呈式」の
模様を掲載して更新しました。

この「掲示板」から、ムジカおさらぎのトップページに戻って。
「募金のゆくえ」を開いてください。
 

ムジカの練習(7月31日)

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 8月 6日(木)01時36分43秒
  練習日 平成27年7月31日  練習場所 鎌倉芸術館小ホール
    練習した曲 「島原」「夜と昼」
          「レクイエム・・No.6.Confutatis」

島原
  やさしいようで、難しい曲です。

    ・レの音をきちんと上げる。
     同じ旋律が何度も出てくるので
        その音の形に慣れる。

    ・響く音を予測して体を準備しておく。
      声を出す前に準備しておく。

    ・低音部と高音部が追いかけっこをする箇所は
      まったく同じに聞こえたい。

    ・最後の ♪海に消えた・・の部分
     後になればなるほど音が高くなる気持ちで。
     (声の大きさではない)

夜と昼

    ・若々しく。
    ・スタッカートのある所とない所をきちんと歌い分ける。
    ・低音部はルとルンの場面の違いを際立たせる。
     ルは一個ずつを上向きに取り直す気持ちで。

レクイエム
 Confutais
    ・音とりが終わり、歌詞を付けて練習しました。

    ☆宿題が出ています。
      男性 リズムで言葉が読めるように。
      女性 最後の区切りの部分
          音名で言って言葉を付けるように。

お知らせ
    ・第27回定期演奏会のCDとDVDの販売が始まり、申し込み受付中です。
     DVDはブルーレイ版もあります。

    ・来週の練習日(8月7日)にはお菓子の販売があります。
     又、鎌倉産のハチミツも販売できるようになりました。

    ・8月29日(土) 佐藤望先生が相模原オペラ「魔笛」に パパゲーノ役で
     出演なさいます。チケット販売中です。

    
 

温かいお言葉に感謝

 投稿者:由良幸夫  投稿日:2015年 7月30日(木)16時19分10秒
    私の退団に際し、多くの方から温かいお言葉を頂戴し、まことに感激しております。

  実は私は数週間前より、頭脳に軽い変調を覚えるようになり、脳神経外科医の診断を乞うたところ、脳を支える骨の一部が変形し、またそれに付随する神経の一部の損傷にによる「めまい症」であると宣告されました。

  例えば洗顔すべく頭を下げると、途端天地がひっくり返るような激動が起き、床に倒れこむ。真上を見ると同じ激震が走る。

  その対策として、頸の周囲を白いプラスチック製の固いカラー〈首輪如きもの〉を寝る時以外常時装着することにより「めまい」を徐々に軽減を計る以外に療法がないといわれました。

  なお退団を決意するに至った第二の理由は、近来益々その度を進めつつある私の超難聴によるものです。先生のマイクの説明も十分聞き取れず、周囲の仲間の支援によって辛うじてその場をしのぐ状態でありました。

  まっことに意外に悪性の疾患に取りつかれたものと、わが身の不幸を嘆く一方、さらなる気力を振り絞って、体調管理に十分配慮しつつ、来るべき東京オリンピックを是非とも観戦したいというのが目下最大の念願であります。

  皆様におかれても、歌唱の楽しみをいつまでもつづけられんことを願いながら

  駄句     灼熱に 負けじとムジカ 眉を上げ
 

ムジカの練習(7月24日)

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 7月30日(木)00時26分3秒
  練習日 平成27年7月24日  練習場所 あーすぷらざ
    練習した曲 「島原」 「レクイエム・・No.6.Confutatis」

島原
   高音部
    ・体を音の高さに準備しておく。
    ・同じ旋律が何度も出てくるので
        その音の形に自分がなれるように気をつける。

    ・最後のロングトーンの入りを上手に。
    ・ブレスの位置について、一箇所入れることになりました。
         (お休みなさった方は確認してください。)

   低音部
    ・暗くならない。
    ・アヴェマリア→アヴェマリヤにならないように。
    ・最後の輪唱のところはソプラノと同じ高さになるよう注意する。

    ・休符を意識できるように楽譜にチェック(1 2)を入れる。
       全員への宿題となりました)。
    ・前もって体を準備しておく。
    ・前回出されてていた音名を振ってくるという宿題をまだの方は
     必ずやってきてください。

レクイエム
 Confutais
    ・歌詞を4つに区切り、各パートごとに ラ で練習しました。
    ・次の練習までに、音名(ドレミ)を振ってくる。(前回の宿題になっていました)


お知らせ
    ・7月31日開催予定のある新人懇親会&懇親会に申し込まれた方
     お忘れなく。

    ・スタバトマーテルの練習が始まります。
     楽譜が必要な方は申し込んでください。

    ・ジュニア合唱団なぎさ道第12回定期演奏会(8月22日開催)
      入場券の発売が始まりました。

    ・望先生出演のオペラが幾つかあります。
     順次お知らせしますので、よろしくお願いします。

    ・8月2日(日)に佐藤望先生出演のオペラが開催されます。  
 

戻ることのない過去

 投稿者:ヘ音記号  投稿日:2015年 7月24日(金)18時09分19秒
  猛暑の中、今年も土用丑の日を迎えた。昔からの仕来たりに習って、我が家でも鰻を食べた。昨今は天然物の鰻が貴重な物となってきたようだが、今年は稚魚の養殖が成功して、比較的豊漁だと聞く。

私等の子供時代を振り返ってみると、鰻に限らず鮎でも手長えびでも、その辺の川に行けば釣ったり採ったりできた。鰻の稚魚は20センチ位までのものを、ハリッコといって、釣れると捨ててしまう嫌われものであった。鮎は10センチほどの小型であったが、毛針を上下させながらたくさん釣った。河口から400メートル辺りまでは、潮が満ちてくると、イナッコの群れや、1メートル近いアカヤガラの姿を見ることもあった。

川の上流の山裾には、まだ田んぼや畑があって、小さな流れの溝はドジョウの棲家となっていた。それこそ、手で掬い取れるほどであった。トウキョウサンショウウオがいたという話も聞いている。そんな辺りにはカワニナもいたせいか、夕暮れ時、畦道を歩いていると、蛍もチカチカ瞬いていた。と、かれこれ、昭和36年頃までの話である。

ところで、先日、ムジカの長老であられた由良さんが退団された。ムジカ暦は約15,6年位かと思われるが、その間、いつも元気に歌われるお手本のようなお姿であった。そのような由良さんに、もうお会いできないのは寂しい。しかし、いろいろな機会に元気な由良さんのことを思い出すであろう。いつまでも、お元気で・・・。
 

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2015年 7月21日(火)17時49分26秒
  歌のサロンのページを更新しました。
第201回歌のサロン
ゲストはコントラバス:小室昌宏さん・ピアノ:脇谷敦子さんです。
第202回の予告も載せてあります。
ここをクリックしてご覧になってください。
 

/129