投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


由良さんへ

 投稿者:シブスト  投稿日:2015年 7月21日(火)07時53分48秒
   退団のご挨拶に驚いています。いつもお元気にムジカおさらぎに来られ、必ず私に声を声をかけて頂き、模範とする大先輩です。由良さんの掲示板は話題に富み楽しみでした。記憶力が抜群で、若い頃のこと、戦争中のこと、会社時代のこと、読んだ本のこと、体力維持方法など大変勉強になりました。どうぞお体を大切になさって、これからも掲示板にご登場下さい。有難うございました。  

由良さんへ

 投稿者:肖像君  投稿日:2015年 7月21日(火)05時18分29秒
  由良さん、ご投稿拝見。ご退団の由、驚いています。由良さんというと、まず掲示板を思い出します。読書家で、英字新聞なども読破されておられる由良さんの、ご投稿内容は、いつも、探求心あふれたもので、私は、大変勉強させていただきました。また、ご投稿の回数も、多く、むじかの掲示板の中ではトップではないでしょうか。また、TB会などでは、進んで歌ってくださったりして、会を盛り上げてくださいました。改めて、御礼申し上げます。ご退団の理由が、体調をくずされたとか。どうぞ。お体大切になさって下さい。まずは100歳を目標に。由良さん、本当に、本当に有り難うございました。

 

ムジカの練習(7月17日)

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 7月21日(火)00時00分37秒
  練習日 平成27年7月17日  練習場所 鎌倉芸術館小ホール
    練習した曲 「夜と昼」「島原」「レクイエム・・No.6.Confutatis」

夜と昼
   高音部
    ・歌詞をはっきり。
    ・詩の解釈を考える。
    ・低音部と高さが交差する所を気をつける。
    ・最後のロングトーンを美しく。

   低音部
    ・ラになった所にスタッカートを入れる。
    ・上のパートよりも高い音になった時に気をつける。

島原
    ・アヴェマリア→アヴェマリヤにならないように注意。
    ・ケヘナは地獄、パライソは天国のこと。
    ・やゆよ行→ぃや ぃゆ ぃよ と発音。
    ・最後は山びこのようにずれる。

   低音部
    ・休符を意識できるように楽譜にチェックを入れると良い。
    ・ましろ→まっしろと歌わない。
    ・高音部よりも高い音に注意する。

レクイエム
 Confutais
    ・歌詞を付けずにラで練習しました。
    ・各パートとも途中まで練習しました。
    ・次の練習までに、ドレミを振ってくるという宿題が出ました。

    ・テノールはバスから音をもらえるよう同じ音の確認をする。
    ・ソプラノはカンジョウを間違えないように。
    ・アルトはソプラノと少し違うところに注意。

配布物
    ・9月~10月の練習予定表。

お知らせ
    ・7月31日に予定のある新人懇親会は、新人さんだけでなく
     他の方も参加が可能です。

    ・男声合唱団牧神第3回定期演奏会(9月26日開催)の
     チケット販売が始まりました。

    ・スタバトマーテルの練習が始まります。
     楽譜が必要な方は申し込んでください。

    ・ジュニア合唱団なぎさ道第12回定期演奏会(8月22日開催)
     ご協力をよろしくお願いします。

    ・望先生出演のオペラが幾つかあります。
     順次お知らせしますので、よろしくお願いします。   
 

由良さんへ

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 7月19日(日)23時42分52秒
  言葉遊びが大好き!

単純な理由で由良さんを先生と決めて言葉遊びを楽しんできた私です。
長い年月、同じ会場で顔を合わせながらも、ご挨拶もせず、お礼も申しあげず、
失礼のうちに過ぎてしまいました。

こういう時はこんな言い方をするのね。
この言葉遣いで良いのかしら?
なるほど!こういう表現をすれば気持ちが素直に伝わるわね。

お詠みになった歌の解説から、たくさんの言葉遣いを楽しくマネッコさせていただきました。
ありがとうございました。
そしてゴメンナサイ。

   

        振り向けば 幸多かれと あかね空

日々の生活の中に
楽しいことがたくさん見つかりますように。

☆ 私はブログを書いています。
  もしもよろしかったら、私のブログもお読みいただけたらうれしいです。
  ぴーちゃんのひとりごと ← こちらをクリックしてご覧ください。
 

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2015年 7月19日(日)21時24分10秒
  ムジカおさらぎのホームページ「演奏会のお知らせ」に
「第51回鎌倉合唱連盟定期演奏会」の報告を載せました。

ここをクリックして、トップページを開いて
「演奏会のお知らせ」をご覧ください。
 

由良さんへ

 投稿者:フェルマータ  投稿日:2015年 7月19日(日)18時04分44秒
  木下です。

由良さんには、楽しいお話や、健康管理について、いろいろお話いただきました。

大先輩、由良さんや私が入団した頃は、男声群が少なく女声群に圧倒された時代です。

皆さんについてゆくのが大変でしたが、曲目がポピュラーもので、二部合唱でしたから

何とか頑張れましたね。

由良さんとは、TB会で、肩を組んで大声を張り上げて一緒に歌いましたね。

楽しい思い出の一つです。

 先日の練習日、休憩時間にお互いの健康状態についてお話しましたね。

それが、最後の会話となり寂しい限りです。

これからは、掲示板の中で時々お会いしたいと思います。

健康管理を大切になさって下さい。
 

退団のご挨拶

 投稿者:由良幸夫  投稿日:2015年 7月19日(日)08時38分46秒
   私こと大変永いことお世話になりましたが、この度思いもかけぬ体調の急激な悪化〈非・内臓〉により、まことに残念ながら退団のやむなきに至りました。

  顧みますと、平成12年「楽譜が読めなくても大丈夫」という殺し文句にまんまとはまって入団し、以来佐藤ゆり先生を初め諸先生の懇切なご指導をいただくかたわら、先輩諸兄姉の温かいご支援を得て、曲がりなりにも今日までついてこられたことに対し、心より深甚なる感謝を捧げる次第であります。

  今後は弱りつつある体調管理に万全の留意を払い、来るべき東京オリンピックの観戦を切望しながら、ムジカの掲示板の記事を読むのも日常の楽しみしたいと考えております。

  終わりに当たり、諸先生初め団員の皆様の健康と、ムジカおさらぎの益々の発展を衷心よりお祈り申し上げます。
 

海外合唱祭のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会メール  投稿日:2015年 7月15日(水)11時02分0秒
  ■2016年5月連休&夏休み時期に海外で開催の国際合唱祭のご案内


来年はいずれかにトライしてみませんか。
お気軽にご相談、あるいは資料をご請求ください。


●バート・イシュル国際合唱祭(オーストリア)4月30日(土)-5月4日(水)

映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台、美しいザルツカンマーグート地方バート・イシュル(ザルツブルクから54キロ)で開催される同国際合唱祭はその環境の素晴らしさから世界的に人気があります。 参加は、①コンペティション参加 あるいはコンペティション不参加でコンサート公演のみの ②フェスティバル参加 の2通りがあります。

●コーク国際合唱フェスティバル&コンペティション(アイルランド)4月27日(水)~5月1日(日)

アイルランドの合唱音楽を育成する目的で1954年に始まったコーク国際合唱フェスティバルは、その高い水準、優れた内容の多岐に渡るプログラム、そして参加者を迎えるフレンドリーな雰囲気で知られています。コンペティションに出場しないでフェスティバルに参加する世界中からの合唱団をも主催者は歓迎しています。合唱祭への参加は、コーク市およびアイルランド国内のさまざまな会場でパフォーマンスを披露し、合唱祭の雰囲気を味わうことができるユニークな体験です。

●オフリド合唱フェスティバル(マケドニア)8月25日(木)~29日(月)

マケドニアの屈指の観光地、真っ青なオフリド湖に面した古都オフリドに世界の合唱団を集めて開催。
いかなるタイプの合唱団も参加可能。合唱フェスティバルには次の5つのセクションがあり、参加合唱団は少なくとも2つのセクションで演奏(オープン・エア演奏+他のセクションどれか)。希望があれば2つ以上のセクション参加も可能です。
【セクション1. オープン・エア(野外)演奏】(必須)
【セクション2. コンペティション】
【セクション3. フォーク・ミュージック】
【セクション4. 宗教曲】
【セクション5. ポップ・ミュージック】

●フィレンツェ国際合唱フェスティバル(イタリア)7月20日(水)-22日(金)

ルネッサンス発祥の地フィレンツェで開催のこの国際合唱祭の特長は何と言っても歴史的中心地にある素晴らしい次の5つの会場です。
①ヴェッキオ宮殿の「500人広間」(14世紀初頭に建てられた94mの鐘楼をもつゴシック建築)
②世界最古ヴェッキオ橋のサント ・ ステーファノ ・ アル ポンテ ・ ヴェッキオ教会
③サンタ・クローチェ教会 (ロッシーニ、ミケランジェロ、マキャベッリ、ガリレオ・ガリレイらが葬られている1294年建設開始のフランシスコ会イタリア最大の教会)
④サン・ロレンツォ教会(メディチ家の多くの人々が葬られているフィレンツェ最大の教会)
⑤サンタ・トリニィタ教会(11世紀に市壁の外側に建てられてから何度か建て直され、いろいろなイタリアの建築様式がみられる教会。みごとなフレスコ画があることで有名)

●第13回中国国際合唱フェスティバル
7月26日(火)-8月1日(月)北京で開催


■問合せ&申込み先:
ジョイントコンサート国際委員会事務局 山田洋平
http://www.jointconcert.com
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
 

合唱連盟定演の講評

 投稿者:HP委員会  投稿日:2015年 7月13日(月)16時06分28秒
編集済
  ムジカおさらぎの演奏について佐藤ゆり先生から受け取った講評を掲載します。


1.講評者 星野 聡 先生

 歌を愛し、人とのふれ合い、生き甲斐- - -
皆さんの歌を聞きながら、音楽の本来あるべき姿を感じました。以前聞かせていただいた時より、ずっとずっと上達なさって、大人数が気持ちを一つにして歌っていらっしゃいました。

2.講評者 中村義春 先生

 多くの人が心を揃えて、美しい世界をのぞいて見ようとする、その行動自体に共感を覚えます。
皆様の歌っている表情を拝見していて、聴衆の1人として同じ表情で歌っている気持ちになりました。
long toneなど消えていく時間の美しさを感じました。時間の流れが美しいと感じさせてくれる歌の素晴らしさ、本当に立派です。
 新実さんが聞いたらきっと大喜びすると思います。


                          
 

募金贈呈の記録から(日本地雷処理機構)その5

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 7月10日(金)23時04分1秒
  順調な支援が続くものと思っていた矢先の試練。
日本地雷処理機構は大きな転換期を迎え、
地雷を処理するという本来の活動を一旦断念して、
子供たちへの教育に関する支援と並行しながら
水のない村への支援へと大きく舵を切りました。

水がないという事実を今の日本に住んでいてどう感じるでしょうか?
水がなかったら・・・

日常の生活から、まるっきり水のない生活を想像することは
かなり難しいです。

飲み水はどうするの?お料理ができない。トイレの処理に困る。
何日もお風呂に入れないの?洗濯は?

乾季と雨季にわかれていると聞いても、その現実はピンと来ません。

乾季には日よけをしっかりして、水分を多めに取って・・・
雨季には雨対策。お出かけはレインコートに長靴。
じめじめとした毎日。お洗濯ものが乾かない。伸びる雑草・・・

募金の贈呈式の折、日本処理機構のスタッフから、カンボジアの活動報告を聞くにつれ
今の日本との環境の違いが大きく浮かび上がってきます。

聞くだけでも想像を絶するような事がたくさんありますから、
現実はもっともっと大変なことがあるのでしょう。

乾季になると地面はひび割れ水は一滴もなくなる。
泥水が流れていた川は干上がり、埃がもうもうと立ち上る。
そんな状態が何日も何ヶ月も続く。
買いたくても、たとえ売っていたとしても
水をかうお金はない。

雨季。
泥水が怒涛のように押し寄せて、周り一面泥の中。
粗末な家の中にも泥は積もる。
道路は、なきも同然。
村全体が濁流の中。

水は有り余るほどあっても、きれいな水はない。
その水を・・泥水を飲む。
怪我をしても洗う水はない。
泥水で拭う。

感染症が蔓延する。
蔓延しても・・何にもできない。
こんな状況の中でも、人は生きていく。

素足では危ないとサンダルを渡しても、泥水の中では歩きにくいと
素足を選ぶ人々。

せっかく育ち始めた苗木が濁流にのまれてしまったこと。
学校の瓦がずり落ちても修理するお金がないこと。

その一方で
国王の誕生日を祝う裕福な国民たち。
カンボジア古典楽団の演奏。

水も電気もない村の人たちと
裕福な人たちとの格差。
カンボジアの暮らしぶりをとつとつと語るスタッフ。

どこまでが現実の話しなのか、
スタッフの報告と想像とが混在してくる私。
ムジカからの募金は、スタッフの手を通じて生き生きと使われています。

この現実をお伝えしたいと思うあまり、話しがくどくなりました。
それでも書かないではいられない私がいます。

お付き合いいただいたことに感謝しながら、
次の機会には水のない村の事について
話しを進めたいと思っています。
 

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2015年 7月 7日(火)21時35分38秒
  ムジカおさらぎのホームページ「演奏会のお知らせ」に
「第51回鎌倉合唱連盟定期演奏会」のお知らせを載せました。

ここをクリックして、トップページを開いて
「演奏会のお知らせ」をご覧ください。
 

美ヶ原 王ヶ頭

 投稿者:シブスト  投稿日:2015年 7月 4日(土)10時15分48秒
  レンゲツツジが満開の時期に美ヶ原 王ヶ頭へ撮影に行きました。晴れ、曇り、雨、霧と色々な状況に恵まれて写真を撮りました。王ヶ頭は標高2034mで360度の眺望を楽しめ、八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、御嶽山、乗鞍岳、浅間山と全て見え、遠くに富士山も見えます。ただし季節、天候次第で、何度か季節を変えて行くことで違った良さを味わえます。今回はレンゲツツジに合わせ、しっとりとした梅雨の時期を選びました。上はダケカンバを背景に満開のレンゲツツジです。中は霧のかかるカラマツ林を背景にしたレンゲツツジです。下は美しい朝の景色です。ここにはテレビ局のアンテナ、無線の中継のタワーが林立しています。  

ムジカ定期演奏会のFM放送

 投稿者:HP委員会  投稿日:2015年 6月30日(火)21時39分48秒
  5月30日のムジカおさらぎ定期演奏会の模様が、下記の日程で「かまくらFM」から放送されます。

              記

放送局: かまくらFM(82.8MHZ)

放送日: 第1回 (第1ステージ・第2ステージ)
     7月8日(水) 夜、9時00分~10時00分

     第2回 (第3ステージ)
     7月15日(水)夜、9時00分~10時00分

     再放送 第1回分
         7月12日(日) 午後3時00分~4時00分

         第2回分
         7月19日(日) 午後3時00分~4時00分

番組名:Pure Sound Now Music
      本来、クラシック音楽の鑑賞番組ですが、その特別企画として放送されます。

かまくらFMは、コミュニティーFM局と言って、地域限定の小出力放送局です。
従って、原則、鎌倉市内限定ですが、横浜市南部の一部、藤沢市東部の一部、逗子市の一部でも受信できる所が有ります。
次便で、受信方法をお伝えします。
 

かまくらFMの聴き方

 投稿者:HP委員会メール  投稿日:2015年 6月30日(火)21時19分37秒
  かまくらFMは、下記の方法の何れかで受信することが出来ます。

         記

 1、 ラジカセ、携帯ラジオでは、周波数82.8MHzに直接合わせて受信

 2、 ケーブルテレビ(JCN)でテレビをご覧の方で、「ステレオFMチューナー」
    をお持ちの方は、ステレオFMチューナーから屋外アンテナに繋ぐ同軸ケーブルを、
       ケーブルテレビのチュウナー(セットトップボックス)の出力端子に、テレビへ行く
       ケーブルと分配器で分配して聴くことが出来ます。
    但し、この場合の受信周波数は、79.4MHzになります。

 3、 パソコン、スマートフォンをお持ちの方は、
    JCBA(コミュニティー放送連盟)→ サイマル放送 →かまくらFM

    上記の手順で受信することが出来ます。 但し、サイマルと言うのは「同時放送」
      と言う意味ですので、前便の放送と同時にしか受信できません。(一般のパソコンのように、
      過去の番組を呼び出して聴くことは出来ません。)

 以上の、何れかの方法でお試しください。

  ご不明の方、この欄のE-Mail アドレスにお問い合わせください。

 

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2015年 6月30日(火)16時14分24秒
  ムジカおさらぎのホームページ「演奏会のお知らせ」に
「第32回鎌倉生涯学習センターフェスティバル」の報告をのせました。

ここをクリックして、トップページを開いて
「演奏会のお知らせ」をご覧ください。
 

ムジカの練習

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2015年 6月28日(日)23時54分41秒
  ※私は6月26日(金)リリスでのムジカの練習をお休みしました。
  休みはしましたが、24日の鎌倉合唱連盟定期演奏会に向けての特別練習には参加しました。
  指導は望先生、ピアノは高須先生でした。

 特別練習で練習した曲は、ムジカの定期演奏会でも演奏する予定になっていますので
 練習したことを大まかにお知らせします。
 よろしければ参考になさってください。

練習した曲 : 「夏のデッサン」「鳥舟」「小さな法螺」

夏のデッサン
 ・1番と2番のスケールの違いを考えて曲想を変える。
 ・1番と2番を情景の違いごとにブロックに分けて、その情景にあった歌い方をする。
 ・低音部はルルルとトゥルルの意味合いの違いを歌い分ける。
 ・歌詞の意味を考えて、その情景にあった歌い方をする。

鳥舟
 ・高音部と低音部が同じ音になるところで下がらない。
 ・スタッカートは、止まらずに置いてくる気持ちで。
 ・最後はハミングで終れるよう、上手に消えて行く。

小さな法螺
 ・言葉を遊べるように。
 ・長い付点は長く、休符はパキッ!と
 ・上のパートを聞きながら歌う余裕を持つ。
 ・最後まで気を抜かない。

☆ 鎌倉合唱連盟機関紙「えつせんす」が配布されています。
  ゆり先生はじめ、みなさまご存知の方々の含蓄に富んだコメントも掲載されています。
  ぜひ、ご覧になってください。
  
 

石楠花(しゃくなげ)妖話

 投稿者:YURA  投稿日:2015年 6月22日(月)15時20分0秒
    先日図書館から借りた、司馬遼太郎の随筆集の中に、掲題のの一章があり一寸興味を覚えたので、以下に記してみます。

  著者が戦後軍隊から帰って、大阪にある某新聞社の寺社担当の記者を務めていた時の話である。

  六月には全山石楠花になるという、京都の山の奥のまた山奥ににあるという志明院というお寺の田中院主の話を聞いて、著者はとうとう重い腰を上げた。院主の勧誘の内容は全山石楠花に化すというよりも、千数百年来その寺にすみついている妖怪変化が、今日なお健やかに跳梁している点に重点があったことに興味を覚えたと思われる。〈以下途中から要点のみ本文に即して記す〉

  十一時ごろであった。雑談に飽いて少しうとうととしていると、突然ついに出るべきものが出た。三方の障子が一時にガタガタ鳴り始めたのである。誰か外で障子のサンをつかんで力任せに揺すっているという感じだった。とにかく両名布団を蹴って起き上がり、さっと三方の障子を開け放った.とたんに音が止む。誰もいない。しさいに周囲を点検したが誰もいない。中に入って寝るしか手が無かった。ややあって再び西側の障子が鳴った。間髪を入れず障子を開けたが猫の子一匹いないのは前と同断。

  とこうするうちに、今度は屋根の上でシコでも踏むような鳴動が聞こえ始めた。濡れ縁まで飛び出て屋根を見上げたが、音は聞こえても形がない。「恐れ入ったな。一体なんだろう」ぼやいている間に、音響はわれわれの建物を離れ、一足飛びに眼下の本坊の屋根に飛び降りて、そこで乱調子のシコを踏み始めた。

  寝所に帰り二人であれこれ憶測をくりかえしつつ次の異変を待ったが、いうところの天狗の雅楽なるものは、ついに明け方まで聞こえなかった。一週間に一度は山頂の天狗松のあたりから、いんいんと響いてくるそうだ。ショウやヒチリキの音が、あるいは高くあるいは低く、間に太皷の音も交え,諧調ただしく演奏されるというのだが、寺より十丁下った雲ケ畑では、誰でも子供のころからこの音楽を聞いているというから、まずウソではあるまい。〈以下省略〉

追記:上記のようにそれらの妖怪は千百年来住みついているといわれるが、その事実は寺の古文書にも明記され、著者もそれを見せてもらったという。

 

明日・歌のサロンです。

 投稿者:フーセン  投稿日:2015年 6月21日(日)13時10分58秒
  第201回歌のサロンは明日22日()です。

ゲスト コントラバス演奏 小室昌宏広さん ピアノ演奏 脇谷敦子さん
ソプラノ独唱 工藤ななえさん 佐藤ゆりさん
バリトン独唱 佐藤 望さん

皆さんと歌う歌 蘇州夜曲 有楽町で逢いましょう 川の流れのように
          スワニー川 ブンガワンソロ ラ・ノビア  他




?
 

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2015年 6月21日(日)11時01分24秒
  ムジカおさらぎのホームページ「演奏会のお知らせ」に
「第27回定期演奏会」の報告を載せました。

ここをクリックしてトップページをひらいて
「演奏会のお知らせ」をご覧ください。
 

紫陽花

 投稿者:シブスト  投稿日:2015年 6月18日(木)10時07分39秒
  定演が終わり、合唱の日も楽しんで、次の学習センターフェスティバルに向けて忙しく練習をしている合間に紫陽花を思い出して、長谷寺に行きました。少し盛りを過ぎた花もありましたが、美しい姿で迎えてくれました。  

/129