投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


扇ガ谷 英勝寺

 投稿者:フーセン  投稿日:2018年 4月24日(火)10時44分53秒
   いろいろなことが終わって・・・
 新しくいろいろなことが始まる日々、

 ご近所の英勝寺を友人と散策しました。
 見事な白藤でした。

 竹林も見事でした。
 

歌のサロンを更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2018年 4月10日(火)09時05分1秒
編集済
  歌のサロンのページを更新しました。
ここをクリックしてご覧ください。


大竹尚之さんのリコーダー独奏
脇谷敦子さんのピアノ独奏
ソプラノ独唱、バリトン独唱など

動画、アルバムで3月の歌のサロンをお楽しみください。

次回の予告もご覧になれます。



 

小原さんとの別れ

 投稿者:ヘ音記号  投稿日:2018年 4月 4日(水)15時05分11秒
編集済
  小原さんが亡くなられた。2月に90歳の誕生日を迎えられたのはついこの間のことである。まだ、足腰はしっかりされ、隣の席で歌われる声にも衰えは感じられなかった。小原さんはムジカ設立からの先輩として、多くの足跡を残され、ムジカの名誉会長的存在であられた。

いまだに、小原さんの訃報が信じられない。今度の金曜日には、またムジカの練習に戻ってこられ、一番乗りでみなさんを迎えられるような気がする。しかし、現実は残念ながらそうならない。もう、過去の世界に逝かれ、今頃は先日のゲネプロ演奏に耳を澄ましていられるに相違ない。そして、「ああ、そこのソプラノとアルトはリズムを揃えて・・・。うーん、テノールとバスはもっと大きく息を吸って、レガートに繋げて歌うんだよ・・・」と呟いておられるような気がする。

それほど、ムジカ30周年定期のモツレクを楽しみにしておられたに違いない。だから、今回のモツレクを小原さんへのレクイエムとして歌おうと思う。それで、小原さんに満足していただければありがたい。それが本当の意味で小原さんとのお別れになればと思う。

実は、先月の2日、あーすプラザでの練習後、突然、車で送ってくれないかと頼まれた。喜んで鎌倉駅前までお送りし、お別れした。それが小原さんとの最後であった。どうか、これまでにムジカで歌われた数々の歌を、あちらでも思いっきり歌ってくださるよう祈ります。  黙とう ! 
 

深謝

 投稿者:やっとこ  投稿日:2018年 4月 1日(日)23時50分11秒
  突然現れるやっとこでございます。

ムジカおさらぎの定期演奏会が近づき、いよいよ本番まで秒読みとなりました。

先日のオケあわせ
オーケストラのみなさまを前にしての練習は、冷静沈着を旨とするよう気をつけていても豚の耳に念仏。
浮き足立った精神状態の私のお助けマンは犬吠埼さんの懇切丁寧な解説でした。
この解説のエッセンスを曲の始めに走り書きしたのが功を奏して、情景を具現化できたように思います。

それにしても5年という歳月を経てのモーツアルト全曲演奏は感慨深いものがあります。
気がついてみれば朝寝坊に二日酔いは陰を潜めていました。
それは歌のおかげというよりも年のせいだよと諸先輩からの辛口が聞こえそうではありますが
良いコンディションをキープし続けて本番に臨みたいと念じているところです。

 

逝きし者を悼む

 投稿者:犬吠埼  投稿日:2018年 3月29日(木)12時25分42秒
  定演の本番も近づいてきました。長い間練習してきたモツレクもオーケストラと共にステージで歌うことになります。

鎌倉近郊にはクリスチャンが多く、ムジカおさらぎの団員にも多数の方がおいでになり、それらの方々にはレクイエムは身近なものでしょう。

しかし、多くの団員は仏教徒とはいわなくても葬儀は寺院であげられるでしょうし、神道でなさる方々もおありでしょう。

キリスト教とは宗教観が全く異なるので、先生に「棺の前で歌うのだから…」といわれても、いつものステージ上で歌うのと同じく声を張り上げて歌いたくなります。

これだけ長い曲をラテン語の歌うのだから、それだけで「もう勘弁してくれ」と出演を辞退したくなる方々も居られると聞きます。

しかし、私もこの数年の間に親族、恩師、友人を亡くしています。クリスチャンでなくてもそれらの逝きし者たちを悼む心は皆もっているでしょう。

心込めて歌うために、無謀ながら、以下に各曲の内容を一言でまとめてみました。

1-1 Requiem(永遠の安息を)
 主よ、逝きし者に永遠の平安をお与えください。そして絶えることのない光が彼らを照らしますよう、私の祈りをお聞き届けください。

1-2 Kyrie(憐れみたまえ) <Requiemに引き続き歌われます>
  主(神)よ、憐れみたまえ。(神の子である)キリストよ、憐れみたまえ。

2 Dies irae(怒りの日)
 怒りの日、世界は熱い灰の中に解き放たれ、審判者(キリスト)がすべてを厳しく打ち砕こうとするとき、人々はどれほど恐れおののくことでしょうか。

4 Rex tremendae(恐るべき御稜威の王)
 救われるべき者を恵みをもって救いたまう恐るべき威厳のある王よ、私を救ってください。慈悲の泉なる方よ。

6 Conftatis maledictis(呪われ退けられし者達)
 呪われ、弁解の口を封じられた者たちに激しい炎により判決が下さる時、私を祝福された者と共にお呼び下さい。私はひれ伏してお祈りします。私の最後の不安をお救いください。

7 Lacrimosa dies illa(涙の日)
 その涙の日、裁きを受けるべき罪人は、熱い灰の中からよみがえるでしょう。神よ、この逝きし者に平安をお与えください。

8 Domine Jesu Christe(主イエス・キリスト
 主イエス・キリスト、栄光の王よ、全ての死せる信者たちの魂を地獄の罰より解放して下さい。

9 Hostias(賛美の生け贄)
 主よ、私たちは生け贄と祈りを捧げます。今日私たちが記念する人々の霊魂のために受け入れて下さい。主よ、彼らを死から生へと移して下さい。

10 Sanctus(聖なるかな)
 聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の神なる主は。いと高きところに万歳。

11 Benedictus(祝福された者)
 主の名によりて来たるものは祝福された。いと高きところに万歳。

12-1 Agnus Dei(神の小羊)
 世の罪を除きたもう神の子羊(キリスト)よ、彼らに永遠の平安をお与え下さい。

12-2 Lux aeterna(永遠の光)<Agnus Deiに引き続き歌われます>
 主よ、永遠の光明が彼らを照らしますように。主よ、彼らに永遠の平安をお与え下さい。

12-3 Cum sanctis(聖者たちとともに)<Lux aeternaに引き続き歌われます>
 あなたは、あなたの聖徒たちとともに、永遠に憐れみ深くいらっしゃいます。

キリスト教ではは死んだ人間は実は眠りにつき、世界の最後の日に起こされ、復活の後に「最後の審判」を受けるとされ、「死者のためのミサ」であるレクイエムは死者が「最後の審判」まで安らかに過ごせるようにと神に祈ることです。

仏教でも死を迎えてすぐには成仏せず、死後四十九日(7日ずつ7回)めに裁きを受けるとされています。
人間世界の時の長さを考えなければ、葬儀の時には霊はまだ安息の場がなく、裁きを受けなければならないという死生観はキリスト教に似ています(だいぶこじつけですが)。

したがって、レクイエムを自分なりに死者を悼む気持ちで歌ったらいかがでしょうか。

1-1 Requiem(永遠の安息を)
 仏様、逝きし者に永遠の安らぎをお与えください、の気持ちを込めて

1-2 Kyrie(憐れみたまえ) <Requiemに引き続き歌われます>
 祈りを唱える言葉ですから、宗旨により、なむあみだぶつ(南無阿弥陀仏)、なむみょうほうれんげきょう(南無妙法蓮華経)の心で唱えましょう

2 Dies irae(怒りの日)
 裁きの日、極楽に行けるか、地獄に落とされるかの裁きにおののく気持ちを込めて。

4 Rex tremendae(恐るべき御稜威の王
 救われるように煩悩を断ちきってください。憤怒、怒りの姿の不動尊は我々の煩悩を断ってくれます。

6 Conftatis maledictis(呪われ退けられし者達)
 キリスト教では世界は一方向ですが、仏教では輪廻の思想で人は生まれ変わります。
 六道(りくどう、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道)を巡る六道輪廻では、それぞれの道で我々を助けてくれる六地蔵(由比ヶ浜1丁目六地蔵交差点にも)がいます。
 三悪道(畜生道、餓鬼道、地獄道)に落ちませんように。

7 Lacrimosa dies illa(涙の日)
 この逝きし者に平安をお与えください。

8 Domine Jesu Christe(主イエス・キリスト)
9 Hostias(賛美の生け贄)
10 Sanctus(聖なるかな)
11 Benedictus(祝福された者)
12-1 Agnus Dei(神の小羊)

12-2 Lux aeterna(永遠の光)<Agnus Deiに引き続き歌われます>
12-3 Cum sanctis(聖者たちとともに)<Lux aeternaに引き続き歌われます>
 これらは神、神の子であるキリストをたたえる歌です。
 仏教では悟りを開いた仏、如来は偉大すぎ、悟りを求めて修行している菩薩が人間との間を取り持ってくれます。
 西方極楽浄土においでになる阿弥陀如来(阿弥陀仏、鎌倉大仏)にお迎えいただだけるように、観音菩薩にお祈りします。
 逝きし者に平安を与え、やがて逝く私たちもお守りください。
 

ムジカ 大好き

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2018年 3月27日(火)23時26分16秒
  鎌倉混声合唱団ムジカおさらぎ

私がこの合唱団が大好きなことの一つは
「ゆっくり 急がず ていねいに」です。

難しい曲も
聞き覚えのある曲も
ひとつひとつ丁寧な歩みで練習が進みます。

何度も同じご注意を受けながら繰り返し練習するうちに
出来るようになることが増えていきます。

分かると出来るの違い
分かっていても思うように出来ないのが常。
先生方がよく分かってくださるので
出来なくても安心していられます。

安心しながら挑戦できるのが魅力
魅せられながら次から次へと力がつくのを期待しています。
 

演奏会に向けてのこれからの事

 投稿者:おせっかい  投稿日:2018年 3月19日(月)23時33分33秒
  ムジカおさらぎ第30回記念演奏会が目前となり、
本番の進行に沿った練習も、より具体的になっております。

はじめに、3月30日(金)の練習について
  練習予定表には練習時間が10時~16時となっておりますが
  午前中の練習はありません。
  一般団員の練習は13時~16時までです。ご注意ください。
  お知らせが配布されておりますので
  前回の練習をお休みした方は役員まで申し出てください。

第一部 「ふるさとの四季」
  オーケストラ版での演奏となります。
  お持ちの楽譜と違うところがあるのは周知の通りです。
  ピアノ版との違いを確認しておく事をお勧めします。

第三部 「レクイエム」
  ソロが歌っている間は座ることになっています。

  ・座る時は合図が出てから座る。

  ・座る時は、次に演奏するところを開いて待つ。
   (ソロと一緒にページを繰らない)(ページをめくる音をさせない)

  ・立つ箇所と座る箇所が分かりやすいように楽譜に記載してておく。
     ソロの演奏中に立つ。
     ソロが終わってから立つ。
     ソロの演奏が終わるまで座らない。
     曲が続くので立ったまま次に移行する。
   いろいろな場面があるので楽譜への工夫が必要です。

なお、アンコールは「ふるさと」を会場の皆さまと一緒に歌います。
パートはお好きなところをどうぞ。
歌詞に不安がある方は、レクイエムの楽譜の最後のページに書いておくと便利です。

開始時間や集合場所など、変則的になっております。
また、分かっていてもウッカリミスが増える時期でもあります。
注意の上にも注意をして準備をしましょう。

ますますの体調管理も怠りなく。
あれっ?と思ったら遠慮なく休んで、本番に備えましょう。
 

更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2018年 3月15日(木)18時01分55秒
編集済
  ムジカおさらぎのホームページ「演奏会のお知らせ」に
「第30回記念演奏会」のお知らせを載せました。

ここをクリックして、トップページを開いて、
「演奏会のお知らせ」をご覧ください。
 

歌のサロンのページを更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2018年 3月10日(土)09時31分21秒
編集済
   歌のサロンのページを更新しました。

 ゲストにチェロ奏者 寺井つねひろさん ピアニスト 高須亜紀子さんを

 お迎えしました。

 ここをクリックしてご覧ください。

 3月14日に234回 歌のサロンが開催されます。
 予告も載せてありますのでご覧になってください。

 皆様のご来場を歌のサロン役員一同お待ちいたしております。




 

みぃちゃんの東京大空襲

 投稿者:ぴろりん  投稿日:2018年 3月 9日(金)15時45分7秒
  みぃちゃんへ

今年もこの日が巡ってきました。
みぃちゃんからこの日の出来事を聞いてから
どの位の年月が経つでしょう?

みぃちゃんと私
二人のつながりがどんどん強くなって
寡黙なみぃちゃんともたくさんおしゃべりをしましたね。

辛くて悲しくて
やりきれなくて淋しいことの数々

年月が経つに従って辛い思い出が和らいで行くその過程を傍で感じて
昇華するってこういう事かと考えたりしています。
 

みぃちゃんの幸せが私のしあわせ
みぃちゃんのため息もまた・・私のため息

紡いでいくその思い出の一隅に私も一緒にいられますように
・・・ずっと・・・
 

団員募集中です

 投稿者:HP委員会  投稿日:2018年 3月 8日(木)10時23分28秒
編集済
  【鎌倉混声合唱団 ムジカおさらぎは団員を募集しております】

皆さまのお知りになりたい事を想定した質問とその回答を
ホームページ上に掲載しております。

その抜粋をピックアップしてご紹介致しますので
下記を↓クリックしてご覧ください。
   ムジカおさらぎの特徴と魅力 Q&A

引き続きこの掲示板でも団の紹介をしてまいりますので
参考になさっていただけると嬉しいです。


 

4月の定期演奏会について

 投稿者:HP委員会  投稿日:2018年 3月 4日(日)09時32分29秒
  ワッサーマン様
ご質問頂きました当合唱団の第30回定期演奏会について本ホームページの「演奏会のお知らせ」のページ(下記URL)に記載しましたので、下記URLをクリックして、一番上の「第30回定期演奏会」をクリックすると詳細をご覧になれます。
尚、文中に定期演奏会のチラシの画像がありますので、それをクリックすると大きく拡大してご覧になられます。更に、拡大した画像を印刷することが出来ますので、印刷して、申込用紙を切り離して、本文に掲載されたチケット申し込み受付担当者(長谷川)宛てにお送り下されば、チケット(無料)を入手することが出来ます。
是非、お試しください!

http://musica-osaragi.jp/Concert-w/index.html

 

4月14日 定期公演会について

 投稿者:ワッサーマンメール  投稿日:2018年 3月 2日(金)12時02分38秒
  今年の定期公演会(4月14日)を観に行きたいのですが、具体的なスケジュールなどお決まりでしょうか。
詳細が分からず、どなたか教えていただけましたら幸いです。
 

写真展のご案内

 投稿者:田中正美  投稿日:2018年 2月22日(木)19時41分14秒
  私の所属する「湘南写友クラブ」の写真展が、学習センター地下のギャラリーで開催されます。
2月27日(火)~3月5日(月)です。この間のムジカ練習はセンターではありませんが、28日(水)には歌サロがあります。私も4点出しているので、ご都合が付けばご覧頂けるとうれしいです。3月3日(土)は会場にいます。なお案内ハガキの写真は私ではありませんが、大岡川の桜です。
 

白馬連山

 投稿者:シブスト  投稿日:2018年 2月18日(日)09時16分46秒
  雪景色を求めて白馬周辺に行きました。1日目は雪降りの景色を撮りましたが、2日目は快晴の下、昨日積もった新雪が輝く風景を撮れました。
1枚目は朝日に輝く白馬八方尾根です。何度も滑ったリーゼンスラロームコースが良く見えます。ここで長野オリンピックの滑降競技が行われました。
2枚目は雪の積もった松川の清流と白馬連山です。
3枚目は五竜岳です。
 

”募金のゆくえ”の頁・更新

 投稿者:HP委員会  投稿日:2018年 2月16日(金)21時37分15秒
  「ムジカおさらぎ」のホームページの”募金のゆくえ”の頁を更新しました。
去る1月12日の寄付金の贈呈式の模様と、募金の年度別累計表・募金総額を改訂・掲載しました。
ご確認下さい。

http://musica-osaragi.jp/Bokin-w/index.html
 

いよいよです

 投稿者:おせっかい  投稿日:2018年 2月14日(水)12時40分53秒
編集済
  ムジカおさらぎ第30回記念演奏会の団員先行予約受付が締め切られ
演奏会の出演申し込みと諸注意の用紙が配布されました

ムジカの練習も佳境に入ってきました
練習は本番を想定しての確認中心で進んでいます
今までに受けた数々の注意事項の整理
見やすい楽譜への工夫などもう一度確認してみることをお勧めします

先日配布された「第30回定期演奏会 出演申し込み書」について

定演当日の服装の項を確認してください
特に女性の第3部の服装は、上が白、下が黒、ストッキングは肌色に統一されます。
今まででははじめてのことかと思いますのでご留意ください。

合わせて男性も女性との整合性を考えた服装になると思いますので
準備のほどよろしくお願いします。

木の芽時を迎え、ますますの体調管理を怠りなく。
楽しく本番に臨みましょう。
 

1月歌のサロンを更新しました

 投稿者:HP委員会  投稿日:2018年 2月 7日(水)09時31分51秒
  新春 1月の歌のサロンは出演の皆様が和服姿です。

ここをクリックして歌のサロンをお楽しみください。
 

成熟のパン

 投稿者:肖像君  投稿日:2018年 1月28日(日)12時15分56秒
  パンの演奏会を応援して、当日、芸術館小ホールに行かれた方々も多いと思います。また、ムジカのメンバーの中にも、パンのメンバーが多くおられます。そこで、パンの掲示板に投稿させていただいた同じ投稿をさせて頂きます。パン、第4回定期演奏会、大成功おめでとうございました。壇上に並ぶメンバー47人、まさに、平成の四十七士、そも鮮やかなユニホームに加えて、一層の眩しさを感じさせました。約2時間、しっかり歌い続けた方々に、改めて敬意を表します。歌声は、まさに成熟の境地に達し、各パートとのバランスも良く、つややかな発声と溶け合ったハーモニーは、ゆり先生、望先生がたのご指導の元、皆さん方の努力の賜と感じいりました。第1部と第2部の間、壇上に立たれたゆり先生、鎌倉市長さんの祝電代読と併せて、廣瀬量平さんについての、お話、興味深く聞かせて頂きました。そして、そこには、息子である望先生を、あたたかく見守る母の姿をかいま見ることができました。第2部では字幕を用意され、ドイツ語の意味も分かりやすくしてくださり、聴衆への心遣いを感じました。高須先生のピアノも、相変わらず圧巻でした。ピアノと合唱とのお互いの独立性を保ちつつ、ピアノの鮮やかな音色を際だたせつつ、合唱部になるとその、和声を導く演奏をされておられました。まわりの知らない人が「ピアノもすごいね」と驚いていました。懐かしのメロディーも、指揮者の解説つきで、楽しく聞く事が出来ました。アンコール「遙かなとも」は、これまた、しっとりと歌い上げ、心をうつものでした。この曲を聴くと、鎌倉角喜葬儀場で、吉良さんの出棺の時、涙と嗚咽で歌えなかった事をお乱してしまいます。改めて、吉良さん、林さんのご冥福をお祈り申し上げます。さあ、今度はむじか、モツレク頑張らなくては  

更新しました。

 投稿者:HP委員会  投稿日:2018年 1月23日(火)22時12分55秒
  ムジカおさらぎのホームページ「演奏会のお知らせ」に
「白いうた青いうたフェスティバル」の報告を載せました。

ここをクリックして、トップページを開いて
「演奏会のお知らせ」をご覧くださし。
 

/133