teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


2002年12月後半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月15日(火)21時34分1秒
  .




鳥 10 コチドリの巣を横どりするイソシギ その2 投稿者:鳥星 投稿日:12月17日(火)08時21分49秒
Tea Potさん しばらく見えませんが ご多忙のようですね。
今朝は快晴。チョット風がありますが、昨夜の雨でしっとりしています。
朝の散歩ではキジ、ツグミ、シメ、アオゲラ、コゲラ、ウグイス、ジョウビタキ、コジュケイ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、メジロなどがでました。

さて、鳥の話のその2です。

鳥星:さて、イソシギはどのようなきっかけでこのコチドリの巣を奪ったのか。卵を見て自分の卵と判断したのだろうか。それとも雛をなくしたばかりのイソシギだから、傷心のあまりついつい他人の卵を横取りしたのだろうか。
その推察は以下のとおりである。

鳥星:この書き込みをはじめて開いたひとのために…。
コチドリとイソシギの巣の卵をいれかえるという実験をおこなった。コチドリの雛は巣立ち後直ちに汀にむかう。またイソシギの雛は反対の草むらの中にはいりこむ習性がある。
イソシギの親心と題して、親のイソシギがコチドリの雛を水際と反対にみちびいて、熱暑でたおれたことを先に述べた。この「その2」では、もう一方のコチドリが抱いたイソシギの卵の行く末を観察するに、実験者の目的とちがった結果を得ることになったことを記している。

しかしながら、この秘密を知る者は実験者のみで、両夫婦ともすこしもかかわりがない。いや、かかわるはずはないのだ。コチドリ夫婦は自分のうみおとしたものでないと知りながらあたためつづけはしない。イソシギ夫婦も、死別のコチドリの雛をお腹をいためた子と信ずればこそ、盲目的な愛撫があだとなって自分の自分も悲しい運命に会ったのだ。しかも、この巣とイソシギのもとの巣までは七、八十メートルのへだたりがある。環境も巣の作りも、自分のものとまるで違う石ころの上の形ばかりの巣である。

―――しかし、このころにこの付近をさまようイソシギ夫婦といえば彼らだけであるから、しょせん疑いをまぬがれぬであろう。だが、イソシギが物好きや酔狂で、他鳥(ひと)の巣を占領したり、雛の世話をやくわけはないから、やはり、彼らとこの巣の中身との因縁――親子のきずなといっても、それを文字どおりに巣のなかの卵や雛が、彼らがお腹をいためた仲だからと解すべきではない。わたしはむしろ客観的に、単的に同じ血のつながる胎雛の啼き声が、雛をなくしてこころをいためているイソシギ夫婦の「親の慈愛」をよみがえらせた結果と考えたいのだ。
ここのところを、も少しくだいていうと、傷心をいだいてさまようイソシギ夫婦の耳に、コチドリの巣の仲でピョピョとかすかに啼く胎雛の声がはいった。しかも、その泣き声が同種の雛であるだけに、彼ら(イソシギ)の心を強くひきつけずにはおかないといいたいことになるのだ。

すなわち、残燭のように細り行く傷心をいだきながら、さまようイソシギ夫婦が、胎雛の啼き声をきいたならば、その瞬間親心がよみがえり、急にかがやきをますであろう。しかも、いったん親心をとりもどした彼らとしては、その巣、その卵、その雛が、自分のものになってしまうのは自然のなりゆきである。

そうなると、イソシギ夫婦としては自分の巣を我が物顔にふるまうふとどき者のコチドリ夫婦を、うむをいわさず追いはらわねばならぬ。そこでイソシギ夫婦は主張するであろう。この巣はおれたちのものだ。このとおりかわいい赤ちゃんがピヨピヨ啼いているではないかと。だが、これはコチドリ夫婦にとっては聞きずてならぬ言いがかりである。だから、何をばかな!この巣はおれたちが骨おってこしらえたものだ。しかも長いあいだのしんぼうでようやくかわいい赤ちゃんが生まれようとしているのだと、まあ、こういうふうに反駁するであろう。けれども、鳥社会には、この愛情のからまるいざこざをさばく機関がない。名判官もいない。けっきょく事件解決の道は実力の行使以外にないのだ。しかも、鼻柱の強いはずのコチドリ夫婦の負けとなってけりがついているのである。

―――といっても、これらのいきさつを実際に私が見たわけでもなく、前後の事情や、彼らの習性、その場の雰囲気が、こう説明させるのである。ともあれ、コチドリの雛の習性をきわめるため、ゆるされた範囲でのこころみが、一方的にコチドリいじめにおわったことを気の毒に思う。しかも、こうゆう結果になっては、もはや実験の意義がしぜんに消滅したのである。私は即刻、イソシギの雛の目じるしをたちきって(赤いモスリン布)親のふところに帰してやった。



異風物さん、コメントありがとう 投稿者:O-chan  投稿日:12月17日(火)13時51分38秒
偉そうな事を書き、送信してしばらくは消そうかと迷ったけど、あっという間に順送りに消えていくから
反応があれば儲けもの、とそのままにして、正解。

原子とか分子とか難解なイメージの単語もあり、十分理解したか不安ですが、要はきれい事を言う
な、ということでしょう。私も同感です。かなり現実離れ、言行不一致だと思います。それでも個の
主張をしたい、と思ったのです。主張でもないか、感想かな。
進化、生命推移、宇宙、と大きく眺めた時、個は想像もつかないほど小さな存在、人類全体ですら
似たりよったりのサイズでしょう。種の保存という生命本来の衝動に動かされて人間がどんな行い
をしたとしても、いずれは消滅してしまうかも知れません。その存在期間も、永劫という中では
瞬間でしかないかも知れません。

大分前、遺伝子学のはしりで名があがった女性の学者(もう忘れてしまった)の講演を聞いたとき、
遺伝子の魅力について彼女は全体と個、という言葉を使い、記憶に残っています。つまり、生物の
遺伝子は一つであるけれど、種によって違う、種では同一であっても個体では一つとして同じもの
はない(いい加減だから違って聞いたかも知れない)。
人間という種、もっと大きく生命そのものとして考えれば大きな流れに抵抗してもむだ、というこ
とになるかも知れない。小さい意思が大きな力を形成し、物事を変えていく、と安易に考えること
もしません。ただ、私という存在は対象となる他のどんな全体にも釣り合う程大きい、だから自分
自身がどう生きるか、どう思うか、がとても大事に思えるようになりました。

物事の動きに関係なく、自分はどこにいるかを確認し、発言については最近は周りをきょろきょろ
してからにしています(ずれていることが多いので)。今回はちょっと勇み足。
でもこの様に反応して下さると投稿の甲斐もあったというもの。議論出来るのは楽しい。でも中々
その楽しみを共有する人には巡り合えません。出来ればあの続きを聞きたいものです。



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:12月17日(火)16時59分59秒
O-chanへ
貴方はいつも僕のことを今田・今田と言っていますが、僕は今多です。「道に迷うこと、今だ多し」の多しです。以後よろしく!
環境破壊の件、お説ごもっともです。人間があまりにも横暴なのは間違いありませんし、人間がこの人口増加を止められなければ、おそらく自らもそして地球も破壊してしまうでしょう!
しかしな-!僕はゴルフが好きだしな-! 都合の悪いことには ダンマリ!

「男の作法」 その 2
池波正太郎の作品には「食べる」シ-ンが沢山出てきます。僕の様に食い意地のはっている者には、生唾がゴクンとなるような場面が沢山あります。僕は消化器官が丈夫に出来ていて、病気でウンウン言ってる時でも、食欲が落ちるということがありません。我が一生を振返っても食欲が無くなったという思い出は一度か二度ほどである。いずれにしてもその「食べる」シ-ンは池波作品にワサビや生姜のように、風味を加えているのである。さすがに池波正太郎は食通である。
寿司屋・・・*ガリ、ムラサキ、シャリ、アガリ・・いずれも寿司屋仲間の隠語である。客が使う
       ことは無い。
      *トロばかり食べるのも良くない。寿司屋にとってトロというのは仕入れが高く、儲
       からないか損になるサ-ビス品である。
      *ビ-ルを注ぎ足すのは愚の骨頂、1/3か半分を注いで、飲み干しては入れ、飲み
       干しては入れするのが良い。新しいビ-ルを溢れるほど入れたら、飲み干せなくな
       くなり、時間がたってしまう。
てんぷら・・親の敵にでも会ったように、揚げるそばからかぶりつくのが良い。前に置いていつま
      でもシャベッているのは良くない。てんぷらというのは、材料が新鮮である事と油の
      加減が大事なんだよ。てんぷら屋の親父は一番うまい油加減でつくるよう気を使って
      いるのに、いつまでも食べないと待っていて温度調整をやり直さなければならない。
      そこんところをチャンとやると、親父は喜ぶ訳よ!
刺し身・・ ワサビは醤油に溶かさず、刺し身の上にのせる。醤油に溶かすとワサビの香りが抜けて
      しまうんだよ!
椀盛り・・ 蓋の付いた塗り物のお椀で出されるもので、熱いものはすぐ食べなければならない。
       そうでないと良い料理人が泣いちゃう。本当の良い料理屋あたりになると、もう本当に
       すぐ食べられるように神経を使って、その吸い物の温度なり何なりを考えて出してくる
       訳だからね!

 どうです!男の作法少しは勉強になりました!「何 そんなの常識だよ!」と言う人もおられるかな!



英語表現 投稿者:O-chan  投稿日:12月19日(木)11時31分29秒
今多さん、ごめんなさい。思い込みの間違いが多く、よく顰蹙をかっています。

さて今週のクイズの題材は  long shot ゴルフ用語の様ですが、違った場面でよく使われます。
ヒントに例文。
It may be a long shot, but why don't you try asking her out? ask out(デートに誘う)
I won on a long shot at the racetrack. racetrack(競馬)

直訳して推測できると思いますよ。



栄城会参加報告 投稿者:古賀和彦  投稿日:12月22日(日)20時06分51秒
第18回東京栄城同窓会総会の報告

1.日  時:平成14年12月14日
2.開催地 :ルポール麹町(旧麹町会館)
3.出席者数:112名
       11期の出席者:緒方雅義・小池志保子・熊井浩二・鶴 国人・古賀和彦(敬称略)

■古川官房副長官と事務局の川合さんに同人誌「斜光」を贈呈しました。

■鶴丸昌彦氏(36年卒 現順天堂大医学部第一外科教授)の講演はわれわれ世代の健康管理に関した
 有意義なものでした。

■2次会は銀座にくりだし大いに楽しみました。年々歳々身の回りの親しい人達がなくなり、気付いた時
 は「嗚呼あの人も既にいないのか」と想い、もう一度歓談したかったと残念でなりません。そのためにも
 機会があるときはなるべく出席するように心掛けています。

■第33回全国高等学校選抜優勝大会に佐賀西高のバスケット部が選抜され優勝を目指します。
 皆様こぞって応援をしましょう!
 1回戦
   日 時:平成15年1月3日  13:30~
   試合会場:世田谷学園高校
        東京都世田谷区三宿1-16-31
        最寄り駅:東急田園都市線「三軒茶屋駅」下車徒歩10分
 なお、準決勝戦・決勝戦のテレビ放映は下記の通りです。
 1月6日(月)14:25~(試合終了まで) 男女準決勝(4試合)
 1月7日(火) 9:55~(試合終了まで) 男女決勝・3位決定戦(4試合)



同人誌「斜光」第8号について 投稿者:大山  投稿日:12月22日(日)20時12分34秒
12月21日(土)同人誌「斜光」の次号<平成15年秋発行予定>の第1回の編集会議を<於;T邸>
で開催。当日は、雨と寒さという生憎の悪天候でしたが、編集委員11名が出席。
この10月に発刊した第7号の反省と次号;8号に対する編集方針を、約2時間に渡って熱心に打合せ。
ポイント一つは、<投稿者の確保と原稿投稿期限(平成15年5月末)の厳守>である、ということになりました。佐高11期の諸兄・諸姉の皆様の、積極的な投稿を御願いします。



(無題) 投稿者:寫香  投稿日:12月23日(月)07時32分42秒
さて、私の誕生日にメールがあったのは1件のみ。それもniftyから。
なんとも寂しい話ではないか。誕生日はめでたくもなんともないからこれでいいか。
三連休のきょうこんな書き込みをするくらいヒマだよな。
シニヤ料金で映画でも観に行くか。いや連休だから混んでいるかな。学校も休みだし。
ソイギーナンバシュウカニャ。
「グウタラショットイカンバイ」と言い聞かせてもナンモイソグコトナカモンネ。
マッイイカ。



鳥 11 再びツバメについて その1 投稿者:鳥星  投稿日:12月23日(月)20時20分05秒
最初の画面に2度掲載はちょっと気がひけるけど週はじめの掲載を敢行!
時期はずれではありますがツバメの登場です。
(今回でこの鳥シリーズは24回目です。2003正月には終章としたいんですが…)

継母が継子いじめをするとの説

鳥星:時に、ツバメの育雛期にことごとく雛が巣から放り出されることがある。これの真相は巣をもたない(巣の剥落あるいは破損などの事故で)ツバメ夫婦が適当な営巣場所あるいは古巣を獲得するための非常手段による暴力行為である。つまりようやく営巣を終え産卵が迫っている時期に巣が破損したような場合、その夫婦は即座に巣を作り直すことができず、他人の巣を占拠して産卵する。このときその巣にいる雛を放り出すのである。われわれの目にはいかにも継母が継子いじめをして、雛を巣の外に放り出しているようにうつるのである。
  仁部富之助は巷間いわれるこの「継母が継子いじめをする」との説の真偽をあきらかにした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 よろこんでツバメをして家屋内に巣をつくることをゆるすばかりか、この鳥の日常生活に特殊の関心をはらうことはわが国古来の風習である。しかも、この鳥に何か異変がおこると、それを吉凶いずれかのしるしとして杞憂する。これは迷信といえば迷信にちがいないが、ツバメを霊鳥視し、田園の守護者として保護するというよりも、むしろ祖先伝来、家族の一員とみなしてきたながい伝統にもとづくものであるから、これは深くとがむべきでないと思う。
 時としてツバメの育雛期にことごとく雛が巣からほうりだされることがある。これが伝承のいわゆる「継母の継子殺し」である。すなわち、雛の孵化前後に雌親が不慮の死をとげたばあい、雄親はまもなく後妻を迎える。だがその後妻ははじめこそ神妙に先妻の遺児―――雛をやしないつづけるが、やがて自分が卵をうむ時期になると雛が邪魔になるので、意地悪く一羽のこらず巣からほうりだしてしまうというのである。
(中略)
 さて、私はツバメのこのいまわしい話を子供のころから昔話のようにきかされた。また物の本でも読んだような気がする。しかし、実見者からなまなましい事実として、その顛末をくわしく聞いたのは、三十何年か前、大正のはじめごろであった。事件のおこった時期は第一回目産卵雛の孵化した五月末ごろ。その話をきいたのは事件のあった五日ぐらいのち、場所は大曲駅前、ある旅館の店さき、談話者はそこのご主人と帳場の人たちである。
 そのいきさつのあらましを説明すると、このツバメ夫婦が春に、はじめて家をおとずれたのは例年どおり四月十日前後で、まもなく古巣を修理して卵をうみはじめた。それから親鳥の熱心な巣ごもりとなり、その苦労がむくいられて雛をやしなう日となった。ここまではすべてが平和で順調な経過である。
 ところが雛の孵化の翌日か翌々日かに、彼ら親子に突如一大異変がおこった。異変というのは雛をかかえる大事な時期に、どうしたことか、不覚にも雨戸のガラスに激突した雌親がそのままあえなくたおれたことである。
(中略)
 はたして、その後幾日もたたぬに、親鳥が二羽となった。が、それもほんのつかのま、かわいそうにあくる朝に雛は一羽残らず巣から固い土間へ、ぴしゃり、ぴしゃりほうりだされてしまった。凶行者は疑いもなく後添の継母である。店のものは雛の一羽二羽を巣へもどしいれたが、じゃけんな継母はもちろんそれをゆるさず、すぐまたすててしまった。しかもこの鬼夫婦はこれでやっかいばらいをしたといわぬばかりに、やがて巣をつくろいはじめ、お産の準備にいそがしかった。

事実、話のとおりであれば、雌親の不慮の死――後添の出現――雛のほうりだし――お産の準備――と、まさに伝承どおりの条理整然たる継母の継子殺しである。だが、「話のすじと箸のすじはとおらぬ方がいい」とのたとえもあり、しろうとの観察としてあまりにすじが立っているところにかえって多くの疑問がある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
鳥星:さてこの話のどこに疑問があるか。もう一度この顛末の記述を読み返しみてください。答えと、もう一つの観察事例は次回のその2に譲ります。



noriさんへ 投稿者:kazu.k  投稿日:12月24日(火)09時56分38秒
マージャンの集いは楽しかったようですね。そのうち小生もお手合わせ願いたいと思います。
ところで、いろいろと連絡したいこともありますのでメールアドレスを教えてください。



今月の書評 投稿者:月刊読書人  投稿日:12月25日(水)15時25分35秒
さきの落書き帳で環境問題について書かれていたことありました。この環境権にいくらか関連すると思うけど、最近の裁判所の判決で画期的だなと感心したのは、国立市の駅前通り(通称大學通り)に明和地所が建設したマンションの高さ(14階建てで44メートル)を20メートル以上は撤去せよとの判決。この東京地裁の判決は、都市景観について、景観で得られる利益に私法上の権利を地域住民に認めた初の司法判断です。また開発業者が住民との協議を十分に行わなかったことに厳しい目を向けており、今後の開発では、地域との「共生」という視点が強く求められることも意味します。
というのも、私の今住む地域でも、(今年、原子力発電所で大きな問題を起こした)あの東京電力が、自分の所有する独身寮を解体して、10階建て100所帯の大きなマンションを建設する計画がわかり、その反対運動をやっているところなのです。近隣の5つのマンションの管理組合や地域住民を中心にして「住環境を守る地域住民の会」という組織をつくり、なんと私めがその代表におされてしまいました。それでいや応なく東電や施工会社との交渉や説明会の要求、「守る会」サイドの打ち合わせ、チラシやビラ、立て看板作りなど、俄然忙しくなってきました。それに今は情報化時代、インターネットで「マンション建設反対運動」で検索したら、900以上のサイトがみつかり、色々と参考になる事例も沢山」あるようです。
さて、前段が長くなりましたが、今月の書評のコーナーは
 野蛮な図書目録 -匿名書評の秘かな愉しみー
                著者:狐 (洋泉社)
 書評をまとめた本を書評するというのも変な感じがするものだが、-匿名書評の秘かな愉しみーと副題にあるごとく、書評することを愉しみながらも、ピリッと辛味をきかしたり、さわやかな風味があったりで、これがなかなかに面白い。
 この本は「日刊ゲンダイ」に約5年半にわたって(週一回掲載)連載された199冊の書評をまとめたものである。それでこの「日刊ゲンダイ」とは、イエロー・ジャーナリズム的色彩がある夕刊紙で、反権威、反体制、硬骨なところ、猥雑さなども沢山あって、かって私も通勤の帰りの電車の中でよく読んだものである。つまり家庭内で読むには、ちょっと気がひけるという夕刊紙であるので、著者は“まえがき”で「日刊ゲンダイ」の記事は、匿名記事がよく似合うために“狐”という匿名にしたとことわっている。しかし匿名であろうと、著名であろうと、その書評はまともであるし、媚やおもねりとは無縁の凛とした姿勢を保っている。まさに「日刊ゲンダイ」のいい面だけをうけついでいるようである。著者の本の選択の基準も、批評の方法も洗練されてるし、このことから見ても、著者自身の徹底した思考の訓練があったことを感じさせる。
この書評のように、研ぎ澄まされた「選書眼」と、精妙な筆致で、本のもつリアルな魅力をひきだしてくれるとなると、選ばれたこの199冊全部をかたっぱしから読んでみたくなる。 また限られた夕刊紙の紙面であり、一回八百字たらずの短文に収めねばならぬため、“私”という主語を含め、枝葉末節的文章や単語は極力排除している。
 選ばれた199冊の本は、9のジャンルごとに分類されているが(1.言葉、2.紀行と食 3.歴史 4.遊戯と芸 5.日記と随筆 6.夢想と悪徳 7.評伝と伝記 8.映画と本の本 9.漫画 )作者は、ほぼなじみである人が多い。かの五木寛之が「キツネが何者かは知らないが、当世最高の書評家のひとりと言っていいだろう」と絶賛してるのでも分かるように、この書に載った本は、良書選択のひとつの基準になりうると考えられる。



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:12月25日(水)16時04分37秒
男の作法・・・その3 (女性に関する事)
母親・・・男というものが、どのように生きていくか?という、その問題は結局溯っていくと、幼児体験に突き当たる。人間というものは幼児体験というのが、一生つきまとうんだよ。小学校にあがる前まで、母親の影響というのはこれは大きいんだよ!
女性・・・女というものは結局、自己本位の考え方、生き方と言う面において強い訳だから、自分の女房にする場合にまず考える事は「女のなかでは 他の事にも、割合に気がまわる女かどうか」
例えば公衆電話で人が待っているのも構わず、ながながとやっているような女は駄目!「あっ!
今人が来ましたからこれで失礼します」とか「公衆電話ですので、また後でお掛けします」とか言う女でなくちゃ駄目!一事が万事だから、そういうところに気が付く女が良い。
本屋でも紙が破れるようなペ-ジの捲り方をしている女がある。こういうのを女房に貰ったら、絶対男の運が落ちちゃう。昔は朝の家事をするでしょう。洗濯しながらご飯の火加減を見る、同時に
赤ん坊の事に気をつける。という風に同時に2つも3つもやる訳だ、神経を働かせて。これが人間社会のことにも全部働いてくる訳ですよ!今はそういう神経を働かせる訓練を若いうちからしなくなっちゃったから駄目なんだ。
やはり今の機械文明が、感覚を麻痺させているのは事実。
嫁・姑・・・言いたいだけ喧嘩させる。そして僕は両方とも叱る。
姑「うちの子はそんなものは食べません」とやったから、僕は「俺は一人で食うから、俺のを家内がつくれ!」「家内が給仕をする間に、お袋が二人のを作って、後で二人で食べろ!」僕はこれを
最初にやった。以来今でも僕は一人で食べている訳です。13の時から世間にでて、女というものが大体解かった。女はわがままなんだから、母親だって年取っているから偉い訳じゃないんです。

*何だか女性群から苦情が出そうなことも書いてありましたが、これはあくまでも池波正太郎の意見であって、私がそう言ってる訳ではありません。念の為!



今週の三個の投稿について 投稿者:O-chan  投稿日:12月26日(木)10時20分52秒
私の英語表現の後の投稿はどれもとても面白く、一言、感想を言いたくなりました。もちろん私自身の英語表現もよかったでしょう?とりあえず答えから行きますか。

例文で推測出来るように、long shot とはあまり見込みのないことです。長い距離から撃ったらまぐれ当たりしか望めないでしょう。でも2番目の例のように当たることもあるから、やって損はないでしょう。

まず、鳥さんのつばめの話。つばめの継母の継子虐めについては全く知りませんでした。すずめのお宿で舌をちょんぎるぞ、というこれまた残酷な歌の文句については何か聞いたことがある気がするけど、忘れた。もし何か由来があればそれも教えて。
その上、疑問は話を読み返すとわかる、と書いてあるので三回読みなおしてみたけど、全然わからない。私のクイズより欲求不満になるよ。もう少しヒントを頂戴。まあ、来週の答えを楽しみにしましょう。

次ぎに読書人さん、これまた欲求不満になったね。ほんとに面白そうな本なのに、その片鱗すら分からない書き方だもの。これは買って、または借りて読むしか無い。もしかしてそれが狙い?一つでもよいから、例えば言語ではどんな本が挙がっているのか、その中の数行でも書いてくれると有り難い。まあ、そんな安直な方法で教養を身に付けた振りをしようというのが間違っているけど、長い事それでやって来たから、ついその、、、読み捨てて下さい。

さて、今多さん、これは私は今一番夢中になっている問題。学生に性差を講議(偉そうに書いたけど、実情はせっせと本を読み勉強してそれを伝えているだけ)している者として、興味深く読みました。

でも女性は自己中心という通説は果たして本当なのか、いえ女性だけでなく男性の通説もたくさんあるけど、大抵は長い間の思い込みと育ち方の反映で、個人差にすぎず、唯一実験や統計で証明されている傾向は男性の攻撃性だけです。それでも反撃というテーマでは女性で強い反応を示す者もいるそうですよ。

性差や偏見は育った環境が物を言い、幼児期の学習は大きいというのは当たっています。その後どんなに勉強しても子供の時に身についた感性は本能に近く、それを変えるには時間と努力が要り、きれいごとや理論ではなく、実際直面した時は大変な葛藤が起こるんですね。
という訳で学生には男女とも子育ては慎重にと教えています。それこそ教育です。私達の時代はまだそういう性差が当たり前だったけど、これからの若い時代は意識して子供に接して欲しいと願っています。またそれが当たり前と育った私達も少し勉強して孫を可愛がる時にあまり男女差を強調しないように出来たらよい、と思います。もちろん男女だけでなくあらゆる偏見の芽を育てない様に気を配りたいものです。



O-chanの英語表現休校のおしらせ 投稿者:kazu.k  投稿日:12月28日(土)12時17分56秒
O-chanより「頭とコンピューターが破損しましたので、今週の授業は休校する」と伝えてくださいとの依頼がありました。なお、修復の見通しについてのコメントはありませんでしたが、原因を厳しく調査して、部品交換するなり、新しく挿げ替えるなりしての早い復帰を期待します。



私も破損 投稿者:今多 迷道  投稿日:12月28日(土)17時31分40秒
どなたかは「頭とコンピュ-タ-」が破損したらしいですが、わたしは腰が破損。今週木曜日昼休みに準備運動もせずに、いきなりテニスの試合を始めました。前にポトンと球を落とされたので、猛然とダッシュ。大きく踏ん張り腰を落としてやっと球を拾い、右足に力を入れてグッと立ち上がる瞬間、腰が「ギクッ」。今は背が伸ばせず前かがみで恐る恐る歩いています。「熊さん、いっぺんに10歳ぐらい年取ったな!」とか、今年最後の決戦をやろうと約束していたゴルフのライバル
おしゃべり亀には「何!また敵前逃亡か!」と言われ散々です。今年は良い年だったな!と思っていたのに、どうも最後になって画龍点睛を欠くことになるか?一発逆転を狙うには、宝くじで当てるしかないな!しかし皆さん!我々の身体かなりポンコツになっていますな-。注意しましょう。



今多 迷道 氏  投稿者:鳥星  投稿日:12月28日(土)19時06分00秒
ぎっくり腰の療法
1.まずは寝ること。2-3日安静にして寝る。何にもしない。寝ながらTVを観るのもだ
 め。ただだまって寝るのみ。
2.痛みが取れても、朝起きるときは布団の中で準備運動をしてから起きること。
3.通常の生活は椅子にする。畳や床には座らない。椅子には深く腰をかける。立ち上がる ときは必ず手を膝にあてがってゆっくり立つ。
以上
祈回復
1941年製の機械の部品在庫はどこにもないので取替え不可能。だましだまし使うよりほかはありません。



今多 迷道 氏  投稿者:鳥星  投稿日:12月28日(土)19時06分00秒
ぎっくり腰の療法
1.まずは寝ること。2-3日安静にして寝る。何にもしない。寝ながらTVを観るのもだ
 め。ただだまって寝るのみ。
2.痛みが取れても、朝起きるときは布団の中で準備運動をしてから起きること。
3.通常の生活は椅子にする。畳や床には座らない。椅子には深く腰をかける。立ち上がる ときは必ず手を膝にあてがってゆっくり立つ。
以上
祈回復

1941年製の機械の部品在庫はどこにもないので取替え不可能。だましだまし使うよりほかはありません。



鳥星さんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日:12月29日(日)16時09分37秒
アドバイス有り難うございます。
しかし私は何もしないで、じっとしているのは出来ないんです。せめてテレビを観るのと本を読むぐらいは勘弁して下さい。



年末大掃除 投稿者:若葉  投稿日:12月29日(日)20時03分07秒
「頭とコンピュータの破損」あるいは「腰の破損」;年末はいろいろと事件<?>が起きます。皆さん健康がこれからは一番です~。今日は年末の大掃除に駆り出され、外回りの清掃。日常、庭で何かをしようとする時は狭く感じ、もっと広ければと思っていますが、これが掃除となると結構広く感じるものです。そこで1句
「我が庭は、遊ぶ時には狭過ぎて、掃除する時広過ぎるなり」



「落書き帳」の1年を振り返って 投稿者:古賀和彦  投稿日:12月30日(月)16時29分08秒
「落書き帳」の1年を振り返って
平成13年11月から試作を始め、今年平成14年3月5日より公開しました「落書き帳」もすでに
A2ファイル2冊分の量(約920通)の投稿がありました。

最初は2・3人の好き者同士の挨拶程度が続き、話題がはたして未長く続くかどうか自信もない
という、まさしく手探り状態でありました。しかし現在では遊びや読書、釣り、ゴルフといっ
た趣味の範囲から、身の回りのことにとどまらず環境、政治などのグローバルな問題に関して
のすばらしい意見も掲載されるまでにいたりました。

この「落書き帳」は気軽な話題から高尚な思想および絵画・音楽の混在するすばらしい時空間
を目指しています。なにせこの世は一方的な価値観に支配されない自由と多様性を認めること
が我々の発展に不可欠な要素であり、生き抜くための安全装置と考えます。

これからも皆様の身近な情景や心情といった取りとめもないものから、深い洞察を通して得ら
れたご高説まで、独断と偏見をものともせず投稿されることを願います。

そして、これから新たに参加される方々およびいままで活躍された下記の方々共に来年もさら
に充実した「落書き帳」となりますように支えていただくことをお願いします。

(投稿者登場時系列順・敬称略)
■ kazu.k       ■ 鳥星         ■ 近藤 勝
■ Old-Par      ■ O-chan     ■ 野中洋次
■ k.akizuki    ■ 仮面ライター     ■ “痴人の愛”人
■ Tea Pot      ■ 何電感電       ■ ウイルス
■ みなとみらい        ■ 流れ弾        ■ 田村道子
■ 忠SANN        ■ 辻 佳子       ■ 熊井浩二
■ 北  勲          ■ 井手元子       ■ 大山
■ エセ読書人        ■ 今田迷道
■ ランゲルハンス島の住人  ■ 若葉         ■ スズメが気になる人
■ 月間読書人        ■ 寫香         ■ 異風物
■ 古賀和彦         ■ 小宮 ひろゆき    ■ 中島勝彦
■ 読書人           ■ 紙仮面        ■ 自己流捻千家
■ sharakuse-   ■ nori       ■ yama

「落書き帳」は新しいものからさかのぼる過去の100番目までは画面に現れますが、それ以前
のものは次々に消去されて行きます。しかし、私ども管理者は1番目のものから最新まですべ
ての投稿記事を記録していますので、望む方は管理者まで申し出ください。wordのファイ
ルを電子メールにてお届けします。(管理者のメールアドレスは画面の一番下にありますので、
住所・氏名(本名)・電話番号・メールアドレス等を記入の上お申し込みください)
では来年こそ皆様にとってすばらしい年になりますようお祈りします。
編集済



英語表現復帰 投稿者:O-chan  投稿日:12月30日(月)17時33分33秒
不断からよく凍っていた我が家のコンピューターが、漢字転換出来なくなり、秋月さん状態に陥りました。インストールのやり直しに時間がかかり、毎週の英語表現が遅れたことをお詫びします。

頭の故障は勝手な推測で、いたって元気です。ただ、2日前のコーラスの忘年会で痴呆チェックとやらをやられ、うまく対応出来ず、何とか誤魔化したけど内心穏やかではありませんでした。毎年やってくれるそうで、有り難いような、知らぬが仏のほうがよいような、、、。

今日が今年最後の英語表現だからと、張り切ってクロスワードを作ってみたけど、結構大変。同じレベルの単語ではとても無理で、やめました。その中で単発として、いくつかあげてみます。

-------and ends=scrap,  bolts and ------=basic, neck and neck= ? You can't have your-----and eat it too!=have to choose either one(どちらかを選ばないといけない、よく使う表現です)、word before "bell" or "knob"=? lettus unit=?(レタスはどう数えるか、一個?一株?)などいかが?易しい所では word after "brief" or "suit"=?, lend an-----=listen,give a ----=help など、日本語のみの知識で思い付けます。

お正月番組に飽きたころ、やってみて下さい。全問でなくても分かった人は是非投稿を!!!



お手を拝借! 投稿者:寫香  投稿日:12月31日(火)12時39分15秒
大晦日でーす。きょうで2002年は終わります。
巳年生まれのご同輩は全て大台を超えて満○十一歳。
満○十一歳と来年の○十二歳の健康を祈念して。
トシヲキカレルトチョイトヤダネ。

それではお手を拝借!三本締めでいきます。
ヨーッ、ハイ、
シャンシャンシャン。
ハイ、
シャンシャンシャン。
ハイ、
シャンシャンシャン。

アリガトゴザイマシタ。
ライネンモヨロシク!



鳥 11 再びツバメについて その2 投稿者:鳥星  投稿日:12月31日(火)12時45分29秒
鳥星:さて、この子殺しのさまの談話にはいくつかの疑念がある。それは…

…観察者であり談話者である人たちが、われわれのややもすればおちいりやすい先入主のとりこになっていはしないかとの疑いが十分にある。
 というのは、一羽の親が不覚にもガラス戸に衝突してたおれたのはまちがいないとして、
それが雌の親とどうしてわかったか。ツバメの雌雄のみわけにはしろうとにはちょっとむずかしいはずだ。また、一羽の親の死後にあらわれた後妻は事実一羽だけであったか。さらに押す親が後妻の非道を黙認したかなど、いくたの疑問を生ずる。(中略)
 六月十七日の朝七時すぎ、私の宅のむこうがわのある家から次の報告をうけた。それは「宅のツバメの雛がかえったが、よその親ツバメがきてつぎつぎと雛をほうりだす」というのである。私はもちろんすぐ調査にかかった。
 まず、家族の人たちからひととおり説明をもとめたところはこうだ。凶行は朝五時半ごろからで、標識のある巣の親鳥の留守をねらって外から標識のない親鳥が闖入し、巣から雛を一羽ずつくわえ出して土間へたたきつけ、七時ごろまでに三羽やられたと。
 私は親鳥の留守をさいわいに、土間の三羽のうち、死にかかっている一羽を巣にいれた。またついでに巣をしらべて、生まれかかった卵が二つ、無精卵が一つあることを知った。まだ嬰児殺しがおわっていない。きっと何か貴重な資料がえられるにちがいない。あるいは一挙に事件を解決しうるかもしれない。とくにめぐまれた機会である。

 何気なしに、がらんとした店さきを見わたすと、電燈のコードに標識のない夫婦らしい二羽のツバメの静かにとまるのが目にとまった。そこから土間の上の巣まで五メートル内外、二羽が行儀よくならんでのんきに羽をつくろい、シラミとりなどしているが、こいつは曲者と直感した。というのは、朝はどんな鳥でも、もっとも活発に行動する時刻なのに、この二羽は屋内にはいりこみ、のうのうしているところがくさいのだ
 親鳥(鳥星:標識のある)はまもなく帰り、巣へすわりこんだ。彼女は疑いもなくこの親鳥である。伝承では死んでいるはずの雌親が巣をまもっているのだ。しかも、ちょっと巣へはいったと思うと、すぐどこかへ出かけていった。例により雛がかえるとおちつきをうしない、じっと巣についていない。もう三羽もの子がやられているのに…。ねらう者にゆだんがなく、ねらわれるほうにゆだんがあるとはこのことであろう。
はたして、親鳥の姿が戸外に消えると同時に、屋内にいこうツバメのうちの雌のほうがコードをはなれて巣のへりにとまった。と見るや、わたしが今いれた雛を嘴でついばみ出し、例のとおり強く首をふってほうりだした。瞬間帰った雌親が、この無礼者といわぬばかりのけんまくで猛然と攻撃したので、曲者夫婦はあわてて戸外に逃げだし、街道の電線にとまった。ただし、巣の雌親のこの行為は、自分のかわいい雛をねらう曲者として、あやしい同胞をおいはらったかどうかは疑わしい。私は、彼女はたぶん曲者が秘密の産室をのぞいたのを怒ったのではないかと想像する。どちらにしても巣をまもることにかわりがないとはえい、この無自覚の防備は、彼らにとってひじょうな弱点である。

 十何分かの後、一羽のツバメが闖入し、室内をはためきながら、情勢をさぐるようすであった。が、突然帰る親鳥の姿にうろたえてふたたび街道の電線にとまった。(中略)
 一方、巣の親鳥は曲者のつきまとうことを知るや知らずや、性こりもなくちょいちょい巣をはなれることをやめない。こうして翌十八日まで無精卵一つをのこして雛の全部がやられてしまった。愛児を失ってはっ巣に用がない、いやおうなしにしめだしをくったのである。(中略)

文字数が多くて一回の投稿では受け付けられず、後段は「その2の2」に譲ります。



鳥 11 再びツバメについて その2の2   投稿者:鳥星  投稿日:12月31日(火)12時51分21秒
(鳥星:ここで仁部氏は、ツバメの番が育雛中の巣を奪い、そのときに雛をほうりだすことの事例をいくつか挙げている。さらにスズメについても同様の事例を観察している)
以上ながながと述べたが、これでツバメ社会(スズメも同じ)に見るいわゆる、継母の継子殺しなるものは、どうやらわれわれの人間的な推察で、真相はやはり無宿者夫婦が住家をもとめ、適当の営巣所あるいは古巣を獲得するための非常手段、暴力行為であることが明らかになった。

(鳥星:私はこの団地にかれこれ二十年近く住んでいる。はじめの八年間住んだ家の玄関は北面に位置していた。この並びの家は六軒で、うち二軒の家は毎年ツバメが営巣していた。しかし、私の家の玄関にはついに営巣することはなかった。現在住んでいる家の玄関は西向きである。ここでもツバメの営巣はない。近所の家で巣をかけるのは玄関が北向きのところが多い。つまりその玄関が通りに面している家に巣をかけている。
北側に巣をかけるのは次の二つの理由と思われる。巣に進入するのに巣の前面が道路で空間がたもたれていること。さらに北側は夏場に気温が上昇しないこと。
したがって、自宅の玄関先でのツバメの観察はできそうにない)



あー忙しい、忙しい 投稿者:月刊読書人  投稿日:12月31日(火)17時38分00秒
正月の用意をしたくないのと、のんびりと元旦を迎えたいということで、いつもは年末からカミさんとスキーに行くのですが、今年は母が入院してるのと、マンション建設反対運動などにかかわったため、久しぶりに正月は東京の喧騒のなかで迎えそうです。
さて前回の私の書評、o-chanから具体的な本の名前が(199冊もあるのだよ)なく、欲求不満になりそう・・・との感想をもらったので、また別のを書いてみました。もっともこれだって男女の関係がよく分からなくって、欲求不満になるかも知れませんがネ。

Search~きみがいた          平安名祐生/恵(徳間書店)

 著者紹介ではこうなっている。
「平安名祐生(へいあんなゆうき)夫。1971年、大阪府で女児として生まれる。
 平安名恵(へいあんなめぐみ)妻。1972年、大阪府で男児として生まれる。
 共に心と体の性が違うという「性同一性障害」を背負い、独りっきりの葛藤と悪戦苦闘のはて1997年に出会い、翌年恋愛結婚。体を外科や内科的方法で変えたため、健康体とはいえないけど、夫婦仲良く、前を向いて生きている」
これだけの事実だけでも、彼らの誕生から現在までの歩みは、ただならぬものがあっただろうことは推察できるが、正直言って、私自身、興味本位でこの本を読み始めたが・・・・。

 カバーを飾る仲むつまじいショートカット写真は、どこにでもいそうな今どきの20代カップル。しかし彼氏の方は「かって女だった『妻』」で、彼女の方が「かって男だった『夫』」なのだが、更に驚かされるのは、彼らが物心ついた瞬間から「自分は男(女)」だという絶対的なまでの性別アイデンティティを保持していたという事実。そして世間(一般常識)は、男らしさ、女らしさを強要してくる。これら周囲のプレシャーが強まれば強まるほど、彼らの性別アイデンティティへのこだわりも強まっていく・・・。そして彼らをそんな過剰なこだわりやパラドックスから解放してくれたのは、ホルモン注射や性転換手術よりも、互いの分身のような相互補完的パートナーとの出会いであった。 ただの男と女であれば、ありふれたラブストーリーであるはずの関係が、「性同一性障害」ということで壮絶な違和感を秘めたノン・フィクションになっている。
 私たちは彼らの「死ぬほどの苦痛」を完全に理解はできずとも、知らず知らずのうちに人を男・女という視点で見つめていること、男女の違いとは、身体的にも、感情論的にも,大脳生理学的にも、単純には説明できぬことが分かってくる。
「外見だけで人を判断しないで。私たちも普通の人間です」という彼らの叫びは、男女性差別同様、私たちへの告発の書でもある。またこの書が無理に同情を得ようとするところもなく、かと言って好奇の目でみる人へも、激しく反発はしない。どちらかというと、何らかの障害で悩んでいる人や、社会的弱者へ、「勇気」を与えてくれる書である。そして人生とは、あきらめることなく、Search(捜し求める)することの大事さを教えてくれる。

160

 
 

2002年12月前半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月15日(火)21時14分10秒
  .


      ここは時空を越えて語り合える広場です。 「沈黙は金」などと言わないで、
      日々の 心の情景や、気に入った絵や本音楽 などの感想を、釣りやゴルフの
      自慢話を まっています。また自分で作曲したBGM、自慢の絵画を投稿すれ
      ば一定期間ギャラリーに展示します。投稿方法に関しては管理者までお問い
      合わせください。

                  (奥日光湯の湖の風景)
         



窓辺にて-晩秋 投稿者:Tea Pot  投稿日:12月 2日(月)10時34分06秒
冬の始まりにあたって、やり過ごした秋を思う。
あの時思い切って紅葉の山へ出かければよかった。

晩秋

汽車は高架を走り行き
思いは陽(ひ)ざしの影をさまよふ。
静かに心を顧みて
満たさるなきに驚けり。
巷(ちまた)に秋の夕月散り
舗道に車馬は行き交へども
わが人生は有りや無しや。
煤煙くもる裏街の
貧しき家の窓にさへ
班黄葵(むらさきあふい)の花は咲きたり。
           -朗吟のために-

              萩原朔太郎 詩集「氷島」



英語表現の答え 投稿者:O-chan  投稿日:12月 2日(月)14時56分30秒
鳥さん、正解です。最初の表裏まで、というのも同じ意味で大丈夫です。バックパック旅行というの
は日本語になっていたんですね。バックパックはドイツ語を当てはめたリュックサックのことです。

若い人たちは背中にリュックをしょい、陸続きのヨーロッパを安いバスなどを使い、時には
ヒッチハイクをし、ユースホステルなどに泊まりながら、踏破します。名所観光よりも旅先でのふとした
光景、人との出会いを楽しむには一番よいスタイルでしょう。安全な旅ができる世の中が欲しい
ですね。



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:12月 3日(火)16時47分19秒
名言集---結婚
「人形の家」で知られるイプセンは「結婚生活という、この激しい大海原を乗り切る羅針盤は、まだ発見されていない」と言っています。
1.結婚は男にとっては一つのエピソ-ドに過ぎないが、女の生涯にとっては、それは歴史である
                            ( スタ-ル夫人)
2.結婚は、楽しみを半分に、喜びは2倍にしてくれる。但し生活費は4倍に跳ね上がる。
                            (イギリスの諺)
3.男は結婚することにより女性の賢さを知り、女は結婚することにより男の愚かしさを知る。
                              (サマセット・モ-ム)
4.人間は馬鹿なもので、独身の時は結婚した時の喜びを空想し、結婚すると独身時代の喜びを空想する。                          (武者小路 実篤)
5.私達二人は愛したから結婚したのではありません。結婚したから真剣に愛し合ったのです。
                                 (森繁 久弥)
6.20代夫婦の絆は 「愛情」。   30代の夫婦の絆は「希望」
  40代の夫婦の絆は「忍耐」    50代の夫婦の絆は「あきらめ」
  60代の夫婦の絆は「感謝」   70代の夫婦の絆は「いたわり」 (イギリスの諺)

   どうも我が家は、50代のまま続いているように思われる。



鳥 9 イソシギの親心 その3 投稿者:鳥星  投稿日:12月 3日(火)20時42分15秒
鳥 9 イソシギの親心 その3

仁部富之助はイソシギの巣にコチドリの卵を託した。コチドリの雛は巣立ち後に思わぬところで発見された。しかも死体で。
捜索から発見までのいきさつから、仁部氏は以下のように推理し判断した。

 ところで、コチドリの雛がどんな経路をたどってここまでさまよってきたか。また、どうしてここであえなく行きだおれてしまったのか。このなさぬ親子の足どりも死因も、実際に見たのではないから確かなことはいえない。けれども、コチドリの雛は仮親にそむいて、本能どおりにあこがれの水辺に行かなかったことだけは事実となった。彼らはいじらしくも本能をおさえて、ある程度仮親にしたがったのである。この悲しむべき結果となったのも、もとよりそのためであろう。
「ある程度親にしたがい行動した」とは妙ないいまわしであるが、彼らはもしまったく仮親のみちびくままに移動したのであれば、イソシギの雛と同じに、藪かげにおちつくか雑草の疎生地をさまようはずである。また、仮親の誘導を無視して本能の命ずるままに行動したのであれば、いち早く、すがすがしい汀の湿潤地帯にでていなければならない。しかるに、現在かれらの行きだおれた場所はそのいずれでもない。距離的には汀に遠い無毛の砂礫滞である。
 この事実から彼らの足どりがだいたい想像される。すなわち、親子は巣をはなれ、芝生をふみこえ、崖をころがりおりて、たんたんたる砂礫の原にでた。ここまでは親子共通の道順だが、そこがなさぬ親子が右するか左するかのわかれ目である。

 崖下まで雛をつれだした親鳥は、一刻も早く彼らをもよりの藪かげにみちびこうとつとめたのであろう。これは親鳥の習性が、無毛の地にかわいいわが子をながくおくことは、不安で不安でならぬからである。だが、その赤心この継子たちには通じはしない。雛の脳裏にえがくものは、まだ見ぬさざ波のよせる広いすがすがしい世界であろう。雛の脚がともすれば親鳥のこころにそむいて反対の方向にむかうのは当然である。
 だから親鳥が、このわがままな家族たちの脚を、けんめいになって自分の思う方向にむけようとつとめる。しかも雛たちはいやいやながら親の言いつけどおりになったとしても、またすぐ汀のほうへ走りだす、これを親はやっきになってとめる。この仮の親子のあいいれることのできない習性の相克が、彼らを知らず知らずとんでもないほうへおもむかせたのであろう。雛の一羽がアシの匍匐地内に倒れたことは、アシの所在が片意地なこの親子の心をいくぶんなり、やわらげるに役立ったからであろう。しかし、おやどりはここも不安だったので、さらに雑草遅滞にみちびこうとしたことは、ほかの一羽の雛の位置から容易に想像される。
 雛の死を早めたのも、やはり親子の習性の相克、摩擦が最大の原因にちがいない。一つ巣の孵化期が往々二日にわたるようなばあい、雛が全部生まれそろうまでは巣立ちがおさえられるのは当然である。しかも早生まれの雛がそのあいだ、昼は巣のそとにひそみ、夜は巣にもどるが、決してたおれはしない。(中略)
 しかるに、このばあいは満一日でもろくもまいったのである。この日はうすぐもり、無風、うだるような暑さで、かわききった砂礫地の表面温度はたぶん四十度をはるかに突破したであろう。だが、このひどい暑さをさけて汀へおもむくはずの彼ら(コチドリの雛)が仮親(イソシギ)との習性のちがいから、その焼かれるような無毛の石ころの上を、直射をあびながら長いあいだ引きずりまわされたのである。もちろん、そこには渇を癒すべき一滴の水すらもないのでついに疲れはてて、死を早めたのは当然である。

 いや、可憐な雛の命をちじめるものは耐えがたい苦熱、飢渇、疲労、焦慮よりも、仮親イソシギのかたくななおろかさであるといえばいえる。それは親鳥にもう少しおもいやりがあって、雛にある程度の自由をゆるしたならば、こうもろくはたおれないであろう。だが、かれらはこのちびのコチドリの雛をひとすじに実子と思いこみ、自分の本能にのみ忠実で、少しも雛の足どりやかわいい雛の欲求を考えるゆとりがないのである。

鳥星:ここのような次第で不幸にも仮親イソシギに育てられた雛のコチドリは汀を水に息絶えたのである。
   この仮親イソシギのその後と他方コチドリに託したイソシギの卵のその後については次回「コチドリの巣を横 取りするイソシギ」に譲ります。



やっぱりカンはすべきでした・・・ 投稿者:nori  投稿日:12月 8日(日)18時07分16秒
o-chan 色々とお世話様でした。
マージャンとブリッジの会(MBの会)とても楽しかったわ。
生憎くの雨模様でしたが田村邸は熱気ムンムン、
11時から始まったようですが私がお邪魔したのは4時過ぎの黄昏時、もうマージャンは終わっているかしら・・等と思い乍ドアーを開けるなりどーっと笑い声が聞こえて来ました。例のあの全ての人を幸せにするあの笑い声・・・。
マージャンをやるのは息子達を相手に家庭マージャンをやって以来十数年振りの事。
初めてのマージャンは昔、私が乙女だった頃、義姉、妹と私を相手に兄が教えてくれたのが始まりで、今だに並べるだけのヘボマージャン。
そんな私を心優しき諸氏は手とり、足とり、ボランティア精神旺盛なMr.AKIに至っては時々お触りしながら指導して下さいました。
一勝負終わり、席を譲って下さったMr.KITAが”こっちを先に捨てた方が良いだろうネ、
こんな風に作った方が・・とアドバイスして下さり、ハイ、リーチ! ハイ、ロン!
何と良い響きでしょう・・調子に乗り過ぎて牌を取り過ぎアラアラ?16枚で暫く参戦、何か多いかな?大チョンボでしたが皆さん笑って許してくれました。それからは皆さんに2,4,6・・13枚有るねと数えられながら・・この回は大分浮きました。
ここで一休み。 ワインやら日本酒も1本空けました。O-chanお手製の美味しい大根の煮物を頂き乍ら・・大爆笑・・・、昨日だけで大分皺が増えたようですが、元からですヨおば様、と言う憎らしい人もいました。彼は30代の女性が最高と言いますけれど・・皆様は如何ですか・・30代女性が無理して付き合って呉れてるとも知らずに・・
さて、2ラウンド目。 頼りにしていたMr.KITAが帰られ、教えを請うのは勝負相手のMr.higaとMr.aki. O-chanが捨てたピンズを拾うとカンが出来るようになり迷いましてMr.akiに教えを請いました。あーこれが悪かった。しかもMr.akiはリーチをかけていました。 ”カンにするべきかなー?””意義あるカンだったらいいけど、そうでなかったら
止めた方がいい・・””意義あるネー・・意義あるかなー・・・”ドラもないし、大した役も出来そうにないし・・止めよう・・とカンをやめ別牌を捨てた所を ”ハイ、それ!待ってました”裏ドラ3枚アレ、コレで一万二千点支払いました。 あのカンをしていれば勝利の女神は私に頬笑んでくれたかも知れないのに・・グヤシイー!!ドジなワタシ・・・
今度は大分沈んでしまいました。沈んだ分は熱ーい抱擁で支払いマージャン会の夜は更けていきました。  アー楽しかった!2回目は頑張るゾー。 今度はブリッジも教えて下さい。
O-chan又宜しくネ 色々遊び事を考えてくれて有難う・・・今後も期待しています。
ある人を見習って私も年賀状を失礼するかもしれませんけど、心はあなたの元へ。
皆様良い新年を!!!



仁部氏の親心はどこに 投稿者:O-chan  投稿日:12月 4日(水)13時56分20秒
この方の研究心は驚嘆に値するけれど、いそしぎの愚かさ、おもいやりのなさ、自分の本能にのみ忠実な頑迷な態度が、可憐で哀れなこち鳥の死を招いたがごとくの描写は、ちと、手前勝手。

他ならぬこの方の研究心のおかげで哀れな親子の葛藤、雛の死があったという事実に心は痛まなかったのか。好奇心の前には生き物の生き死にも、固体の苦悩にも反応しなかったのか。

薬の開発、遺伝子の研究と動物は勝手に奇形にされ、切り刻まれる。劣等動物は人間に役立つために使われて構わない、という論理なのか。そのうち劣等人間も優良人間の存続のために役に立ってもらう、となるかもしれない。どこかで聞いたことがあるような、、、

恩恵を受けている身できれいごとを、と言われれば返す言葉はない。ただ、偽善、自己満足、とわかりながらも、必要以外の殺生を避けて生活したい。

ふとした言葉をきっかけに色々思うことがあるよね。失礼しました。


マージャンとブリッジの会開催 投稿者:O-chan  投稿日:12月 5日(木)11時38分59秒
今週土曜日、田村道子家で開催する、マージャン、ブリッジの会(MBの会)は11時より始めます。
何とか4人はその時刻に集まれるので、大丈夫。後は適当に現れてください。時間により、食べる物はあったりなくなっていたり、です。飲み物は多分残っているでしょう。つわものが多いようで、私が混ざらない限り、きっと面白いでしょう。


英語表現 投稿者:O-chan  投稿日:12月 5日(木)14時01分55秒
立て続けに同じ人の投稿であきるかな。なるだけ簡潔にすませましょう。

クロスワードから出題。
break a fast は何?3字の答え。すぐ答えはわかると思うけど、その由来は結構知られていないと思う。辞書を引けばもちろん載っています。調べてなるほど、と楽しんでください。来週はも少し骨のあるのを探します。

鳥さん、つまらないことでけちをつけてごめんね。いつもとても楽しんでよんでいるので、このようなくだらぬ外野には気を使わないで続けてください。

毎年の全体同窓会が来週末あります。11回生は出席が少なく評判が悪い、でも行っても面白くないし、飯もうまくない、だから開催する側にも責任はあると思うけど、斜光販売の際はお世話になったし、いけそうな人は協力しましょう。



今朝の雪にはびっくり。 投稿者:鳥星  投稿日:12月 9日(月)16時01分26秒
昨夜佐渡島の鳥見から帰ったところ。
佐渡のトキ保護センターには日本産トキ最後の一羽「キン」。
キンを除いて24羽のトキがいますが全て中国産のトキから生まれたもの。
7年前に訪れた時は「キン」だけでしたので、今回はずいぶん増えたなぁとの印象。

野生化のプロジェクトが進んでいますが果たして・・・。自然での繁殖最小個体群は200-300といわれているし、しかも近親交配での繁殖障害も懸念されているし・・・。
環境整備と住人の協力や天敵(テン)の駆除や問題山積。



MBの会顛末 付録 投稿者:O-chan  投稿日:12月10日(火)14時58分12秒
noriちゃん、顛末記ありがとう。「楽しかったらしいね」、と数人から電話あり。ありありと情景が伝わる文でした。ほんと、よく笑った。

総数7人、秋月婦人の差し入れボジョレヌーボー、noriちゃんが抱えてきた一升瓶久保田、kitajiさん差し入れのワイン2本全部空けたもんね。

ブリッジのほうは教則本を片手の私に、higasiさんはあきれ返り、まあこんな程度です。でも次まではよく勉強しておくね。月一回を原則にやっていきます。来月は10日か11日でいかがでしょう。



鳥 10 コチドリの巣を横どりするイソシギ その1 投稿者:鳥星  投稿日:12月11日(水)22時01分54秒
このところ書き込みが少ないですね。
それでは、またまた鳥の話です。仁部富之助シリーズは今回で22回目(?)

鳥星:コチドリの卵を託されたイソシギは継子のコチドリの習性に逆らい砂礫地滞へ迷走し、雛は熱暑と渇きのためにたおれてしまった。この経緯は「イソシギの親心」に紹介した。
さて、一方のイソシギの卵を託されたコチドリのほうはどうなったのか。以下に仁部富之助の観察顛末を記した。

一方、コチドリにイソシギの雛を配する方は、孵化が予想より遅れたが経過は順調である。まもなく結果を見る日がくるであろう。
 ところが、イソシギの雛が孵化しはじめるころに、コチドリの巣が「あるイソシギ夫婦」に横取りされ、せっかくのくわだても水泡に帰してしまった。イソシギがコチドリの巣を横取りするということは、前代未聞の出来事である。しかも、この珍事は、野の鳥の愛情生活の一齣として興味のくみつくせぬものであった。で、ここに題をあらためて、その顛末をものがたることにしたい。

 コチドリの巣にうつしたイソシギの卵から六月十四日に胎雛の啼き声をきいた。胎雛の発声は孵化する二日前、ときには三日前からである。いよいよ孵化が近づいたのだ。
 同十六日の夕方に雛が一羽かえった。ほかの三羽もたぶん明朝までに生まれるであろう。ところが翌十七日午前七時半までにかえったのは一羽だけであった。孵化の不ぞろいになった原因は、抱温者のコチドリの体にたいしてイソシギの卵が大きすぎること、あずけいれを前後二回におこなったこと、巣づくりの違いなど、いろいろ関係するであろう。だが、のこる二つも夕方までにはかえるらしい状態である。
(鳥星:この後、氏は雛の撮影、体重測定、識別のためのマーキングなどの作業をおこなう)
 ところが、仕事の最中に二羽の親鳥がしきりに啼きながら身辺をうるさくたちまわることに気づいた。コチドリの親鳥は敵が巣の近くにいるあいだは決して近寄らないのがふつうである。(中略)
 そこで仕事の手をやすめて何気なく彼らを見ると、意外にも、相手はイソシギ夫婦であった。私は自分の目をうたがうようにいくたびか見なおしたが、イソシギはやはりイソシギである。そのイソシギが何を血まよって他鳥(ひと)の巣をやっきになって警戒するのか。物好きとしては度のすぎたふるまいである。いやいや、彼らは決してじょうだんや物好きでこういうことはしないはずだ。
(中略)
 それはそうと、このずうずうしいイソシギ夫婦はいったい何者であろう。第一に疑いをかけられる者は、四日前に二羽の養子をなくしてから、この付近をうろうろするイソシギ夫婦である。そしてこのイソシギのうみおとした卵が、幾日か前にこの巣にうつされ(鳥星:もちろんこの細工をしたのは実験者の仁部富之助である)、コチドリ夫婦がそれをきょうまで守りつづけてきたのだ。だから、イソシギ夫婦と、この巣の中身とは真の親子の仲である。

鳥星:さて、イソシギはどのようなきっかけでこのコチドリの巣を奪ったのか。卵を見て自分の卵と判断したのだろうか。それとも雛をなくしたばかりのイソシギだから、傷心のあまりついつい他人の卵を横取りしたのだろうか。
次回その2をご期待ください。



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:12月12日(木)11時07分57秒
巣を横取りするイソシギの話、次回がどうなるか?楽しみです。しかし小鳥の世界では夫婦対夫婦の対立という構図になるケ-スが多いように思えるが、雄雌同体格なので体力も同じなのですかね?体格が違う動物は雄同士の対決となるんでは?しかし面白い!

池波正太郎は僕の好きな作家で、殆どの著作を読み漁った作家の中の一人である。その作品の中に「男の作法」という本がある。読まれた方も沢山居られると思うが、僕が面白いと思ったところを2~3回に分けて紹介します。
「今の若いもんは!」という池波正太郎の嘆きが聞こえてきます。
いわゆる「明治の男」が居なくなって、年をふるにしたがって昔の男が持っていた「男の矜持」が急速に弛緩して、今では政治家も医者も、官界・経済界も日本のどの世界にも尊敬を集める存在が無くなってしまいました。
僕自身もその世代間の落差を実感した経験があります。僕達が小さい頃には「男のくせに!」とか
「男がそんなことで泣くもんじゃなか!」とか、「お前は男だろ!金玉下げとっとか!」とかよく言われて、男であることをかなり意識して育ってきたように思う。親しい友達が隣町の不良高校生に取り囲まれいるのを見て、内心はドキドキしながらも平静を装って、その輪の中に割ってはいったりしたのも、「ここで逃げたら俺は男で無くなる!」という思いからであった。とかいう話を中学生の息子に話した時「相手が弱い奴だったら助けにいくけど、強そうだったら俺は逃げる」「大体そんなバカらしいことをするような奴は、今時居ないよ!」とアッケラカンと言い放った時には僕は唖然とするのみであった。

「男の作法」その一
約束・・・時間、自分の人生も一つであると同時に、他人の人生もひとつ。それほど時間は貴重なものです。従って時間において他人に迷惑をかけることは恥ずべき事である。昔の作家はそんなことはしなかった。夏目漱石・泉鏡花あるいは森鴎外・島崎藤村も、自分の生活で例え女狂いをしていようと、会合の時間に遅れることは決して無かった。それにくらべて最近の作家は!と続くのであるが・・・。池波正太郎自身、重要な会合には一時間前には会場に着いて、近くで待機していたそうである。
死・・・・男を磨くときも磨き時というものがある。例えば巨人から阪神にトレ-ドされた時の小林投手が、まさに彼にとっての男の磨き時であった。そういう苦境に立った時は男を磨くか?それとも下に落っこっちゃうか どちらかなんだよ。
あと自分が何年生きるか?と死を時々考えることによって、今自分は何をするか、何をしたいかを考える。「死ぬことに向かって生きている」ということだけが、はっきり解っていることであってあとは何も解らない。この事をきちんと意識すべきだ。そうすると仕事の面でも違ってくる。
顔・・・・その男の人生は顔に出てくる。若いうちは「人間はこういう風に生きねばならぬ」と割合考えた。人夫々にロマンがあった。今はマイホ-ムだけ。感覚的にだんだん人間が鈍化している。白か黒か?そういう決め付けだけがあって中間色が無い。「人間とか人生とかの味わいというものは、理屈では決められない中間色にあるんです」。
現代は男の意地・夢・ロマンというようなものが確かに見つけにくくなった。まだ戦国時代のほうがそういうものがあったように思う。
組織・・・・長島は名選手で大スタ-であったけれども、監督の器ではない。長島は天才なんだよ、宇宙人みたいなところがある。コツコツ努力しなくても感覚的にできるる奴は、人もできると思ってしまうか?できない奴を理解できない。下積みの苦労をしていない人は、人間的に選手を理解できない。そこが長島と川上の違いなんだよ。
人間というのは矛盾の塊なんだ。矛盾の生き物が集まって作る組織は、人間が解る人でないと統率は難しい。
                                  次回へ!



英語表現 投稿者:O-chan  投稿日:12月12日(木)11時36分51秒
先週の答えから。

質問の出し方が不明瞭で、答えが日本語なのか英語なのか、迷われた方もいらっしゃったでしょう。
でもどちらも3字で大丈夫。英語では eat, 日本語では「食べる」です。
break は「破る」で fast は a が付いているように名詞で実は「断食」の意味。
つまり、「断食を破る」=「食べる」となります。断食の習慣は今はイスラム、ユダヤ教に残っていますが、もともと旧教に始まっています。断食が終わり、次の朝初めて食べるご飯を、そういうわけで breakfast と呼ぶようになりました、とさ。

では今週のクイズ。 better part
例文は  the better part of this year, the better part of science などと使いますが、学校で習った訳ではだめです。勘で出来るかな? better を引けば辞書には載っています。



終わりの始まり 投稿者:異風物  投稿日:12月12日(木)23時41分59秒
2002年12月となりはや終わりが近付きました。小生にとってやっと年の瀬という感じがします。というのも今日塩野七生氏のローマ人の物語ⅩⅠ「終わりの始まり」が出版され本日入手したからです。このロ-マ人の物語は毎年1巻ずつ出版されることとなっていますがこの数年毎年年末の12月半ばごろ出てくるのが通例となっていました。今年も1年まっていましたが先日出版され入手小生にとって本年の年末即ち終わりの始まりを感じました。後一つ日本航空機年鑑2002も先週入手これも小生にとって年末を感じさせるもののひとつ。

 さてローマ人の物語でいっている終わりの始まりとはかの有名なマルクス・アウレリウス(五賢帝の最後の人)をもってローマ帝国の衰退が始まったといっています。まだ中身読んでいないので著者がなにを言わんとしたか詳細わかりませんが、歴史に興味あるかたならおおよそ検討つくと思いますがこのころよりローマ帝国は拡大路線から守勢路線に方向転換しさらにゲルマン諸族の侵入が目立ってきた時代です。このあとローマは軍人皇帝時代となり混乱し秩序が乱れ衰退していきます。まさに哲人をもってしてもローマに新たな活力を注入することができなかったということです。優れた人格者であり配慮と協調を尊んだ治世をおこなったにもかかわらずなぜ。

ここに現代の日本と重ねてみるとまことに面白いことが見えるように思えます。はたして日本は今後どうなるか、小生の感じではこのままいけば確実に日本は衰退していきます。我々はおそらく爺捨て山でしょう。これを避けるためにはなんとしても構造改革を断行するしかない。配慮と協調だけでは改革は絶対不可能。今日の日本の状況はまさにいままでうまくいっていたsystemが時代に合わなくなってきたというときです。これを小手先でごまかそうとしても問題点を先送りするだけでますます悪くなっていくでしょう。小泉総理の基本的認識はそこに原点があったはず、それが世間にはなんとしても現在の生活習慣を変更することに抵抗を感じるひとが大多数でありそれらに対する配慮、協調により改革の行方がふらついています。ここはなんとしても改革を推進する勢力に肩入れし成功してもらいたいと思っています。人生折り返しを通過しましたがあと半分60年残っています隠居心でのんびりしていたらとんでもないことになりますぞ。「少年老いやすく学なり難し」といいますがまだまだ老け込むにははやすぎます。学なりがたしですがそれでもなんとか少年の心をもっていろんな挑戦を心がけるつもり。諸兄、諸姉ご支援のほど。来年もよい年であることを祈念しつつ。多分このままでは世の中もっと悪くなるでしょう。それに負けないようどうする?



英語表現回答 投稿者:今多 迷道  投稿日:12月13日(金)11時08分05秒
現在会社の中です。ちょっと暇が出来ましたので、たまには挑戦してみようとパソコンの前に座っています。ま-会社の中でも楽隠居みたいな立場で、気楽に楽しくやっています。

Breakfast 言葉というのには、歴史的背景と深い意味があるんですね!これがヒントになって、来年度の斜光のテ-マが、早々と決まりそうです。来年は近藤君の催促を受けずに書けるかな!
サンキュウ!

ところで問題の回答ですが、やま勘でやろうと思ったが、めぼしい回答が思い浮かばない。とうとう辞書を引っ張りだしました。
今年の大半は、科学の大半はという、大部分・半分以上という意味でしょう!



英語表現回答 投稿者:鳥星  投稿日:12月13日(金)22時08分30秒
今多迷道さんに先を越されて、二番煎じですが・・・。
betterhalf といいますから、「ほぼ半分」かな?

前回の英語表現はすぐに答えればよかった。breakfast から eat ではないかと思いつつ。でも答えを聞いてからでは・・・ね。



異風物 さんへ  投稿者:鳥星  投稿日:12月13日(金)22時13分41秒
塩野七生氏の「ローマ人の物語」はボリュームがあるでしょう。私は一冊目を途中でやめてしまいました。この大作の校正をしたひとを知っていますが、なかなかの大仕事だったようです。



みんな何してるかな? 投稿者:鳥星  投稿日:12月15日(日)19時40分48秒
このところヒマ~xって感じ!
落書き帳へを開くと自分が書いたものばかり!
師走の土曜日曜は年賀状書きや大掃除などで忙しいのかなぁ。



鳥さん、大丈夫、見てくれているよ 投稿者:O-chan  投稿日:12月16日(月)14時49分23秒
ほんと、何日も自分の書いたものが最後、って淋しいよね。違うのが読みたい!と期待して開けるのに。
それだけでなく、投稿者はまず例外なく自分の投稿がどう受けとめられているか気になり、反応がないとあーあ、とがっかりしてしまう。
だから、まとまった物を書けなくても、心ある人はほんの数行でよいから、読んだ印を記して下さいね。ちょうど鳥さんがやっているように。

今日は少し時間があるし、今朝のテレビのニュースで思ったことや(電車の中で考えた)、昨日の我が団地での出来事など、色々書きましょう。そうそうクイズの答えも。今田さん、鳥さん、ありがとうね。プラス、投稿への感想も。

短いものから。英語表現の答えは「過半数、大半」という意味で、better すなわち「よりよい」とは限りません。better half(よくbitter halfと冗談で言いますが)はやはり、よりよい半身でしょう。太めの伴侶の場合は両方の意味が当てはまるかも。


前の続き 投稿者:O-chan  投稿日:12月16日(月)14時50分08秒
次は昨日の出来事。9月に管理組合が出来て以来、うちの団地では新しい試みが施行されていますが、昨日は階段毎の外回りの大掃除。一緒の大掃除は30年間で初めてでした。隣の一人暮らしの女子学生が今年の3階の自治会員、7世帯をノックし回り、3,4人が出て掃除が始まりました。
水とホース、と聞いて、石井さんからいただいた釣り用の雨具に身を固め、張り切って壁にじゃあじゃあと水を流し、たわしでこすりました。そこまではよかったけど、つい夢中になり、ちゃんと禁止事項になっていたエレベーターの近くも水びたしにし、漏電。エレベーターとテレビが数時間に渡って使用不能になり、年寄りの冷や水とはこのことか、と平謝りをしながら少し悟りました。
昔から一事に夢中になると他を忘れる性質ですが、よく無事に生きてこれたと思っています。

今朝のニュースの感想。出勤前に見たニュースで自然にやさしい雑草駆除というのを取材していました。道路脇に茂る雑草が視界をさえぎり、事故の元になるから、生えないようにしようと、刈り取った雑草を粉末にしたものに化学物質を加え、黒っぽい薄いビニール板に似たものを作り、それを土の上にかぶせる、というものです。そうすると雑草は生えないし、5年後は土に吸収されるそうです。

でも何が自然に優しいのでしょう。自然を破壊し、なくしてしまう道具に自然のものを使うから?土地には優しいから?草も育たない土にするのがなんで優しいんでしょう。やれ、害虫、雑草、害鳥、と退治するけど、自然に一番害をなしてきたのは人間でしょう。人間に都合がよいように、人間の趣味に会うように、人間が便利なように自然を作り変えてきた。

団地のすぐ側に散歩道があったのが、いつの間にか舗装され、四角く囲んで街路樹が植えられ、土の部分は
ほんのちょっと、そこに雑草がたくましく顔を出している有様。車は通行禁止の散歩道なら、何故舗装をするのでしょう。雨でどろんこになって、なぜ悪いんでしょう。みずたまりにぼうふらがわいて、何故いけないんでしょう。それがいやなら、こまめに人間の手で掃除をすればよいだけで、全ての生き物を拒むこうしたやり方は納得いきません。無差別テロと同じでしょう。

逆に自然保護と言って希少価値になると大騒ぎ、たまちゃんに住みよいように水をきれいにしようなんて、たまちゃんは新参者、その周辺にはたくさんの生き物が今も昔も住んでいるのに、それまでは注意も払わない。自然に親しもうと山や里に出かけ、造営された自然を鑑賞し、舗装されたハイキングコースを歩き、一体何なのだ、と思ってしまう。そういう意味で私はゴルフは嫌いです。それもある時から。

娘の学校が山の中にあり、毎年春に新緑に彩られた山々を片目に学校参観をしていたのに、ある年その山の一つが無残な禿山になっていて、原因はゴルフコースの造営でした。学校あげての反対運動の甲斐もなく。禿山には芝がおかれ、植林され、大量殺戮の片鱗は消えました。でもあの禿山の光景は頭から離れません。くやしくて悲しくてぼろぼろと頬に流れた涙の味と一緒に。

日本人は霊長類信仰の西洋人とは違い、自然を知り、味わい、共存してきたはずです。生きるもの全てを大事にする気持ちは相手が人間であろうが、動物であろうが、植物であろうが変わらないはずです。ただ自分に害をなすからといって、相手を簡単に抹殺するのであれば、戦争がなくならないはず。相手が動植物であっても、ましてや人間ならばなおのこと、他者の違いを理解し、歩みよれるところを探すことがまず、第一歩でしょう?
何か大演説をしてしまった。匿名にすればよかったな。

最後に塩野女史の本について。私も大昔から彼女のファンですが、最近はクロスワードに夢中で全く読んでいません。読書会で私の当番になったら、ぜひ彼女をテーマにしようと思っていたのですが、大丈夫かな、鳥さん?初期の作品は読みやすいかも知れない。じゃまた書きます。



環境? 投稿者:異風物  投稿日:12月16日(月)23時50分53秒
 O-chanのお話に刺激されまた一つよけいなこと。
さて自然環境とはなんぞや?最近自然にやさしくとかなんとなくはやり言葉となっていますが。およそ小生いいわせればまったくおかしな言葉。しょせん生物が生存すること自体すでに環境を破壊しているのです。現在の酸素richな大気これ自体まさに生物の環境破壊により生じたものです。地球生成時大気は酸素などほとんどなく窒素richな組成であったといわれています。それを初期の原始生物が窒素をとりこみ酸素を放出し初期地球環境を破壊し彼ら自身もそのため絶滅今日の酸素呼吸の生物がでてき今日にいたっているのです。所詮生物はどんなに知能が発達しても宇宙の摂理に逆らって存在することはできません。これは全くの偶然かある確率おそらく極めて小さいものと思われますが地球という小さな太陽の惑星が炭素を主体とする高分子が生成するのに有効な温度環境にあったため生物というものが存在しています。これも所詮宇宙の時間でみるとほんのわずかな時間。そのうち太陽の寿命がつきるとともに太陽は膨張し地球をも飲み込むとのこと。そのときまで小生生きているわけはないのでどうでもよいのですがもはやそのときはおそらく分子など存在できないでしょう。多分原子レベルの存在でしかないでしょう。

 まそれはそれとして生物それ自体常に環境に適合し変化していきます。人間など進化といういいかたをすればものすごく進化しているものと思われていますが本当にそうでしょうか。進化についてどう考えるかいろいろあると思いますがやはり環境にいかに適合するように特化しているかという点にあると思います。そのように見ていくと人間など環境に特化していなく原始哺乳類の特徴を多々のこした汎用てき存在でありあるいみでは進化していないのではないかとおもっています。ちょっと他の生き物、たとえば野生の鹿でも見ればわかるように森林の草食をするものとし環境に適合しています。 人間はそのように環境に特化した進化をしなかったために環境を制御することでかろうじて生きながらえてきた生物だと思います。環境を制御すること-これは多分二本足直立歩行を獲得し両手が自由になったときに始まると思いますが-この原点に立って考えるならおそらく人間が生きていく限り環境の変更(環境破壊ともいう)は永久になくならないでしょう。ただ幸いに?にんげんは多少とも過去を記憶しそれをもとに未来を予測する能力をゆうしています。それにより環境を破壊しながらも壊滅てき破壊を行い自分自身の存在をおびやかすことは多分しばらくはないでしょう。しかしこれもげんざいのこと、地球の総人口が増え続け、地球の土壌を全て利用しても食料が足りなくなったとき(可能性なきにしもあらず)このときどうするのでしょうか。人の生命、環境どちらを選択するでしょう。

 私自身やはり自然環境(よく考えるとよくわからない言葉)すなわち植生、野生動物etcなどいつまでも存在してほしいと願っています。しかしこれは先進国の豊かな人間のあるいみでは利己主義であるという認識も持っています。およそ自分の都合による環境問題などあるわけなし。本当に自然のままがいいと思ったら自分自身の自我および肉体を消すしかありますまい。即ち死しかないと思いますが、いかがかな。人間とは常に環境破壊を行っているものと考えています。まだ書き足りないこと多々あるが明日も仕事寝坊できません。そろそろねむくなってきました。0-chanに刺激され日ごろ思っていることども。
 Good Nighttt生

160

 

2002年11月後半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月15日(火)19時06分59秒
  .


英語問題の答え 投稿者:o-chan  投稿日:11月18日(月)14時28分51秒
さて、一名の方が答えてくださった通り、hit-and-miss はでたらめの、行き当たりばったり、と
いう意味です。 hit は打つ、というより当たる、の意味で、当たることもあれば当たりそこなうこと
もある、という訳。hit-or-miss とも言います。

ちなみに shoot 射る、は単に狙う場合と当たった場合を、目標を表す at で区別します。

I shot at the target but missed it. 狙ったけど的に当たらなかった。
I shot the target but missed it. という文は矛盾します。当たったけどはずれた、という
意味になるからです。レノンが射殺された時も ”I'm shot."(撃たれた)と言ったそうですね。
レノンだけでなくドンパチの映画などでもよく聞かれる表現です。

ついよけいなことまで書いてしまいました。これで今週の英語表現の代わりにしようかな。


楽しい宴からの報告1 投稿者:o-chan  投稿日:11月18日(月)14時58分16秒
先週の金曜夜、長崎からの友、辻佳子さんの上京に合わせて小さい宴会を開きました。彼女の言葉
によると、人見知りであまり社交が得意でないから、ということで中学時代の仲良しを念頭に声をかけました。

私と違い、慎ましく引っ込み思案の人が、何と60人ほどの同窓生に電話で斜光の販売をし、留守
がちの人は一人に5回かけたこともある、と言っていました。同窓という背景に斜光という話題が
あるから出来ると言っていたけど、すごいの一言しかありません。

斜光の維持には数多くの人たちの力が集まっているとは思うし、とりたてて彼女の功績をとりあげる
のが目的ではなく、社交下手と60人への電話との結びつきがミステリーで、つい書いてしまい
ました。佳子さん、ごめん。


楽しい宴からの報告2 投稿者:o-chan  投稿日:11月18日(月)15時19分12秒
数人からなる宴でもホームページが話題になり(話題にし)、目下硬い話で埋まっていて、少し柔らか物も欲しい、じゃそう思う人が書けばよい、いや、中々勇気が、時間が、、、などやっているうち、その硬い話、拉致問題、反戦、などですっかり盛り上がってしまった。かなりむきになり、本気でやりあったような気がします。

思うに、やっぱり話題を提供することは大事です。硬くてついていけない、とかなんとか言いながらも私は、俺は、と自分の考えを問いただすことになるし、他人事のように過ぎていく政治、経済のひとこまが目の前の食卓に出てきて、否応なしに味見をする、という場面も必要でしょう。

少なくとも私にとって色々考えるきっかけになりました。

アメリカの良心に期待をかけていたけど、今回ばかりは雲行きが、と心配していたけど、たまたま
アメリカ在住の娘と話し、様子を聞いたら、こちらで報道されるほど世論は固まって入ないようで、
彼女自身反戦集会に行ってきたそうです。ベトナムを思い出せ、という声も多くなっているし、
例の北朝鮮の核開発についても、売ったのは僕たちだよ、と茶化している漫画なども、結構的を
得ていると評価されているようです。テレビでは相変わらずブッシュさんが強気の演説を繰り返しているみたいだけど、そう長くはもたないだろうと言っていました。

娘も親ゆずりで政治おんちだからあまりまともにとらないほうが無事かもしれないけどね。



今月の書評 投稿者:読書人  投稿日:11月20日(水)16時04分43秒
私が推奨する(書評する)今月の本は「公益法人」です。私も今年6月退職するまでは、ある「社団法人」に出向してました。勤務していた民間会社からの天下りみないな存在だったから、あまり生意気なことはいえないけど、旧運輸省から天下った会長以下の経営陣の経営センスのなさ、経営に関しての緊張感のなさ、政策や人間関係についての旧態然としたやり方には、ことあるごとにケチつけてました。(おかげでそれまでの前任者たちは、60歳以降も2,3年はこの法人のプロパーとして雇われてたけど、私は定年月の3ヵ月後の総会で、お払い箱になってしまった)しかし、この本読んだら、私の属した法人は、赤字続きだったとはいえ、国からは補助金ももらわず、自分たちで稼いでいたというだけでも、いい方だったかも。

 公益法人      北沢 栄 著(岩波新書)

 補助金の無駄遣いと官僚の天下り先の頂点にある「特殊法人」の実態は、ジャーナリストらの努力や情報でいくらか明らかになってきた。が広大なすそ野ともいえる「公益法人」のほうは未だ見通せない薄闇の中にある。その制度も、組織も、実像も、わかりにくかった。補助金や委託費の流れ、行政との関係、天下り状況の実態など・・・・・本書はこれらのテーマを真正面から取り上げている。 いやーそれにしても驚いた、あきれ果てた、そして腹が立つ・・・というのが、読後の最初の感想である。天下り、癒着、権益や情報の独占、補助金という名の(税金)流用や無駄遣いなどまったく特殊法人と同様「官僚の官僚のための官僚による公益法人」といってもおかしくない実態がある。

 公益法人とは財団法人、社団法人等のこと。公益に関する事業を行い、営利を目的とせず、主務官庁の許可を得て設立されている。総数はなんと二万六千を越えるという。公益法人とは何かという基礎知識から、どういう業務内容の団体があるのか、そしてどこに問題があるのか、精力的に取材しているが、なかでも圧巻なのは第三章「知られざる実態」の内容である。スペースの関係で詳細を述べられないのは残念だが、休眠法人、幽霊法人(1,200あまり)、トンネル法人(補助金の交付機関)、丸抱え法人など、まったくあやしげな、存在価値などないような法人が次から次へと出てくる。いかに無駄な金を(税金を)使っているか、官僚自身のための天下りと権益を確保するだけのものかが明らかにされている。
 理事などの役員がやたらと多いのも公益法人の特徴である。そのくせ、天下る前の時の高給を保証されている。例えば財団法人「テクノエイド協会」(義肢装具士の国家試験機関や福祉増進に寄与することを目的に、主務官庁の旧厚生省が87年に設立許可)は職員17人に対し、厚生省からの天下り組を中心に理事が18人もいる頭デッカチである。また同じく厚生労働省所管の財団法人「医療機器センター」は職員29人に対し会長・理事が22人、監事が2人、社団法人「日本食品衛生協会」には職員数72人に対し役員が69人もいる。そしてその役員の高給の一部、あるいはほとんどが国民の血税であると思うと・・・・・。
 もちろんここで取り上げられているのは全体からいえばごく一部にすぎず、まじめにやっている公益法人もあるだろう。しかしそれにしてもすごい数である、なんとかならないものなのか。公益法人を隠れ蓑にして巨大な既得権益をふりまわす「官僚」の腐敗と堕落と癒着。
私が思うに手っ取り早い改善策は公益法人の情報公開を徹底させること。まだまだグレーゾーンにあるこれらの法人を白日のもとにさらせば、国民の集中砲火をあびることだろう。そしたらいくらなんでも改革への先送りと責任のがれと血税の流用は、少しは改善されるかもしれない。



寒くなりましたね 投稿者:読書人  投稿日:11月20日(水)16時22分13秒
最近の落書き帳、いろいろな人たちから色々なコメントや情報が載るようになりましたね。やはり「斜光」7号でPRしたおかげかもね。o-chanが言うように、色々なメニューが食卓にでてきて、それをひとつひとつ味みていくのも面白くなりました。以前は一週間に一回ぐらいしか開いてなかったけど、最近はよく開いてます。同世代の方たちの色んな意見、様々だなーと感じてます。ただ社会問題などで、右とか左とか、ハトとかタカとかの先入観で人を見るのあまり好きでありません。人それぞれ意見や見方が違うのは当然だし、またそれらを変えることも自由だしね。だからあるケースではハト的見方をしても、別のケースではタカ派的コメントが出てくるかもしれない。
 ただ今の時代状況や社会の現実見れば、常に批判的な精神を(balance of powerから言っても)持ち続けることは大事かも・・・・・・と思ってます。



テロの話 投稿者:紙仮面  投稿日:11月21日(木)14時54分53秒
昨日のラジオで田中さんという人がテロ事件について、かなりうがったコメントをしていました。

アメリカはこのテロをうすうす知っていながらあえて防ごうとしなかった、という、事実であれば
恐ろしい話です。彼もこの疑惑を立証するものは何もない、と言っていました。ただ、事件直後の
アメリカのとった処置がどう考えても腑に落ちない、通常やるべきチェックをしないまま物を処分したり、
犯人の追及も中途半端のまま、など、冷静にみれば見えてくるおかしな行動が疑惑をかきたてた、
というのです。

またこのテロはまさしくアメリカが欲しがっていた口金にぴったり収まった、とも言っていました。

国益とは、突き詰めれば権力の維持や利権に他ならないという情けない現状は、大国から小国まで
徹底しているみたいで、一国民、一地球人としては途方にくれています。



英語表現 パス 投稿者:O-chan  投稿日:11月21日(木)15時05分25秒
今週はじめに書いたもので今週はよしにします。
楽しみにしている人はいるのかな。いればやっぱり意気込むけれど自己満足だとつい面倒な時もあるよ。

読書人さんの書評は私の英語表現とは違い、本当に自分の違う世界を垣間見せてくれるので、とても
楽しみです。今度もすっかり驚き、落胆(その事実に)。人の読んだもののエキスだけをいただいて
ちょっとずるした気もするけど、やっぱり知る前と見方が違ってくるし、興味も広がってきます。
感謝感謝。

鳥のほうはいよいよ待ちに待った鳥見の実践が今週土曜にあります。行ける人は飛び入りで結構。
みんなで鑑賞するとまた喜びも高まるし、私のように不注意な人もそうでない人のおかげでよけいに
よく見ることができます。なんか他人の世話で生きているみたいだけど、おかげさまでと思っています。



仮面ライタ-さんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日:11月21日(木)15時51分53秒
コスタリカの話。極めて勇気のある事だと思います。しかしその平和がどれほど続くかと疑問に思わざるをえません。コスタリカは軍備への金を民生に使って豊かになったとします。周りの国は相変わらず内戦ばかりで貧乏だったとしたら、コスタリカは頻々と略奪にあうという形にならないでしょうか?泥棒・強盗というのは貧乏な家には開けっ放しでも入りません。入るのは金持ちだけです。それも鍵さえも掛けていなかったらそれこそ据膳ものです。最低でも50年以上軍備なしでやっていけたら僕も考えなおします。
仮面ライタ-さんの説を伺っていると、アメリカは駄目、自衛隊に金を回すのも駄目ということは
非武装・中立論そのものに聞こえるんですが?それとも野党的立場で気に食わないものに文句を言ってるだけなんですか?
仮面ライタ-さんが列挙したアメリカのやっている事については僕も事実だと思います。どこの国も国益優先の我利我利ですから。それでもアメリカの方がまだ良いと思っています。なぜなら日本はアメリカに付いてきて、ちゃんと繁栄してきたし、言論の自由もある。この実績があるからです。ロシヤ・中国に付いていて現在の日本になっていたとはとうてい思えません。とにかく日本は既に金持ちです。財産もあるし、高い技術者や専門家も沢山います。大国の真ん中にある日本が軍事的エアポケットとなったら、大国の政治力に翻弄されること必定だとおもいます。さらに食うにさえ困っている国からは、倭寇の如き窃盗団の略奪、拉致を受けることになると思います。
今でも外国から日本にきて仕事にありつけば大いに稼げる、もし仕事がなければ、泥棒・強盗をやる。もし捕まっても刑務所に入れば冷暖房の付いた家に住まえ、三食とも食える。国に居るよりかずっと良い。それも全部税金で!これじゃ-困るよな!

まだこんな事を言ってるのは 青いのかな!シャラクセ-!どうせ俺が生きているうちは何とかなるだろう!皆さんもこんな固い話飽きちゃったようだから、次ぎからは元に戻します。



紅葉がきれいでした 投稿者:NORI  投稿日:11月24日(日)13時36分13秒
週の日曜日(17日)の午後、”斜光”のページを捲っていましたらホームページのお知らせが入っていましたので、いつか聞いていたけどどんなものかしら...と初めて斜光のホームページを開けてみました。 いろんな皆さんのいろんな意見が有り面白いなーと思い乍ら見ていましたら”鳥見の会”のお知らせが有りました。
夏に続き10月中旬から母が再入院中で、前回は奇跡的に急回復しましたが今回はこの入院が最後かと思った時期も有り、通院やら家事やら仕事やらで忙しかったんですけど、近くだし行けるかも知れない 忙中の閑は自分で作らねばと、早速田村さんと中島さんへ連絡しまして初めて鳥見の会に参加させて貰いました。
11月23日(土)午前9時に国立自然教育園に集合です。JR目黒駅よりビルが建ち並ぶ目黒通りを7分位歩いて行くと紅葉した樹々が見えてきました。今年は都内の紅葉も一段と色鮮やかです。 中島勝彦さんが綺麗なイラスト入りの資料を皆の為に用意して下さってまして双眼鏡も数人分重いのに持って来て下さってました。、しかも、重そうな望遠鏡を担いで来られて...、その望遠鏡の精度の良いこと..私の肉眼では何処に有るかも判らなくて仲々見つけられなかったのですが、望遠鏡で拡大して見せて貰った花や実は鮮明で綺麗でした。  これはイイギリと言って南天のような実の付け方をしているとか高い樹についている小さな赤い実を拡大して見せ貰ったり、千両は葉の上に実がなるけど万両は葉の下に付くとか一両、十両も有るそうでヤブラン、ハナミズキ、エトセトラ、エトセトラ...紫式部も綺麗な紫の花をつけていましたし、園内には本当に盛り沢山の植物が有りました。  私が単独で来ていたらこれは何だろうと思っても判らず終いで散策で終わってしまったでしょうが昨日は色々教えて貰い知識が広がりました。  お目当てはオシドリでしたが、残念ながら姿を見る事は出来ませんでした。
結構園内も広く一巡するとそろそろお昼の時間となり、近くのレストランでランチタイム、皆でボジョレ・ヌーボーで乾杯!皆でおしゃべりをしながら食べると美味しいですネ。  食事がおわり散会でしたが、残った人達で隣の旧朝香邸の東京都庭園美術館で催されているフランス銀器の系譜ピュイフォルカ展を見た後庭園を散策してお別れしてきました。    中島さん、皆さんお世話になりました。本当に楽しかったです。また宜しくお願いします。



読書会 投稿者:大山  投稿日:11月24日(日)21時27分49秒
本日(11月24日(日)13:00~ 於;田村様宅)で読書会を実施。参加者は全部で6名。今回は、作家;大江健三郎の作品を何か読んで、それぞれ感想を述べあいました。ノーベル賞受賞作家ではありますが、個人的にはこの人の作品は、表現が何となく難しくもあり<これは私の読解力がないからですが・・・>、馴染めなくてあまり好きではありません。初期の作品「死者の奢り」は何とか辛抱して読みましたが、代表作と言われる「万延元年のフットボール」は、少し読んでgive-up。
他の参加者は、皆さん精力的に読破され建設的な感想を述べておられ、大変参考になりました。
次回のテーマは「吉本ばなな」です。開催日時は決まり次第、ここで御案内をしますので、奮ってご参加下さい。



鳥 9 イソシギの親心 その1 投稿者:鳥星  投稿日:11月25日(月)10時15分19秒
我が家は埼玉県下の入間川中流域にあたる仏子にある。入間川に棲息するシギ・チドリの仲間はコチドリ、イカルチドリ、イソシギ、クサシギ、タシギ、ハマシギなどである。

仁部富之助は留鳥で個体数が比較的多いコチドリやイソシギについて詳しい観察をおこないその習性を明らかにしている。そのひとつ、イソシギにコチドリの卵を抱かせて、孵った雛をどのように導くのかを観察した。実験と観察そして考察は以下のとおりである。

イソシギとコチドリの二鳥種は、河原に棲息する近親の間柄だけに、繁殖習性にいくたの共通点がある。だが、コチドリにはコチドリの特異性があり、イソシギにはイソシギとしての本領があることはいうまでもない。そして陽性なコチドリの雛は孵化後、いく時間かたつと汀へはしり、イソシギの雛は藪から藪への生活にうつることは、もっともいちじるしい習性上の相違といえよう。
 コチドリの雛は巣をはなれて汀に移行するさいに親鳥の直接な誘導がなくとも、まちがいなしに目的地に到着する。しかし、これはかの有名なウミガメの習性のように、彼らもまた、自分の行くべき方向を先天的に会得しているからか、あるいは親鳥が先頭に立たなくとも、どこかで合図しているのであるか、私にはこの点がながいあいだの疑問であった。

 この疑問を解く方法はいろいろあるであろう。だが、汀へゆくべきコチドリの雛を、それとは反対に藪かげへみちびくイソシギの親鳥にあずけてみるのも、たしかに興味ある一方法である。で、早速これをこころみるため、私はまず抱卵末期に両種の卵をおたがいに交換した。
(中略)
昭和十三年六月九日、雄物川の河原、現在は高い丘となり地衣類や芝の疎生する地域のグミの根もとでイソシギの巣を発見した。卵は孵化期に近く、かねての計画をこころみるにおあつらえむきのものであった。(中略)さいわい近くに、これも孵化期のせまったコチドリの巣があるので、ただちに実行しよう。すなわち、イソシギの巣から卵を二つ抜き取って、そのかわりにコチドリの卵を二ついれ、コチドリの巣へは抜き取ったイソシギの卵二つをおいた。出来れば全部の卵を取りかえたいのだが、より小さい卵をうけるイソシギの方が、ともすれば廃巣となるおそれがあるので、万全を期したのである。(鳥星:一般に親鳥は大きい卵に関心を持ち、より小さい卵は受け入れない性質があるからである。カッコウが自分の卵よりも小さい卵を産む鳥の巣に托卵するのもこれによるといわれる)
(中略)
鳥星:このイソシギの巣では先にコチドリの雛が誕生し、自分の雛が孵るのを待っていることを観察した。先に生まれた雛の捜索の便宜から、脚に目じるしとして赤色のモスリン布をむすびつけている。さて、このイソシギに育てられたコチドリの雛は、巣立ち後に汀に直行するのか、はたまた親のイソシギにしたがい藪なかに向かうのか。結果はいかに、次回その2をお楽しみに。



イイギリの実 投稿者:kazu.k  投稿日:11月25日(月)11時03分06秒
あでやかな赤い実を誇る高木のイイギリは、他の地味な冬の木々のなかでひときわ目立っていま
す。横浜から六本木まで通っていた30数年前、祐天寺と中目黒の間の右手の空き地に赤い実を
つけた高木がありました。実のなるこの時期に通わなくなった今、まだその雄姿を見ることがで
きるかどうかわかりませんが・・・。この前は黄色の葉がついていてその実も隠れていたので目
立ちませんでしたが、葉がすっかり落ちてしまうと木々全体に房状の赤い実をつけた姿は見事で
す。

真冬の国立自然教育園の散歩をお勧めします。ついでに隣の庭園美術館も訪ね、敷地内にあるレス
トランでボジョレヌーボーを楽しんでください。この前鳥見会の時はギャルソンがワイン代の請求
を忘れ、我々はずいぶん得した気分になりました・・・。心がけのよいメンバーであったようで、
神様はらちょっとした贈り物を我々にくださったのかもしれません。



はじめまして 投稿者:yama  投稿日:11月26日(火)00時44分40秒
ホームページが開設されてる事は、先月の箱根同窓会にて求めた「斜光」にて知りましたが、その
「斜光」を 人に差し上げたので手元になく メールにて中島さんより鳥見会の案内をいただき
その折に「斜光」を持って来ていただくよう近藤さんに頼んだら、近藤さんは来れないとかで
古賀さんが持って来てくださいました。それで今回はじめて参加いたします。
今後ともよろしく・・・・・
ところで、23日の鳥見会 これも初めての参加です。アールデコ様式の旧朝香の宮邸は見学した
ことはありましたが、隣の自然教育園は行った事なかったので楽しみにして行きました。
都心にこんな広大な自然があるなんて・・・・門の両側には祝日であったので、日の丸の旗が掲げて
ありその旗の上には大きな黒いりぼんが結んでありました。 そう 若くしてお亡くなられました
高円宮さまの喪のしるしです。
中に入るやすぐにからすうりがなってましたね、それから知らない植物を、つぎつぎに、いとも
簡単に教えていただきました、イイギリの木の実の説明、高くてとても肉眼では見れない赤い実を望遠鏡で見せていただき、また、ムクロジの実は羽子板の羽根の黒い玉に使ってるとか、
noriさんも書いてある様に千両、万両、の違いやら 一両、十両もあるなんて・・・ほんと
この年になっても知らない事が多く教えられる事ばかりでした。ウバユリの実も教えて
もらいました。ここに書けないほど・・・・です。
残念ながら目当てのオシドリには出会えませんでしたが、いろはもみじの紅葉のきれいな事
常緑樹と紅葉のコントラストの美しさ 自然は素晴らしいと感動した一日でした。
中島さんの資料もすてきな絵入りで、集めると図鑑になりそう・・・・。
重い荷物(私達のために双眼鏡を何個も)と望遠鏡を担いでお疲れ様でした。
中島さんに感謝、感謝です。 ありがとうございました。
素敵な絵入りで集めると図鑑になりそう・・・・。



イソシギの親心に付随して 投稿者:O-chan  投稿日:11月27日(水)10時38分02秒
鳥見というか樹木見というか、自然の中で深まる秋を堪能したひとこまは3人の投稿者によって、
美しく語られているので、遠慮し、鳥さんの今回のテーマにも関わるエピソードを書きます。
仁部先生のように実験をしたわけではなく、たまたまそうなったのが面白いでしょう。また観察者
が素人だから、面白い、で終わったのもちょっと残念。

では本題。10数年前、まだイギリスにいた妹夫婦を訪ねた時のことです。馬用のパドックがある
ほど広い敷地(大田舎)に小さな池がありあひるがいました。当時牛、豚、鶏を飼い、自給自足を
試していて、鶏も雛以外は放し飼いだったので、時々猫やら野生動物にやられながらも、結構たくさん
歩き回っていました。

池のあひるは卵をうんでも上手に温められず、踏みつけたりで、うまく孵化せず、放置したのもあり、
ある時間違えたか気の毒で見ていられなかったのか、鶏がその上に座り始め、やがて時満ち、たくさん
の雛が孵りました。すりこみ現象で雛は鶏を親と思い込み、その後を行列して付いて歩くという
ほほえましい光景が見られたのが、突然雛たちは親を離れ、池に直行したのです。嬉しそうに
泳ぎ回る雛を見て養母は心配そうにうろうろするだけ。水遊びを堪能した雛たちはまた養母の元に
もどってすっかり甘えています。養母の心配そうな様子がほんとにおかしく、覚えていましたが、
仁部先生の今回のテーマと一致しますね。生きていらっしゃったら教えてあげるのに。

帰ってしばらくして、あの雛たちはどうした?と聞いたら、全部猫などにやられた、と言ってました。



鳥 9 イソシギの親心 その2 投稿者:鳥星  投稿日:11月28日(木)00時23分35秒
では早速、その2を掲載します。

鳥 9 イソシギの親心 その2

鳥星:さてイソシギの巣に託されたコチドリの卵はイソシギの卵よりも早く孵したのである。その後の観察の記録は以下のようであった。なお、卵を取り替えたのは六月九日のことである。


 十一日午前八時、コチドリの雛二羽が、イソシギの卵といっしょにいるのをみた。彼らが巣立ちするまではまだまだであるが、昼間は巣の外にひそんでいる習性があるので、後刻捜索の便宜から脚に目じるしとして赤色のモスリンの布をむすびつけた。
(中略)
同十二日午前八時半ごろ、親鳥は例のはうようなかっこうで巣を去った。コチドリの雛はとみると、一羽は巣をでて汀の方向七歩(私の歩測で)の芝生に、ほかの一羽はそれよりずっと右より五歩の砂利の上にひそんでいることを知った。しかし、これは雛の位置から想像して、彼らが巣を離れて汀に向かう途中であるのではないことは明らかだ。どうやら親鳥は全部の卵がかえるのを待ち、コチドリの雛もそれにおさえられているようすである。やはり彼らは親のゆるしなしにはあこがれの汀行きを決行する勇気がないらしい。

 親鳥は巣のなかの卵をあたためるに熱心である。だが、彼女は早生まれの養子が実子に比べると体があまり小さいので情がうつらないからではない。やはり、早生まれの雛の処置にあせりながら、全部の家族のそろうのをしんぼう強く待っているのだ。というのは決してこのイソシギだけがそうなのではなく、これは雛の孵化期が不ぞろいのばあいにすべての親鳥に見られる態度であるから。
 ともあれ、コチドリの雛は離巣期がながびけばながびくほど衰弱する。また、その間にどんな故障がおこらないともかぎらない。しかも、もはやイソシギの雛の孵るのを待つ必要がなくなった。で、私は一刻も早くコチドリの雛を巣立たせるため、巣のなかのイソシギの卵を抜きとり、前と同じコチドリの巣に託した。対象物をうばわれては親鳥の愛が一方的にコチドリの雛にうつるのは当然である。まもなく親子は巣を離れるであろう。
(中略)
 私は最初に雛が本能どおりに崖下から一直線に汀へ走るばあいを想定し、協力者の須藤槻己代治氏とこの方面をさがしはじめた。といっても無論、このだだっ広い石ころの原で、あの保護色ゆたかな、体の小さい雛が見つかるはずはない。目ざすものはあくまでも彼らの脚にむすんだ目じるしで、赤い物!赤い物!と探しあるくのだ。太陽のはげしい直射とたえがたい輻射熱にさいなまれながら、崖下と汀のあいだを幾報復した。石をおこし草をわけてーーーの形容そのままに、小石の一つひとつを読むように。だが、雛はどうやらこの方面にはいないようすである。
 そこで、今度は汀にそうて約二百メートルの区域をさがした。これは雛が汀へたどりつき、一息いれてから汀沿いに移動したばあいを想定してである。しかし、ここでも妙に漂着物のうすぎたない赤い布、玩具、煉瓦、朱塗りの箸、御膳のかけらなどが目にうつるだけで、けっきょく失敗に終わった。しかも、さっきからそれとなく親鳥の動静に注意したところでは、彼らは全然汀へ立ちまわりはしない。すると、雛は本能をまげて、親鳥について丘近くの藪をうろついているか。ともかく漫然とさがしまわるよりはしばらく親鳥の行動を見ることにしよう。

 まもなく、親鳥の警戒する方向がわかった。底は崖下から上流へ百メートル付近の草生地帯に近い砂礫地帯である。ただ意外なのは親鳥の態度で、子づれの親鳥は五十メートル、百メートル遠くの滴さえも厳重に警戒するのがふつうなのに、彼らにはその熱もなく、悲しげに啼きながらそのへんをあるきまわっている。きびしい暑熱にうだってか、その態度はどこか空虚で真剣味がない。
 その方向を捜索すること十数分、ようやくまず雛の一羽を発見し、それから数分後の一羽をさがしあてた。しかし、私の不吉な予感があたって、二羽ともすでにかたい死体であった。場所は崖下から六十メートルの砂礫地、アシの短い匍匐茎がまばらに生えている地域内と、その上流約三十メートル、草生地域のアシの根もとであった。

 これで、どうやら実験の目的を達成した。やはり、コチドリの雛の汀への移動は、直接間接に親鳥の誘導を必要とすることがわかったのである。また、イソシギとちびのコチドリの雛とのあいだに親子のしたしみが成立したことも明らかである。すなわち、イソシギはわが子としてコチドリの雛に愛をかたむけ、コチドリの雛もまた、親としてイソシギについて行動したのである。もっともこれは当然のことで少しも異とすべきではないが。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
鳥星:仁部氏はこの一連の観察から、さらに鋭い分析を行い、雛の足どりと死因にせまるのである。



鳥の思い出もう一つ 投稿者:O-chan  投稿日:11月28日(木)13時09分27秒
前回書いたのと同じ時期のことです。妹たちが育てていた鶏の雛の間に2回りほど大きいのが2羽
いて、聞いたらほろほろ鳥。ホロホロ鳥の若鳥はおいしいフランス料理になるので雛を買ってみた
そうです。ところがしばらくしたらいなくなり、何のことはない、鶏とは違いホロホロ鳥は飛べる
ということを忘れていただけのこと。ちょうど食べごろだった、と悔しそうでしたが、それからしばらく
してその2羽が戻ってきました。雛用の小屋の屋根にとまり、懐かしそうにほろほろと鳴いています。

帰巣本能があるんですね。それで捕って食べたの?と聞いたら、さすがに可愛くなって食べる気が
しなくなった、と言ってました。毎日戻ってきたのが、そのうちいなくなったそうです。

田舎に住むと色々面白い観察が出来ますね。次は妹が飼っていた豚が逃げた時の話でもしましょうか。


英語表現 投稿者:O-chan  投稿日:11月28日(木)13時20分34秒
今週は鳥の話題ですでに2回も登場しているので、控えたほうがよいかな、とも思ったけど、シリーズ
は出来るだけ続けるようにしましょう。

今日はまず、例文から行きます。
He knows all the ins and outs of backpacking.

いかがでしょうか。 ins and outs は一組で名詞として使います。backpacking も面白いかも
知れません。類推すれば訳できると思うのでやってみて下さい。
じゃまた来週。


マージャン会のお知らせ 投稿者:O-chan  投稿日:11月28日(木)13時40分48秒
第一回マージャン及びブリッジを学ぶ会、を以下の要領で開きます。参加希望者は秋月、土屋、私
の誰かにお知らせ下さい。好きな時間に出入り自由ですが、予定はあらかじめ早めにお知らせ下さると
助かります。4人揃わないと出来ないゲームなので。

12月7日(土)午前10時(予定)より、田村の自宅。人数しだいで時間を調整し、来週また画面で
お知らせします。

すでに参加の意向を表明された、山下、小島、古賀(恵)、北島、古賀(和)、秋月、土屋、さんも
来訪可能な時間をお知らせ下さい。中島さんは今回鳥見(うら若い女性も混じった)で不参加。



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:11月28日(木)19時11分38秒
邦画「たそがれ清兵衛」を観ました。原作は藤沢周平ですが、三つの作を一本にしたものでした。
私は会社への往復の電車の中で文庫本を読んでいますが、妙な癖があって、気に入った作風に出会うと、ず-とその作家のものばかりを読みあさります。藤沢周平もその中の一人で、読み残した作品は無いはずです。彼の作品は短編が多く、非常に読みやすくて、何かほのぼのとした潤いがあります。
映画のほうは藤沢作品の雰囲気を良く表した佳作で、宮沢リエが江戸末期の武士の奥方を演じて、奥床しい昔の女性の美しさが際立った作品でした。

O-CHANへ
イギリスのあひるの話、母性、本来の個体の習性、そして弱肉強食の世界の凄まじさ、面白く読みました。
僕の思い出-小学校3年ぐらいだったかな?祭りの屋台で「ひよこ」を5~6匹買ってきました。
住み処の箱を作り、藁や布を集めて寒くない様にし、食べ物は何にするか、水はどうするか?いろいろと工夫をしてかわいがりました。やがて黄色だった「ひよこ」は褐色になり、大きさは昔の約4倍ぐらいになりました。ある朝 起きて早速彼らの様子を見にいくと、身体のあちこちに血を出して 皆倒れていました。ショックでした。イタチの仕業か?

今年はなんだかんだありましたが、僕にとっては結構良い年だったと思います。そこで画龍点睛・最後に一発当てようと年末ジャンボ宝くじを買いました。当たったらパッとやりましょう!



O-chan の「鶏に育てられたアヒル」の話 投稿者:鳥星  投稿日:11月29日(金)16時27分44秒
…にあった刷りこみについて

刷りこみ現象
広く知られる「刷りこみ」は動物の学習行動のひとつです。
動物の子供が外界からの刺激を受けているという成長過程のきわめて敏感な時期における学習にしばしば関係していることから、普通の意味での学習とは異なったものとして観察されます。
この現象の学問としてのとらえは古く、いまから100年以上前にさかのぼります。1873年Spalding D.が系統的な観察を最初に手がけ、孵化後二、三日の雛がなんでも動くものについて回ることを発見しました。
この刷りこみ現象を多くの行動研究者に紹介したのが動物行動学者のKonrad Lorenz(コンラート・ローレツ)です。1987年The Companion in the bird's world でよく知られるようになりました。
Lorenzは、刷りこみは他の学習形態とは異なり不可逆的なものであり、孵化直後の短い期間‘鋭敏な時期’(sensitive period)に限られて起こり、またヒナの母親選択が成長後の配偶者選択にも影響すると考えました。
さらにその後「ソロモンの指輪」(King Solomon’s Ring)を1952年に著し、これが動物行動学の原点のようにいわれています。

A.Manning著 Contemporary Biology Series: An Introduction to Animal Behavior
      培風館から「動物行動学入門」1975年
K.Lorenz著 The King Solomon's Ring
早川書房から「ソロモンの指輪」1980年 改定15刷
なお鳥の行動学についての豊富な実験観察についてはティンバーゲン(Niko Tinbergen)の動物行動学に詳しい(同題名上下巻 平凡社1982年)

附 ティンバーゲンについて
1907年ハーグ生まれ。1932年ライデン大学で学位をとった後、1949年まで同大学で教えていた。その後、イギリスのオクスフォード大学へ移り、エソロジーの学問分野を確立。
1973年、ローレンツとともにノーベル医学生理学賞を受賞しました。



たからくじ 投稿者:寫香  投稿日:11月29日(金)20時00分57秒
億円単位の当選者が504人出るという。
そんならかずばなんめぇ

「ねんまつじゃんぼのたからくじ」を買いたい。当てたい。当たりたい。
「かわなきゃあたらんたからくじ」明日は吉日か?
「さっそくかわにゃぁなんめいぇ」
「かいてぇあててぇあたりてぇぇ」



英語の答え 投稿者:鳥星  投稿日:11月29日(金)20時50分31秒
「彼はバックパックでの旅行の一から十まで全てを知っています」
はじめは「裏表のすべてを知っている」と解しました。辞書の力を借りての回答です。?

160

 

2002年11月前半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月15日(火)18時27分25秒
編集済
  .


                                    落書き帳

ここは時空を越えて語り合える広場です。 「沈黙は金」などと言わないで、日々の 心の情景や、気に入った絵や本や音楽 などの感想を、釣りやゴルフの自慢話を まっています。また自分で作曲したBGM、自慢の絵画を投稿すれば一定期間ギャラリーに展示します。投稿方法に関しては管理者までお問い合わせください。

          (下記ギャラリーは11月鳥見会で期待するオシドリの絵です)

                    

.

久しぶりの観劇、感激。 投稿者:O-chan  投稿日:11月 2日(土)10時55分43秒
昨日、北島さん御夫婦、渡辺さん御夫婦たちとこまつ座の公演を見に行きました。井上ひさしの「雨」です。私達より二年後輩、北島さんの奥さんと同期の、辻 萬長さんが演じる、2役の見事なこと。失踪中の旦那とうり二つの乞食が金と女と地位に目がくらみ、なりすまそうとするのですが、実はうまい話には大きい落とし穴が待っている、という筋。

舞台上にこの2役だけが同時に出る場面が、それも長々とあり、声は独りで、顔を見せる時は入れ代わり、と、私のようなぼんやりにはいつ、どこで全くわからない早変わり。

話も面白く、演出(木村光一)、音楽は宇野誠一郎、という組み合わせ。月末近くには佐賀でもやるそうです。佐賀の皆さんも是非見に行って下さい。楽しめる事は保証します。

とりあえず、報告。
マージャン会はお早めに申し込みを。熊井さん、椅子、テーブルの条件は大丈夫よ。どんどん言って下さい。女性も大歓迎。



鳥 7 入巣不能時のなやみ その2 投稿者:鳥星  投稿日:11月 4日(月)15時29分55秒
(鳥星 仕掛けのある巣箱:出入り口の扉から糸をひいて、開閉可能にした巣箱)

さてその巣箱は…、おあつらえむきに事務室の一側に煙突穴を代用したのを加えてつごう五つ、それがつぎつぎ利用、調査の結果いずれも産卵期である。また彼らが巣へ出入りするさいの足場は建物のほぼ中央にある廊下の屋根である。わたしは同僚の援助をえて巣箱の見える窓ぎわに陣取り、夜があけると同時に糸を引いて出入口をふさいだ。
夜間の空腹をみたすに急なためか、はじめは寄りつかなかったが、四時半ごろから親鳥は夫婦おそろいでぼつぼつ巣にくるようになった。そろそろ産卵時刻が近づいたからか。各巣の占有者が二羽づつ来て、いったん廊下の屋根におり、それからちょんと巣箱へうつるが出入口がふさがっているためか、すぐそろってどこかへ行ってしまい、しばらく来ない。時刻までまだ時間があるためであろう。
彼らの訪問時間がしだいに短縮し、はじめの二十分間が十五分、十分、五分ごとになるが、そのつど屋根から箱へ、すぐ屋根にもどってそろって跳びさるのであった。しかし時間のたつにつれて各夫婦の去来がいよいよ急になり、それからしだいにあせり気味になった。雌は屋根から箱へ、箱から屋根へと絶えず往復し、「そんなはずはない。」といわぬばかりに自分の巣箱をしらべる雄もあった。

われわれは、こうなるごとに頃合を見て、糸をあやつり蓋をあける。間髪をいれず雌が巣へ跳びいると蓋をとざした。そして5分おき十分おきに蓋をあけては親鳥が飛びだすか否かを確かめねばならぬので、こちらも見張りに、時刻の観測に、記帳にと、なかなか多忙である。こうして三親の産卵がおわった。残るのは一親だけで、彼女もまもなく巣箱と屋根のあいだの気ちがいじみた往復をはじめた。すでに産気づきもがきにもがいているのであるが、わたしはあくまで入巣をこばんだ。それは彼女がどの程度こらえうるかと、もうひとつはけっきょくお腹の卵をどうするか見たいからである。

彼女は十何回目かに屋根へもどった。と思うと、あやしいようすをするとみぬまに、彼女からなにか白いものがおち屋根の傾斜面をころっころっところがりはじめた。ああ、まちがいなく卵である。彼女はこらえたが、ついにたまりかねて、不覚にもぽろりとうみおとしてしまったのだ。
 卵は依然傾斜面をころっころっところがる。彼女は「これは!」といった表情で、卵をとめるつもりか首をのばしながら、ちょん、ちょん、ちょんとついて行くのはきのどくでもありこっけいでもあった。卵はけっきょく雨どいにぽとりとおちた。あとでしらべると、といの底が枯葉でうまっていたのでこわれなかったが、彼女はといのふちにうつり、しげしげと見ているのであった。その卵をどうするのであろうか。けっきょく、チュッチュッと二声三声のこして夫婦そろって、どこともなく去った。この出来事を息を凝らしながら見ていた同僚が私に、チュッチュッと舌うちするように啼いたのは、われわれならば「おしいがしかたがない、あきらめよう。」というのであろうと大笑いしたが、わたしには何か笑えないものがあった。とまれ私はこれによって、親鳥が入巣をはばまれると、巣の外に産みすてることを知ったのである。

鳥星:以前、それは十数年前のこと、自宅の二階の和室西側の高窓にスズメが営巣したことがある。その営巣状況と産卵の様子をつぶさに観察できた。その窓はめったに開けない窓であり、外側は雨戸、その内側はガラスの引き窓、さらに一番内側は障子という構造になっていた。ある日障子をあけると、雨戸とガラス戸の間にイネ科の枯れ草が詰まっていたのである。これはスズメの巣にちがいない。営巣状況観察のためには好都合の機会であると思い、障子の開閉をひかえた。夜間この部屋に入るとかさこそ音がし、あきらかに巣を整えている物音が聞こえた。
このときの巣材の構造や産卵時刻などを控えた野帳を探しているがいまだに見つからない。しかし記憶によれば、確かに、産卵は夜明け前後であった。



(無題) 投稿者:異風物  投稿日:11月 4日(月)22時47分58秒
先回の投稿柔らかく書いたのであまり反発なかったみたいですね。ここで大いなる反発を期待してとはまでもいかなくて、日ごろ気にかかることども
 先回社民党に投票するのをやめましょうと書きましたが、この続き北朝鮮の拉致問題についてかの党の現実認識の貧弱さを指摘したかったのです。所詮政治とはそんな高級な人間活動ではありません。いかにして人間集団の欲望がのたうちまわっている現実社会を少なくともある程度整理し秩序立てる活動の一つと考えているものです。これには鋭い現実認識能力が必要です。これがなくて自分が勝手に夢想した虚構のなかで現実を無視しマスタベーションの世界で幻想の理論を信奉しこれが正義であるとのたまわる集団がはたして政治団体として存在が許されるかという問題です。北朝鮮の全てについて全く胸糞が悪くあえて書きませんがそれでもなお、対応は冷静にしなければ、かって戦前の日本がたどったと同じ道を進まないよう危惧しています。拉致の事実はあるにせよなんとしても国際社会の常識が通用する普通の国になるようやはり対話のtableにのせるべきでしょう。最近戦前の日本の朝鮮での振舞いを思えばとの論調が盛んにありますが冷静に考えればあれは半分以上朝鮮の問題です。古い事大主義にこりかたまって新しい時代に対応しきれなかった彼らの問題だとおもいます。日本が植民地にし悪いことばかりしていたとの歴史認識がまかり通っていますが多分50%は正しところもありますが、半分は間違っていると思います。それに日本統治時代に何人の人が理不尽に殺されたのでしょうか。それよりはるか多くの人々があの理不尽な北朝鮮により引き起こされた朝鮮戦争でなくなったとおもいます。そんなことに対しなぜ誰も指摘しないのでしょうか。
 確かに日本は過去悪いところもあったでしょう現在も悪いところはあると思います。さりながらこれは全ての人類共通のこと何も日本だけのことではないはず。あまりにも自虐的な論調が蔓延しています。もっと自尊の気概があってしかるべきだとおもいます。自尊の気持ちがないとちょっとしたことで過剰反応しとんでもないことになりますよ。
 小生右翼ではありません。万世一系の天皇が統治する日本などとは一度も考えたこともありませんしそろそろ天皇制など考え直したほうがよいと思っている、現実主義者です。



読書会のご案内 投稿者:読書人  投稿日:11月 5日(火)14時14分57秒
次回の読書会を下記のように開きます。話すのはイヤだけど、飲みながらワイワイガヤガヤしたい人でもかまいません。ワイン一本持ってきて参加ください。
日時:11月24日(日)13時より2時間程度、その後懇親会
場所:田村邸
テーマ:「大江健三郎」



異風物さんへ 投稿者:ランゲルハンス島の住人  投稿日:11月 7日(木)14時53分23秒
異風物というペンネームは郷里で言う「いひゅうもん」のことでしょうか?
辞書には「異風」とは・・・普通とは違った風体、姿、やり方、風習、風俗。また連歌の付句の形
のひとつとあり、また「斜光」第二号の田辺氏の明解国語辞典には「いひゅうか」を気難しいと解
説してありますが、私の感覚ではちょっとニアンスが違います。「人と違ったものの感じ方・考え
をする人」と、或るいはそのように敢えて考えようとする人を個性派・変わり者とする意味の方が
「気難しい」より本質を衝いているのではないでしょうか。そのような個人主義の人が共同体の中
ではなかなか迎合しないので「箸にも棒にもかからない」とか、「ぎゃすぎゃすどんく」・「天の
邪鬼」などと揶揄されるのでしょう。

しかし、「全会一致は無効」とするユダヤ法の意味でもそのように異論を唱える御仁は貴重であり
ます。あるアメリカ映画で全員ですばらしい結論を承認する時一人だけ反対する老人がいました。
なぜか?彼は主張した「全員賛成では民主主義が成り立たない」!

ところで、先の同期会の箱根旅行で私に「俺は異風をモットーとする」といった、NHKドラマ:
山本周五郎:春がきた)にでているひげ面の主人公にそっくりの貴君がこの「異風物」ですか?
そして貴君の論は私の意見に近いということは、私もまた「異風者」でしょうか。



英語表現 投稿者:o-chan  投稿日:11月 7日(木)13時28分57秒
また一週間たちました。おなじみの英語表現の時間です。

今日は  also-ran というのを学びましょう。run の過去形が使ってあるけど、実は名詞。それも
人です。競技や選挙に関連してつかう名詞ですが、例文をあげるので推測してみてください。
易しそうでそうでもないよ。
She was an also-ran in the 1996 Olympic swimming try-outs. try-out は予選のことです。



反論が出来るといいな 投稿者:o-chan  投稿日:11月 7日(木)14時06分14秒
異風物さん、誰も注意を払っていないような気がするでしょうけど、そんなことはありません。ただ、
私のように時事に疎い者は、そう簡単にコメントが言えないのですよ。
反論どころか、大抵のことは初耳という恥ずかしい状態、それを告白するのもなおの事恥ずかしいの
ですが、このごろはそこら辺だけは超越しました。

歴史の評価については、似たようなことを南京虐殺について聞いたことがあります。またイギリス人
の父を持ち、イギリスで育った姪が家族と一緒にフランスに移り住んだ時、歴史のテストでひどい点をとったのは
英仏100年戦争の解釈が違っていたからでした。もちろんフランス人の手前味噌。
歴史だけでなく、立つ位置が違えば同じことが幾通りににも解釈されるケースは数多いと思います。
なにが正しいかをみるのは難しい。時が、歴史が、というけど、それすら一時的なものでしょう。
趨勢が変わればそれまで正とされたものが邪に変わる。卵はコレステロールに悪い、と言われてきた
のが、そんなことはない、よい、と変わってきている。科学は新発見に基づいているから、説得力
があるみたいだけど、解明し尽くした訳でもないし、探求に終わりがあるとも思えないから、これまた
それほど信用できない。当面そうらしい、ぐらいのもの。
こうなったら灰色でいくしかないでしょう。何も信用せず、何も打ち消さず、そういうこともあるか、
という姿勢でやっていくしか。なんか心もとない、だから絶対的なものを求めるのかも知れません。
カルトはその空隙を埋めてくれる格好のものかも。

話がまったくそれて、申し訳ない。でも異風物さん、こんな半端はコメントにめげず、どんどん発言
してください。そのうち、きちんと反論する人が現れるでしょう。きっと今その準備中だよ。



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:11月 7日(木)15時35分49秒
先週ラジオで聞いた ちょっと良い話。
40年ほど前のこと、当時私は小学校6年生で、熊本に住んでいました。
私は熊本駅近くのデパ-トによく遊びに行っては、デパ-ト主催のミニコンサ-トを見ていました
その日は強い台風が通り過ぎた直後でした。デパ-トは客も少なく、開催予定のコンサ-トは中止かもしれない?と、内心諦めていながらも、もしやとの思いで会場を見に行きました。
会場には誰も居ませんが、中止の貼り紙も無く、舞台には譜面台と椅子が4セット置かれていました。「東海林 太郎来る」という書きなぐったような貼り紙が一枚、無造作に貼ってあります。
私は、昔は非常に有名だった歌手なのに失礼だな!と思いました。
時間がきました。すると伴奏者が席に着き、続いてメガネをかけ背広をキチンと着た歌手が現れました。私は思わず後ろを振返りました。やはり私の後ろには誰も居りません。
その歌手は直立不動で歌い始めました。一生懸命・心のこもったいつもの歌い方でした。
私は手が痛くなるほど手を叩きました。するとその歌手は直立不動の姿勢から私の方へ視線を向け、「ありがとう!」と言いました。
結局コンサ-トが終わる頃には3~4名に増えましたが、東海林太郎は小学生の私一人の為に歌ってくれたと思っています。あの日の思い出は私の脳裏に鮮明に残っています。そしてあの日の情景は、その後の私の生き方に強い影響を与えてくれています。



再度、拉致問題について 投稿者:仮面ライター  投稿日:11月 8日(金)22時20分42秒
『獄中19年』(岩波新書)の著者、徐勝(ソスン)さんが『世界』11月号で、知人の在日同胞の偽らざる心情を紹介している。「拉致被害者家族の方の無念さ、悲しみ、怒りは胸に突き刺さります。同時にそれは私たち民族が奥底に持ち続けた悲しみや怒りと重なるものではないのだろうかと・・・・・・・・でも、そこに向けられる視線はなく、感情に隔たりと距離を感じています」。
日本人は、朝鮮人に対してあたえてきた途方もない痛みを、拉致事件を通して初めて知ったのかもしれない。いや知るべきなのだけれど、知ろうとしていない。
では日本が朝鮮植民地支配で強制連行した朝鮮人の数を見てみよう。労働者として鉱山や軍需工場・発電所・飛行場などの建設現場へ連行されたのは、厚生省勤労局が米軍戦略爆撃調査団に提出した報告書によると、66万7684人、大蔵省管理局編の「日本人の海外活動に関する歴史的調査」では72万4787人、朝鮮人強制連行の研究者・朴慶植氏は112万8032人(日本帝国主義の朝鮮支配)としている。また同氏は、朝鮮内の建設工事などに約480万人が強制連行されたとしている。また日本軍が性奴隷にした女性の数について(日本政府は公式には発表してないが)民間においては、8万人(「従軍慰安婦」千田夏光)、17万~20万人(「天皇の軍隊と朝鮮人慰安婦」金一勉)という数字がある。
このように植民地時代に、日本によって強制連行された朝鮮人は膨大な数になる。彼らは一切の自由を奪われ、「消耗品」として扱われ、奴隷労働を強要された。その結果、多くの朝鮮人が具体的な名さえ明らかにされずに死亡した。これらの経緯に対し50%は被支配者側(朝鮮側)にも責任があるというのは、まさに暴言であり、権力側の論理である。あたしは何も自虐的に、日本がやった過去の残虐行為を振り返ろうとしているわけではない。今回の事件で、情の論理で言えば、拉致された被害者と家族の怒り、苦しみ、悲しみを知った日本(人)は、朝鮮人に与えた被害の深刻さにも思いを馳せるべきであり、智の論理で言えば、日本と朝鮮の政府は、共に「被害者への(国家へのではない)清算」をする必要がある。北朝鮮政府は日本人拉致についての完全な解決、つまり事実関係の調査・公表、責任者の処罰、再発防止策の実地、そして被害者への補償である。一方、日本政府は朝鮮人へ行った強制連行の実態調査と被害者への補償の実地である。同時に日本人として忘れてならないのは、「日本の現代史は日本人だけでなく、多くの他民族の身体の痛みを含んでいる」という自覚である。このことは戦争というのは、いかに非人間化するかという意味も含み、もう二度と戦争をしてはならないという確認といってもいい。現在、とかくすれば有事法制などにみられる戦争時への傾斜、改憲への雰囲気つくり、教育基本法改悪など一連の動きを見るにつけ、昔の「いつかきた道」にならなきゃいいが・・・と心配するものである。特に今、好戦一辺倒のアメリカに追随するだけのノータリンな議員連中しかいない日本の政治状況を見るにつけ・・・・・・・気にかかる。ともかく政治家で、「国家」とか「愛国心」とか言う者に限ってろくな奴はいない・・・・・と思っている。そうであるのならやはり我々戦中世代(?)としては、いくらかなりとも、全国民の3分の2になった戦争を知らない世代への「非戦」へのメッセージを発していかねばならない・・・・・・・・と思うが、いかに?



反戦、非戦 投稿者:紙仮面  投稿日:11月 9日(土)11時25分18秒
私にとってとにかく戦争という言葉は恐怖と結びつきます。人間を変えて行く、というより人間の根源にある相手をうちまかし、傷つけ、従わせたい、という本能が、大義名分を与えられ愛国者の名の元で猛威を振るう、というイメージです。
個人のレベルであれば、まれにそういう固定観念をもって相手を憎んでも、当事者ですむし、まあ、因果応報といえるかも知れません。でも国となると意志に反しても巻き込まれていく、また戦うという行為が正当化されることで、正しいことをしているという錯角をもつ、またもたざるを得ない、そうでないと戦えない。

そして集団の狂気へ。いままでの歴史がそれを証明しているはず。
でも戦争はなくならない、という人がいる。この動物の闘争本能を満足させる場を作ることは出来ないのか。何十万年前、隣の部落と戦い、食料の調達の場を広げていた毛むくじゃらの類人猿から一つも変わっていない。
自分を、家族を、村を、国を守るのは当たり前、守らないのは卑怯もの、のそしりを受けるだろうし、非国民という呼び名もまだ記憶にある。戦うだけが守る方法なのか、それでは人間進化してきた意味がない。



思うがままに・・・・・・ 投稿者:読書人  投稿日:11月 9日(土)14時36分09秒
次回の読書会のテーマに「大江健三郎」をとりあげたのは、彼は特定のイデオロギーに偏るのでもなく、単なる書斎の中での作家ではなく、いっかんして言論と行動が一致してる真摯な作家であること、行動する作家としてのテーマは「反戦、反核、平和、護憲」であること、同時に障害者(自分の息子がそうであるということだけではなく)や、社会的弱者への暖かい目指しがあること・・・などです。それで大江だったら、今回の一連の拉致事件については、どのような思いを持っただろうな、と考えてしまいます。朝日新聞で、彼と著名な作家や哲学者との往復書簡が載ったことありますが、それには、今の米国の好戦的な姿勢やそれを追随するだけの日本を、歴史観や人間の進化論、経済や政治のゆがみをからめて、実に思慮深く批判してました。しかし今回の拉致問題は、色んな複雑な要件がからんでます。仮面ライターさんが言うように、過去の日本がおかした野蛮行為にも、思いを馳せよといわれても、それがあまりにも膨大な数と過去の事件ゆえ、それらへの補償と実態調査となると大変である。やはり私たちは過去を真摯に振り返り、その反省のもとに将来の日本のあり方に責任を持つ、ということではないでしょうかね。つまり平和を志向し、絶対に戦争をしないこと、いや素晴らしい憲法があるわけだから、日本の平和憲法の下、戦争になるような雰囲気や傾向には、絶対に異議を申し立て、行動をおこしていくということでしょう。
今回の拉致事件で私が思い出したのは、夏目漱石の次の言葉です。
「国家的道徳というのは個人的道徳に比べると、ずっと段の低いもののように見えることです。元来、国と国とは辞令はいくらやかましくっても徳義心はそんなにありゃしません。詐欺をやる、誤魔化しをやる、ペテンにかける、滅茶苦茶なものであります」(私の個人主義から)
確かに、過去の日本(今でもそうか?)、北朝鮮の行為、特にブッシュになってからの、アメリカの傲慢さ、まあ、もっともやったのは「国」という名での当時の為政者ですけど。
ついでに「正義」のすきなブッシュ大統領に言ってやりたいけど、ギリシャの哲学者、プラトンは「正義とは強者の利益にはかならない」と言ってるし、またギリシャの箴言には「戦争は悪人たちを除去する以上に悪人たちを作るがゆえに、悪しきものなり」とあります。



よい季節ですね 投稿者:o-chan  投稿日:11月11日(月)14時47分14秒
おとといの土曜日、ひょんなことで知り合った方に会いに狛江のほうに行ってきました。2回目で
ぜひうちに、と言われ、真に受けてお訪ねしました。
定年の夫と2人暮らしの彼女は東島靖子さんのように、着物やハギレで袋やスカーフを作り、帯で
テーブルマット、今は大島とカーテンの生地を使ってパンツも作っていて、私もスカーフと袋をいただきました。
素人の縫い目で多少曲がってはいるけど、思い切った配色と着物という特殊な材料で、楽しくうユニーク
な作品を仕上げていました。
週2回は和紙を使った貼り絵の会に行き、隔週はもう10年以上続けている童話を書く講座にいき、
今講師に薦められ、アンソロジーを応募するため、まとめているそうです。200以上の童話を
書いた、というからすごい。お孫さん相手に反応を見る、と楽しそうにおっしゃっていました。

身近にこんな人がいる、というのはとても励みになります。定年後にはお邪魔するか、来ていただくか
して、着物のリフォームを習う話がまとまっています。靖子さんのように古着を見つけて、とまで
いかなくても、捨てられずに眠っている和服を、素敵なパンツやベストに作り変え、対のスカーフで
きめて同窓会にうきうきと出かける日を楽しみに。


よい季節ですね2 投稿者:o-chan  投稿日:11月11日(月)14時55分48秒
このタイトルは、柴崎という京王線の駅から歩いて20分、大きな川(名前はもう忘れた、確かひらがな
だった)からの景色を思ってつけたのですが、話がついはずれてしまった。
きれいな流れに鴨、鷺、かもめ、それに何とからすが群れて、穏やかに、ゆるやかに動いていました。
空気も少し寒いから切れた感じで、気持ちよく、木々も赤く、黄色く、またくすんだ緑に変わり、
つい、みとれてしまいました。それを書きたかったのですが。



パラドックス 投稿者:ランゲルハンス島の住人  投稿日:11月12日(火)09時35分19秒
戦争について考えるに、人はなぜ平和を得るため武器を持って戦うのでしょうか?
武器のない争いのない平穏な生活を望むために、人を脅かす戦争という手段を用
いることに矛盾を感じないのでしょうか?これは平和のために戦争をというパラ
ドックスの罠には填っています。

また、人はすべて他の生き物を殺し、食すことでしか生命の維持が出来ないことは
実に罪深いことではないでしょうか。これはまたパラドックスの極地であり、宗教
でいう「原罪」はここに行き着く想いではないでしょうか?

このような矛盾の中でしか生存できない私達生き物であるならば、それでも「生きる」
という名分を見つけなければならないのですが、私にはまだ解答が得られないのです。



ふるさと;佐賀 投稿者:大山  投稿日:11月12日(火)22時34分10秒
11月9日~10日私用で佐賀に行って来ました。イチョウはすっかり黄色く色ずき見事でした。
佐賀までのフライト;往路は約90%の乗車率、復路は満席。ふるさと佐賀の秋を楽しんで来ました。やはり「ふるさと佐賀」は、<ほんにーよかとこ>



鳥見会案内(再掲) 投稿者:中島勝彦 投稿日:11月13日(水)16時17分35秒
いよいよ来週末です。
自然教育園では、オシドリが繁殖しているそうです。

場所柄至便につきご参加ください。
目下案内書つくり専念しています。おたのしみに。
只今の参加予定人数は8名ほどです。
お昼は森のレストランで…とおもっています。

鳥見会
○日時:11月23日(土・祝日)
○場所:国立自然教育園・港区白金台5-21-5 Tel03-3441-7176
   http://www.ins.kahaku.go.jp/HP/frame/frameset.html
JR山手線 目黒駅東口より目黒通り徒歩7分/朝香邸隣
   入園料ひとり210円
○集合場所:国立自然教育園ゲート前 午前9時
「雨天の場合は朝香邸見学に代えます」
○園内の冬鳥観察とボタニカルウォッチング、紅葉も見ごろ(ちょっと遅いかな)。
お目当てはオシドリです。
園内観察後昼食(園内に軽食レストランあり)
さらに隣のアールヌーボー様式の朝香邸・庭園美術館の見学もできます。
09:00~11:30 鳥見と紅葉狩り
11:30~13:00 昼食
13:00~15:00 朝香邸または庭園美術館(希望者のみ)

案内人:中島勝彦
オシドリMandarin Duck
アムール川、ウスリー川流域から朝鮮半島・中国南部・サハリン・日本に分布する。
全長43-51㌢。雄の冬羽が美麗なことと「鴛鴦(えんおう)の契」などの言葉で古くから親しまれているカモ。橙色の銀杏羽は第3列風切り羽が変形したもので美しい形をしています。
求愛行動は秋に始まり、ほとんどが越冬地または繁殖地に向かう春の渡りのときに番形成がなされる。一見して番とわかる雌雄2羽がよりそっているのを見ることが多いところからオシドリ夫婦のたとえが生まれました。
秋にはドングリなどの堅果類を好んで食べます。あまり長距離の渡りはしないといわれていましたが、多摩動物園で標識放鳥された9羽のうち1羽が1300㌔離れたシベリアのプリモルスキーで回収された記録があります。



英語表現 投稿者:o-chan  投稿日:11月14日(木)14時16分49秒
さてまずは先週の答えから。ちなみに応募はゼロでした。悲しい、、、。
also-ran は「失敗する」という意味です。一緒に走ったのは走ったけど、、、、というところかな。
彼女は水泳の予選であえなく敗退した、というわけです。
今週は「裏切り者」特集といきましょう。日本語では betrayer 「裏切り者」の他に「二枚舌」
という表現がありますが、同じく、二枚の、二重の、という表現であらわす語句が多いです。
double-faced, two -faced, double-talk, double cross などがそうです。面白いのは顔や十字架、話方のほかに
turncoat という表現があり、つまり、服の裏返し、それが裏切りになります。
あまり面白くなかったかな。付録にクイズをつけるね。
hit-and-run というのは野球用語にあるよね。では hit-and-miss というのはどういう意味だろう。
野球とは関係ありません。



句意図の応え 投稿者:自己流捻千家  投稿日:11月14日(木)14時59分18秒
多亡な仕510の愛間2この「樂餓鬼脹」を空けて、吸息しています。
そこで頭冷やしに解凍します。
hit-and-miss の答えはぞんざいな,いいかげんなという忌みでしょう。



超タカ派? 投稿者:今多 迷道  投稿日:11月14日(木)18時06分23秒
非武装中立論を唱える党があります。「非武装中立」何と甘い魅惑的な言葉でしょう。
しかしこの論はどの国にも偏らず、武器さえ持っていなければ、どこの国も侵略などしてこないという前提に立っています。100%の性善説です。本当にそうでしょうか?「社会に悪人など居ない、従って警察など不要である」という論理と同等の性善説です。人間はそれほど信頼してよいでしょうか?人類は物質文明は発達させてきました。それは先人の遺産を子孫に残せたからです。しかし人間性は5000年前から進歩したんでしょうか?人格者の子供は必ず人格者になりますか?親の人格は遺産としては残せない、世代が代わる度にゼロからの出発です。そして人類は何度も戦いを繰り返してきました。
かってイラクはクエ-トを併呑しようとしました。クエ-トは武装化を怠っていた為に、イラクは
簡単に踏み潰せると考えたのです。クエ-トがイラクにそう決断させる程の隙を見せたから起こった戦争です。もしクエ-トが「へんに手を出したら痛い目にあうぜ!」という程の軍備を持っていたら、イラクはそんな決断は出来なかったはずです。
今の北朝鮮、もし日本が武装もせずアメリカの後ろ盾もなければ、これだけ豊かな日本を前にして
黙って見ているだけでしょうか?拉致問題だってそうです。日本がもっと早く、領海侵犯した不審船に対し武力行使できるよう法律改定していたら、このように大量の拉致者は出していないはずです。スパイ法も持ってない日本が、北朝鮮の跳梁を許したのは、それだけの隙をみせていたからであって、当然の結果を招いただけの話です。いわば自業自得であって、今頃大騒ぎするのはおかしいと思います。鎧兜で固めた国々に取り囲まれている現在、軍事バランスを取っていないと、反って戦争を招く結果となるというのが現実であって、変な理想主義は反って危ないし、国民をそういう危険に晒してはならないと思います。
地政学的にも、日本はアメリカとロシア・中国という大国の真ん中に位置しています。もし日本が非武装中立であったとして、例えばロシアが北海道を取った場合、アメリカと中国はそんなことは止めとけ!というでしょうか?同盟国でもなんでも無いわけですから、「それじゃ-俺達も取っておかなくちゃ-損だ!」と考えて日本は草刈り場になるのが落ちです。そんな考え方はほんの100年もしない前、世界の常識だった訳ですから。中立なんて日本はできません。旗色は鮮明にしておく必要があります。それじゃ-どのグル-プにつくか?と言ったら、ぼくは一も二もなくアメリカです。アメリカにとって日本はロシア・中国に対する盾に過ぎません。どこについても同じですから、くやしいけどその地位に甘んじるしかありません。それが厭だったらまわりの大国と同等以上の軍備をもたなければなりません。その時だけ中立が保てます。いずれにしてもそれは非現実的ですから日本はアメリカグル-プとして旗色を鮮明にしておく必要があります。
それじゃ-アメリカは日本が危ない時、本当に血を流してまで助けてくれるでしょうか?疑問です。が日本には米軍基地がいくつかあります。そしてそこには数万人のアメリカ人がいます。彼らはいわば日本の人質です。人質がおれば助けにくるでしょう。それで僕は基地を早く返せ返せというのも考えものだと思っています。
しかしいつまでもこの状態が続くとも思えません。アメリカは世界の至る所に軍事力を展開していますが、永久にこの軍事力を維持することは不可能です。もうその兆候は出てきていると思われますが、盛者必衰の理なり。アメリカが日本からも軍事力を引き上げ、日本は自らの力で自分を守ってくれ!となった時、バランスを取る為、日本も核武装するのか否か?冷静に慎重に判断する必要があります。いずれにしてもその時の状況による訳で、核武装の権利は保留しておくべきだと思っています。僕も出来たらそうしたくない。
しかし僅かに希望があると思っています。グロ-バル化と言われて世界の貿易量は飛躍的に増大し
資本も互いに投下しあって、経済の網の目は世界中に張り巡らされ且つ太くなっています。その結果、国と国が争う事はあまりにも失うことが多すぎると言うことになれば、核や軍事力をバランスを取りながらレベルダウンしようという方向にいく可能性はあると思います。そうなることを心から願っています。こんな事を言う僕は超タカ派と言われています。この大人しい気の弱いこの僕が
超タカ派のはずがないではないですか?異風物さんと同じく現実派だと思っています。



お知らせ 投稿者:kazu.k  投稿日:11月17日(日)08時20分03秒
ベールギーに住んでいる同窓生、桜井利英氏のビデオ作品「インドの子供達」がカンヌで開催
されたビデオフェステイバルで入賞したとの報告がありました。今月23日の授賞式では、この
作品の紹介がありますとのことです。・・・おめでとう!!



また言わせてもらいます 投稿者:仮面ライター  投稿日:11月17日(日)08時40分14秒
 「拉致問題」について少々むきになって書いてしまって、せっかくの落書き帳をつまらなくしてしまったようで、しばらくは遠慮しようと思ってました。しかし今田さんの日本の武装化うんぬんとかの文章読んだらまたムラムラと書きたくなって・・・・・スンマヘンネ。
「非武装中立」とかの言葉、そういえば昔の社会党がよくいってたことですナ。しかしこれも「村山」のオッサンが首相になったとたん、自衛隊の合憲を認めてしまうぐらい、路線転換してしまった。現在こういうこと言う政党などいないじゃないの?共産党は戦術的に柔軟路線をとろうとしてるけど、共産主義をテーゼにしているかぎり、中立なんてありえないしね。それよりか中米に「コスタリカ」という国があるのご存知だろうか。そうまったく軍隊をもたない国。それも日本をとりまく環境と比べれば比較にならないくらい、まわりの国々は内乱や政変が続発している。いつなんどき侵攻されてもおかしくないくらい政情が不安定な国々に取り囲まれている。ニカラグア、ガテマラ、ホンジュラス、ヴェネズエラ、コロンビア・・・・などなど。もちろん日米安保みたいな軍事条約などどことも結んでないので、アメリカが助けてくれるなんて期待できない。ただこの国も15年ぐらい前までは、周囲の国々同様、内乱や政変が続出し、国力をすり減らしてしまった。その反省のもとにある時期、民意で選ばれた大統領が(すでに故人であるが、この人が偉かった)思い切って軍隊をなくし軍事予算をなくして(教育水準が低いと言うこともあり)、教育や福祉の方に向けてしまった。現在、中米では最も平和な安定した国でもある。羽仁進の孫娘だったかな2年ぐらいコスタリカに住み込んで「軍隊を持たない国」というドキュウメンタリー映画を作っていた。これみたら、日本の豊かさや便利さとは比べ物にもならないが、人々は貧しいながらも生き生きとしている。そして平和ボケしていながら、物騒なこという日本人と比べたら、何よりも「平和」の素晴らしさを大切にしている。

 ところで日本国憲法で武装化しないと言ってるのに、日本の軍事予算(防衛予算)はどのくらいあるか知っていますか。約6兆円、これは米国についで世界第二位の大きさでもある。昔の冷戦時代ならともかく、10年以上続く経済不況だというに、それに700兆円という天文学的な借金財政なのに、この防衛予算だけは減らそうともしない。あたしらに関係深い年金や医療の予算は先細りになるのは確実なのに。
 それでは最後は防衛の面だけは、米国に頼ればいいと思うのも、あたしに言わせれば(過去のアメリカがやったことを知れば)幻想である。非共産化という大義名分のために南米や中米でやった数々の拉致や虐殺、拷問、軍事的な援助、皆さんご存知のヴェトナムでもしかり、アフガンではかって旧ソ連軍が侵攻したときは、あの憎っくきビンラデインやイスラム原理主義者らをサポートし、軍事援助した。また今でこそイラクのフセインを悪玉にしたてているが、革命直後(80年)に、イランへ一方的に攻め込んだフセインに、米国は軍事援助を続け、中東随一の軍事大国になるのを手助けした。現在米国が、イラクが保有していると騒ぎ立てている生物・化学兵器はこの時期米国によって多量に売却されている。ついでに言えば、イラク以上に危険性のある北朝鮮の核武装については、話合いを続けるとしながらも、イラクにはあくまで武装攻撃しようとする意図は、米国の(それもテキサス出身のブッシュやラムズフォルト国防長官ら)石油資本の利害がからんでいるからである。正義とか自由とか人権とか素晴らしいことを言いながらも、所詮、アメリカもこの程度の品のないくにである(もちろん、米国市民のことではなく、為政者が国家の名のもとに)。また言葉じりをとって恐縮だけど「グローバリズム」とは、音楽家の坂本龍一さえも言ってるように、「アメリカナイズすること」あるいは「アメリカ経済が世界を統括すること」と(日本で今問題になってる竹中大臣などのやり方を含め)同義語(経過や流れとして)になること注意すべきである。・・・・・・・。ツイツイながーくなってしまって、この辺で終わりにします。



お初です 投稿者:sharakuse-  投稿日:11月17日(日)14時14分08秒
お初です。
今年60歳ーーいままでポワーと生きてきたきがします。
これからも、ポワーと生きていくでしょうね!
-ーーこれでいいのだ~~~~~チャンチャン
みなさまの投稿を見ていると、皆さんの超マジなことに恐ろしくなりましたよ~~~~ん。
 私はこんないい加減で、いいのでしょうか、--てね。
でも、これでイイノダ。
これでいこう!

真面目にやれーーーて怒らないでね。許してチャブダイ:コンコンチキ
よかよかーーー! (外野からの声)
ジャーこいでいくけん~~~よろしく。
ここで時間となりました。  じゃマタネーーー。バイバイ



鳥 8 帰還性 その2 投稿者:鳥星  投稿日:11月17日(日)15時10分30秒
   鳥星:さて放鳥時の様子は一様に捕獲地をめざして飛び立つのではなく、勝手ばらばらの方向へと飛び立ったのである。後は捕獲地点で目印をつけたスズメを探せばよい。とはいうものの、根気のいる観察作業であったろうと思われます。
   その後の観察記録は以下のとおりです。放鳥地点はABCDEで、放鳥地からの距離は都度しめします。

その後、捕獲地付近での観察および捕獲によって各方面から帰ってきたことを知った。
もっとも放鳥者全部が帰ったかどうかはわからぬが、B地点(6.3㌔)のものははやくも
翌朝姿を見られ、C地点(10.5㌔)とD地点(8.7㌔)のものも数日後に帰っているのを
見た。A地点(12.5㌔)、E地点(15.5㌔)のものは長いこと消息不明であった。彼らは十
キロぐらいからは帰れるが、それ以上はだめときめるのはまだ早い。恐らく羽数が少ないだけに、帰還の途中を害敵にやられたか、もしくはすでにもどっているがそれを知る機会がないか、そのいずれかであろう。

はたして十二月もなかばになり雪がふりだした時分に、スズメのよく集まる裏びさしに張ってあった網をしまいにかかると、放翔した一羽が引っかかり、すでに死んでいるのを発見した。それは偶然にもE地点(15.5㌔)付近からの帰還者であった。それも胸部の色でなしに、脚の標識でわかったのである。だからけっきょく一羽の帰還者も見ないのはA地点(12.5㌔)だけになった。
かくてこの「世間知らず」「家の中弁慶」といわれる彼らにも、先天的な方向感覚がそなわることを知った。といっても、この実験ではこれも諺どおり「スズメの三里」の範囲のことではあるが。
  (鳥星:三里は約12㌔で、実験した距離がほぼその範囲内であることから)
(中略)
とまれスズメについては、この種の問題はほとんどとりあつかわれていない。あるいは典型的留鳥にその必要もなく価値もないのかもしれぬが、しかしいちがいに、そうばかりはいえない。われわれはその価値とか成否を度外視して、この種の実験をいろいろこころみるあいだに何かしら未知のことがわってくると思う。
  (鳥星:彼のしっかりとした、実験計画とその実行力そして結果の分析力はすばらしい!)

160

 

2002年10月後半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月14日(月)11時56分27秒
編集済
  .



異風者さん、小宮さん、初登場です。
今多さんの「小話の箱」も快調です。.




佐高11期関東地区同窓会 投稿者:大山  投稿日:10月20日(日)20時32分57秒
10月19日(土)20日(日)<1泊2日;箱根仙石原>での、題記同窓会に参加。楽しいひとときを過ごすことが出来ました。「ん十年前の少年、少女」が50数名も出席。これも幹事のみなさんの御苦労があったことと大変感謝しています。幹事<伊藤、木村、中溝、土屋、秋月の各氏>のみなさん本当にありがとうございました。



同窓会に参加して 投稿者:kazu.k  投稿日:10月21日(月)09時42分31秒
幹事の皆さんご苦労さんでした。初めての一泊旅行の成功を祝します。小生、全部の同窓の方々に話しかけることが出来なかったのが残念です。なにしろ10時には布団の中でダウンしていたもんね。夜中の鼾と寝言そして歯ぎしりの大合唱は壮観(壮絶)でした。

さて、2003年は私達幹事(井上任子・小宮久美・熊井浩二・古賀和彦及び多数の準幹事)でまた楽しい同窓会を企画しますので、皆さんのご協力をお願いいたします。
まずは愉快な時を過ごせたことに謝謝!!



窓辺にて-ミニヨンの歌 投稿者:Tea Pot 投稿日:10月21日(月)14時10分11秒
ゲーテの「ヴィルヘルム・マイスターの修業時代」の第3巻の冒頭に出てくる「ミニヨンの歌」の訳でここ半月ばかり探していたものが遂にみつかった。昔親しんだ詩である。森 鴎外・堀内敬三会津八一・大久保健治などたくさんの訳がある中で若い頃覚えた訳詩はまた特別である。

Kennst du das Land, wo die Zitronen blueh'n,
Im dunklen Laub die Gold-Orangen glueh'n,
Ein sanfter Wind vom blauen Himmel weht,
Die Myrte still und hoch der Lorbeer steht,
kennst du es wohl ?
Dahin! Dahin!
Moech't ich mit dir, o mein Geliebter,zieh'n.

君よ知るや南の国
レモンの花咲き
緑濃き葉陰には、こがねのオレンジたわわに実り
青き空より、やわらかき南の風
ミュルテは静かに、ロルベ-ルは高くそびえる。
君よ知るや、かの南の国。
かなたへ、君とともにゆかまし。愛しきひとよ。
             本田 清訳



落ち着きましょう 投稿者:異風物  投稿日:10月21日(月)23時13分48秒
 箱根での同窓会、いびき、歯軋り、寝言三拍子そろって同室の皆々様に大変迷惑おかけいたしました。
 さて話は変わって昨今北朝鮮の拉致およびかろうじて生き延びられ一時帰国された方々の話でもちきりです。今回帰国された方々は強い生存への意思と信念があり無事24年間辛抱されたことと思いまったく頭が下がります。しかしある面では運がよかったとも思えます。現在行方不明のかたがたは殆どなんらかの意味で日本で話題になった方が多いようです。多分北朝鮮のなんらかの意図により抹殺された可能性が大きいとおもいます。小生が言いたいのはこれではありません。たしかに国家的犯罪により人生の大半を棒に振ったり消滅させられたりした方々およびその親族縁者にとってまことに許しがたきことではあります。しかしここで日本一億騒然となりヒステリー現象をおこしてはと心配しています。昔昔の満州と同じになります。「ここはお国を何百里、離れて遠き満州の赤い夕日に照らされて友は野末の石の下・・・・」との神話にしばられ日本は大敗北をしました。確かに生命は重いものです。しかし所詮生命であり必ず消滅します。戻らぬものをいとおしむあまり、新たに生まれる生命を、あるいは現存するあまたの生命を危機にさらすことはさけねばと思います。おそらく現在の北朝鮮をすりつぶすくらい現在の日本の経済力と軍事力をもってすればそんな困難なことではないでしょう。それでは東アシアの安定とあまたの生命の犠牲をともないます。今はなんとしてもかの国を国際的協調の場に引き出す必要があります。現在の北朝鮮の全てについてまったく我慢がなりません。それでもせいぜい金日成、金正日親子の人形に釘を打って呪うくらいにしておきましょう。それとかの国は人民のくにであり正義がおこなわれ拉致などという人道に反することを行うわけがないなどとのたまわっていた日本の政治団体がありますがそのての政治団体には今後一切投票しないことが肝要とおもいます。それとパチンコやめましょう。金正日をふとらせるだけですぞ。かくいう小生20年来パチンコやっていません。




2夜明けて 投稿者:o-chan  投稿日:10月22日(火)13時47分17秒
男性諸君の寝室は凄かったようですね。寝たころを見計らって覗きにいけばよかった。私たちは可愛らしい
スースーといういびきで、静かなものでしたよ。
お酒と歌とおしゃべりで声はかれるし、3時近くに布団に入っても中々寝付かれず、7時前に起きだし
お風呂に入り、まだしゃべり足りないとばかりすれ違う同窓生の立ち話。さすがに帰り着いたら
くたびれたね。ほんとに遊ぶにも体力を感じる年になりました。
久しぶりにマージャンも出来、楽しかった。ただ、マージャンだけをする楽しさはないのかしら。
お金をかけないと面白くない、というのは私にはわからない。お金をかけるとより真剣になるのは、
損したくない、もうけたいという別の要素が加わるからでしょう。それは確かにスリルだけど、上手下手
はスリルがなくても競えるでしょう?ゴルフとかもやっぱりお金がからむのかしら。

ポーカー、ブリッジ、とトランプゲームももちろん賭けて楽しめるけど、将棋、碁はそんなことを
すると賭け碁、とか言って蔑むでしょう。運の部分が少ない、という点以外は同じだと思うけどね。
誰かコントラクトブリッジをやりたい人はいませんか?4人いないと出来ないけれど、マージャンと
同じにある程度素人でも楽しめるし、約束事を覚えると運ではなく技術を堪能できます。教えるほど
わかっていはいないけど、本はあるし、何とオートブリッジという一人で楽しめる装置ももらって
持っています。興味のある人、どうぞ。性格は出るし、あまり本気になると喧嘩も起こるという、
本来紳士淑女のゲーム(すべて隠し事はなし)なのに、げ世話な展開もあります。奥は実に深いらしい
です。
色々サークルが出来たし、もうひとつぐらいどうですか。お金はかからないし、国際的な組織も
あるくらい、欧米では広く楽しまれています。



英語表現クイズの回答 投稿者:o-chan  投稿日:10月22日(火)13時56分31秒
クイズの回答です。
今多さん、袋やかばんの中から、ですよ。
もったいぶらないで正解。 猫です。let a cat out of the bag です。猫を隠し持っていたつもり
が、にゃーとか鳴いてジッパーを鼻で押し開け、猫が飛び出す情景を思い描いてくださいね。ありゃ、
ばれたか、という感じ。
またあさってクイズを考えるので1、2回の失敗にこりずに挑戦して下さいね。



O-CHANへ 投稿者:今多 迷道  投稿日:10月22日(火)16時45分42秒
おしゃべりのMOUTHを袋に閉じ込めていたが、うっかり口を開けたら、秘密なんてとてもとても、言いたくて言いたくてしょうがない MOUTH がやっぱりしゃべっちゃった。というイメ-ジで誰かさんを頭に置いて回答したんですが、やっぱり駄目でしたか!



誰かさんて、だれ? 投稿者:o-chan  投稿日:10月22日(火)17時58分27秒
今田さん、何かそのほうがインパクトがあるみたいね。今度使ってみましょう。
でも一つ気になる。頭に描いた誰かさんて、だれ?ちょっと被害妄想かな。とても秘密は守れない
と自覚してるから、そのつもりで漏らしてね。秘密は大好き!



チョットマテ 投稿者:寫香  投稿日:10月22日(火)20時47分36秒
イッパクドマリの同窓会、チョットマテ。
イッパクドマリデ エンカイノアトハ、カラオケG、コンダンG、ナンデンヨカG、ゲームGナドニ、ワクッバヨカヨ。 ヨクジツハ、3ッノ オプショナルツアーツキ トイウノガ、イイナ。
ヒガエリノヒトノタメニ、エンカイハ ハヤクハジメル、トイウハイリョガアレバ、ナオケッコウ。




鳥 6 親鳥は卵の大小にどう反応するか その2 投稿者:鳥星  投稿日:10月22日(火)20時52分29秒
実験結果。
ほぼ同じ大きさの卵のばあい
産卵期または抱卵期のモズの巣に、ほかの巣のモズの卵を一ついれた。これは杜鵑類からいえば、自分の卵とだいたい同じ大きさの卵を産む鳥類の巣に卵をあずけいれたばあいにあたり、仮親のがわからは、斑紋や色彩はいくぶんちがうが、自分の卵と同じ大きさの杜鵑類の卵をうけたばあいにあたる。
ところで、その結果は――。親鳥はこの、とつぜんの闖入卵を少しも気にかけず、そのままわが物としていたわるのであった。しかもこれは、たんに同種の他の巣の卵のときだけでなく、色彩のかなりちがうアカモズや、チゴモズそのほかの鳥の卵でも同じである。だからその結果だけでは、進化論の適応説とも一致するし、杜鵑類のすばらしい成功で、みごとに仮親をごまかしたといえる。

あずけ入れ卵の小さいばあい
しからば、杜鵑類が自分より大きい卵を産む鳥を仮親としたばあいは、どうなるのであろう。モズの巣に入れたスズメの卵はたちまちほうりだされ、コカワラヒワ、ホオジロ、ヒバリ、セグロセキレイなどの卵も(鳥星:これらの鳥の卵はモズの卵より小さい)枕をならべて同じ運命となった。ただ、オオヨシキリの卵でこころみた十余例のうち、わずか二三例だけは、やっとその危難をまぬがれた。親鳥は小さい卵を処分するに、熟慮も黙考もなく、すぐさま巣からすてる。(中略)巣の親鳥が、卵を巣からほうりだすのは、おそらく、小さくて貧相な、みにくいものはきらいだからであろう。だから、適応説のとおりに杜鵑類の卵は、その仮親の卵と似よりの大きさでなければ不利であるともいえる。(中略)

あずけ入れ卵の大きいばあい
最後に仮親が、自分の卵より大きい杜鵑類の卵を受けたことになぞらえたばあいはどうなるか。モズの巣にモズの卵よりひとまわり大きいクロツグミの卵をいれてみよう。潔癖家の親鳥は、巣のなかに自分の卵を圧するでっかい卵が横たわるのであるから、すぐにそれを処分してしまうであろうか。ところが意外にも、その怪物には、むとんちゃくであった。二度三度こころみたが同じ結果である。では、モズがある大きさのオオヨシキリの卵をゆるしたように、このクロツグミの卵にたいしても、寛大な態度をとっているのだろうか。そこで、いやおうなしに大きいことを見せつけようとして、クロツグミよりいっそう大きいコチドリの卵をいれたが、これにたいしても、やはり同じ反応であった。(中略)
これはモズだけがそうなのではなく、モズの卵をあたえられたオオヨシキリも、杜鵑類の仮親として、まるで経験のないコカワラヒワさえも、巣におかれたオオヨシキリの卵や、モズの卵をそのままおくのであった。ともかく、小さい卵にたいしてはこまかく神経がはたらき、目のかたきか何かのように、少しのためらいもなく投げすてる彼らとしては、あまりにちがう態度である。だが、仮親のこのふしぎな態度こそは、本問題の核心であり、問題解決の鍵ともなるのであろう。

当時の鳥学界の重鎮であった内田清之介曰く、
「氏は当代まれにみる篤学の士である。頭脳緻密にして、往くところ可ならざるはない。本来は農事試験場陸羽支場にあって米の研究を専門とし、その品種改良には偉大な貢献を残されている。鳥のほうは余技だが、これが実にすばらしい余技である。幾多の鳥類専門家が、このいわば飛び入りの門外漢に蒙をひらかれるの観を呈した。
かって私は、氏の材幹をおしむのあまり、東京のさる研究官庁へ栄転をすすめたことがあった。ところが言下にことわられた。その理由がまた簡単で、曰く、東京などへ行っては研究ができません、というのである。」 なるほど、明快な答えです。




「箱根」関東同窓会参加御礼 投稿者:K. AKIZUKI  投稿日:10月23日(水)06時54分57秒
19/20日の関東「箱根同窓会」参加有り難うございました。
関東地区同窓会としては初めての「泊りがけ」としましたので、何人の方々が参加してくれるのか推定が難しく、余り余分に予約しても保養所側に迷惑をかけるので、45名参加と仮定し4月に予約しました。
 ところが参加申込者は遠方からの5名(佐賀2名、名古屋3名)を含め男性33名、女性23名総計56名となり嬉しい誤算となりました。
 この為、洋室は3名/室・和室は5~6名/室となり、窮屈で申し訳有りませんでした。
 但、宴会での酒&歓談、カラオケ、マージャン、露天風呂 そして夜遅く迄(2:00位まで)の御喋り等と「ゆっくりした同窓会」を楽しんで戴いたとすれば、幹事にとって幸甚至極でございます。
 幹事としましては、参加者の感想が気になるところでしたが、当日には多くの方々から「非常に良かった。楽しかった。」と言って貰い、又、昨日は早速多くの御礼の電話やメール 及び 斜光ホームページ投稿までして戴き、飲み過ぎと睡眠不足による疲れも一遍に吹き飛びました。
 皆様の御協力真に有り難うございました。
         幹事;伊藤、中溝、木村、土屋、秋月 (代表投稿;秋月)




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:10月23日(水)10時02分05秒
箱根の同窓会・幹事さん達大変ご苦労様でした。夜中に不協和音をステレオで聴かされることも、足で蹴られることも無く、充分に楽しみました。その前の「ふ-けもん会」のゴルフの出来は 散々でしたが、バックティ-からのショットはなかなかの醍醐味がありました。
ところで「新宿鮫」の大沢在昌のゴルフの話。
とにかくゴルフがあまりに面白いので、私はつきあう女性にもゴルフを勧めた。好きな人と好きな遊びをすれば、倍楽しいはずだ、という理屈で。だが不思議なもので、初めのうちは”師匠”に従順であった彼女も、一年・二年と過ぎていくにつれ、なぜか逆らうようになる。ゴルフというのは他人の欠点はよく目につき、その上自分の欠点はわかっていても直せないときている。こちらの注意に最初は、あっそうか、なんてカワイク頷いていたものが、度重なるにつれ、「わかってるわよ!うるさいわね!」おっかない顔をする。だいたいが夫婦で和やかにゴルフなんて夢物語で、ハ-フも終わるころには、ろくすっぽ口もきかなくなっているのが常だ。やがてその女性を妻とするにあたり、私はある条件をつけた。それは決して私よりいいスコアで廻らないこと。たとえ十八番グリ-ンで五パット・六パットをしても、私より叩くこと。
それから幾星霜。とある名門コ-スでのこと。キャディ-が妻に言った。「お客さん、うまいわね-。あたしこんな上手な女の人についたの、初めて」「キャディ-さん、俺、俺が教えたんだよ」言った私をじろりと見て、彼女は答えた。「ああら、お客さん、教えるのは、上手なのね!」
ゴルフには色んなドラマが生まれ、これを誇張してワイワイやるのが、また楽し!




落書き帳投稿トライ 投稿者:K.AKIZUKI  投稿日:10月23日(水)17時12分07秒
以前何回か投稿したが、今回の「同窓会参加御礼」の投稿は一昨日より何回トライしても不可だったので、仕方なく古賀 和彦君へ メールで原稿を送り代行投稿してもらいました。そこで、投稿可否を確認する為、トライ投稿します。


投稿再トライ 投稿者:K.AKIZUKI  投稿日:10月23日(水)17時25分31秒
先程投稿トライした物は、すんなり投稿出来た。前回不可であった「同窓会参加御礼」の投稿時はメールアドレスをインプットして投稿してNGになっていたので、このトライはメールアドレスを
インプットして投稿してみます。




ゴルフ・マージャン談義 投稿者:月刊読書人  投稿日:10月24日(木)09時11分59秒
ゴルフについての今多さんの文章、オモシロカッタデス。それに「ふうけもん」の幹事、ご苦労様でした。
私も80年代、米国に駐在した時にやり始めてから、かれこれ20年以上やってることになるが、90台でまわれるようになったのは、比較的早かったけど、その後の進歩が全然ない。特に2年前、右人さし指の先を切断して以来、100を切ることさえ難しくなりました。しかし90年代の海外駐在の時は単身赴任ということもあったけど、よくやったなア-、年間100回ぐらいはラウンドしたかも。これだけやると、コンペや、接待、招待以外は、ほとんどは気のゆるせる友人たちとのプレイだから、上達したいと言う意欲よりも(ハンデイを減らされることでもあり)、にぎりや金のかかっている賭ごと(日本でもよくやるアミーゴ-とか、オリンピックなどの他にも、即興的なものまで5,6種類ぐらい付けて)に熱中したもの。それ故スコアカードはスコア以外の点数やポイントで真っ黒くなったものです。それに、たいして緊張感のないゴルフ遊びだから、スコアが悪くなると、おしゃべりで相手の調子を落としてやろうと思って、またワイワイガヤガヤ・・・・・。
以下はラウンド中のおしゃべりのいくつかを(思い出すままに・・・・・)
1) ゴルフの腕はたいしたことないけど、女性の話ともなると、俄然雄弁になるAさんへ、私「Aさん、あなたのゴルフと掛けて、何ととく。不倫願望者ととく。・・・・こころはわかる?」Aさん「わかんねえー何だい」私「自分の思うようにはいかない」
2) ゴルフをしながらも「結婚とは?とか人生とは・・・・・」とかやたらと深刻なノウガキをたれるBさんへは「人生不可解、されどゴルフまったく単純、要するにカーンと打って、スコーンと入れればいいのよ。人生の複雑さよりも、いかに簡単にしてホールに玉を入れるかだよ。結婚だって恋愛だってそうだろ?」
3) 私がボールを打つ前後に、よくあーだ、こーだと指導したがる(私とスクラッチで勝負してるくせに)Cさんへは皮肉まじりに「オレの好きな言葉知っている?『汝自身の道を歩め、そして人の語るにまかせよ』ということ」(これはゲーテかダンテかの言葉だったと記憶している)
4) ブラジル娘大好きなDさんへの私の助言。
「ゴルフでボールを打つコツは、要するに腰をうまく使うことだよ。ちょうどDさんが大好きな恋人を抱くときのように、腰を中心に据えて、やさしく、強く、激しくたたく。そして精神を一点に集中させて、相手(ボール)を打つ瞬間、心身ともに一体化していく。たたいた時の感触がよければよいほど球は(恍惚状態になったように)遠くへまっすぐに飛ぶ・・・・・
イヤ-だんだんいかがわしくなってきました。この件はこの辺でやめます。
ところでO-Chan,
私、マージャン大好き人間、この駐在期間中もマージャンできる友を3人集めては、GMといって昼間はゴルフ、夕方からマージャン(深夜からナイトクラブかカラオケというケースもあったけど)をやり、ゴルフに負けた場合はだいたいマージャンでとりかえしていたヨ。私が思うに、ゴルフは実力8分ツキ2分、しかしマージャンは実力4分、ツキ6分といったところかな。
我々の年齢でマージャンやるメリットはボケ防止になること。品川区ではうるおい塾というのがあって、金のやりとりのない中高年者対象の「健康マージャンクラブ」というのがあって、男性よりもご婦人方で大盛況だとのこと。
我々も同窓会のなかでの8番目の同好会「健康マージャンクラブ」を立ち上げましょうか?それとも、イヤやはりやるからには、賭け事OKの「不健康マージャンクラブ」がいいかな?
恵義さんもいかがですか??????。この指止まれ・・・・・・・・・・・。



たくさん書きたい! 投稿者:o-chan  投稿日:10月24日(木)11時27分25秒
先週、今週と、様々な話題で書きたいことが一杯。でも長いと半分しか読まないよ、などと眉をひそ
める人もいるから、抑え目にしましょう。

まず北朝鮮拉致問題。
新聞をとっていないし、寮にはテレビもないから必然世の動向に疎い。ダイアナ妃の死も4,5
日知らなかったくらい。だからきっと聞き漏らしがあると思うけど、「異風物」さんの言う、拉致され
る理由があった、というのは本当ですか。
かねがね、どうしてそんな普通の人をさらうのか、どうせなら曰く付の人の方が利用価値があるのに、
と疑問に思っていました。きっとまだまだ知らさせていないことが多いんでしょうね。例えば、なぜ、
今ごろ事実を明らかにし、帰国許可を与えたのか、日本人の反感を煽る結果は見えていたでしょうに。
それとも国交正常化の切り札と思ったんでしょうか。国の事情は様々、日本も前は似たようなことをして
いたかも知れないから、偉そうなことは言えないけれど、無差別とすればあまりにも気の毒。
でも毎回のことながらマスコミの取り扱いには辟易しています。知性が見られない。


たくさん書きたい2! 投稿者:o-chan  投稿日:10月24日(木)11時49分06秒
第2弾!
鳥の卵について。
どうやら鳥は種の保存に忠実で、大きい卵ほどその確立が高いと判断するんじゃない?小さいと生き延びるのも大変だし、厳しい自然の摂理の中で弱い子供に費やす手間を避けるのかも。
人間も流産、早産は異常児の場合が多い、と聞くよね。私の推論当たってますか。

自分の卵に大小はあるのかな。売ってる卵はもちろん大、中、小、とあるけど、これは親によってサイズが違うのか、それとも同じ親でもその時々で大きさの違う卵を産むのか、鶏の場合は一日一個だからまた別かな。
一つお願い。忘れっぽいので鳥を漢字で書かれると、続きが読めない。一文で最初は漢字でよいから、その後
カタカナにしてくれる?ちょっと恥ずかしいけど。


たくさん書きたい3! 投稿者:o-chan  投稿日:10月24日(木)13時47分21秒
3番目!
読書人さん、マージャンの会発足の呼びかけ、即乗ります。ただ現金のやり取りは自分が浅ましく変貌するのを見られたくないので、現物、皿洗い、トイレ掃除、肩たたきなど、色々考えようよ。

一円でやろう、と提案したら、あの秋月さんに、そんな面白くないマージャンはいやだ、とにべもなく断られ、そんな事言うならもう触らせてやらない、といきまいたら、文句たらたら何回かやってくれた。
やっぱり人間の本性はこんな時に現れるんだね。その上やり始めたら見てられない面々が後ろから色々アドヴァイス。それも面白かった。

数回やって代わったけど、最終結果はどうやら西村さんが勝ち、心優しい篤さんは負け金を請求しない
まま、引き上げたみたい。

マージャンの人数が揃ったら、ブリッジもやってみない?マージャン並に面白い。ただ、これは運は本来関係ないゲームです。大会では同じ手札で別グループがやり、その技術を競うくらいだから。
今はとにかく下手だけど、そうと決まったらファミコンのソフトで練習するから大丈夫。
じゃ楽しみにしてるからね。場所はうちでよいよ。道具はないけど。


英語表現 投稿者:o-chan  投稿日:10月24日(木)14時05分57秒
やっと本題、英語表現。
今日は果物で勝負。

レモンのような爽やかな君、というイメージは日本で、英語の世界では当てはまりません。
レモンは酸っぱい、というだけ、不良品、つまらないもの、というイメージです。それでは問題。
この反対で素晴らしいもの、はどんな果物でしょうか。やさしすぎるかな。

前に出したplum は掘り出し物、的な感じでしたね。投稿待ってます。




おしらせ 投稿者:小宮 ひろゆき  投稿日:10月25日(金)23時16分11秒
渋谷雄三くんが佐賀へ里帰りします。10月31日葉がくれそうにて歓迎かいを催します。参加できる方は会費5000円午後6時半よりです。小宮百草園のホームページをつくりました。まだ未完成ですが、佐賀の薬草がいっぱいです。興味のあるかたはどうぞ見てください。




こんちゃん久しぶり! 投稿者:古賀和彦  投稿日:10月26日(土)07時33分28秒
そちらを発つ時、挨拶もろくろくせずに上京して申し訳ありません。
それでもその前日玉屋の店へ行ったんですが留守でした。それから丁度2年経ちます。
ホームページを見ましたがまだ未完のようで、メールの部分が作動しませんでした。色々話したいことがありますので後ほど下記へアドレスを教えて下さい。

渋谷君によろしくお伝え下さい。今回の「斜光」に原稿依頼し、「香水」の
専門知識を投稿してもらいましたので・・・。




英語表現の答え 投稿者:鳥星  投稿日:10月26日(土)09時27分34秒
That's peach.
それは桃です。
正解でしょう?



鳥 6 親鳥は卵の大小にどう反応するか その3 投稿者:鳥星  投稿日:10月26日(土)10時16分23秒
「杜鵑類(とけんるい)は自分の卵より小さい卵を産む仮親の巣へ托卵し、仮親は(鳥類は総じて)小さい卵を排斥し、より大きい卵をうけいれる」という事実をいくつかの鳥について確認できた。そこで仁部富之助は再び仮親をわずらわして「仮親と杜鵑類」の間柄がどうであるのかを明らかにしようとした。
ふたたび仁部富之助「野の鳥の生態」から

それならば、彼らはどうして自分の卵より小さいものは、少しのためらいもなく処分するが、反対に大きいものを愛撫するのであろうか。
それについて、これまで次の一説がある――杜鵑類が小禽類を仮親とするのは、彼らは自分の卵、またはより小さい卵は嘴でくわえて巣からはこぶことができるが、大きい卵では、それが自分のものでないと知っても、それを捨てるだけの力がなく、やむなくそのまま巣におくのである――と。(中略)
小禽類が他の鳥の大きい卵をそのままにおくのは、はたして彼らにその卵を処分する力がないための泣き寝入りか。あるいは彼らは大きい卵にたいして、特別の関心をもつのではないか、それをたしかめるため、ふたたび仮親にきいてみよう。
抱卵の中末期に、モズの巣の全卵とオオヨシキリのそれとをおたがいに入れかえた。モズの親鳥は、自分の卵にくらべて、より小さい卵をうけ、オオヨシキリの親鳥は、より大きい卵をあたえられたのである。そしてモズは自分の卵ではないと知ってか、まもなく巣を見捨てたが(鳥星:突然卵が小さくなったから巣を放棄した)、一方のオオヨシキリはなんとおもってか、そのまま抱卵をつづけた。また同じことをクロツグミとモズの巣でもこころみたが(鳥星:クロツグミの卵がモズのそれよりもひとまわり大きい)、このばあいもやはり小さい卵をさずけられたクロツグミは抱卵をやめ、大きい卵をえたモズは、いとも満足げに巣につくのであった。

このふしぎな親心は、雛のばあいも同じであった。わたしはスズメについて孵化後およそ五日目の雛のある甲の巣と、同じ三日目ごろと思われる雛の乙の巣との中身を入れかえた。
すると、大きい雛をえた乙の巣の親鳥は、いまのいままで愛撫してきたわが子の大きさを忘れたように、嬉嬉としてすぐさま餌の給与をはじめるのであった。が、一方の甲の巣の親鳥は、雛の大きさが急にかわったのをいぶかるように、あわてながらしげしげと巣に出入りしたが、餌をやるようすもなく、翌朝雛の死とともに姿をけした(鳥星:巣を放棄した)。

いったん小禽類の親鳥の卵の大きさについての関心がこれだけわかれば、杜鵑類の卵と仮親の卵との大きさの問題は、しぜんと解決する。種族継承のただ一つの手段として他の鳥の巣に卵をあずける杜鵑類の親鳥は、その卵を仮親に見やぶられることをおそれるのは、とうぜんである。だが、そのあぶなかしさがあればあるほど、卵のあずけいれは、しぜんでなければばらぬし、また卵の入れ方に、むりがあってはいけない。さらに仮親には、無謀な干渉には巣を見すてる奥の手があることも警戒を要する一つで、暴力沙汰や押しつけは、彼らにとっては、ぜったいに禁物であり、愚の骨頂である。

他力本願の杜鵑類は、もとよりこのことを知らぬはずがない。この点から考えて、小禽類が杜鵑類の卵をそのまま巣におくのは、決して彼らにそれを処分する力がないためではなく、もちろん、彼らが仮親どもの無力につけこんで、自分の卵を押しつけるものでもなく、両方の関係はもっともっと有機的であることが明らかとなった。

こう煎じつめてくると、杜鵑類がより小さい卵の小禽類を仮親とすることは、もっとも賢明で、もっともぬけめのない小鳥の親心の利用といえる。彼らが自分と同じ大きさの卵の仮親をもとめても、さほどあやしまれはしないが、より大きい卵をあずけいれる方がかえって仮親によろこばれるのみか、たとえ寄生的繁殖のため体のわりあいして小さい卵を産まねばならぬとしても、その大きさをある程度に――少なくとも現在の大きさに――たもつことは、さらにさらに有利有意義である。というのは、彼らの卵が、もしも、もっとも多く利用する小禽類の卵と、同じ程度まで小さくなっては、卵をあずける鳥の種類を限定する愚におちいるからである。

(鳥星:つまり、仮親と同じくらいの卵であれば、種としての仮親は限定されて、その巣を見つけるチャンスが少なくなる。小さめの卵のある巣に托卵すればよいということは、何種類かの小鳥がその仮親となることが可能であり、あずけいれる巣の数は増え、繁殖のチャンスは増大する、ということになる。 なるほど…。)




間違いました 投稿者:古賀和彦  投稿日:10月26日(土)13時28分10秒
こんちゃん、渋谷雄三君を渋田正幸君と勘違いしました。
自分では惚けてない積もりですが、そろそろ始まりましたか?
百草園のお世話になる時も近いのでは・・・。



「拉致」問題(1) 投稿者:仮面ライター  投稿日:10月28日(月)00時05分48秒
ランゲルハンス島の住人さん、以前の掲示板で、大変に身に余る言葉にあずかり、小さくなっています。けど決して「自由と正義」のために飛び回っているのでなく、毎日毎日、煩悩に支配されながらも、日々をつつましく生き延びているしがねえヤクザなモンでござんす。社会への問題意識などあろうはずがなく、しいてあるとすれば、体制や権威に従順になれない単純なアマノジャキといった方がいいのかもしれません。
さてこんなことはドーデモいいのですが、O-Chanさんや異風物さんが「拉致」について書かれてたので、あたしもちょっと書きたくなってしまいました。
拉致された5人の帰国によって、この問題に対するマスコミの報道が一段と過熱してます。5人の方々には久しぶりの日本なのでもうちょっと静かにさせてあげればと思うのですが。
先月17日の日朝首脳会談で金正日が「拉致」の事実を認め、謝罪すると同時に「8人死亡、5人生存」と回答したこと、そしてその死亡理由が不可解な点が多かったため、それ以降日本では激しい反「北朝鮮」キャンペーンが続いています。昨年9.11以降のアメリカにおける「報復」という名の攻撃的ナショナリズムの蔓延を彷彿させる状況にあるみたいです。当時アメリカでは、武力行使に異議をとなえただけで教授が大学を追われ、反戦の呼びかけをしただけで、学生が退学処分になったこと。自由と民主主義の理念が比較的行き渡っているアメリカでさえこうなのかと思ったものですが。先日の朝日新聞の「ひと」の欄で載っていたけど、永六輔が自分のホームページに“小泉さんに金正日が拉致の事実を認め謝罪した時には、小泉さんの方だって「昔日本も同じような悪いことをしました」ぐらいは言ってもよかったのでは”と書いたら、ものすごい反論のパッシングが(電話やファックスも含め)あったとか。確かにあたしも、この拉致の事実を知ったときは、「極悪非道、言語道断な破廉恥行為、」とどんな言葉でもいえるような、ましてや国家犯罪ということは明らかなので、責任者の処罰、賠償や生存者の帰国と死亡者の具体的な経過報告の要求、それにこの問題が解決するまでは国交交渉などやるべきではないと思ってました。しかしよくよく冷静になって考えてみると、日本でも、過去拉致に等しい非人道的な野蛮なことを、今回とは比較にならないくらいに大規模にやってたわけですな。植民地化時代の当時の日本人為政者による暴虐無人な統括、その後の数十万人に及ぶ日本への(軍需工場や炭鉱労働者として)強制連行や慰安婦への拉致、連行。確かに当時は戦争時代、日本がやったのは戦争という非常時ということでいくらかの免罪符をあたえることができるというのなら、北朝鮮が拉致した70年代というのは、北朝鮮と韓国軍事政権との間では一触即発の緊迫関係があった。つまり北朝鮮側から言えば戦争状況にあり、対韓国工作のためなら、過去の多大な加害者である日本から(国交があるわけでなし)わずか数十人規模の拉致ぐらい・・・・・という気持ちがあったのかもしれない。現在韓国に亡命している元北朝鮮工作員が、インタビューに答えてそのようなことを言っていたし、対韓国工作を日本経由あるいは日本語ができるメリットを最大限生かせるためにも、日本人の拉致が必要であったのでしょう。(次のページへ)


「拉致」問題について(2) 投稿者:仮面ライター  投稿日:10月28日(日)
そして今回帰国された5人の方、国家と政治に翻弄された24年間のこと思うと、同情の念以外になんら言葉も出ないが、それでも今は生活には困っていないこと(現在北朝鮮では800万人が飢えに苦しんでると言われている)、党員バッチをつけていること(共産主義国家では党員になれるのはごく一部のエリート、子供まで含め高級官僚なみの待遇を保証される)などから推察するに、北朝鮮では比較的早く自らの置かれた環境や立場に諦念したこと、国家権力に従順であっただろうこと・・・・・しかし亡くなった8人の方々は、得体のしれない国へ拉致されたという自分の運命を受け入れることもできず、国家権力へも素直になれず、結局は自死か権力から抹殺されるかのどちらかだっただろうと・・・・・・思わざるをえません。
それにしても連日の5人の方々への報道の過熱ぶりは異常ではないかと思う。それにあたしは北朝鮮という国家、あるいは金正日(人相からして閉鎖的な国の独裁者という顔をしている)には、心情的には憎悪以外何も感じないが、かって日本の為政者のために北朝鮮から強制連行(拉致とかわらない)された本人や家族の方たちの当時の悲しみや苦しみ、絶望感などの思いはどんなだったろうかと想像してしまう。特に今回帰国した5人の日本政府やメデイアからのモテモテぶりに比べれば、過去の自分たちの恨み・つらみを誰にぶっつけることも出来ず、歴史の流れのなかにうずもれていった北朝鮮や韓国の被害者の怨念は・・・・・・・・と。今回の拉致事件だけを取り上げて反「北朝鮮」キャンペーンをマスコミがやればやるほど、何か違和感を覚えるのです。
それとついでながら「異風物」さん。北朝鮮と友好的関係を維持し、過去「拉致」を認めなかったある政治団体(多分社民党のことでしょう)を批判されてるが、あたしに言わせればちょっと的がはずれていると思う。同じイデオロギーを信奏していながら日本共産党とは国際共産主義の路線の違いから北朝鮮労働党とは仲が悪く、ほとんど交流がなかったように、社民党とは(あたしはこんな党はどこかの野党に吸収されればいいと思ってる位で)、北朝鮮労働党と表面的な関係だけでほとんど実態も実績もない。しいて言えば社民党のほうで、(ほかの党がふりむきもしない国なので)自己PRのために“唯一北朝鮮とは友好的、関係がある党”と言ってたふしがある。北朝鮮の労働党からみても社民党など政権党でもないし、何か利用したくてもできない、たんなる表面的な、そちらさんが友好的な関係であろうというのなら、それでもかまわない程度の関係だったと思っている。それよか日本の政治や外交を戦後ずっと担ってきた政権党の自民党や外務省こそ、その無責任さと怠慢さを糾弾されれべきだと思ってます。80年代から、理由もなく行方不明になった人たち(今回の13人)は北朝鮮に拉致されたのではと、(80%以上の可能性として)言われていた。しかし国交のない国だからという理由で、ほとんど外交努力をしてこなかった。積極的になれなかったのは、先にあげた植民地時代の圧制と強制連行という負い目もあった。しかし真剣にやろうと思えば、中国、ロシア、ヨーロッパや東南アジアの一部の国々(北朝鮮と国交のある)を介して、もっと早くアプローチできたはずである。90年初め、やっと金丸訪朝団が北朝鮮に渡ったが、ご機嫌とりに行ったくらいで、拉致問題は話題にさえのぼらなかった。逆に多量の援助米を約束させられて帰ってきた。
 スンマセン、少々長く書きすぎました。要するにあたしが一番いいたいのは、金正日のような独裁者はほおむられてもかまわないけど、拉致、拉致と騒ぎ立てるのなら、過去何十万の北朝鮮の無名の人たちが、同じような被害に会ってること、日本人の13人と同じように彼らの怨念にも思いをつうじてほしい事、同時にきっちりと日本も過去の国家犯罪について認めること・・・・・これを言いたいばっかしに、貴重な掲示板の画面をよごしてしまいました。




鳥見会 投稿者:中島勝彦  投稿日:10月28日(月)15時59分09秒
鳥見会
○日時:11月23日(土・祝日)
○場所:国立自然教育園・港区白金台5-21-5 Tel03-3441-7176
   http://www.ins.kahaku.go.jp/HP/frame/frameset.html
JR山手線 目黒駅東口より目黒通り徒歩7分/朝香邸隣
   入園料ひとり210円
○集合場所:国立自然教育園ゲート前 午前9時
「雨天の場合は朝香邸見学に代えます」
○園内の冬鳥観察とボタニカルウォッチング、紅葉も見ごろ(ちょっと遅いかな)。
お目当てはオシドリです。
園内観察後昼食(園内に軽食レストランあり)
さらに隣のアールヌーボー様式の朝香邸・庭園美術館の見学もできます。
09:00~11:30 鳥見と紅葉狩り
11:30~13:00 昼食
13:00~15:00 朝香邸または庭園美術館(希望者のみ)

オシドリMandarin Duck
アムール川、ウスリー川流域から朝鮮半島・中国南部・サハリン・日本に分布する。
全長43-51㌢。雄の冬羽が美麗なことと「鴛鴦(えんおう)の契」などの言葉で古くから親しまれているカモ。橙色の銀杏羽は第3列風切り羽が変形したもので美しい形をしています。
求愛行動は秋に始まり、ほとんどが越冬地または繁殖地に向かう春の渡りのときに番形成がなされる。一見して番とわかる雌雄2羽がよりそっているのを見ることが多いところからオシドリ夫婦のたとえが生まれました。
秋にはドングリなどの堅果類を好んで食べます。あまり長距離の渡りはしないといわれていましたが、多摩動物園で標識放鳥された9羽のうち1羽が1300㌔離れたシベリアのプリモルスキーで回収された記録があります。




とりあえず英語表現の正解 投稿者:o-chan  投稿日:10月28日(月)17時30分40秒
鳥さん、正解!!!
桃が素晴らしい人につける果物の名です。皆さんの感覚ではどうですか。やっぱり桃?それともイチゴ?メロン?ちなみに例のいちじくはいわくつき、ということもあり、あまりよい意味はありません。

マージャンについては思いがけないところから、波紋があり、よい方向へ発展しています。詳しいことは明日。今日は学生集めにでかけ、くたびれたので。



窓辺にて-詩人の友 投稿者:Tea Pot  投稿日:10月28日(月)18時18分15秒
詩ははみ出し落ちこぼれのものだ

とK氏から借りた本にあった。
強い人を単純だとせせら笑い、成績のよい人を点取り虫だと陰口をいい
負け惜しみに耽る。同人誌とはそういう傷のなめ合い、慰め合うもので
なかろうか・・・と杉山平一は書いている。

敗れた者でなければ
友ではない
虐げられた者でなければ
味方でない

押しのけ進む者は
旗とともに去れ
・・・・・・・・

声たてぬすすり泣きこそ
われら詩人の味方なのだ

       丸山 薫 「詩人の友」より




落書き帳について 投稿者:kazu.k  投稿日:10月29日(火)10時53分20秒
この落書き帳の読者が増えました。毎日40近いアクセスがあり、これは「斜光」第7号発行
にともなう効果だと思われます。

読者のみなさんへ
各氏の力作に恐れることなく、誰それの消息はとか、この事について教えてとか、まずは挨拶
程度の自己紹介からでもよく、投稿されることを待っています。
力作を載せる常連も最初はうぶでその程度から始めました。今は目も眩むような論をはり活躍
されています。




楽しく読んでいます 投稿者:o-chan  投稿日:10月29日(火)13時24分12秒
午前中入試の面接と授業を終わり、今ゆっくり画面を読んでいるところです。「目も眩むような」は眩んで訳がわからない、という場合もあるから、それも含めて恐れるに足りない、ということでしょう。

「斜光」も実に充実して、足元にも及ばないから投稿しにくい、とおっしゃる方もあるでしょう
が、書くことさえあれば、何の問題もない。とつとつ、皮肉混じり、淡々、しつこく、論理的、感情的、延々、など、その人の個性が出て、それが楽しい。
ただ、書く事がない、となると、そうはいかない。レポートの題で四苦八苦するのは学生時代で十分、今更そんな真似は、と思いますよね。でも好奇心はこれからうーんと大事になる要素だと思います。

老人で生き生きと暮らしている人は例外なく、皆好奇心旺盛。今までやったことのないこともきっかけがあればやってみよう、という軽さがキーワード。すべき、とか努力とかはもう重くてもてない言葉。やってみようか、あら、だめだった、でいいじゃない?それがこの年まで持ちこたえてきた年寄りの特権じゃない?
という訳で皆様のしかめ面も遠まわしの諌めもものとせず、、その特権を謳歌しています。ただ、
共有出来れば心強く、失敗を恐れない仲間を求めています。古賀恵義さんのボケぶりも、一人でぼけたら怖いよね。複数の経験談を聞くと、まだ人並みかな、と安心。どちらかといえば、素晴らしい、他に真似の出来ない論壇より、低(失礼!)レベルの共感がほっとする。そう思って意図的に低レベルに展開しています(エヘへ)。
やっぱり長いと読みづらいから、ここでやめて、次はマージャン情報。


この指止まれ 投稿者:o-chan  投稿日:10月29日(火)13時51分39秒
同窓会でのマージャンの件で秋月さんをからかった文を載せて、名誉毀損で訴えられるかな?と2,3日心配していたけど、本人はよく読まなかったらしく、僕の本名出てたっけ、の程度。
また、当日はけんもほろろだった彼が実は心優しく色々画策してくれていたことが判明しました。

読書人さんから健康マージャン会の提案があったころ、期せずして土屋さんから電話があり、私の”遊んでくれない”ごねぶりを目撃し、遊んでもらえる程度に上達させてあげよう、という相談が秋月さんとの間にまとまった、との報告がありました。秋月さんからは”飲みながらだよ”という条件ももちろん付いてたけど、遊んでもらえるなんて有難いことです。
例によって我が家で、北島さんから道具は借り、同時に希望者には関東同窓会の出し物ミュージカルに備えてのプロによる発声指導を計画したい(これは有料)と思っています。素敵なアリアを聴きながらのゲームは格別でしょう。
人数制限があるので早めに申し込んでください。メールだと確実です。




アクセスカウンターの容量が気になる人 投稿者:kazu.k  投稿日:10月30日(水)09時04分43秒
このまま大勢の読者が毎日アクセスするとカウンターの桁数が足りなくなるのではと心配になって計算してみました。

一日のアクセス数を:         40と仮定
カウンターの許容数: 10,000,000
現在のアクセス数 :      2,593
       10,000,000-2,593=9,997,407
        9,997,407÷  40 =  249,935.175(日数)
          249,935÷ 365 =     684.753424(年)

アクアセスカウンターも後680年は大丈夫とわかり、これで安心しました。
とまあー・・・このような益もないことに興味を抱く毎日であります。

おまけ:記事の訂正など出たり入ったりしていましたところ、きりの良い
    2600番目のアクセスになりました。



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:10月30日(水)11時58分29秒
先週に続いてゴルフの話。
文壇でもゴルフの付き合いは色々あるようでして、その中の一つ。
大岡昇平は他人のゴルフに関して、大変意地悪な皮肉屋である。年中その毒牙にかかっていたのが吉川英治・獅子文六・石坂洋次郎さん達であった。はたから見ているとどうも弱いものいじめに見えた。
ある日風呂にはいっていると、突然凄まじい音がして、誰かが叫びながらそれもスパイクを履いたまま風呂場に乱入してきた。「おい!昇平いるか!どこにいる!」吉川英治さんであった。
「おい!ざまをみろ!お前じゃなしに、この俺が優勝しちまったぞ!」
吉川武蔵、まさに天敵小次郎を袈裟懸けに切り倒した気分だったろう。

もう一つ。大晦日、川奈の富士コ-ス、優勝してすっかり御満悦の吉川先生、終日相好を崩しっぱなしであった。一夜明けて翌日元旦になってもその気分が続いていた。「おめでとうございます」
「いや!ありがとう!」「おめでとうございます!」お!女中さんまで祝ってくれるのか!「いや!ありがとう!」「おめでとうございます!」「ありがとう!」?????????。

更にもう一つ。やはり吉川さんの話。この日は吉川さんチョロにつぐチョロで散々!
オ-バ-ドライブしていた奥さんが「あなた!そのボ-ルを私が打ちますから、あなたは私のをお打ちになって!」むっとした吉川さんが「無礼なことを言うな!老いても俺は武蔵だ!」一喝したそうな。このあたりは案外意地悪な大岡さんの創作かもしれない。




マージャンの会の連絡先 投稿者:o-chan  投稿日:10月30日(水)13時49分59秒
先日呼びかけて、メールで連絡ください、と書きながら、アドレスを忘れました。

tamuram@rio.odn.ne.jp か、職場の mtamura@kanto-gakuen.ac.jp のどちらか、または両方に
ご連絡下さい。5、6人で締め切り、その後日時の調整を個々に行います。よろしく。


!? 投稿者:鳥星  投稿日:10月30日(水)15時27分40秒
kazu.kさん。
アクセスカウントの心配…。心配性だね。



鳥さんへ 投稿者:kazu.k  投稿日:10月30日(水)17時12分15秒
鳥星さんのアクナキアクセスが心配で・・・。杞憂に終わりましたか。
45億年後の地球は太陽に飲み込まれて消滅・・・これも心配で眠れない。
ヒルティの「眠られぬ夜のために」でも借りて来よう・・・と。



鳥 7 入巣不能時のなやみ その1 投稿者:鳥星  投稿日:10月30日(水)20時08分45秒
鳥星:産卵期に何かの事情で入巣できないときは、巣外へ産卵せざるを得ないのは当然のことである。野外でそのような卵を発見することはよくある。
今、我が家の桜草の植木鉢にひとつの卵がある。いずれは他の動物の餌になるのであろうと放置していた。すでに3ヶ月を経過したいまでは雨露にさらされて真っ白となっている。我が家に営巣した鳥はスズメ、キジバト、シジュウカラ、ヒヨドリの4種である。
さていったいこの卵をどの鳥が産み落としたのか?

仁部富之助は、「入巣不能時のなやみ」と題してスズメの巣外産卵についての実験を行っている。これを以下紹介しましょう。

巣外産卵について
野外巡視のさい、ときおり地物の上などに小鳥類の卵のころがるのが目に付く。それもある種の鳥の卵だけではなく、私の記憶にのこるものだけでもセグロセキレイ、モズ、ヒバリ、ムクドリ、カワセミなどをかぞえる。(中略)
しからばこれらなぞの卵の正体は何か。たぶん巣外産卵、すなわち親鳥が産卵時に何かの事情のため巣にはいれず、まごまごする間に産気づき、こらえにこらえるあいだに、不覚にもつい地物の上にうみおとしたものか、あるいはくるしまぎれに異種の巣にすわりこんだのであろうと想像される。
だが、私には長い間、その真偽を確かめる機会もなく、また産気づいた親鳥がどの程度こらえうるかをも知るべき術がなかった。が、たまたまスズメの正確な産卵時刻を知るためにこころみた簡単な実験によって、その一部のなぞをときえたのである。

スズメの産卵時刻は季節によりちがうが午前中、それも朝である。もっとくわしくいうと、私の観察地秋田地方では四月下旬の一例は五時十分から同三十分のあいだであった。また五月下旬の数例では少し早くなって五時前後から六時までに終わり、七月下旬の一例は五時ごろといったように五時前後から産み始めるものとしてまちがいない。(中略)

まず実験の操作と方法からいうと、巣箱の前面の差蓋(さしぶた)、出入口に糸を引くと自由に開閉するように小板を取りつけた。朝早くその小板で出入口をふさいで親鳥の進入をはばみ、産卵時刻になると五分ないし十分ごとに戸をひらき、親鳥が飛び込むとすぐに戸をとざし、また五分か十分たつとひらくのである。

鳥星:さて彼(仁部富之助)はこの仕掛けのある巣箱をどのように利用したのでしょうか。次回その2をお楽しみに。




英語表現 投稿者:o-chan  投稿日:10月31日(木)14時19分10秒
今週もばたばたと一週間が過ぎ、またこの日がやってきました。

今日は和製英語を少し解明してみましょう。日本語の特徴として、長いものはどこかで切ってしまい、中にはきったものを2つ繋いだり、片方は日本語、もう片方は英語とか、かなり複雑な語形成をしています。何も考えてやっている訳ではなく、いい加減で言い易いからというのが、いかにも日本人らしい柔軟さです。

私のアメリカ時代の友達で、”Where is a dennwa box?" と聞いて、きょとんとされた話が語り草になっています。つい、出てきますよね。

マスコミ......mass communication=大量の通信
セクハラ......sexual harrassment=性的な嫌がらせ
リストラ......restructure=再構成する、組織変えする(直接首にする、という意味はない)
の3つ、皆さん原語とその意味をご存知でしたか。
たまには日本人の感覚の良さを買われ、逆輸入された言葉もあります。

野球のナイターは当たり前の様に使われていますが、実はこれは和製英語。英語では day game,
night game といいます。あまりに普通に使われるせいか、アメリカでもこのごろはナイター、と
言い始めたという話も聞きます。言葉は流動的でその時々の情勢を反映する面白い文化です。空気
と同じように生まれた時からあるような、、、でもまだまだわからない所が多いのも、空気と同じ。
ではまた来週。。

152

 

2002年10月前半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月14日(月)09時46分35秒
編集済
  .


                                       落書き帳

ここは時空を越えて語り合える広場です。 「沈黙は金」などと言わないで、日々の 心の情景や、気に入った絵や本や音楽 などの感想を、釣りやゴルフの自慢話を まっています。また自分で作曲したBGM、自慢の絵画を投稿すれば一定期間ギャラリーに展示します。投稿方法に関しては管理者までお問い合わせください。

                      (下記ギャラリーはインターネットの世界で遊ぶイメージフォトです)

          




さあ!再び始動開始です 投稿者:kazu.k  投稿日:10月 1日(火)11時56分48秒
1ヶ月間の「夏ばて休息」も終わり、エネルギーも蓄えて再始動です。
留守の間、皆様の健闘ぶりを拝見し我が同胞は健在なりとの思いを強くしました。いささかその力作に参入するにはしんどい思いですが、自分は自分なりの世界を創りましょう。

このホームページも試作・試運転して1年、本格的に認知してもらうため新しいホームページをと努力していましたが、なにせ素人集団、タイムスケジュールの甘さを露呈して、完全にはリニューアルできませんでした。引き続きこれから粘り強く順次改良をしたいと思います。

たかが同人誌されど同人誌。きっちり吉兵衛の如く些末な規則にこだり窮屈に生るより、後半生はそれらに縛られない融通無碍の世界で遊びたいと考えます。




窓辺にて-「ミニヨンの歌」 投稿者:Tea Pot  投稿日:10月 2日(水)15時05分29秒
ゲーテの「ミニヨンの歌」を見つけた。「ヴィルヘルム・マイスターの修業時代」の第3巻の巻頭に載せられているのだが、それは私の覚えている歌詞ではなかった。
訳者によってこうも違ってくるものか・・・。それぞれの訳はもはや別のものに見えてくる。「君よ知るや南の国 オレンジたわわに実り花はさける」の訳者は誰でどの詩集なのかまたも迷路にはまってしまった。
たとえば赤井慧爾訳では

「あの国をご存じですか」

あのくにをご存じですか、レモンの花が咲き、
暗い葉かげに黄金のオレンジが燃え、
穏やかな風が青い空から吹き、
ミュルテルは静かにそして月桂樹は高くそびえています。
あの国をご存じですか。
あそこへ、あそこへ
あなたといっしょに、ああわたしの愛しい人よ、行きたいのです。

そして森 鴎外訳では

「ミニヨンの歌」

「レモン」の木は花さきくらき林の中に
こがね色したる柑子は枝もたわわにみのり
晴れて青き空よりしづかやかに風吹き
「ミルテ」の木は高く
くもにそびえて立てる国をしるやかなたへ
君と共にゆかまし

「君よ知るや南の国 オレンジたわわに実り花はさける」はどこいった?




久しぶりの英語表現 投稿者:o-chan  投稿日:10月 2日(水)15時18分53秒
長い試験休みの間、家での書き込みは面倒でついさぼってしまいました。でも誰も気がつかなかったかな。
まあ、そんなもんでしょう。もともと自分の楽しみに始めたもの、読んでそうか、と思っていただければよいです。他にらくちゃんのようにもっと適任者のいるから、そのうちバトンタッチしましょう。

さて今日は    D&O  何でしょう?

これは  day one の省略で、この形で使うこともあります。わかる人はいるかな。
クイズ形式もよいかと思ったけど、誰も反応してくれないと、これもちょっと悲しいしね。今日は
答えを言いましょう。クイズ形式に賛成の方がいれば、ぜひ申し出て下さい。

I don't believe him from day one.
We'll have to start over from day one.

初めて会った時から彼の話は信用してなかった、もう一度最初からやり直ししないとだめだね。
のように最初、初日、という意味です。

来週から普通の勤務形態です。またきちんと毎週やりましょう。
それとつけたし。先日西村篤さん夫婦のお世話で茸狩りに行きました。中溝夫婦も参加で、今回
は彼らがその顛末をここに書いてくれることになっています。今文案を練っているところでしょう。
期待して待ってまーす。楽しかったよ。




Wow! 投稿者:鳥星  投稿日:10月 2日(水)16時45分47秒
この落書き帳のStyleは進化しましたね!
BGを作曲する人、だれかいませんか?
管理者へ連絡すれば、この曲があなたの曲になるかも?




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:10月 3日(木)11時58分37秒
昭和天皇のエピソ-ド(ある侍従長の話)
*侍従長になりたての頃の事、庭園に雑草がボウボウと生い茂っている。これは何ということだ!
私は早速庭の手入れをさせた。奇麗になった庭園を眺めて満足していると、陛下のお呼びである。陛下「何で庭の草をカットしたのだ!」「はい 雑草が生い茂って あまりにもみっともないものですから!」「雑草という草はありません、どんな草にも ちゃんと名前が付いています。こん度からは こんな事をしてはいけません!」
陛下は名にし負う 植物学者である。冷や汗たらたらだったそうである。

*大きな台風が沖の永良部をかすめて 東支那海へ抜けていった。私は何の気無しに「台風が九州を通らずによかったですね!」と言ったら「何を言うか!沖の永良部がやられたではないか!」

*陛下の筆記用具を見て驚いた。消しゴムは小さな丸になっているし、3~4CMになった鉛筆にはキャップが付けられている。竹製の定規は擦り切れてしまっていたのである。

*陛下の所には 陛下の署名を求めて 内閣の書類が頻々と送られてくる。
陛下は高熱でウンウン唸っている時でも、ガタガタ震えながらも 筆で必ず署名されていた。
ご高齢でも とにかく代理が居ないのである。
天皇は4~5歳になられると親元を離れ 帝王学の教育をほどこされる。昭和天皇は 乃木さんの
スパルタ教育が 大きく影響していたのでは?




鳥5コチドリその1 投稿者:鳥星  投稿日:10月 3日(木)22時40分17秒
この鳥シリーズは8回目?コチドリについての記述は長いので2回に分けます。
相変わらずナガーイですが、コンキヨーク読んでください。

コチドリは主に川原の礫混じりの砂場に巣をつくる鳥です。この鳥の卵は4個で、しかも一卵の大きさが親鳥の体重の1/5というばかでかい大きさです。
さらに営巣方法がかわっていて、産卵期間中に造巣をつづけるという変わり者です。
仁部富之助は、このでかい卵をどのようにして、完成後の巣の上にちゃんと並べおくのか、これを簡単でかつ独創的な方法で解き明かした。

(さて、)
コチドリの構巣工事はその過程から、二期ないし三期にわけることができる。だが、ここでは便宜上三期としよう。
第一期工事は基礎工事で、まず適当の地をえらんで穴、すなわち地窪を掘ることである。四月中下旬ごろに、川原の高地の砂礫の上をさがすならば、すぐにそれが発見される。その地窪はもちろん親鳥が掘ったのであって、彼らはこの土木工事の道具に翼をつかい、堅くしまった砂や小石をぽりぽりかきおこすのである。しかし、ここで観察上すこしこまることは、親鳥は地窪を一つだけ掘るのではなく、ふつう二つか三つ、ときとしては数個もおなじような穴をつくることである。
(中略)
コチドリの親鳥はこの基礎工事がすんでも、すぐに次の工事にとりかからぬばかりか、ほとんどそれによりつきもしない。はなはだ奇怪な態度である。しかし、二三日のちに地窪のどれかへ、とつぜん卵を産みはじめる。むろん荒掘りの穴の中に卵をそのままおくので、はじめて見る人は、これがはたして正常の産卵かどうかをあやしむ。
第一卵の翌日は休産し、その翌日に第二卵がおかれる。けれども、工事は、いぜん休止のままで、二つの卵は秩序なく巣によこたわり、昼はかんかん日に照りつけられ、夜は露にぬれて、かぎりない大地の冷却にさらされ、風のため砂塵をあび、たまたま雨がふれば見るかげもなく泥や砂にまみれる。ずいぶん無頓着な親鳥である。
第二卵の翌々日に第三卵を産む。すると、このころまでほとんど巣によりつかなかった親鳥は、急にそわそわした態度になり、悪夢からさめたように、あわただしく、また工事に着手する。これが第二期工事である。

第二期工事。この工事期の仕事は地窪のなかに小石や植物の破片などの内部材料の搬入である。親鳥はこれらの材料を河原の方々から、あのちいさい嘴で拾いあつめるのであるから、なみなみならぬ苦労で、しかもこの工事期間はみじかく、労働時間も日中にかぎられる。かつ第一卵から第三卵までは一日おきに産むが最後の一つは第三卵の翌日である。
(中略)

第三期工事。最後の第四卵を産みおとすころには、材料はこびの仕事も大いにはかどって、いよいよ第三期工事にうつる。そしてこの工事はもっぱら巣のしあげで、四つの卵をきっちり形どおりに配置して、安定させ、すっかり卵が整頓するが、それらは短時間にやすやすと手際よくはかどり、ここに産卵と巣の完成とが前後しておわったのである。

鳥星:卵を産んでから第二第三期の工事をおこなえば、卵は巣材に埋もれてしまうのではないか。しかしちゃんと十字花状に、卵の尖った方を中央にして、しかもどのような方法で後に搬入した巣材の上に整然と並べるのか?
仁部富之助は、彼らはどのようにしてこのような状態にするのかを様々な経験と観察から推論した。そしてその推理の正しさを以下の方法で明らかにしたのである。
(鳥5 コチドリその2 へ続く)




新しい投稿者歓迎!! 投稿者:kazu.k  投稿日:10月 6日(日)22時41分12秒
「斜光」第7号もすでに手元に届いている方もあると思います。そこで紹介されました「斜光」ホームページへようこそ!!

「斜光」の誌は年に一回のおつきあいですが、ここでは毎日の意見交換の場で、すでに一年の試運転期間にこのようなたくさんの楽しい付き合いをしてきました。はじめて「落書き帳」を開いてくださった皆様も大いに落書きをしてください。一番下の欄の管理者をクリックすれば自分の原稿の修正・削除が可能ですので、恐れることなく書き込んで下さい。まずは勇気をだしてなにげない日々の感想から・・・。




アクセス回数が益々増える!! 投稿者:kazu.k  投稿日:10月 8日(火)10時26分54秒
この落書き帳へのアクセス回数が増えました。
昨日までは1日せいぜい15回、今日はグッと増えて28回であります。

LOTO6で初めて1000円当たりました。そのうちウン億円当てるからね。
もしその夢が叶えれば河口湖畔に梁山泊を開設するから期待してくだされ。




東風鳥? 投稿者:o-chan  投稿日:10月 8日(火)14時13分39秒
コチ鳥の由来は?とにかくどんな変わり鳥も、それがやっぱりちゃんとした意味を持つ行動をしているんだなあ、と判ると面白いよね。この仁部富之助さん、て、どういう人なの?まさか勝っちゃんの別名じゃないよね。多分きっと説明してくれたと思うけど、読み損なったか、忘れたか、このごろどちらかも定かでなくなってきたよ。

もう一度紹介してね。斜光の発売と同時に新人読者も多いと思うから。でも表現がのどかでゆったり、興味深々の構えが浮かんでくるね。
和さんも1000円おめでとう。私は毎週スクラッチを買い、電車の中で楽しみにがりがりと鉛
の粉をけずり落としています。今までの最高はやっぱり1000円。いつも200円5枚、1000円分買うけど、何にも当たらないということは一回だけ、10回以上買ってるけど、100円、500円、と当たってます。でももとは取れていないけどね。まあ、パチンコより損が少ないかな。でもこれも今後は2週間に一回にしようと思ってます。先を考えて倹約しなくちゃ。




只今開講中の鳥の著者 投稿者:鳥星  投稿日:10月 8日(火)17時01分49秒
このシリーズのはじめに紹介しました「仁部富之助」について、再掲します。
ご参考までに。

仁部富之助「野鳥の生態」

「陸羽132号」という名前の冷害に強い稲の品種があります。これにより東北地方における稲作は安定しました。これは品種改良の歴史の中で画期的なことでした。この品種の作出に貢献した仁部富之助。彼は在野の野鳥研究家でもありました。

著者は明治15年12月15日、秋田県由利郡岩城町に生まれる。明治34年3月、後の秋田県農業学校を卒業し、花館村(現大曲市)の農商務省農事試験場陸羽支場に奉職。
明治40年前後は、東北地は気候不順による凶作が続き、東北の冷害がようやく問題となりはじめたころでありました。
陸羽支場ではその対策に腐心したが決め手がありませんでした。富之助奉職10年目のころです。彼は冷害に強く収量の多い稲の品種改良に従事しました。
山形の篤農家が作出した「亀ノ尾」は美味と多収穫で、秋田の醸造米としても知れ渡っていました。しかしこれが冷害に弱い。これに強靭な雄性を、奨励品種5百品種から選出する作業が続き、選ばれたのは米質の悪い「愛国」。これ以降は系統分離種法というやっかいな作業を経てようやくこぎつけた人口交配は大正2年のこと。
人口交配。「亀ノ尾」の雌しべに「愛国」の花粉を振りかける作業、わずか2日の作業で富之助は5キロも体重が減ったそうです。
さてこの交配株から得られる籾粒は20-30粒と期待していたのですが、わずか2粒でした。この2粒があの有名な耐冷害品種「陸羽132号」です。

著書「野の鳥の生態」全5巻。大修館書店発行。これを1981年9月購入。1951年(昭和26年)光文社発行の全集「野の鳥の生態」3巻のうち上中の2巻を見つけたのは1987年11月でした。
鳥見を始めた当時、鳥のファーブルと評される彼の観察力、発想、実験計画、工夫、忍耐、洞察力に感嘆しました。

今、しばらくぶりでこの著を読みかえしながら、いくつかを紹介し、私の体験も付け加えて、身近な鳥の世界をシリーズでお伝えしようと思います。
 次回以降ご期待ください。




今週の感想!!! 投稿者:o-chan  投稿日:10月 9日(水)10時47分26秒
鳥さん、早速ありがとう。記憶があるようなないような、、、

でもやっぱり大した人ですね。何であれ、生き物に対する熱中振りがすごい、だからこその根気ある観察でしょう。その間頭の中をめぐる思いがまた、ユニーク、表現も同じ、思わず、にやっと笑ってしまう。鳥がはねながら、または飛びながら、こうした様々な行動をとっているところが目に浮かぶ描写です。

今度、それぞれの鳥を写生したものを、一緒に乗せてよ。風景ももちろん、素敵だけど、やっぱりその姿を見ながら想像したほうが、楽しいもの。お手数だけど、写真よりやっぱり手描きの絵の方が味があるし、このホームページの華になるよ(もちろん他の試みが新たに出るまでの話)。

小箱さん、天皇制賛否は置いて、天皇も人、それも重い債務を生まれながらに担ってき人なんだ、
と何か気の毒な気もする。ちゃらんぽらんに生きることは許されないものね。債務と関係ない自然の生業の中で、一つ一つの命を慈しんだ気持ちもわかる気がします。自分の一言で何千万の人の命が左右される立場にいた訳だもの。
中にはルイやルードヴィヒの様に権力を十分発揮して、好きな様に生きた人もいるだろうけど、
悪名高いように、小数でしょう。

小学校の授業の中で「大きくなったら何になりたい?」という、ごく普通の、よくある問いかけに、「自分は天皇になる」と答えた、という話を何かで読んだことがあります。夢と可能性は無制限であるはずの子供時代でさえ、彼には一つの道しか見ることは許されなかった。もちろん、見方は様々で私のように否定的にみる必要もないかも知れない。でも自由が何より欲しい我侭な私には、気の毒としか思えません。
ゲーテの翻訳、これから図書館で調べてみるから、まっててね。

このようにこの場の書き込みで色々な思いが沸いてきます。皆さんありがとね。ボケの進行が少しは抑えられるといいけど。

初めてアクセスした仲間へ。
臆せず、何でも書き込んでね。むかついて反論するかも知れないけど、それも面白いでしょう。
恐ろしければ面白いペンネームでどうぞ。それを考えるのも楽しいよ。どんどん変えて気に入った名に落ち着くまで思いつきで作ってみたら?私もこれからいくつか考えます。




日本人のノーベル賞受賞 投稿者:大山  投稿日:10月 9日(水)21時52分26秒
昨日、今日と2日続けて日本人のノーベル賞受賞のニュース。明るい話題の少ない昨今、何となく嬉しくなります。
これから秋本番というこの時期に、早くも来年の手帳をあるところから頂きびっくりしています。




仮面の告発 投稿者:仮面ライター  投稿日:10月 9日(水)22時17分40秒
千代田区が10月1日より、歩道での歩きながらの喫煙を禁止しましたネ。タバコの大きらいなあたしとしては(と言っても若いときはヘビースモーカーだったけど)大歓迎の規制ですが、当日区へこの件での電話での反響はいくらか賛成より反対の声が多かったとのこと。
 さてこの歩きながらの喫煙、事務所での禁煙が増えたのか、ここ2,3年やたらと歩道での喫煙が増えたとは思いませんか?この情景に少々頭にきているあたしとしては、街中を歩きながらタバコを吸ってる連中見つけると「あぶねーな、あのタバコの火を対行者に触れたらこいつどんな謝り方するだろう」と思いながらも、タバコを持ってる手に向かってわざとすれすれに、すれ違って歩くようにしている。そうするとほとんどの男(もちろん女もだけど)タバコ持ってる手を胸元に上げるか、太ももの前にもってくるか、逆に後ろのお尻の辺に隠すようにするか・・・である。やはりそれなりに対向者には気をつかっていることがわかる。
 ところが、ところがでがす。一週間ほど前、こんな災難があたしにふりかかってきたのです。それは朝の通勤時のこと、朝寝坊をしてしまって遅刻するかしないかの時刻だったので(いつもは駅から事務所までゆっくりと歩くのですが)通勤者を追い越しながら歩を速めてると、前に3人の若いもんが(ひとりは茶髪だけど3人ともサラリーマン風)並んで狭い歩道をゆっくりと歩いている。「しょーがねーな」と思いながら、いくらか隙間のある二人の間を通りぬけようとしたとき、茶髪の男の手にあったタバコ(あたしはタバコを持ってるとは知らなかった)があたしの手にもろに触れてしまたのです。いつもような身構えてたら「アチチイ・・・・・・・・・・・チイチイ・・・・・ヒエーヒエー」とわざと大きな声をあげたのでしょうが、なにせ咄嗟のことだったので「アチチ・・」で終わってしまった。それでも
茶髪の男「アー、すんません、すんません」。。。と二度謝ってきた。それでいつもの思いもあり、ここで弱みを見せては男がすたる・・・とは思わなかったけど、強気になって「だいたい歩道でタバコ吸いながら歩くとは、ほかの歩行者に危ないとは思わないのかよ、今治療代をよこせとは言わないが、もし痛みがひかないときは医者へ行く。念のためあんたの名刺をくれ」・・・・・と。そしたら、隣の若い男が「おっさん、あんたの手、よーく見せてくれ、そんなに医者にいくほどのことか」
あたし「なんだと、おっさんとはなんだ!よーく見ろ、たいしたことか、たいしたことでないかは、あとでわかる。」すると今度は3人目の男が「オタク(こんどはオタクときた)だって、何も言わずに間を通り抜けようとしたことも、いくらかは悪いのでしょう」
あたし「こちらは急いでるのに、路いっぱいに広がってゆっくりと歩いてるのが悪いのじゃ、なんやったら警察にでも行って決着をつけてもらおーか」(日頃は、警察とは国家権力の犬だなんていってるくせに、我ながらいい気なもんである)
少々強気なこと言いながらも、内心は急いでいることでもあり、どこらへんで妥協しようかなとも思っていた。それに正直にいえば、もし万一なぐりあいにでもなれば、1人対3人、圧倒的に不利である。ましてや「仮面ライター」なんていっても、もともと小心者で、腕力にはあまり自信がない。強いて言えば、通り過ぎながらジロジロと見つめていく歩行者は、絶対にあたしの味方になってくれることを期待できるだけである。
それから二言三言、言い合いになったが、結局、当事者の茶髪の男が「名刺は勘弁してください。ただ携帯電話の番号と名前をおしえます」ということで妥協した。あたしも色々と言ったてまえ、あまりメンツもつぶさず、イヤミだけいって別れることもできた。
ところで、その後、タバコの火の触れた箇所はどうなった?ですって・・・・・いや、その時だって、たいしたことないと思ってたのですが、事務所についたら、痛みもなくなり、一日たったら黒ずんでた部分もすっかり消えてしまいました。




フィリップ゚・マーローの捜査日記 投稿者:ランゲルハンス島の住人  投稿日:10月10日(木)10時54分00秒
久しぶりの「仮面の告白」・・・おっと間違いました、「仮面の告発」でした。そのうち三島由夫に劣らない「告白」も聞けることを期待します。

しばらく投稿が途絶えていたので、てっきり仮面ライダーに変心し、自由と正義を守るべくこの地球上を飛翔されていたのでしょうか。変心は必ずしも恥ずべき行為ではありません。「君子は豹変す」とよい意味を表す中国の諺もあります。

私にはその仮面の下の顔が気になります。社会にたいするなみなみならぬ問題意識と鋭い筆鋒はただ者ではないと考え、はたして彼は誰だろうと興味をそそられます。先の投稿で大手に勤めていて今は中小の子会社というヒントを読みとりましたが、それ以上の推測と決定的な確信を与えない見事な仮面ぶりを賞賛します。

これからも続々と「仮面Rider」・「仮面Lighter」・「仮面Writer」
氏の投稿を期待します。




英語表現復習編 投稿者:o-chan  投稿日:10月10日(木)11時19分37秒
さて大分お勉強をしていただいたので、復習の意味で和訳の問題を出します。どのくらい覚えてい
るかな。古賀恵義さん提唱?のボケ戦の一助として、張り切って取り組んで下さい。名訳、迷訳、
命訳、鳴訳、どれも歓迎です。


I heard so much of his famous brainchildren from one day I joined this company several
years ago. He also often gave good face-lifts to our sales plans every season successfully.
We all got green with envy and tried to steal his brainstorms.
But now he is a has-been. He does only busywork, buttonholing anybody nearby to
tell his success story and show him/her how to find a plum. One day, he almost
got fired because he was caught with a smoking gun when he was moonlighting at his
old flame's shop during his workhours.

プリントアウトして辞書を片手に秋の夜長を楽しんでくださいね。
私も十数個の例をうまく混ぜた文を作るのに、結構楽しんだよ。

仮面ライターさん、偉い!私は陰口専門で、表に出るとつい、「すみません」が出てきます。
じゃまた来週。来週からはまた新しい言葉を学びましょう。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:10月10日(木)15時44分25秒
昭和天皇のエピソ-ド(2)
安田講堂での警官隊と学生との攻防には、当時日本中が興奮の「るつぼ」と化した。時の警察庁長官(と思うが?)後藤田さんは 天皇の御下問を受け、状況説明を行った。専ら警察側の被害状況等をお話したら、(天皇)「それで 学生達の方は どうだ!」「学生達の方も重傷者は 出しておりません!」と答えると、「おうそうか! それはよかったのう」。陛下が警官隊も学生側も全く同列に見ておられるのに「ハッ!」としたそうである。
「天皇は我々俗人とは全く視点が異なっているのだ!」と、しきりに感心していたそうである。

戦後占領軍として日本に乗り込んできたマッカ-サ-に対し、天皇は敗戦国の国主として、自ら赴いて会見された。翌日の新聞にマッカ-サ-と天皇とが並んだ会見時の写真がのった。
そこには颯爽とした背の高いマッカ-サ-と彼の肩まであるかなきかの 小さな冴えない天皇が写っていた。国民はこの写真一枚で、日本が敗れたことを、改めて思い知らされたのである。
しかし会見の模様は、予想されたものとは少し違ったようである。
「私はどのようになっても構わないが、国民は救って貰いたい!」。いきなりこう切り出した天皇に、マッカ-サ-は一挙に好感と尊敬の念を感じたらしい。その事を物語る証言や文献は多々あるが、その中の一つ。

1946年、女性に参政権が与えられて39人もの女性議員が誕生した。加藤シズエはその女性議員を代表してマッカ-サ-に会っている。
マッカ-サ-は軍人的で堅苦しく威張ったところは微塵も無く、大きな笑顔を見せて、社交的で快活且つ親しげに話してくれたそうである。
「天皇裕仁のような立派な人物は珍しい! 自分を犠牲にしても平和を願っていた」「戦争責任を一身に被ると言う陛下の真摯な発言に、私は非常に感銘した」「歌を詠んだり 絵を描いたり 動植物を研究したり、大変な文化人である。あの人物が健在なら国民はついてくる。そう考えて私は天皇制を存属させることを決めました」そう言ったそうである。




鳥5 コチドリ その2 投稿者:鳥星  投稿日:10月12日(土)14時42分29秒
鳥 5 コチドリ その2

鳥星:さて、彼はどのような方法で、その営巣方法を確かめたのでしょう。それは次のとおりです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
そこで、私はふと思いつくままひとつの実験をやってみることにした。それは第二期工事中の巣の材料の上に、その材料と一見して見わけられる色の小石のいくつかをおいて、その小石のゆくえを観察し、それによって一部の目的たっした。で、以下予備的に実験する巣の適否や、材料の上におく小石の大きさ、光沢および形状にたいする親鳥の好悪を十分にしらべあげたうえでのこころみのひとつを述べよう。

巣は自然のままでは地窪が小さく、したがって内部材料の分量も少なく、十分に親鳥のはたらきを見ることはむずかしい。そこで、ます抱卵期――第三期工事がおわったばかり――の巣の内部材料をのぞいて、地窪の大きさを適当にひろげ、底にうすく材料をしいてその上に卵をもどし、あらかじめ準備の赤煉瓦をくだいた小さいかけら二十個をその材料の表面に点々とおいた。これで作業がおわった。これは巣を第二期工事にはいってまもない状態にもどしたのである。

この児戯に類する操作のこころみを実験観察というのは大げさであるが、私はこうして親鳥のはたらきを見ようとするのである。すなわち彼らの第二期工事がたんに地窪をうめたてて、つぎつぎはこぶ材料を、上へ上へとつみあつめるのであれば、煉瓦のかけらは、たちまちその下づみになってしまうはずである。だが、想像どおりに、親鳥がくわえてくる物を卵の配列をととのえるため、材料の中へ中へとさしこむのであれば、煉瓦のかけらは工事がすすんでも、いや、巣ができあがっても、つねにその表面に浮かびでていなければならぬと考えるからであった。

ところで、赤煉瓦のかけらは――。二日のちには親鳥の不墝行不屈の努力によって、内部材料は早くも地窪の大半をうずめてあった。そして煉瓦のかけらは―― 一つ、二つ、三つ・・・・二十個全部が高まる材料の上に浮かぶ。やはり推量が適中したのである。そしてその翌日には巣は完成にちかく、その表面の煉瓦片は十七個。さらに二日ののちには十六個で、このときまでに四つだけが材料におおわれたのである。だが、その四つはすぐに浅い表層の材料のなかから発見された。

要するに、コチドリのこのふしぎな構巣習性は、卵を安全に配置するための必要からであった。これは危険な砂礫地の繁殖者として、種族保存上もっともかしこいやりかた、われわれの驚嘆おくあたわざる卵の保護策である。

鳥星:嘗て私の住む団地にまだ造成中の広い埋め立て地があった。その埋め立てにもちいられた土砂は礫が混じる赤土であった。雑草が生えはじめのころでその背丈は低く、かつまばらで、ちょうど川原の態であった。そして、2キロほど離れたところに入間川が流れている。
ここでコチドリを観察。もしや巣があるのかもしれないと思い、丹念に探した結果、四卵ある巣を発見。その構巣の過程を観察したかったが…。雛は無事孵った。
そのかわいい雛の写真は寝室の壁面にいまも架かっている。

次回は再びあのカッコウの卵の大きさについての話です。




窓辺にて-村上春樹のワンダーランド 投稿者:Tea Pot  投稿日:10月14日(月)09時49分34秒
きのう夜中、村上春樹新作の「海辺のカフカ」上下巻を読み終えた。「カフカ」と自称する15歳の主人公の少年が、父との確執の生活に見切りを付け、幼少のころ彼を捨てて出ていった母の姿を求める旅に出た。

しかしこの作品にたいして私には少々物足りない思いが残った。空想、メタファの世界を通して何を描きたかったのだろうが、枝葉末節が多くそれらの物語が主題へどのように関連しているかが判然としない。

彼の作品では「ねじまき鳥クロニクル]、[世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」が双璧であると私は思う。とにかく村上春樹は物語の作りが実にうまい。井戸の中や地底の部屋や山奥の村といった現実の生活から隔離された舞台装置において真実を求めて思考する主人公の個としてストイックに生きる謎に満ちた不思議な世界を描いていく。

私は彼の著書のように、その内容が人生に深く関わるかどうかはともかく、読者のある種の想念をかき立てるものが良い小説だと思っている。最近は良い音楽を聞いて、静かな美しい森の中、小川の流れ、なだらかな丘陵、湿原の花々などを想起するように、自分の想念を拡げてくれる物語が少なくなったように思える。




下手な翻訳休むに似たり!! 投稿者:kazu.k  投稿日:10月14日(月)10時46分46秒
O-Chanの出した宿題の答案
下手な翻訳、恥も外聞もなくやってしまいました。乞添削、お手柔らかに。生徒の端くれと認めてもらえますかね?

数年前の話、この会社にお世話になるようになった初日から、彼の名だたる数々の発明をきかされた。彼はなおしばしば私達のどの季節においても成功間違いないという売り込みの秘策を改良・手直ししてくれた。羨望や、インスピレーションを盗もうとする企みがあるなかで、彼は私達にいつも真新し成果を与てくれた。
しかし残念ながら今彼は最早過去の人で、それら最高の成果をどのようにして見つけたかということを誰彼となく捕まえては油を売りながら、雑事に時間をつぶす毎日になってしまった。
そしてある日彼はほとんど炎と化してしまった。以前の恋人の店でアルバイト就業中にやけぼっくに火がまだ残っていたことを思い知ったからである。

尚、ジェームス・ジョイス著「フィネガンズ・ウェイク」の柳瀬尚紀になる
  翻訳は超絶であります。文に隠された批判・隠喩などを日本語の当て字、
  言い回し、意訳で満々ていて難解で壮大な物語をこなしています。




めい訳ありがとう 投稿者:o-chan  投稿日:10月15日(火)12時47分26秒
申し訳ない。中にはまだ教えていないフレーズもあり、無理のない間違いがあります。特に後半。
ただ、教えた語句も一つ出来てないのがあったよ。でも傑作です。すっかり堪能しました。表現を変えて、挑戦してみようという人はいませんか。少なくとも和さんので完璧という訳ではありません。こんな問題を出していい気になって、と思わないでね。楽しみながら英語が学べれば、と思ってやっているけど、苦しむだけ、という人が多ければやめます。

こち鳥の写真、ぜひここで見たい。寝室でデジカメで取り、貼り付けてね。動物は本能で様々な事ををやるけど、一体どんな精神がこんな込み入った生き延びる方法を編み出したか、驚嘆します。
このところ見てくれている人は増えたようだけど、書き込みが古手ばかり、となってちょっと寂しい。ぜひ思い切って書き込みをして下さい。たとえば、はじめまして、だれだれです、だけでも、それもペンネームでよいですよ。もちろん、古手も頑張ります。読んで楽しんでくれるならなおのこと。
楽しんでいるよ、というのもメッセージがないと伝わらないから、しょぼんとしている人もいるかも知れない。よろしくね。



シネマの話 投稿者:kazu.k  投稿日:10月16日(水)06時34分17秒
「海辺の家」  LIFE AS A HOUSE     ☆☆☆
配給] アメリカ/日本ヘラルド映画
[分数] 126分
[監督] アーウィン・ウィンクラー
[製作] ロブ・コーワン、アーウィン・ウィンクラー
[製作総指揮] マイケル・デ・ルカ、ブライアン・E・フランキッシュ、リン・ハリス
[脚本] マーク・アンドラス
[出演] ケヴィン・クライン、ヘイデン・クリステンセン、クリスティン・スコット=トーマス

[あらすじ] 自分のものと誇れる“何か”をお前に残してやりたかった――。父と子の絆を描く感動のヒューマン・ドラマ。 建築事務所に勤めるジョージ・モンローは42歳の建築デザイナー。父親との確執が原因で、自分の息子ともうまくコミュニケーションがとれなかった。ついには妻にも逃げられ、上司との摩擦から会社もクビになる。挙げ句の果てに医者から余命4ヵ月との宣告を受けてしまう。再婚して幸せに暮らす妻。そしていまだに父を憎み続ける16歳になる息子。ジョージは初めて自分の人生に疑問を感じた。そして、昔からの夢だった自分の家を建て直すことを決意する。最後の夏、ジョージは反発する息子を無理やり手伝わせ、手造りの家を建て始めた……。

個人的には身につまされる映画であります。私も他人の家を数多く設計してきたが、未だ自らの家を造るには至らず、間借り人生を送っているのだから・・・。

素晴らしい環境の中、周りの善意ある人達にささえられ、死というシリアスなテーマのにも関わらずハッピーな気分にさせてくれる、いかにもアメリカ的な映画である。
難をいえば、必要でもないエピソードが多く総花的で、それが作品の深みを削いだようでもある。

おまけ:このところ「家」を扱った映画が多いのはなぜでしょうね。
    「シッピング・ニュース」・「パニック・ハウス」・「The Others」等




和さんの名訳にコメント 投稿者:o-chan  投稿日:10月16日(水)10時07分20秒
誰も見向きもした気配がないのに、彼だけが忙しい中、時間を割いて取り組んでくれました。お礼もいってなかった気がする。

彼の言葉使いは私なんかと違って推敲の後がしのばれる、よく練れた文章で、同人誌を作ろうと思い当たるにつけ、頭に置いたのは彼です。今度の訳もなかなかのものでした。

get fired という表現は割に浸透していると思い込み、説明もせず、ごめんなさい。例えば、映画の中で、 You're fired! と言い渡されるシーンを思い出しませんか。

be 動詞と違い、 get を使うと「首になっている」、という状態ではなく、「首になる」という動き?を表します。後半だけでももう一度挑戦してみませんか?

それと、これは難しいと思いますが、知識として:

successfully は少し変わった使い方をします。例えば、

I did it successfully. は「それを成功するようにやった」、ではなく、普通、「それをやって成功した」、と訳します。つまり やったこと自体が成功だった、ということです。確かに成功するようにやったから成功したわけだけど、日本語にすると、別のニュアンスが出るような感じですよね。
他に hopefully なども tricky な言葉です。「望みを持って」という訳が載っていますが、
これも文全体を修飾(この修飾などという言葉は今の学生には通じず、往生しています)するのでWill he come? 「彼は来るかな?」 に Hopefully. 「だといいね」という感じに返事をします。
つまり、I hope he will come. です。

英語に上達したければたくさんの英語に接すること、これしかありません。勉強とかではなく、子供
の絵本でも童話(結構むずかしい)、探偵小説(私の愛読書)、雑誌など、そんなに細かく読まなくても
だんだん見慣れてきて、感じがつかめます。言葉は皆そうだと思います。勉強するより、慣れろ、
ですね。
じゃ明日はまた何か考えて英語表現を続けます。
大分高度のレッスンになりました。あまりやさし過ぎるよ、とのたまったK.A. さん、いかがですか。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日:10月16日(水)17時13分52秒
伊藤さんから突然の電話があった。10月14日横須賀芸術劇場で行われる「10ケ国軍楽隊演奏会」のチケットが、急な結婚式招待で余ってしまったという。遠慮なく頂いて 行ってきた。
その演奏会は海上自衛隊創立50周年記念として、東京湾で行われている「国際観艦式」関連の最後の催しであった。出演国はチリ共和国・インド・タイ王国・マレイシア・ロシア連邦・イギリス・大韓民国・フランス・アメリカそして日本の10ケ国であった。会場に入ると、中央に海上幕僚長他関係各国のビップの貴賓席が設けられ、各国の記者らしい人達もカメラを持って動き廻っており、国際色豊かな会場になっていた。
最初はチリ共和国の演奏。颯爽とスマ-トな軍服姿で、直立不動のアクションの全くは入らない演奏はマ-チとお国の民謡で始まった。いかにも軍隊という感じでスタ-トした演奏もインド・タイと進むに従って、なんだかホンワカと砕けてきた。タイ国王が自ら作曲されたという曲などは、昔見た映画「慕情」を思わせるようなラブロマンスの名曲という感じであったし、マレイシアに至っては、まるでキャバレ-の中にでも居るような錯覚を覚えるくらいであった。最近は軍隊もえらく
砕けてきたもので、戦争やってもあまり強くないんじゃないか?と苦笑せざるをえなかった。
その後は今度は急に本格的になってきた。ロシアの演奏では二人の独唱がはいり、これがまたプロのオペラ歌手ではないか?と思えるようなバリトンで、その朗々たる声量は咆哮する管楽器を更に凌駕するほどであった。視覚に訴えたのはイギリス。真っ黒の軍服でズボンの両サイドと上着には襷掛けに真っ赤な太い直線が走り、真っ白のカブトに小太鼓を抱えた艶やかな姿で、バッキンガム宮殿の衛兵よろしく、キビキビした一糸乱れぬアクションが魅力的であった。
圧倒的だったのはアメリカの第七艦隊。トランペットやトロンボ-ン等をフィ-チャ-して順番にソロを聴かせる、そのテクニックがまた抜群で、管楽器のあの歯切れの良さは全員プロではないのか? 最後のトリは日本の横須賀と関東の合同軍楽隊。残念ながらアメリカのすぐ後ではいかにも見劣りがして、アメリカの三倍ぐらいの人数でカバ-しようとしても、とてもカバ-しきれるものではなかった。しかし僕は充分に堪能してきました。有り難う伊藤さん!このホ-ムペ-ジ上でお礼をさせて頂きます。

その前日、13日は東京湾を臨む我が「望洋小学校」で健民運動会がありました。望洋学区の六町内で競うのであるが、いずれにしても参加者には全員に賞品がでる。ドンジリでも何かしら貰えるから結構参加者は多いのである。どの種目もかなり多めに賞品が準備されている。60歳以上の「お掃除お任せグランドマザ-&ファ-ザ-」という種目には120個の賞品が準備されていたが、エントリ-者を集計したらなんと196名。運動会も60歳以上が主役となったのである。
変われば変わるものである。やはり同じくお年寄りの「玉入れ」の種目があった。「熊井さん!はいってくださいね!」引っ張り出されたのである。まわりを見て「ショック!」。ちょっと腰の曲がった人、何かヨタヨタとしている人、この人達と同じ仲間に入れられたのである!俺のプライドはズタズタにされてしまった。「トホホホホ・・・・・!」。




10月の書評 投稿者:月刊読書人  投稿日:10月16日(水)23時32分18秒
久しぶりに開いたら相変わらず繁盛してますね。色々な感想やコメント、英語教室もなかなかに参考になります。私も先週土曜日、中村哲さん(アフガニスタンやパキスタンで医療活動や井戸掘りをやってる人)の講演を聞きに行ったことを少し話します。残念ながらご本人は福岡の家族の方の危篤で急遽、帰省されたため、ペシャワール会の広報担当の方の話になりました。例えばこんなことが頭に残ってます。昨年の11.9同時多発テロでの犠牲者への政府からの見舞金や慰謝料は平均して2億4千万円(一人あたり)、アメリカの報復攻撃で誤爆したため犠牲となった民間人への慰謝料はたったの15万円だったとか、それもアメリカ政府の発表では民間人の犠牲者は650人、マスコミでは約4000名ぐらいと言ってるが、実態は7000名以上にのぼるのはまちがいない。このようにマスコミが伝えるアフガンの状況は、事実からかけ離れている。タリバン政府のころと比べても、治安面、経済面など、地方へ行けばいくほど劣化している。・・・・などなどです。テロ撲滅との大義名分でのアメリカの傲慢なやり方については、やり場のない怒りがこみあげてきます。私たちが若かったあの60年代から70年代だったら、日本でもあちこちで異議申し立てのシュプレヒコールがあがっていたと思いますが。
それでは19日の箱根での同窓会、東京での用件が2件もあって参加できないのは残念ですが、再度このホームページのPRをしておいてください。
それでは今月の書評を。
 突破者(戦後史の陰を駆け抜けた50年)
                           宮崎学(南風社)

 宮崎学という名を記憶されてる読者も少なくないと思う。そう1984年に起きたグリコ・森永事件の―キツネ目の男として-最重要参考人に擬せられた男である。
そしてこの書は、宮崎学という突破者(無茶な男、悪漢という意味だろうか)が、自ら生きた50年の半生記といったものである。いやそれにしても、その半生ははんぱではない。昭和20年、京都に本拠をもつヤクザの組長の家に生まれ、愚連隊として活躍しながら成績は抜群、高校時代はマルクスを耽読し、早大に進んでは日共ゲバルト部隊を率いて乱闘また乱闘の日々を送る。大学を去って「週刊現代」の記者をしたあと、土建屋の頃は詐欺をやり、談合破りもやり、暴力で他人の仕事も強奪した。企業恐喝で指名手配にもなり、取調室ではなんと警察官を脅かした。倒産してからは怪しい組織の用心棒もつとめたし、バブル時代の地上げ屋にもなった。この数奇ともいえる半生の華々しい暴れぶりを読んでいると、小説を読むようでもあり、ひとつのドラマをみているようでもある。470ページもある分厚い本であるにもかかわらず、一気に読ませられるということは、著者の文才も、なかなかのものであることを証明している。

確かに世間の常識から言えば、著者のやってきたことは、悪漢のやり方そのものである。しかしこの悪漢にどこか喝采をあげたくなるのは、その時々の強者が力や権力を笠にきて押さえ込もうとするのを、我慢できず、著者なりに逆らい、楯突いてきたことにもよる。そしてまた興味がつきないのは、50年の間に出会った、ヤクザをはじめとするアウトローやグレーゾーンにたむろするエグイ連中、関西の底辺の人たちの動きを通して、市民社会からはみ出た部分、裏側で蠢いている部分(著者がまさにそこに身をおき、存立基盤としているところであるが)を明らかにしてくれることである。
ただ、この著者が無鉄砲さや野蛮さに事欠かず、社会を痛烈に批判的に見る目には共鳴はするものの、任侠のロマンチシズムへの過度の思い入れは、いくらかの違和感はある。




英語表現 投稿者:o-chan  投稿日:10月17日(木)11時21分10秒
今週は3度目の登場です。週末の同窓会に備えて、よい画面を作れるとよいと、それなりに頑張ってみますね。
せっかくだから、「こんな風ですよ、」とプリントアウトを渡せるように、和さんが準備してくれています。これまで参加して下さった方々、出来ればひとふんばりして、何か寄せてくれませんか。
そういうことを知ってか知らずか、読書人さんと迷道さん、よい話を載せてくれましたね。悪いことにどうしても惹かれてしまう部分は誰でもあるでしょう。特に臆病で自分では出来ないから、なおのこと。奥底を見ればそのきれい事ではない残忍な欲望も垣間見れて、ちょっと恐ろしくなる。何かのはずみに出てくるかも知れないものね。

運動会の季節、老人向きもやっているとは知りませんでしたね。確かに子供より老人のほうが多いんだもの、あっても不思議はない。ただ、よぼよぼ組と一緒にされたのは、きっとその姿勢のよさから、抜擢されたんだよ。玉が一個も入らなければ様にならないものね。それで結果はどうでした?

では本題にはいりましょう。
今日はクイズです。しばらく視聴者参加を狙ってみようと思っています。
let ...... out of the bag
「うっかり秘密を漏らす」、という意味ですが、何を袋、またはかばんから出してしまうと
そうなるのでしょうか。当てずっぽうでもよいよ。




宮崎 学氏について 投稿者:kazu.k  投稿日:10月17日(木)13時09分36秒
宮崎氏とは二十数年前に仕事で会ったことがあります。大映映画の倒産に伴う管財業務の一環として、広大な敷地を一部処分して負債にあてる計画がありました。売却部分のスタジオ等を解体する業者の代表として見積、施工打ち合わせで話をした記憶があります。その当時彼はまだ解体会社の社長ではなく「週刊現代」の記者で、京都のその筋の息子であることは知っていました。

その当時倒産会社を運営している労働組合の幹部連中がスタジオや過去の名作のフィルムを貸し出して将来の糧を得ようとしていました。その新しいコマーシャルスタジオやフィルム倉庫を小生一人で設計・管理した思い出の仕事で、撮影風景や俳優の普段の姿をスタジオの天井のキャットウオークから見たおぼえがあります。

宮崎氏はどういうことを意味するか、別の意図があるのかわからないが、いまだ「きつね目の男」であることを否定も肯定もしていないことをさるテレビ対談で見たことがあります。




!! 投稿者:鳥星  投稿日:10月17日(木)16時00分39秒
O-chanの和訳の問題。kazuさんがんばるなぁ。
私は途中で投げ出しました!



鳥 6 親鳥は卵の大小にどう反応するか その1 投稿者:鳥星  投稿日:10月17日(木)16時45分10秒
日本産杜鵑類(とけんるい)は4種。カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、ジュウイチである。いずれも托卵性の鳥で、自らは巣を作らず、もちろん抱卵・育雛もおこなわず、他の種の鳥に一切を任せるのである。しかも育ての親の鳥(仮親)はこの杜鵑類よりもはるかに小さい鳥であり、したがって卵ももちろん小さい。仮親は自分の卵よりきわめて大きい卵を自分の卵ともども抱卵し孵化させる。
(一般に杜鵑類はその大きさのわりに小さい卵を産む。子親鳥の体重と卵の重さの比率はたの鳥とくらべても小さい)
仮親は卵の大小に認識がないのではないのか、またなぜ杜鵑類は自分の卵より大きな卵を産む仮親の巣を利用しないのか、という疑問を解くためにさまざまな実験をくりかえし、観察した。この解明のための実験は20年間におよんだ。
さて仁部富之助のその実験方法や観察結果からの推論を紹介しよう。
たとえば、ホトトギスはもっぱらウグイスにより、東北地方のカッコウはモズやオオヨシキリを、富士山ろくではホオジロがわりあいに多く、北海道ではコヨシキリを主とし、ジュウイチはコルリを利用するなど、各種それぞれのお得意がある。しかし、そのうちカッコウの卵とモズの卵とがほぼ同じ大きさであるだけで、ほかはいずれも杜鵑類の卵のほうがいちじるしく大きい。

そこで必然的に、次の疑問を生ずる。杜鵑類が体に似合わぬ小さい卵を産むのは、はたして種族存続上の必要からであるならば、彼らはきっと、自分とほぼ同じ大きさの卵を産む鳥類とするであろうし、またそれはもっとも賢明なやりかたであろうと。しかるに事実は、かえって、より小さい卵の鳥類、いや、体も卵も彼らの何分の一にしかあたらない可憐な小禽類を多くわずらわす。しかもそれで、りっぱに通用していることは、はじめにのべたとおりである。これにはきっと重大な秘密のあることがよういに想像される。(中略)この難問をとくには、当の杜鵑類をあいてに、とやかくと考えなやむよりは、むしろおろか者の仮親にきく方が、早道であろうと考えたのである。

私はこの秘密をとくため、かなりおおくの実験をくりかえした。そしてその趣旨は、要するに杜鵑類が仮親の巣に一つの卵をあずけいれたことになぞらえ、数種の小禽類の巣に、その巣の卵と比べて大小いろいろの自然卵を一つ投げいれ、そしてそれにたいする親鳥の態度を見るのであった。しかし、その実験台とする巣も、あずけいる卵も、とりわけむずかしいものをえらんだわけではなく、例によって、もっともふつうにえられる小禽類、クロツグミ、モズ、オオヨシキリをはじめ、杜鵑類の繁殖と縁のとおいコカカワラヒワなどが主で、共用卵ももとよりこの範囲である。ただし卵をあずけいるさいに、杜鵑類の親鳥がやるように、巣の卵を一つぬきとり、卵の数をあわせておくことは多くのばあい、はぶいた。それはたびたびの経験によって、卵の数をあわせておくと、いなとは少しも成績に影響しないからであった。(中略)
鳥星:この目のつけどころとこれを土台にして推論する力はすばらしく、とうてい凡人の及ばないところです。
次回はこれらの実験結果です。お楽しみに。
それにしても、当時の彼のフィールドはなんと豊かな自然環境であったことか! そして彼はなんとすばらしいナチュラリストであったことか。昆虫生態学者ファーブルを凌ぐ生態学者であ!




O-CHANクイズの回答 投稿者:今多 迷道  投稿日:10月17日(木)16時20分35秒
あてずっぽうで思い付くのは、mouth・tongue ぐらいです。発想が貧困かな?
健民運動会というのは あなたの近くでも行われているんではないかな?沢山エントリ-すれば、賞品の日用品が袋にいっぱいになるほど貰えますよ!貴方が参加すれば、頑張り過ぎて、翌日か翌々日には身体のあちこちが 痛い!痛い!痛い!という結果になること 請け合いです。
明日は「ふ-けもん会」の ゴルフ!

152

 

2002年9月後半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月14日(月)08時37分59秒
編集済
  .


敬老の日に思う<ボケないために> 投稿者:大山  投稿日: 9月16日(月)08時38分03秒
昨日は敬老の日。ある人から「早くボケる人、ボケない人」というので次のようなことを教わりました。受け売りですが、何かの参考にして下さい。

早くボケる人
1.何でも奥さんに頼る人
2.頑固一徹、融通の利かない人
3.無口、無表情、ムッツリ屋
4.無趣味、趣味は仕事という人
5.真っ正直すぎる人
6.怠け者、無精者、ものぐさな人
7.無信仰、神棚、仏壇なく神社仏閣、寺に参らぬ人
8.孤独な人、友なく交際しない人
9.無神経、わがままな人
10.チャランポラン、食っちゃ寝、食っちゃ寝の人

ボケない人
1.常に感謝しゆとりある人
2.本や新聞を読み、日記をつける人
3.手足を良く使う人
4.人の世話をする人(クラス会、仲人等)
5.ハイカラさん
6.酒をたしなみ、歌を歌うなど陽気な人
7.趣味が多く、スポーツを好み続ける人
8.奉仕の精神旺盛な人
9.異性に関心を持ち続ける人
10.友人が多く、つきあいの良い人




(無題) 投稿者:鳥星  投稿日: 9月17日(火)17時05分33秒
CRQWFOOD は CROWFOOT です。KUROWSURUNA-。

変な投稿、失礼! 投稿者:o-chan  投稿日: 9月17日(火)15時38分04秒
昨日遠方からの友ルービン・良久子さんが家に来ていて、この落書き帳の書き方を説明しながら、書きこみ、しっかり消したつもりがやっぱり残っていました。何だろう?と思ったでしょう。
今朝職場であけたら案の定。ただ、家でやったものはここからは発進が違うせいか、訂正も削除も出来ず、見苦しいままでごめんなさい。明日家に帰ったら早速削除します。
今試験期間で明日はテストやレポートを抱えて家に帰ります。英語表現はいつもは木曜ですが、明日やります。何をやるか、段々難しくなってきたけど、頭を悩ますのもこれも楽しい。
鳥さんの質問も明日ね。ただ、スペル間違いだよ。CROWFOOT でしょう。烏の足、だけど、日本では 烏の足跡、というよね。確かにFOOTPRINT だけど、そういう表現があるか、調べてみます。
呆ける人の条件にほとんど当てはまる私、ショックを受けながらもどうにかなるさ、とその条件からなかなか抜けられない。やっぱり呆けるのかな。




鳥 3 カッコウ 投稿者:鳥星  投稿日: 9月17日(火)22時06分08秒
またまた、長文・・・、我慢してじっくり読めば、オモシロイヨ。
自分で子育てをせず、まったく別種の鳥の巣に卵を産んで子育てを任せる鳥 の話。
彼女、カッコウはそれでもいろいろ知恵を出しクロウしている様子をつぶさに観察して、その謎にせまる。
それでは「この下の鳥のところに目玉を当ててクリックしてごらん!」

鳥 3 カッコウ

カッコウは自分で巣を作らず、もちろん抱卵や育雛もおこなわず、他の種の巣に自分の卵を産み落とし、あとはすべて仮親まかせ、という繁殖行動をとる(これを托卵という)。
そして、卵を預け仮親の巣から一卵を取り去るという奇習(?)がある。これは卵の数を合わせるためであるといわれている。
そこで仁部富之助は、果たして、仮親は卵数認識があるのか、をさまざまな実験でその事実を解き明かし、またカッコウにとって卵の数あわせに意味があるのか、に迫った。

一羽の親カッコウが、仮親の巣にあずけいれる卵はつねに一つである。もしも、一つの巣に二つ以上の卵があれば、それはべつべつのカッコウが一つずつ入れたのであるから、卵の大きさ、形状、斑紋、色彩などによって、すぐにそれを区別される(できる)。
しかも、親カッコウの卵のあずけいれは、たんに一つの卵を巣におくだけでなく、じつは自分の卵と引きかえに、巣の卵(仮親の)を一つだけ抜き取るのであるから、事実はあずけいれというよりも、むしろすりかえというほうがいっそう適切である。

彼らの卵をすりかえる方法と、その卵の処分については長いあいだわからなかった。しかし、ヨーロッパ産カッコウでの観察によって、まず親鳥は自分の卵を産みいれ、それから巣の卵(仮親の)を嘴でついばみだして、それを食うか、あるいは附近にすててしまうことがわかった。たぶん、本邦産カッコウもそうするのであろう。もっとも、彼らの卵を産みいれる巣がまだ産卵前(仮親が)のものであれば、とりかえる卵がないから、その場合はもとより入れっぱなしである。(鳥星:ハハハ…。取ろうとした卵ないもんね。)
(中略)
秋田地方でカッコウの仮親としてもっともふつうに知られるものは、モズとオオヨシキリである。私はこれらの鳥の産卵期に、同種の他の巣の卵を一つだけいれておいた。これはカッコウが仮親の巣に卵をあずけたが、その数をあわせず、入れっぱなしのばあいになぞらえたのである。ただし、かならずしも他の巣のモズやオオヨシキリの卵ではなくとも、本物のカッコウの卵でも結果は同じであった。
さて、その巣の親鳥は、とつぜん巣に卵が一つだけ多くなったのをあやしみ、それをみやぶってすぐに処分するだろうか。彼らは少しもそれをあやしむようすがなく、そのまま産卵をつづけ、生み終わると巣につくのであった。で、こんどは少しく方針をかえて、あたかも二羽のカッコウが、一つずつあずけたように、同時に二つを入れてみたが、それにたいしても親鳥はまったく無関心であった。

そこで、ふたたび方法をかえ、やはり産卵期の巣に、親鳥があたかも一日に二つずつ産みおとしたように見せかけるため、初産日から産み終わりまで、毎日一つずつ他の卵をくわえて卵の数を倍にした。けれども、彼らは依然として産むだけ産むと二倍の卵をかかえて平気で巣につくのであった。
しからば、反対に巣の卵の数がへったばあいはどうか。産卵期の巣から既産卵の一つ二つを取っても、かくべつそれをあやしみもしない。が、さらに三つ四つと取りさって、その結果産み終わりの日に巣の中になお卵が三つ残れば、そのまま巣につくが、三つより一つ不足して二つになると、おしげもなく巣をすててしまう。すなわち彼らが巣につくためにぜひ必要な卵の数は三つなのである。
すなわち、かようなぼんやりものの親鳥も、その数が二つ以下になっては、さすがにそれと気がつく。
けれども、これは産卵期の親鳥ばかりではなくして、抱卵期につぎつぎと卵を抜かれ、また一時に取りさられるばあいも同じ結果であった。このように彼らの勘定はおどろくべきほど大ざっぱである。
(中略)
              つぎの落書きに続く!
       「一回の投稿にしてはあまりにも長文なので、拒否されました!」




鳥 3 カッコウ その2 投稿者:鳥星  投稿日: 9月17日(火)22時08分28秒
さてさて、つづきをどうぞ。

しからば、カッコウのこのふしぎな卵の入れかえの習性は、種族保存のうえにどんな意義があるか。彼らの真の目的が、はたして仮親の目をくらますために、このように卵の数をあわせて自分のものの安全を期するのであれば、それは己をもって他を律する悪徳漢にふさわしい恐怖であり、笑うべき勘ちがいでなかろうか。

すでに述べたように、仮親はいたってのんきで、愚か者で、決してかれらが警戒するような思慮や分別がありはしない。また巣によこたわる卵の数の一つや二つの増減にたいして疑いをおこすほど神経質でもない。むしろ気のどくなほど、勘定にうといお人よしである。だから、カッコウがそのお人よしをあいてに、卵の数をあわせる必要がどこにあるだろう。いわんや、ときとしてこの習性がわざわいして、かえって自分の卵を不利にするばあいさえあるにいたっては、いよいよもって奇怪な自衛である。
(鳥星訳注:不利なばあいとは、産卵期の被害巣で、その後二つだけ生む仮親の巣にすりかえ托卵したばあいは一卵抜き取るから、都合二卵となり、仮親は巣を放棄し、カッコウ卵は孵化しないことになることを指している。なお鳥は概して毎日一個ずつ産卵し、産み終わってから抱卵する)

もっとも、これは寄生的繁殖者として、わずかな不利にこだわることなく、自衛にあくまで念をいれるのか。それとも、これもやはり単なる自然界の矛盾か。さらにわれわれのとても想像することのできない神秘な領域があるのか。ひっきょう私にはときえない謎である。

鳥星:次々と実験計画を立案実行し、自らの疑問の解決と真実の追及に労を惜しまぬ姿勢に感動しました。
なお、この托卵習性をどのように獲得してきたのかについての私見は、斜光第2号「托卵性の鳥類への道筋―いくつかの獲得への過程を考える―」29ページを参照ください。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 9月18日(水)11時36分05秒
敗戦直後に書かれた 永野 護の「敗戦真相記」を読むと、半世紀以上前の戦争の敗因と 今日本が直面している問題とが、驚嘆するほど似ているそうである。
官僚の無責任主義、政治家の人材飢饉、科学の軽視、教育の荒廃等々。50有余年の歴史が飛んでしまって、まるで現在書かれた本であるかのようである。日本人の気質は 本質的に何も変わっていないと書かれている。
  *自らの安全を 自らの力によって守る意志を持たない場合、いかなる国家といえども 独立と  平和を期待する   ことは出来ない。
  *指導者を持たない群集は 無価値も同然の存在である。
  *弱体な国家は常に優柔不断である。そして決断に手間取ることは これまた常に有害である。
  *次の二つの事は 絶対に軽視してはならない。
   ・忍耐と寛容を持ってすれば、人間の敵意といえども溶解出来るなどと思ってはならない。
   ・報酬や援助を与えれば、敵対関係すら好転させうると思ってはならない。
  *民衆とは、キケロも言ったように 無知ではあるけれども真実を見抜く力は持っている。
  *長期に渡って支配下におかれ、その下で生きるのに馴れてしまった人民は、何かの偶然で
   ころがりこんできた自由を手にしても、それを活用することができない。
  *まったくもって情けない現実だが、人間というものは 権力を持てば持つほど それを下手に
   しか使えないものであり、その事によってますます耐え難い存在と化すものである。
               以上 マキァベリ語録より。




今週の感想 投稿者:o-chan  投稿日: 9月18日(水)14時34分10秒
ボケの話、かっこうの話、気質の話、時期をえると共に共感も得られるトピックでした。
ボケは昨日も書いたように、結局救い様はないかな、とがっかりし、かっこうも何てズーズーしいと思っていたけど、、何かの折、ラジオでかっこうは体温が低いため、卵を孵化出来ないと聞いて、やはり自然の摂理かと納得したよ。鳥さん、そうなの?他人に育ててもらわなければ種族保存が出来ないというのも、可哀想だよね。
今多さんの気質については、力、というものに人は引かれる、力があれば人を幸福にも出来る、と思うんだろうね。ファウストもそう思って悪魔と取引し、「時よ止まれ」と言える程の最高の瞬間をもてたけど、どうなのかな。力を欲しがる人も、欲しくなくても転がり込み、どうしてよいか分らない人もいる、力を使うことで翻弄される人も出てくるし、力を持つことは怖い気もするね。





英語表現 投稿者:o-chan  投稿日: 9月18日(水)15時08分19秒
今日は簡単にapple を使った表現

1 Adam's apple アダムが悪魔にそそのかされてりんごを食べた時、良心のかけらが災い?してのどにひっかかった、それが喉仏。イヴは良心なし。日本語ではなんで仏なの?

2 the Apple は New York City の呼び名。
3 apple green 透き通った明るい緑のこと。
4 apple of love 何とトマトのこと。
5 apple of -'s eye 目の中にいれても痛くないような大事なもの
5 apple bed アップルパイのように2つにたたんだベッドのこと(いたづら用)。
6 apple polish(-er) いわゆるごまをする事、ごますり。子供が先生にぴかぴかに磨いたりんご
 を持ってきて点を何とか稼ごうとすることから。
7 apple pie はアメリカの典型的なデザートなので、applepie と一語にしてアメリカ的という
 意味を持たせる。

附:商標はこの際省きます。例 mackintosh の apple computer




おしらせ 投稿者:鳥星  投稿日: 9月21日(土)22時30分28秒
忙中にもかかわらず、暇ヒマにHPを更新しました。
コメント英文はO-chanに助けられながら…。

ご感想などお聞かせください。




ホームページに次号のお知らせ 投稿者:O-chan  投稿日: 9月22日(日)13時11分11秒
遅ればせながら次号のお知らせをトップページに載せました。

7号がでた後は8号の募集要項など、載せることになると思います。
またゆっくり英語表現でお目にかかります。




秋の気配も近いようで・・・・・ 投稿者:月刊読書人  投稿日: 9月22日(日)21時41分29秒
The Apple・・・・New York のこと、O-Chanの英語物知り帳を見て、懐かしく思い出しました。20年前の80年代、ニューヨーク、マンハッタン、それも昨年の9月11日のテロで倒壊したWorld Trade Center(north)に勤務した4年間のこと。この頃よくThe Apple と使ってたし、あちこちの看板にも大きなリンゴの絵があったもの。ただ本当のアメリカらしさは、New York にはないなあというのが率直な感じでした。ところで月一回の最近読んだ本の書評を。

医者井戸を掘る
                        中村 哲 著(石風社)

 確か今年の1月か2月ごろの国会審議で、昨年の9.11以来、注目されはじめたアフガン問題で、参考人として意見を求められた著者が、“皆さんはアフガンという現場の現実を知らないで机上の論議ばかりしている”というようなことを言ったため、多くの自民党議員からクレームがでた・・・・というような新聞の記事を見たことがある。そのような記憶があって、この本を図書館で見つけて読んでみた。

著者の略歴は、1946年福岡生まれ、九州大学医学部卒業。国内の診療所勤務を経て、1984年4月パキスタン北西辺境州の州都ペシャワールに赴任。以来17年に亘りハンセン病のコントロール計画を柱にした貧困層の一般医療に携わる。そして1986年にはアフガニスタン無医地区での診療活動を実践し、診療所設立や無医村地区での診療活動などのNGO活動を精力的に遂行、とある。
 本書はもともと医者である著者が、PMS (ペシャワール会医療サービス、1983年に著者のパキスタン・アフガニスタンでの医療活動を支援する目的で結成された日本の民間海外協力団体)の仲間等と共に、2000年6月から始まったアフガニスタンの未曾有の大旱魃に遭遇して、早急な水源確保の対策を迫られ、井戸を掘る悪戦苦闘の記録である。
 私たちは昨年9月11日(米国同時多発テロ)以降、米国の軍事攻撃の標的となったアフガニスタンの不幸についてはいくらか知っている。しかしそれ以前のこの国に対してどれほどの関心があっただろうか。この大旱魃についても、かろうじてWHO(世界保健機関)が警告を発していたが、まともな国際的対応は皆無であった。1200万人が被害を受け、400万人が飢餓に直面、餓死寸前の者100万人と見積もられた。問題は医療以前にあった。とにかく医者である著者が“病気は後でも治せる。ともかく生きのびてくれ!”と言わざるをえない深刻な状況があった。
 確かに私たちは数字に麻痺してるいかもしれない。「百万人が餓死」などと報告書では簡単に聞くことができる。しかしこの著書が言うように、実際の修羅場を目前にすれば、それは生易しいものであるはずがない。それに診療地域が無人化すれば、医療どころではないだろう。そして著者たちの苦闘の活動の結果、2,001年8月末現在、作業地600ヶ所、うち512ヶ所の水源が利用可能、約20万人以上の難民化を防止する一大事業となり、所によっては、戦乱と渇水で一旦無人化した地域を再び緑化し、1万数千名を帰村させるという奇跡さえ現出できたのである。




鳥4 スズメ 投稿者:鳥星  投稿日: 9月23日(月)13時43分32秒
5-6月ころ、巣立ち雛に、親鳥が口移しに餌を与えるほほえましい姿をみたことがあるでしょう。今回はそんなスズメの話です。

鳥 4 スズメ
今回は身近な鳥スズメを題材にした話です。仁部富之助はスズメについてさまざまな実験と観察を行い、スズメの社会性を明らかにしています。ここでは同胞愛と題した物語です。

同胞愛
五月のある日、近隣のある家で、やがて巣立ちしようとするスズメの五羽を鳥籠に収容して、その雛を親鳥に養育させるため、籠をしずかな二階の軒端につるした。
これは田舎でよく見られる風景であるが、その籠は本物の籠ではなく、「地獄落し」という恐ろしい名の半円形をした針金製の頑丈な捕鼠器であった。しかし、この捕鼠器の名前を、地獄落しではなく極楽落しであるという人もある。しかし名はどうでも、ネズミが餌にさそわれて一方の口から幾頭でも自由にはいれるけれども、その入り口の漏斗になっているところに仕掛けがあって、一度その中にはいったらさいご、二度とふたたび生きては娑婆に出られぬ構造のものであった。

鳥籠にいれて数時間たってから、家族の一人がなにげなしに二階にあがってみると、籠のなかで翼をばたばたさせながら、猛烈にあばれるものがある。それは雛ではなく、親スズメ、しかも一二羽だけでなく五羽もいるのである。いったい彼らはどうして罠にかかったのであるか、また五羽は籠の雛とどんな関係があるだろうか。外観では彼らの雌雄を区別することはむずかしいが、もしそれを見わけえても、どれとどれが配偶(つれあい)か、そのままではわからない。ともかく彼らのなかに、籠の雛の真の親鳥夫婦をふくむとすれば、ほかの三羽は雛とは縁のない他の巣の親スズメでなければならぬ。

では、雛とはまったく無縁の三羽の親スズメは、なぜこの地獄落しの中まではいりこんだのであろう。当時のくわしい事情はわからないが、彼らはやはり近隣の棲息者で、同胞の雛の災難を知るや、むらむらと持ちまえの同情心をおこし、自分の仕事をほうりだして、雛あるものは養育を、卵期のものは抱卵をやめて、この不幸な親子を見舞い、ついうかうかと籠にはいり、罠にかかったものであろうと想像される。たぶん、はじめは雛の真の親鳥の一羽が餌を与えようとしたが、籠の目がこまかいので、つごうのいい場所をさがしまわるあいだに、とうとう罠にかかり、それをきっかけに他の一羽の親鳥もはいりこんだのであろう。ところがこれを見た近隣に住むたの親鳥は、その夫婦をすくいだそうとして
やはり同じ運命におちいったか。あるいははじめから捕虜になった雛に同情し、せめて一口の餌だけでもめぐんでやろうとして、ついなかにまではいったか。そのいずれにしても彼らは同胞への同情者にそういなく、これを単に儀礼的な見舞いとし、有閑者の野次的あつまりとはみられないであろう。

しかし、この地獄落しをつかったのは、決して親鳥をとらえるためでも、またもとよりかような変事を予想したのではなく、ただ籠がわりにこれをもちい、うかつにネズミの入り口をふさがずにおいたまでのことである。だから、すぐにネズミをとりだす一方の口をひらいて彼らをはなし、あらためて罠を布きれでふさぎ、もとの軒につるした。
ところで、親鳥五羽のうち三羽の同情者は別として、幽閉された雛の親鳥夫婦は、いぜん、その後もわが子をやしなうだろうか。彼らは幾時間か籠にとじこめられ、かなり驚きおののいたのであるから、それに懲りて餌をはこぶことを思い切るか、恐怖と親の慈悲といずれが勝つか、これは当時の興味をそそる問題であった。しかし親の慈悲は絶対で、恐怖のためにいささかも傷つけられ、まげられ、うすらぎもしなかった。やがて親鳥夫婦は餌の給与をはじめた。はじめは、いくどかためらい、こわごわ籠に近寄るのであったが、すぐに馴れて何事もなかったように、孜孜として雛スズメをはぐくむのであった。

鳥星:小学高学年ころは、スズメを捕らえるただその瞬間に興奮した記憶があります。仁部富之助はすでに他界したときではありますが、なんとも複雑な気持ちになりました。中学時代はメジロを捕らえて飼っていました。軒端に吊るした鳥篭に頭のないメジロに気づき愕然とした記憶もあります。モズに襲われたのです。中学二年くらいで鳥を飼うのはやめました。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 9月25日(水)10時18分04秒
筋トレで元気・81歳の女性
スポ-ツジムに杖をついた小柄なおばあさんがやってきた。きよさん(81歳)。愛知県高浜市の市営施設「いきいき広場」に、週5日通う常連だ。
筋トレを始める前、きよさんは腰と足に力が入らず、食事とトイレ以外は横になっていた。伝い歩きしかできず、家にこもっていた。今、手押し車と杖を頼りに一人で出かける。
介護が必要なお年寄りがマシンを使って筋トレする「パワ-リハビリ」が、今注目されている。
筋肉を鍛えることで、車椅子の人が立ちあがり、テニスが出来るようになった例もある。高浜市も昨年10月、高齢虚弱者対象に筋トレ教室を始めた。キヨサンは、一期生6人の最高齢者。終了した今も、自主トレを続ける。この日のきよさんはいつものメニュ-。椅子に座って両足で板を押すマシンの負荷を60キロにセットした。立ち上がりに使う筋力を鍛えるトレ-ニングだ。10回やって1分休み、計30回。
10キロから始めたきよさんは、負荷を増やすうち、すっと立てるようになった。「姿勢がよくなって、この年で身長が1.5cm伸びたよ。ほいだで、やればできるんだよ。」
いくつになっても、ひとには変わる可能性がある。身体が変われば、心も動く。きよさんは、ジムで友達になった女子高生達から「豪傑ばあちゃん」と呼ばれ、「今が一番幸せ」と言う。
                                 朝日新聞より。




記念すべき2002番目のアクセス 投稿者:鳥星  投稿日: 9月27日(金)20時06分23秒
たまたま開いたら、2002番目でした。
なにかいいことがあるかもしれない!
このところ鳥の話ばかりなのでちょいと休みます。
次回は「鳥5」はコチドリの予定です。
では・・・。




管理者殿へ「ごくろうさま!」 投稿者:鳥星  投稿日: 9月29日(日)22時15分27秒
アクセスカウンターの絵も新しくなりましたね。
ごくろうさまです。

152

 

2002年9月前半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月13日(日)23時57分31秒
編集済
  .

                                      落書き帳

ここは時空を越えて語り合える広場です。 「沈黙は金」などと言わないで、日々の 心の情景や、気に入った絵や本や音楽 などの感想を、釣りやゴルフの自慢話を まっています。また自分で作曲したBGM、自慢の絵画を投稿すれば一定期間ギャラリーに展示します。投稿方法に関しては管理者までお問い合わせください。

                (下記ギャラリーの絵は中島勝彦氏になるエアーズロックのスケッチです)

          




英語表現 投稿者:O-chan  投稿日: 9月 1日(日)14時11分26秒
明日と約束しながらそれが果たせなくてごめんなさい。昨日夜遊びから帰って来て、ほろ酔い機嫌でPCを開き、少し危ない話でものせようと思ったら、暑さ負けか、何度やっても固まり、あきらめて寝ました。
今朝もなかなか機嫌が悪く、やっと今なだめなだめ使っています。娘はエアコンをつけてる部屋に持ち込んでやっていたけど、私はそんなに使わないのでまた元の暑苦しい片隅にもどしたら拗ねたみたい。今も固まりそうになり、大慌て。

急いで英語表現。
今日は簡単な会話にします。易しすぎて面白く無い、などという声も聞こえたけれど、これは多分強がりでしょう。レヴェルはあげずにやります。復習も大切、知ってるとバカにしないこと。
英語の行く、来る、は日本語と少し違い、英語をやっていくと必ずぶつかる罠です。行くはgo,来るはcomeですが、そう単純に日本語を当てはめていると使い方を誤ります。

go は相手から遠ざかる、comeは相手に近付く、という意味合いがあり、例えば
「おーちゃん、早く!」「はーい、今行くよ」という場合は相手に近付くから
I'm coming. と答えます。go は使いません。第3者が混じるともっと複雑なので今日はやめます。涼しくなってからね。

ちなみに「いってきます」「お帰りなさい」はあまり言いません。代わりに「またね」
See you later. See you. で帰って来た時の「今帰ったよ」も普通はありません。日本式の決まった挨拶後というのは少ないですね。強いて言えば、

I'm leaving. (行って来るよ) I'm home. (今帰ったよ) Welcome home. (お帰りなさい)。

「いただきます」も「ごちそうさま」も決まり文句はありません。信心深い家庭はお祈りをして食べはじめますが、すんだらまあ That was good. とか、I enjoyed the dinner very much.(よその家でごちそうになった時など)とか適当に言います。

今日はこのくらいにしておきます。これからどう言う展開にするか迷っています。希望があれば即やります。これが知りたい、と注文をつけて下さい。
鳥さんの新しいシリーズ、楽しみですね。じゃまた来週、(欧米式ではまた今週ですね。日曜から始まるから)




鳥 1 ツバメ その1 投稿者:鳥星 投稿日: 9月 1日(日)14時15分54秒
繁殖を終えたツバメは、9月の半ばころから親子ともども避寒のために南の島へ渡去します。
仁部富之助の野鳥の生態はこのツバメから始まります。

彼の自宅に毎年繁殖のためにやってくるツバメに標識(足輪)をつけて観察していました。
以下ツバメの夫婦の話
--------------
ツバメの夫婦関係はその一方がたおれなければ、繁殖期間はもちろん、自由な野外生活期も避寒中も、依然続けられる。だから翌春には、その夫婦がまたいっしょに前年の繁殖の古巣にかえってくる。これは「同質配偶帰還」という習性である。異なる場合を「異質配偶帰還」という。
(中略)
しかしこの一般的事実とはちがう、ある特殊な夫婦関係を発見したのである。
昭和5年の春、一組のツバメ夫婦が始めて私の家をおとづれたのは4月13日である。
(鳥星:関東でのツバメ初認は3月下旬であるから、秋田大曲は3週間ほど遅い。九州
とは一ヶ月の差異があるでしょう。)
(中略)
だが、まもなく彼らは前年の夫婦そのままではないことがわかった。すなわち打ちそろうて電燈線にとまっている二羽をよく見ると、一羽の脚には前の年にはめてやったアルミニュームのリングがきらきら光っているが、他の一羽にはそれがなかった。これは先に述べた異質配偶帰還で、標識のきらめく一羽はおそらく無事に前の年の古巣に帰ったのであるが、雌雄のどれか一方は、約八ヶ月の長い野外生活中、あるいは避寒地への旅行中に、おもわぬ危難にあったのか、あるいは病にたおれたので生き残った方はやむなく後添いをむかえて連れもどったのであろう。その後添いはいうまでもなく無標識の一羽である。

私の家には、ふつう農家に見る土間があって、そこの上の梁に、ツバメの古巣が二つあるが、彼ら新夫婦はその古巣のうち、表戸口から見て奥の方をえらんだ。そして、帰還後四日目の4月17日から古巣の修理をはじめ、泥をはこんで巣壁を約2センチほど高め、またすの内部に新たにやわらかい枯草の葉や羽毛などをしきたし、けっきょく5日ばかりかかって巣の改築をおわり、お産の日を待つばかりになった。すべてが好都合にはこび、またたいへん平和であった。
ところが4月24日ごろ、のこりの一巣にさらに夫婦がはいった。と思っているとその後から来た者と先着の夫婦との間にたちまちはげしい争いがおこったのである。しかもその争いはなかなかはげしく、互いに排撃し、威嚇し、その上おりおりは取っくみあいをはじめ、しまいにはもつれあったまま土間や街道におちたり、ほとんど一日中戦いつづけるのであった。
(中略)
私はその原因をきわめるため、しばらく見ていたが、はたしてたんなる巣のうばいいあいではなかった。そしてもっともおどろいたことは、この喧嘩相手の後から来た者は夫婦づれと思いのほか一羽者で、しかも標識がはまっていることであった。
いったいこの独身ものは何者か、そしてまたなんのために先着夫婦と、こうも毎日はげしく争うのであろう。
--------------
 この続きは次回。
さてここで、このツバメたちのそれぞれの関係を推理してみてください。

(鳥星:私の住む団地にツバメが営巣しています。糞害を嫌って鳥避けの紐や目玉を下げている家もあれば、育雛期にダンボールをしいて糞を受けているお宅もありますが後者のお宅が多い。我家へは一度も来てくれません。
それぞれの巣の位置を確かめると、北側に玄関のある家に営巣している場合がほとんどのようです。これは育雛期に気温が上がる南や強い西日を避けて、場所を選んでいるものと思われます。
今度、巣をカウントし、その位置と場所について調査してみたいと思います。)




そいばってんさい 投稿者:仮面ライター  投稿日: 9月 1日(日)23時05分29秒
ご無沙汰しやした。久しぶりに開けたら皆さん色んなこと書かれて面白うござんした。そうそう今多迷道さんの“嘘つきアーニャの真っ赤な真実”(米原万里 著)これ私も読みやした。娘から薦められてね。著者とアーニャとの永い年月を経たつきあいのノン・フィックション物語で、その時代時代(特に東欧諸国の)の流動化のなかで、アーニャの変転はフィックションのように面白かった。もっともあたしは、著者の米原万里さんの略歴(かっての日本共産党の幹部の娘ということなど)にも興味があったんですがね。
さて話は違うけど、せっかくだからあたしもひとこと。
かって80年代末、日本がバブル経済を謳歌してたころ、政治は三流だけど、経済は一流と世界へ鼻高々と発信してました・・・・・・そして“失われた10年”といわれた92年ごろからの経済不況、それらに輪をかけたような94年ごろからの政・官界の相次ぐ不祥事、相変わらずの政治家の不正や汚職のみならず、外務省を除き(ここ一年はその外務省がクローズアップされてるけど)ほとんどの省庁の不祥事が摘発され、多くの高級官僚は逮捕されましたっけ。現在、政官界はやはり昔とかわりなく、贈収賄や疑惑が性懲りなく続いてるけど、これに最近は民間の大企業が参加してきました。雪印や日本ハムの隠蔽体質はひどいなと思ってたところ、東電の原子力発電の事故については、その危険性からいって、まったく唖然・・・・・。それも永年にわたって隠し続けていたとは。昔から日本の政・管・業の癒着体質は左翼陣営から指摘されていたことだけど、三井物産の談合や賄賂提供も含め、企業の倫理観念や社会常識というのは、どこへいったんでしょうかね。あたしもその大企業に永くメシを食わしてもらい、今はその孫会社あたりのチャチナ会社にクビをなんとかつなげてもらってるくせに、あんまりナマイキなこと云えた義理じゃあないけど。
かってのジェネコン、証券会社、3兆円以上の国の資金を注入してもらいながら、責任をとろうとしない大銀行の役員、昨年不祥事を起こした東京海上、三菱自動車、これらを含めほとんどの企業が属してる日本経済団体総連合(経団連に今年別の中小企業中心の日経連が吸収・合併された)には「企業行動憲章」があることを、読者の皆さんはご存知ですかね?
まずは前文には日本国憲法みたいなすばらしいことを述べているが、これは省略して、以下10章の文言です。
1. 社会的に有用な財、サービスを安全性に十分配慮して開発・提供する。
2. 公正、透明、自由な競争を行う。また政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。
3. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示する。
4. 環境問題への取り組みは企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動する。
5. 「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。
6. 従業員のゆとりと豊かさを実現し、安全で働きやすい環境を確保するとともに従業員の人格、個性を尊重する。
7. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決する。
8. 海外においては、その文化や慣習を尊重し、現地の発展に貢献する。
9. 経営トップは、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、関係者への周知徹底と社内体制の整備を行うとともに、倫理観の涵養に努める。
10.本憲章に反するような事態が発生した時には、経営トップ自らが問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努める。また社会への迅速かつ的確な情報公開を行うとともに、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行う。
以上であり現実との乗離は甚だしい。よくこんなものを、恥ずかしげもなく作ったもんだと思うが、所詮、民間企業とはそんなものよとの声が聞こえてくるよう。しかし、あっしが思うに、以前に新聞が載せていた「一部若手国会議員のグループであった、むねむね会が“鈴木宗男を総理にする”こともスローガンにかかげていた」ことや「ジョージ・ブッシュをノーベル平和賞に推薦する動きがあった」ことなどと一緒にブラックジョークの最優秀作品に並べられるかも知れない。
それにしても、けったいな世の中になったもんですな。国債の評価と同じように日本もアフリカの開発途上国並みのレベルになるのかも知れませんね。もっともそのころは、天国か??????




O-chanへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 9月 2日(月)17時46分51秒
やっと一人になりましたということだけど、娘さんを送り出したということかな?ところが今度はすぐに 寂しくて寂しくて・・・となるんではないですか?大学時代 S君という友達がいました。彼の下宿先は獣医さんの家、高校生・中学生・小学生の娘・息子のいる家庭で、家族の一員のような扱いをうけて非常に居心地が良いもんで、我々5人の仲間はよくその家に遊びにいきました。
その頃その家のテレビでよく見たのが「夢であいましょう」でした。とにかくS君以外の友達は一人だけのわびしい自分の下宿に帰りたくない、S君が居なくても勝手にその家に上がり込んでいました。そのうちS君は「これじゃ-俺はぜんぜん勉強できない!この家を出る!」と言い出しました。さんざん説得したんですが聞き入れません。そして町中から離れた静かな新しい下宿先へ引っ越しました。我々は全員で手伝いしました。「これでじっくり勉強できるぞ!」と本人は大満足のご様子でした。ところが翌週の日曜日には S君は元の獣医さんの家に帰っていました。我々はさんざん どくつきました。隣の人に聞くところによると、引っ越してきた一日目の夜から 立ってはため息をつき 机に座っては又ため息をつき、ため息のつきどうしで、とうとう心配になって 「どうかしましたか?」と声をかけたくらいだそうです。そのS君今では美人の奥さんにベッタリで、食事の後片付けが趣味だという、一風変わった男です。「なにが 勉強できないだよ!」
O-chan あなたもこのタイプだと僕は思うんだけどな!
鳥星さん 第二シリ-ズ面白いよ! 仮面ライタ-さん! 全く同感です!




シネマの話 投稿者:kazu.k  投稿日: 9月 3日(火)10時47分56秒
チョコレート(原題:MONSTER'S BALL) 2001年/アメリカ映画   ☆☆☆★
2002年第74回アカデミー賞 <最優秀主演女優賞>受賞
2002年ベルリン国際映画祭 <銀熊賞 最優秀主演女優賞>受賞

監督:マーク・フォースター
脚本:ミロ・アディカ/ウィル・ロコス
キャスト:レティシア・マスグローブ:ハル・ペリー、ハンク・グロトウスキー:ビリー・ボブ・ソーン

死刑囚の夫と、幼い息子を交通事故で相次いで亡くした黒人女(ハル・ベリー)。親の愛を求めていた息子が目の前で拳銃自殺した(ヒース・レジャー)ことで初めて人生に必要なものは何であるかを考えはじめた人種差別主義者の孤独な白人男(ビリー・ボブ・ソーントン)。それぞれの家族の死をきっかけに、交わるはずのない2人が心を通じ合わせていく…。深い喪失の淵から、愛を知ることによって人生を取り戻す男と女の新たな出発を描いた、心に染み入るビターなラヴ・ストーリーである。
解説書によれば邦題の“チョコレート”は3通りの形で登場する。主人公がいつもレストランで注文するチョコレート・アイスクリーム。黒人女の息子が母に隠れて食べ続けたチョコレート・バー。だがそれが何より象徴するのは、ハンクが忌み嫌っていた黒人の、そして、後に彼が心から愛することになる女性の肌の色を暗示する。
しかしこれは原題の「monster’s ball」と異なり邦題で「チョコレート」と付けたのだから
少々深読みの嫌いがあり「そこまで言うか」と言いたくもなる。

この映画から感じたものは
 1.車がなければ生活出来ないほど広大なアメリカ(公的交通手段のすくなさ)。
 2.未だに残る人種偏見、女性蔑視(おそらく深南部が舞台であろう・・・Memphisと言った
うな言わなかったような)
 3.男の強さを誇示する昔気質の風土・・・親子三代刑務所の監視員という職業柄かもしれな
いが、とくに主人公の父は身動きも出来ない肉体になりながら、まだ息子を支配しようとしいて、愛情を注ぐことより自分の力を誇示し、「子供は親を一生面倒見なければいけない」と強制する。確かに人道的にはそうであるが、感謝や優しさを示さない、そのようなことは女々しくて悪だと考えていて一歩的な服従を求める。息子は祖父や父に似合わず優しさと繊細さを持っていて、いつも父や祖父から「だめな人間」と評価されていた。その息子とそのことで諍いの結果目の前で息子が自殺してやっと、主人公も最後は父から受け継いできた「人間の強さ」ではなく「男の強さ」を信じるその頑迷さが愚かであることを悟った。

物語の出だしが黒人女の夫の処刑場面から始まり「dacer in the dar     k」のそれとそっくりで、なんとも暗い思いにさせられたのだが、二人とも大きな代償を払わされたにもかかわらず幸せになる予感めいたラストシーンが印象的であった。

おまけ・・・(それにしてもdancer in the darkは暗かったな-・・・)





鳥星さんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 9月 3日(火)11時34分28秒
ツバメについての疑問
ツバメがそれほど戦闘的な鳥だとは知りませんでした。ところでツバメは 先ず日本の南の方に次第に集まり、大集団になって海を渡るそうですが、そのリ-ダ-はどのようにして決まるんですかね?日本にもそのような大リ-ダ-が出てきませんかね?
もう一つ、越冬ツバメは群れを離れたハグレ者ですか?それとも季節感が解らなくなったカタワ者ですか?それとも又別の理由があるんですかね?

Kazuさんは また好奇心が旺盛なのか?何にでも首を突っ込みますね!趣味の多いこと!




鳥 1 ツバメその2 投稿者:鳥星  投稿日: 9月 4日(水)10時15分00秒
さて皆さんの推測はいかがでしたか?
それでは早速その後日談を仁部富之助の著から転記します。

彼は独り者である。その配偶(つれあい)のない彼が屋内の古巣にすむことからして、すでにふしぎである。
が、その繁殖者として資格がなく、したがって巣の必要がないはずの一羽者が、なんのためにこんなに一日中先着の夫婦をおびやかすのであろう。彼はもしや先着夫婦の雌を誘惑しようとしているのではあるまいか、あるいは掠奪結婚をもくろんでいるのではないか。ともかく、彼は終日あばれとうして、やがて夕方になると臆面もなく、夫婦のいる巣とは一間とはなれぬ別の古巣にひとりさびしくとまり、夜があけると、また夫婦にいどみかかる。じつに不可解なのは彼独身者の行動である。
(中略)
その異常の興奮ぶりや、怒気さえも含む態度からみて、ただごとではないから、これはきっと、何か複雑な事情があるにちがいない。
それには、まず恋愛関係が想像される。しかしすでに述べたように配偶関係は厳粛に一夫一婦制で、しかも貞操堅固な彼らに、そんなけがらわしいことがありうるだろうか。けれども、彼ら三羽間の争いは、いろいろの事情から世にいう三角関係を思わせるふしぶしがある。もしや先着夫婦のうちの標識のある一羽と後から来た一羽者とは、前年には相思相愛の夫婦ではなかったのか――。これは第一に考えられることであった。

この疑問はすぐにとけるであろう。というのは喧嘩相手の二羽をとらえて、脚にはめてあるリングの番号と、その戸籍簿とてらしあわせれば、すぐに彼らの素性がわかるからである。で、まず独り者をとらえるために寝込みをおそって失敗したが、その翌晩は難なくおさえることができた。
はたして、彼は昨年のこの巣の親鳥の片割れ、しかも雄親であった。これで先着の標識のある者の素性も、だいたい想像される。
(中略)
やはりこの一羽もまた前年の親鳥―独身者の配偶(つれあい)であった。すなわち先着の雌親とあとから着いた独身の雄親とは、前年には2回まで子をなした仲でありながら、八ヶ月後の今日は、敵となり見方となって血みどろの戦いを続けているのである。しかも、矢面に立って敵と戦うものは、つねに雄親であるとの常識を裏切って、雌親であるから、いよいよもって、あさましいしだいである。


それはともかく、ツバメが春になって古巣へかえるときは、夫婦おそろい――前年の配偶そのまま――でくるのが原則であるが、もし雌雄いずれか一方のちがうばあいは、一方がたおれた結果、やむなく新たに配偶者をもとめてかえるのであろうと前に述べた。だがこのばあいは、意外にも前年の夫婦はいずれも生きていながら、雌は他の雄とちぎって一足先に帰り、雄は独身のままおくれて古巣へたどりついたのであるから、おどろくべき異例である。

鳥星:さて、この先着の夫婦のその後の生活はどうなるのでしょう。
次回ツバメその3に譲ります。
(こんなに長くなる話だとは思いませんでした…)




今多 迷道 さんへ 投稿者:鳥星  投稿日: 9月 4日(水)22時45分57秒
今多 迷道 さんへ

鳥の渡りについては諸説があって、それぞれうなずけます。しかしすべての事象をひとつの説で説明できません。
近因と遠因が作用しているとの説明が妥当かな。近因は温度・日照・餌、遠因は?。
ある学者は気温との関係を調べ、ツバメについてのその渡去日(y)をy=235.256-10.694x であらわしています。
xは9月の最低気温の平均、yは渡去日(1月1日から起算しての通日)です。

渡るときは、地域ごと場所ごとのグループで渡るようです。全国大集合でセイノと渡るのではありません。もっともワシタカは伊良子崎や大隈半島など南方に突き出た半島に全国から小グループが集まり、2週間ぐらいの間それぞれがグループつくって渡ってゆきます。
渡るときのリーダーは特定できません。むしろいないのではないでしょうか。各個体が行くべき方向を承知しているようです。年長者の経験のあるものが帰り道に詳しいということではありません。
あぁ、それから鳥シリーズで今後出てくるカッコウは、親は先に南へ渡ってしまい、その年生まれの子供はずっと遅れて渡去します(渡りの経験がないのに)。
しかし、白鳥や鶴の渡りの最小単位は家族です。家族が集まって団体で渡ります。このばあいは、子供は親から学ぶのでしょう。

それから、渡りをしないツバメ、越冬ツバメはなぜ渡たらないのか?  ・・ですが、この理由に詳しい出典を持ち合わせていません。
推測ですが、渡らなくても餌がとれるから・・・、渡らなくても結構暖かいから・・・、
そんな危険な長旅をしなくても結構ここで暮らせるンジャン・・・というグループなのかな?
「仮に、南へ渡ったツバメが天候異変やその他の事前変動で全滅したとする。渡らなかったグループは生存し続けます。渡らないという行動が受け継がれる。このようにして種は進化する。」・・・というのはどうでしょうか。種があらたに分化するのは案外こんなことかもしれません。
ヒヨドリは、50年以上前は渡り鳥という認識がありましたが、今では周年います。これは環境の変化、特に気温、温暖化がその原因かもしれません。(あるグループは比較的近距離を渡りますが)。

こんなところでいかがでしょうか。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 9月 5日(木)16時42分11秒
先週の続き(親父の権威について)
親父の権威失墜の原因はいろいろあるだろうが、一つの大きな原因は 給料の銀行振り込み制度である。昔は給料日ともなると 奥さんはご馳走をつくり、晩酌も多めにして待っていた。「はい!今月の給料!」旦那が渡す。「ありがとうございます。大変ご苦労様でした!」子供達は毎月この儀式を見ていたのである。ところが銀行振り込みに変わった途端、ご馳走や晩酌は次第に減っていき、何時の間にやら普段と同じになってしまった。子供達は奥さんから小遣いを貰うようになり、旦那まで奥さんに頭を下げて貰いながら「今月は給料少なかったわね!」と皮肉られる始末。
犬や猫でも直接ご飯を食べさせてくれる人が 一番偉いのである。休日ともなると親父はゴロゴロ
粗大ゴミとして又奥さんに怒られる。これじゃ-子供が尊敬するはずがない。
そこで私は考えた。毎月奥さんには一定額の食費を渡し、残りは別の自分の口座に入れるのである。子供にはわたしが小遣いを渡し、特別出費がある場合は、わたしが奥さんにその分を渡すようにしたのである。こうして我が家は親父の権威を保っている。(・・・・と思っている。)
いかがですかな!今からでも権威を取り戻したいと思われる方は 一度試してみたら?「何!もう遅い!、定年を過ぎて収入はゼロ、稼いでいるのは 奥さんの方?」そういう御仁は キッパリと諦めて、主夫に徹するしかあるまい。




雨のち秋。 投稿者:鳥星  投稿日: 9月 6日(金)18時29分52秒
えらい雨です。
これであすからはもう本格的な秋になるでしょう。

数日前に、ルドベキア・タカオという名前の花を3株買ってきました。
どこかハルシャギクに似た雰囲気の花です。
最近の花は和名がないのでいささか不便です。
私が今開設しているHPの中で植物の絵三枚があります。そのうちの一枚が名前がわからずにいましたが、一週間くらい前に偶然判明しました。ハルシャギクです。北米原産で園芸用に栽培されていたものが逃げ出したものだそうです。
フランス・ドービル、昔の映画「男と女」の舞台となった駅のドービル、の田舎町で見つけてスケッチした花の名前がわかってよかったと思っています。




不思議 投稿者:田村道子  投稿日: 9月 9日(月)16時44分30秒
先週の英語表現、いれたはずが今日久しぶりに学校に来てゆっくり読もうと開いてみたら、ない!
たいしたものではなかったから惜しくはないけど、管理者の気に触って削除されるようなものでもなかったし、やっぱり家のコンピューターのせいのようです。大体その前に座るのもこのごろはいやになるほど、我が家のコンピューターとの相性は悪いです。あまり悪口を言うので嫌がらせかな?
仕方がない、今週は少し多めにやろう、でも長いと読まないかな?毎週木曜と思っていたけど、
先週の分を今日やりますね。ただし、ほんの何ことかで。

鳥さんたちがにぎやかに飛び交っている今週のホームページ、烏さんに登場してもらいましょう。
烏は英語で crow 。
何をやるかというと、自慢話です。何かを言いふらしたり、声高らかに自分のとりえを自慢します。
孔雀はむしろ上品に飾り、烏みたいに下品にうるさくわめかなくても、見ていただくだけで充分、
と虚栄の羽を広げます。
あなたは烏、それとも孔雀?
今週はもう一回登場です。木曜日に会いましょう。




田村さんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 9月 9日(月)17時00分27秒
僕はCROWです。いつも自分をより過大に見せようと苦労しています。




今日は快適 投稿者:田村道子  投稿日: 9月10日(火)13時13分05秒
久しぶりに学生の顔を見、偉そうに色々のたまい、すっかりいい気分です。これだから先生はやめられない。これだからつい説教癖がでて皆の顰蹙をかう、まあ、良い事だけではない、必ず2面性はあるからね。私だけいい気になって、学生も同窓生も迷惑を蒙っているパターンだろうけど、かまう事はない。年取ると自分さえよければよいという気質がますます強くなりますね。

なぜ学校のほうはゆっくり書けるかがわかった。ただの怠け者の心理だったようです。コンピューターのせいばかりにしてちょっと気の毒だったかな。

ここがゆっくり書けるのは、私の机の上にこれが鎮座し、朝きてから開けっぱなしだから立ち上げる手間もなく、10分の休みとかにちょっとメールを、なんて気になる。
家だとまずコンピューターが置いてある部屋まで行かなくちゃならない(なにしろ大邸宅だから)。
気候の影響ももろに受ける部屋の環境だから(使わない部屋だから冷暖房は普段なし)、寒かったり暑かったりで、長くいたくない、画面が小さい、立ち上げてからトイレにいき、インターネットの接続をセットしてからコーヒーを入れ、という風に気を紛らわせないとうーんと遅い(重い)、という条件がそろいすぎていた、、、ということがわかりました。
木曜までにせっせとやるので用のある人はなるだけ木曜までにしてね。木曜の夕方以降は多分一回ぐらいしか見ないと思うから。大抵月曜朝、誰かが入れているといけないと、出勤する前にみる程度です。
会社で仕事の合間に書く人も同じ心境かな。いえいえ仕事中にわたくし事をやるなんて、一緒にしてもらっては困る? すみません。

木曜の英語表現は動物についてで、今調べているところ。楽しみにしてね。
昨日の  CROW の例文を載せとくね。鳥さんからそういう注文があったのを忘れていた。
   He crowed about his golf scores.




鳥1ツバメその3 投稿者:鳥星  投稿日: 9月10日(火)20時54分23秒
さて、ツバメはなぜそうなったのかの巻きです。
リングでの確認から暴れ者と先着夫婦の雌とは前年夫婦であったことが判明した。そこで
なぜそうなったのか、仁部富之助は推論する。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
それについて想像することがゆるされるならば、おそらくは次のような事情ではないかと思う。彼らは常夏の国への避寒中、あるいは彼の地から帰る途中に、たまたま夫婦がはなればなれになり、その後ふたたびめぐりあう機会がなかった。そこで、雌の方では雄をもう亡いものとあきらめ、やむなく他の雄とちぎって帰り、雄の方ではひとすじに妻の後を
ともあれ、彼らは合意のうえで夫婦わかれをしたのではないことだけは、たしかである。少なくとも雄にはこの裏切られた女房に未練のあることは事実だ。いや、雌にどのような言いぶんがあるにしても、彼としては女房の身の上を案じて一心に帰りを急ぎ、ようやく古巣にたどりついてみれば、女房は自分を喜びむかえぬのみか、ふらちにも、すでに他の雄と同棲してお産の準備さえもでき、そのうえ、そらぞらしく敵意をしめすのである。だから、どんなにお人よしの彼でも、憤慨するのはむりからぬことである。要するに、この悲劇のおこりは夫婦の離散と律儀な雄親の独身帰還であると思う。
(中略)
けれども、いちがいに雄の肩ばかりもつわけにはいかぬ。雌の行為は、人間的な道徳観ではたしかに不貞の妻であるとしても、彼女には雌親として大きな任務があり、しかもそれはあまりに偏務的に負わされた使命であることを忘れてはならぬ。彼女は繁殖期を目のまえにひかえ、その重大な使命をはたすためには、生死不明の夫、しかもふたたびめぐりあえるかどうかわからぬ雄を待ちうるだろうか。いや、待たれないのが自然で、おそらく大自然がそれを許さぬであろう。いったん彼女にあたらしい配偶がきまると、その配偶者は当然彼女の永劫の夫でなればならぬ。同時に、一度あきらめた前の夫は、あとでめぐりあうことがあっても、それはもはやたんなるみしりごしの(原文のまま)無縁の異性でなければならぬ。いや、そうでなくては、鳥の社会の厳粛な秩序がみだれ、配偶関係が混乱し、動揺し、神聖な種族保存のそのものをはめちゃくちゃになってしまう。
もしも彼女にこころあらば、この意味で不貞のそしりを甘受するであろう。

その後の観察と調査によると――
前夫の雄ツバメは彼の帰還後六日目に突然に姿を消した。じゃまものがいなくなり、夫婦の平和な日が続き、五月三日から八日までに六卵を産み、抱卵期の後雛が孵化した。夫婦そろっての給餌がはじまり順調な生活が続くかにみえたが、今度は突然雄親が姿を消し、雌はひとり育児に忙殺された。
しかし、寡婦の姿の身辺にまたしても重大事件が起こった。それは無標識の一羽のツバメがあらわれたのである。
求婚者がどんなにやっきになってくどきたてても、遺子の養育に熱中するこの寡婦の心は少しも動揺せず、いいよる異性を頑としてしりぞけ、雛には一指だにも染めさせずに、独力でよく母親としての使命をはたした。

「こうして雌親は帰還いらい、波乱万丈、数奇の運命にほんろうされ、一時はその貞操をあやぶまれもしたが、彼女は毀誉褒貶にとんちゃくすることなく、終始一貫、厳粛神聖なるおのれの使命をまっとうしたのである」
と著者は結んでいる。

鳥星:後に現れた無標識のツバメはヘルパーとおもわれます。繁殖まえの若い固体で、育雛を手伝い、将来にそなえてのトレーニングでもあります。多分まちがいないでしょう。他の種の鳥でもヘルパー行動をとるものがあります。
次回はモズです。ご期待ください。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 9月11日(水)10時30分30秒
近藤君にオ-ルディ-ズ・ヒットパレ-ドというCDを貰った。約40年前・高校から大学時代にかけて、毎週聴いていた「今週のヒットパレ-ド・ベスト10」等の番組で、ベストワンの曲が軒並み網羅されている。
私達が高校2年の時・学校での音楽の時間、オンボロ教室ではあったが、佐賀県に一台か二台しかないだろうと言われたビッグなステレオがあり、音楽鑑賞ということでクラシックを聴かせてくれた。そのすばらしい音色と迫力に感動したものである。ところが我々は曲が始まってしばらくすると、皆机にうつ伏せになって”グ-グ-・ピ-ピ-”。曲が終わる頃にパッと目が醒めるという状態であった。私はどの曲も 出だしと終わりしか聴いてないから、はたして途中がどういう曲だったか ひとつも憶えていない。先生の名前は忘れてしまったが、我々がそんな状態でも 何度も聴かしてくれた。当時としては非常にゴ-ジャスな時間を持たせてくれた訳で、佐高にも粋な先生も居たもんだな-と思うのである。
ある日の放課後のこと、誰がいたずらしているのか?そのビッグなステレオのボリュ-ムをいっぱいにあげて「ダイアナ」の曲が校庭に響き渡った。それが又陽気で、リズミックで、とても楽しくて ウキウキと心が躍ってくるのである。それまで聴いていた演歌とは全く違っていたのである。
私は一遍にポピュラ-党に変わってしまった。それからは毎週毎週ポピュラ-番組をよく聴いた。
浪花節党の親父に「なんじゃ-そりゃ-、騒がしかばっかりじゃなかか!」と言われながら。
ところが何回聴いても英語では何を言ってるのかさっぱりわからない。が どうしても憶えたいと思って歌えるようになったのが、最初の衝撃の「ダイアナ」と西部劇「リオ・ブラボ-」の主題歌「ライフルと愛馬」である。悪徳牧場主が荒くれ牧童と大挙して襲ってくるという緊張した場面、嵐の前の静かな一時、ディ-ン・マ-チンとリッキ-・ネルソンがギタ-を弾きながら掛け合いで歌ったのがこの曲である。その何とも言えない雰囲気に痺れてしまったのである。
「ダイアナ」はスナックやカラオケ・ボックスで時々歌っているが、「ライフルと愛馬」は曲が無い。CDやカセットを探してももう廃盤になっていて、どうしても見つからなかった。ところがこの曲が、近藤君のCDにちゃんと収まっていたのである。車を走らせながら 今おもいっきり歌っている。一人で口をパクパクやってると、行き違う対向車の運転手に怪訝な顔をされているが!




今多さん、共感!! 投稿者:田村道子  投稿日: 9月11日(水)13時24分44秒
私も何がきったけだったのかは覚えていないけれど、高校時代は最初から最後まで西洋かぶれ、
小さいジャズの本を買い、一人でよく歌っていた。西部劇のBGも「誇り高い男」など、よい
曲が多かった。リオブラボーは実は昨日の朝のトーク番組でやってくれて、偶然。
紅白歌合戦に臆面もなく出て、「霧のロンドン」を歌ったのも覚えている。管弦学部でバリトンという大きいラッパを吹いて休みもかかさず学校に日参、とにかく音楽しか興味のなかった3年間でした。
次は「魔笛」を聞いてモーツアルトに夢中になり、今多さんじゃないけどドイツ語の歌詞を見ながら一緒に歌い、将来は歌手になろうか、と本気で思ったり。
20ごろになると一つ一つの可能性が壊れて行き、あとはただ流れるだけ。我ながら情けなかった。
今は何でも大好き人間、というふところが広いというか、節制がないというか、そんな音楽好きになりました。
今はやりのアカペラ、もう20年近く歌ってきました。これも何でもござれ、ルネサンス時期の
マドリガル、マントラ(これは難しかった)、武満、グレゴリオ聖歌、ヴォーン ウイリアムズ、
など。
今は笛にはまっています。子供がやっているリコーダー。結構奥が深いよ。ただ息を吹き込めば
必ず音が出ます。
そう簡単にいかないのが横笛。でも構えた格好は縦笛の比ではないし、音ももっと自由。息と口びるの調整でどうにでもなる。ただ、中々大変。そう簡単には音がでない。でも広い草原でピーと響くのは最高。まだやっと音がでる程度だけど、楽しんでいます。私のやっているのは篠笛という笛です。
それと不思議なのは、これまでほとんど気にもしなかった演歌に異常に共感出来る。特にその歌詞に。
聞いていると、そうよね、辛いよね、とまるで体験したかのように、同調出来る。待つ女、すがる女、耐える女なんて何よ、と鼻で笑っていたのに。三度傘シリーズから健さんまでのやくざ者、挙句の果てに「星の流れに、、、」なんてわかるはずのない終戦後の悲哀にじんとくる。
アメリカから帰った時やたらに時代劇を見まくり、前には見向きもしなかったあんこの菓子をむさぼり食った、それと同じ現象かな?回帰現象の一つでしょうか。




田村さんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 9月11日(水)14時37分23秒
僕も今は演歌です。最近の息子達が聴いている歌はもうひとつ心に響きません。我が社には3人の年寄りとあとは20台30台の若い者ばかりですが、カラオケ・ボックスに行っても若い者には付いていけず、苦痛になってきます。会社の中では 仕事は楽しくやろうと、有線でミュウジックを流していますが、以前はジャズ・クラシック・ポピュラ-・カンツォ-ネ・ハワイアン色々流していました。ところが部屋の中が年寄りだけになると、いつの間にやら演歌に変わっています。
結局演歌が一番落ち着くんです。頭の中の配線は 若いうちは柔軟に新しいものに対応して切り替え可能ですが、年を取ってくるとそれが段々難しくなり、結局若い頃から永い間 馴れ親しんだものに回帰していくのだと思っています。




英語表現 投稿者:o-chan  投稿日: 9月12日(木)12時10分48秒
いつの間にか本名を出していたのに今ごろ気づいて、またペンネーム(ばればれの)、昔の名前にもどります。
つばめの世界も一筋縄では行かないようですね。純粋、というのも問題。雌も2羽の雄も、また若い雄も、それぞれ純粋に生きていこうとしているのにね。
悪人より善人のほうがうんと始末におえない、善人は自分は良い事をしてると思い込んでいるから、人が迷惑しても気づかないし、意地悪みたいで注意もしにくい、困るんだよな、という話も聞きました。
最近思い当たる事件があり、私もその困った善人の一人かな、と反省しています。詳細はほとぼりが冷めたころにまだ覚えていれば明かしましょう。

では今週の英語表現

日本では例外なく書類の書き入れの例として、何々太郎、何々花子、とやりますね。英語の書類
には、ただ、名前、としかありません。例まであげないと名前が書けない訳はないし、やり過ぎだよね。

ただ、こうした一般の名前として鈴木太郎、花子、が決まりだけれど、英語ではどうか。

お察しの通り、 John と Jane です。どういう時に使うかというと、例えは身元不明の死体に
John Doe, Jane Doe (アメリカ) John Smith, Jane Smith (イギリス)
Smith は鈴木と同様、多い名前だから、Doe は本の中から取られた様で、理由が今一つわかりません。
ちなみに動物は、犬は 日本はぽち、イギリスではRover。猫は、たま、かな。英語にはありません。
犬は雄、猫は雌、というイメージが強く、体格、性格から来る物で多分世界が共有しているもので
しょう。
そのために雄猫は わざわざ Tom cat と呼び、雌犬は bitch という特に軽蔑的な呼び名があ
ります。
よく知られた罵りの表現で、 the son of a bitch
何故か産まれ方をとやかく言う事で相手を傷つけるらしく、 bastard (私生児 何故か男性に使う)
もその一つ。
男女の喧嘩ではこの  bitch とbastard の2語が飛び交います。

では今週はこれで終わり。我が家のパソコンとその環境にはあまり浸りたくないので、来週の火曜
まで、皆さん、元気でね。




ツバメその3 の記入もれ! 投稿者:鳥星  投稿日: 9月12日(木)20時45分00秒
読みかえしたら落ちていました。
賢明な諸氏はお気ずきとおもいますが…。
以下に再度掲載します。
末尾が(中略)の1行です。

それについて想像することがゆるされるならば、おそらくは次のような事情ではないかと思う。彼らは常夏の国への避寒中、あるいは彼の地から帰る途中に、たまたま夫婦がはなればなれになり、その後ふたたびめぐりあう機会がなかった。そこで、雌の方では雄をもう亡いものとあきらめ、やむなく他の雄とちぎって帰り、雄の方ではひとすじに妻の後を
慕うて古巣にたどりついたのであろう――と、まずこう考えられる。(中略)
ともあれ、彼らは合意のうえで夫婦わかれをしたのではないことだけは、たしかである。




鳥2 風変わりなモズの巣 投稿者:鳥星  投稿日: 9月12日(木)20時51分20秒
矢継ぎ早ではありますが…
鳥 2 モズの巣

さて今回はモズの変わった巣の発見から、なぜかわりものの巣ができたのか、その原因を探る。
昭和六年の中夏、ある若い杉林の枝にモズの巣があった。しかし、木がほそく、自分ではのぼれないので、身軽な子供に内容の調査をたのんだ。ところが、彼は、このモズの巣に屋根がある、としきりにいぶかるのである。だが、もとよりモズの巣に屋根も蓋もあるべきはずがないから、たぶん巣の上の枝に藁くずか何かひっかかっているものと、かくべつ気にもとめず、むしろ一笑にふした。しかし、三四日後の再度の調査のさいにも、ほんとうに親鳥が、卵に雨があたらぬように屋根をつくってある、決して偶然にできたのではなく、親鳥がわざわざつくったのだ、と私が信じないのを不満なようすであった。
(中略)
ところが、雛の孵化ちかい三度目の調査のさいに、卵が何者かにうばわれて巣だけのこっていることがわかった。そこで、この巣をできるだけいためぬように注意してとらせたが、やはり子供のいうとおり奇妙な構造で、ふつうの巣の上部に、あたかも雨露をしのぐために、わざわざこしらえたかのような、巣と同じ材料で、やや部厚な屋根らしい附着物がある。なるほど、これは珍妙なかわった巣である。

いったい、この奇妙な巣は、親鳥が本気でつくったのか。私はおどろきもし、よろこびもしながら仔細にしらべてみると、上方の一見屋根らしいものは、じつは構巣初期につかう粗大な基礎材料で、しかもその材料は、親鳥が、いったん、これだけあつめただけで造営をやめたらしく、材料の種類も新鮮さも下方の巣とまったく同一のものであった。

次に下方の巣、すなわちほんとうの巣は、大きさも材料もふつうのモズの巣である。が、上方の中止した巣からたれさがる無数の長大な材料は、下方で巣をつくるにじゃまになるので、前方の出入りする部分だけ左右におしわけ、その他の部分からたれさがるものは、そのまま手際よく整然と巣の縁におりこんである。だから、じっさい子供のいうとおりに、屋根があるだけでなしに、巣のまわりに簀をはりまわしたかっこうに風よけさえもしてあり、おそろしく念のはいったつくりである。

ところで、このふしぎな造作の巣は、いったいどうしてできたのであるか。上方の基礎材料と、下方の本物の巣との関係は――。これは私にはとうてい、すぐにはとけぬ謎で、謎のまま貴重な標本として保存するよりほかなかった。
(中略)
しかるにその翌年に、さきにのべた意地ばりなツバメ夫婦のつくった巣を見るにいたって、この奇妙な構造のモズの巣もまた、片意地なモズ夫婦の作品ではないかと考えられるのであった。もっともこれはツバメのばあいとちがって、ぜんぜん、その現場を観察していないから、もとよりたしかなことはいえない。だが、このモズの親鳥夫婦も、やはり巣をつくる場所の意見がちがい、たがいに自説を固執して、ついに一本の横に出た枝の上下わずか十数センチ内外の距離に、雌雄がかってに営巣したと仮定すると、もちろん上の巣は雄親のもので下の方は雌親の作であろう。
{鳥星訳注:ツバメの観察事例で、雌雄それぞれが巣をくっつけて営巣し、雄親は途中で雌親の巣づくりに変更して完了したことから}
しかし、その雄親もツバメの雄と同じに、はじめは意地ばって、けんめいに材料を運んだが、やはり単独では基礎工事だけでもてあましたか、それとも飜然とさとるところがあって、すぐに中止したのではなかろうか。

さて、以上の例によって、偶然にもツバメおよびモズの雄と雌との構巣本能に優劣のあることがわかった。しからば地質時代の遠い遠い昔の彼らの祖先が、雌雄ともりっぱな建築家であったが、その後いつとはなしに分業的に仕事をするようになって、しぜん雄の腕がにぶったのであるか。または逆にもともと雌が専門家であるけれども、あとから雄もそれに干与するようになったのか――との疑問を生ずる。

だが、むずかしい進化の経路はどうでも、現在は夫婦ともかせぎである。というても、雌の堂々たる建築技師であるとは反対に、雄の腕がはなはだあやしい。もとよりこの種の自然界の現象をそう手軽に取りあつかうべきではないとしても、今のところ雄親は親切な夫にちがいないが、それはあまりにたよりない協力者である。だから、ときとしてその親切がかえって巣の工程を阻害するようなことがあるとすれば、彼のはたらきは、むしろ苦労性な亭主のおせっかいとなりはしないか。

鳥星:私どもの場合と同じだなぁ…。
皆さん、意地の突っ張りあいの結果、奇妙な結末になったことはありませんか?




(無題) 投稿者:鳥星  投稿日: 9月12日(木)21時10分46秒
He crowed about his golf scores. はゴルフのスコアーをうるさいくらい自慢する、勝ち誇る、でいいのかな。
(WEBSTER'SⅡに乗っていた!)
迷道氏のI'm crow.はよかったな。クロウしているところはウケ!
今頃の反応では遅いけど。
カナデアンロッキーのジャスパー国立公園にMt. CROWFOOTという山があります。
氷河の形がカラスの足のように見えるところからが由来。
ウチノカミサン モ トックニ CROWFOOT!




鳥星さんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 9月13日(金)09時44分12秒
鳥の人生も、いや鳥生も色々あるんですな-。自分も、もっと若い時に、自分の人生というものを もっと強く認識していたら、もっと違った道を歩いていたかも? かなり他人にあわせて、流されてきた部分が 多すぎたのかも? 一方で 自分の人生 そう捨てたもんじゃなかったな-とも思ってるけどね! ・・・・迷い道。




o-chan さま へ 投稿者:鳥星  投稿日: 9月13日(金)22時10分55秒
ウチノカミサン モ トックニ CROWFOOT!

ウチノカミサン ハ トックニ CROWFOOTPRINT!
このほうが正しい?
24&

150

 

2002年8月後半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月 9日(水)21時08分10秒
編集済
  .


英語表現 投稿者:O-chan  投稿日: 8月16日(金)18時49分44秒
和さんの詩は内容と言うよりその時の感触を共有するという感じのものですね。日本人の心には容易に入っていける、読む人の感性の幅、種類、こだわり次第で様々に受け止めることが出来る、西洋の象徴詩ほど押し付けがましくないところがよい、と思いました。
ただ、漢字が読めなくて恥ずかしい。漢字は感じで読んでいます。

さて先週の答え
1のgreen hornは角がまだ青い、初々しいというところから、うぶ、世間ずれしていないので騙されやすい、というところまで及びます。

2のgreen eyedは鳥さんの調べたように、嫉妬で精神に異常をきたした、つまり嫉妬深い、嫉妬した、という意味。

3のgreen fingers はgreen thumb(米国)とも言い、青物に向いた指、ということで園芸の技のある、庭仕事がうまい、という意味になります。

4のgreen X'masは文字通り緑のクリスマス、つまり地域によって雪のないクリスマスをこう呼びます。オーストラリアの一部など12月が夏に当たる地方は緑のクリスマスを祝います。

どれもしっかりヒントを出したつもりでしたが、暑いせいかじっくり取り組み気にならなかったのでしょう。今週はクイズはやめましょう。涼しくなったらまた始めます。

今週は桃色にしましょう。ピンクは日本語ではどうしても風俗にむすびつきますが、英語では全くそのような意味合いがありません。ただ女性に関係して使われる事はあります。例えば、
a pink job これを日本語から連想して女性の昔からの武器を使った仕事と思わないで下さいね。単に女性特有の仕事(昔は)、つまり、秘書とかタイピスト、速記者などの仕事を指します。

また、in the pink などのように顔色がよい、ということで元気一杯、また赤とまではいかない左翼をpinkということもあります。
ではまた来週。もう色事は飽きたかな。




窓辺にて-朝の食事 投稿者:Tea Pot  投稿日: 8月21日(水)09時00分46秒
朝の日の光を浴びながら、丸いテーブルを窓辺に引き寄せて
蔦の模様のテーブルクロス、ワイルドストロベリーのtea cup
メインの皿には一枚のクリスプベーコンとアメリカンベーコン2枚
5分きっかりにボイルドした半熟玉のそばには緑鮮やかなブロッコリー3切れ、茎2切れ
メルティチーズの乗った4分の1の食パンと焼きおにぎり4個
高坏のガラスカップに青紫のブルーベリーがはいったヨーグルト
メロン6分の1切れ、以上今日の朝食でした。

ところで「君よ知るや南の国、オレンジはたわわに実り」という
ゲーテの詩を思い出せないのですが、どなたか教えて下さい。
たぶん「ミニヨン」の中に出てきたと記憶しているのですが。




水曜日の朝 投稿者:鳥星  投稿日: 8月21日(水)09時39分56秒
今朝はいくらか気温が下がり、乾いた風が吹いて、秋めいてきました。
朝食はパン一切れ、ヨーグルト小カップ1個、バナナ1本、それにコーヒー2カップ。
Tea Pot 氏のようなしゃれた朝食ではありません。

さて、きょうは忙しい。
郵便局へ書留の受け取りと振込み。大きくなってきた桜草の株分け。赤い小さなマレーシアレンガの購入(これは庭の那智時砂利の一部に半円形に敷き詰める材料)。洗濯と窓ガラス拭き。住所録の再編集。旅行のスケッチ/モンサンミッシェルの描き直し。
他にいいことないのかなぁ。




木曜日の朝 投稿者:O-chan  投稿日: 8月22日(木)11時53分08秒
いやはや tea potさん、鳥さんよりもっと簡単な朝食(くるみパン、コーヒー一杯)をとり、慌てふためいて出勤したところです。今日は寮に泊まりなので夜も冷凍の焼き飯にインスタント味噌汁という悲しい食事です。

朝食を覗く、というのも面白い企画かもね。tea pot さんに匹敵する献立の人はいませんか。でも焼きおにぎり4個というのは食いすぎじゃない?大きさにもよるけどね。

鳥さん、偉い。洗濯は機械がやるにしても、窓ガラス拭きとは。皆感心する人ばかりで、あまり内輪
で誉めるなと忠告をもらったけど、やめられない。それにしても内輪しかいないもんね。外輪はどこ?
英語表現は明日。楽しみにしていてね。




読書会のご案内 投稿者:田村道子  投稿日: 8月22日(木)16時30分50秒
2回目の読書会を今月24日土曜日11時より私の自宅で開催します。
今回のテーマは韓国。読書会と銘打ってはいますが興味のある人は本を読まなくても構いません。
御参加ください。準備の都合上、出席希望の方は自宅までお電話、またはメール下さい。




迷い込んだハト 投稿者:大山  投稿日: 8月22日(木)20時57分57秒
数日前から我が家のベランダにハト(足に環がついている;伝書鳩)が、常駐(?)。昼間はどこかに餌を求めて飛び立って行ってますが、夕方には戻って来ます。ベランダはハトの糞害で困っています。どうすればこのハト、元の飼い主のところに飛び立ってくれるのでしょうか?<鳥星さん、教えて下さい>
平和の象徴と呼ばれるハトのこと、取り扱いに困っています。どなたか名案を教えて下さい。




大山さんへ 投稿者:鳥星  投稿日: 8月22日(木)22時58分57秒
そのハトはドバトですか、キジバトですか?

キジバトは全体が茶色っぽい鱗模様に首のところに青みがかった鱗模様あり。
ドバトと伝書バトは同じ、羽に二本の帯状の模様があり首周りは金属光沢の濃い目の羽毛があります。

キジバトだったら大発見です。標識調査で足輪をつけたもの。ただし足輪は金属(アルミ風)です。捕獲できたら、その番号を「山階鳥類研究所」へ連絡を。

ドバト=伝書バトだったら、誰かが飼っている個体です。朝夕に群れて飛翔しているところを見たことありませんか?

いずれにしても(ハトには気の毒ですが)網で捕らえて、足輪の文字をみてください。
成功してもしなくても、ハトはおどろいてどこかに行ってしまいます。
餌など与えるとかえって居ついてしまいますよ。




されど我らが日々・・・・ 投稿者:月間読書人  投稿日: 8月22日(木)23時44分07秒
台風13号が去って、それまでの蒸し暑さがウソのような涼しい秋のような天候が続いてます。鳥さんはじめ、皆さんそれぞれ含蓄のあるメッセージ面白く読ませてもらってます。読書会も参加させてもらいます。「韓国」というテーマゆえ、「在日」問題に詳しい渡辺一夫さんも誘ったけど、ちょうどその「在日」の人たちの演劇に誘われてて残念だけど・・・・・といってました。
さて私が落書きできるのは、好きな本の書評ぐらいなので以下の本を。
 新宿発アマゾン行き
―女ひとり、異国で開いた小さなバーの物語―
                     佐々木美智子(文芸春秋)

 著者は1934年北海道根室市生まれ。戦争がはじまり牧場経営の夢を絶たれて召集された兄は近衛兵になることを拒んでリンチに遭い死亡、敗戦。兄の死にショックをうけ母は新興宗教に入会。荒涼とした風景、家庭が崩壊していくなか、20歳のとき好きな男性ができて、家出同然に函館へ。そして2年で離婚。22歳で上京、美容学校にはいるが、「お金儲けだけでない、本当に自分が打ち込める何かを探したい」と新宿で屋台を引き、それから日活撮影所を経由してカメラマンを志して写真学校へ。時は学園闘争の60年代後半、写真を撮りデモに参加し、新宿ゴールデン街でたった3坪の「むささび」という飲み屋をはじめる。常連は写真学校の友人たち、日大・東大全共闘の学生、ジャーナリスト、芸人、物書きなど。ここで日大全共闘議長だった秋田明大と恋愛、3年後に歌舞伎町で50坪の「ゴールデン・ゲイト」という店をはじめる。
 色んなことがあり一年十ヶ月で店を閉め、日本に絶望してリュック一つでモスクワ回りロンドン経由スペインへ、そこからアルジェリア、チュニジアへと一年の旅。この旅で海外で生きる方向を定め、資金を準備するため帰国。再び新宿ゴールデン街で「黄金時代」を開いて3年、79年1月ブラジルへ向かう。それから、アマゾン川中流の都市マナウスでレストランバー「ミモザ館」を経営して9年、サンパウロで図書館を開いて4年・・・・とその時々の苦難、挫折、転機理由など説明しなくても、なんとも果敢な、無鉄砲な生き方と言うか、波瀾万丈の女の自分史がある。

 当然のことであるが、副題に「女ひとり、異国で開いた小さなバーの物語」とあるように、本書はアマゾン・マナウスでの9年間、サンパウロでの4年間のブラジル滞在13年間の記録が主となっている。だがそうなった伏線として、著者の心の軌跡をたどるため、そのバックグラウンドとして新宿ゴールデン街など、日本での生活や風景が描写されている。紙枚の都合で多くの感想を述べることができないのは残念であるが、ともかく著者の並外れたバイタリティと楽天的な精神の自由さはうらやましい限り、それも何か事あるごとにたくましくなっていく感じである。
 どこか甘くうら寂しい郷愁を誘う70年代前後の新宿ゴールデン街、そしておおらかで危険いっぱいの90年代のブラジルでの風物詩、いずれも私の感傷を大きく波だたせてくれるのだが・・・と同時に著者のような精神さえ持てれば、リュックひとつで海外のどこえでも行けそうな気がするもの・・・・・。




月間読書人さん 投稿者:kazu.k  投稿日: 8月23日(金)09時40分53秒
いつも良い本の紹介感銘します。
ところが毎日山積した仕事に追われ、なかなか紹介された本を読む時間がありません。
とはいうものの、食事後のスポーツやニュースなどのTV鑑賞をやめれば持ち帰った仕事をこなしてもなお寝るまで1時間くらいの読書と1時間くらいの音楽を楽しむ時間は作れるのですが・・・。いつも机の上には読みかけの本が5冊くらい積んであります。そのなかには図書館から借りたものも2・3冊あり、時々返却するよう催促の電話をもらい、あわてて継続の手続きをしに行きます。そのうち秋になればなんとかそのような時間をつくってみたいと思っています。




英語表現 投稿者:田村道子  投稿日: 8月23日(金)11時38分29秒
とりとめなくやるか、それともこの3回やったようにテーマを決めてシリーズでまとめるか迷っています。読者の意見がききたいものです。それともどうでもよいのかな。とりあえず今日は単発で行きます。

brainchild
頭の良い子、ではなく、脳がうんだ子供、文字通り頭脳が産んだ創造的な物を言います。例えば、

The floppy disk was the brainchild of a Japanese inventor.
(フロッピーディスクは日本人の発明家が生み出したものである。)

brain は脳なので brain death(脳死) brainwash(洗脳) brainwave(脳波)などありますが、
brainstorm は面白いことに英米で受け取り方が違います。

脳を襲う嵐、ですが、アメリカでは良い方に、つまりふと沸き出した考え、アイデアをいい、brainstorming の会議と銘打ってアイデア出し合ったりしますが、イギリスでは同じ嵐が悪く吹いて、精神錯乱、という意味になります。

ではまた来週。

大山さんの話を読み、子供のころ県営アパートのベランダにやっぱり鳩が巣を作り、卵をかえした
のを思い出しました。確か白い鳩だった気がします。そこで質問。ドバトもキジバトも白くなさそう
ですが、白鳩もいるよね。これは何でしょうか。ドバトの白子かな。

読書人さんの本の作者の生き方についてはきっとこの一週間頭から離れないでしょうが、感想などは
また小出しに書きますね。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 8月23日(金)15時40分56秒
ちょっと古いんですが 今年の4月大宅壮一ノンフィクション賞が発表され、米原万里さんの「嘘つきア-ニャの真っ赤な真実」が受賞しました。彼女は 国際会議やテレビの同時通訳。ゴルバチョフ、エリチン、サハロフなどの来日要人の随行通訳を務めたその道の有名人らしいんですが、彼女の「受賞の言葉」を読んでショックを受けました。読んだ方もおられるかもしれません、チョット長いんですがそのままご紹介します。これを読むと我々が斜光の原稿書きに苦労するのなんか、甘っちょろいもんです。
二足のワラジのつもりだった。物書きとしてネタの宝庫たる通訳現場を離れるわけにはいくまい。
通訳業の産業廃棄物をチョコチョコっとリサイクルして、出版業界に流しては甘い汁を吸っていこうと。ところが甘いのはこちらの読みだけだった。第一原稿締め切りと会議通訳の準備が両立する程 編集者も顧客も寛大ではない。それに原稿書きと調べ物は やればやるほど増えていくという恐ろしい生業だ。いつの間にか片足がズルズルと深みにはまり、通訳現場で踏ん張るはずのもう一方の足もろとも 身体ごと引きずり込まれている恰好である。バリバリの現役通訳時代は 月百万を軽く超えていた衣装代が 限りなくゼロに近づき、毎日入っていたはずの御風呂に何日も入らなくなり、そのうち朝顔を洗い、歯を磨き、髪を梳かすことさえ省略するようになった。それもただただ原稿書きに追われるが為に。時々己のおぞましい姿を鏡の中に認めてハッとする。こんな風に人生最後の日迄 突き進んでしまっていいんだろうか?これからはそういう時、今回の賞のことを思い出すことにしよう。「それでいいんだよ!」と囁いてくれるだろう、悪魔のように。
あっ勿論 受賞式には 斎戒沐浴して臨みます。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 8月28日(水)09時54分04秒
たばこ
団 伊玖磨に「パイプのけむり」という 恰好の好いタイトルのついた随筆がある。明治37年明治政府は日露戦争の戦費調達目的で、たばこ産業を民営から官営に転換、4種のたばこを発売した。
本居 宣長の「敷島の 大和心を人問えば 朝日に匂う 山桜花」という句から取った敷島、大和、朝日、山桜である。当時たばこは 日本の命運を担い、全幅の信頼を受けた隆盛期あった訳である。勿論嫌煙なんて言葉も無かったはずである。ところが昨今は ビルの片隅で何か罪悪人みたいに小さくなってたむろしている姿や、家庭では暗がりのベランダで一人寂しく煙りを吐いている姿しか見なくなった。受難の時代である。近藤君は小さい頃、親父が書斎の机で 煙をくゆらせながら考えにふけっている後ろ姿に、「恰好いいな-!」と思ったそうである。もうこれからは子供が「恰好いいな-!」と思えるような姿を見る機会は 無くなってしまったのである。親父の権威がまた一つ無くなった。




・・・・・・。 投稿者:kazu.k  投稿日: 8月29日(木)16時00分46秒
夏ばて・・・。
しばらく休養。
9月になったら活動する心算。




煙草好き 投稿者:鳥星  投稿日: 8月29日(木)22時09分47秒
女房がいないときは自分の部屋でゆっくりと紫煙をくゆらす。
女房がいるときはベランダで、暑いときも寒いときも、夜は月星をながめて。
昼のベランダも夜のベランダもなかなかいいもんですよ。

夏休み、夏バテ、遊び疲れ、働き過ぎ・・・のひとが増えましたね。
そんなときには是非煙草をどうぞ!!!




一人になりました 投稿者:O-chan  投稿日: 8月30日(金)20時32分51秒
昨日1ヶ月半の同居人の送りだし、やっと一人になりました。楽しかったけど、くたびれた。こんなもんでしょう。英語表現は明日にします。なにしろ暑い。長くPCの前に座っているのが辛い。大急ぎで迷道さんお素敵な話を読み、また明日、ゆっくり味わい直します。
ではまた明日。
いつも木曜に出しているのに、無断で書き忘れたので言い訳に書いています。




!? 投稿者:鳥星  投稿日: 8月30日(金)20時43分30秒
さて、明日で8月が終わる。
みなさん、宿題は終わりましたか?
当方終わったと言えば終わったような・・・。

この10日間ほどは書き込みがなくて。
誰か居るだろうと思ってドアを開けたら、シラーッとした無人の部屋・・・てな感じですね。
開いて何もなかったら、なんでもいいから落書きをして退室するようにしましょう!




!!! 投稿者:鳥星  投稿日: 8月30日(金)20時45分31秒
!?の落書きを入力したら、おなじみのO-chanの落書きが入ったばかりでしたね。




迷い込んだハト;解決! 投稿者:大山  投稿日: 8月30日(金)22時20分16秒
8月22日のこの欄でベランダに迷い込んだハト。鳥星氏のアドバイスをもとに足環に記載されている電話番号に電話。どうなっているのか、いつかけても不在。仕方がないのでそのままにしていたら、毎朝何処かに飛び立ち、夕方ベランダに戻って来る生活を続けていました。ところが、昨夜から見当たらなくなり、もう2日間戻ってきていません。平和の使者として、何処かに旅だったのでしょうか?それとも連れ合いでも出来て、どこかで新生活を営み始めたのでしょうか?




鳥シリーズ第2弾 投稿者:鳥星  投稿日: 8月30日(金)22時25分02秒
仁部富之助「野鳥の生態」

「陸羽132号」という名前の冷害に強い稲の品種があります。これにより東北地方における稲作は安定しました。これは品種改良の歴史の中で画期的なことでした。この品種の作出に貢献した仁部富之助。彼は在野の野鳥研究家でもありました。

著者は明治15年12月15日、秋田県由利郡岩城町に生まれる。明治34年3月、後の秋田県農業学校を卒業し、花館村(現大曲市)の農商務省農事試験場陸羽支場に奉職。
明治40年前後は、東北地は気候不順による凶作が続き、東北の冷害がようやく問題となりはじめたころでありました。
陸羽支場ではその対策に腐心したが決め手がありませんでした。富之助奉職10年目のころです。彼は冷害に強く収量の多い稲の品種改良に従事しました。
山形の篤農家が作出した「亀ノ尾」は美味と多収穫で、秋田の醸造米としても知れ渡っていました。しかしこれが冷害に弱い。これに強靭な雄性を、奨励品種5百品種から選出する作業が続き、選ばれたのは米質の悪い「愛国」。これ以降は系統分離種法というやっかいな作業を経てようやくこぎつけた人口交配は大正2年のこと。
人口交配。「亀ノ尾」の雄しべに「愛国」の花粉を振りかける作業、わずか2日の作業で富之助は5キロも体重が減ったそうです。
さてこの交配株から得られる籾粒は20-30粒と期待していたのですが、わずか2粒でした。この2粒があの有名な耐冷害品種「陸羽132号」です。

著書「野鳥の生態」全5巻。大修館書店発行。これを1981年9月購入。1951年(昭和26年)光文社発行の全集「野鳥の生態」3巻のうち上中の2巻を見つけたのは1987年11月でした。
鳥見を始めた当時、鳥のファーブルと評される彼の観察力、発想、実験計画、工夫、忍耐、洞察力に感嘆しました。


今、しばらくぶりでこの著を読みかえしながら、いくつかを紹介し、私の体験も付け加えて、身近な鳥の世界をシリーズでお伝えしようと思います。
 次回以降ご期待ください。




休息中にかかわらず御報告 投稿者:kazu.k  投稿日: 8月31日(土)08時34分42秒
ここ一週間ほどほとんどこの欄に投稿がなく、この異常な暑さに皆さんも夏ばてかと心配していましたが、再び不死鳥のように甦った元気な、エネルギーに満ちた姿を見て安心しました。

なんと昨日一日で23のアクセスがありました。休息中を宣言した小生ではありますが、嬉しさのあまり起き出してそのことを報告します。   

148

 

2002年8月前半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月 9日(水)20時22分28秒
編集済
  .

アツイ!!!! 投稿者:鳥星  投稿日: 8月 1日(木)21時16分48秒
私の部屋の古い扇風機をブンブン回しても、ちっとも涼しくない。
これじゃ 蒸し風呂だ。
書き込みヤーメタ。




月間読書人さんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 8月 2日(金)09時41分05秒
日本百名山に挑戦のようですが、同じ事を目標にしているのが僕の小中学校時代の友達に居ます。もう40台に乗ったようで、いつも絵ハガキの報告書が届きます。こういうのは誰か聞き役がいないと張り合いがありませんからね。先日きつそうでない山に登る時は連れていってくれと頼んだら候補の山が いずれも2千5・6百メ-タ-の山でしたので、恐れをなして、ご遠慮申し上げました。




英語表現第?回 投稿者:O-chan  投稿日: 8月 2日(金)12時14分37秒
10回を越すともう覚えていられません。ただの英語表現というタイトルに変更します。
忠さん、よい夏を過ごしていますね。体を動かし耳を傾け美味しい物(もちろんビール)を味あう。

私も古賀恵義さんに教わったダンベル体操で眠気を払い、シャワーを浴びたあと、おいしく朝御飯を食べ、後はパソコンに向かったり家の片付けをしたり、どうもあまりさえない。ダンベル体操は夜寝る前にやると効果が抜群らしいけど、夜はもうぐたぐた食べたり飲んだりですっかり寝る気になり、歯磨きがやっと、というだらしなさ。気持ちスマートになったよう、実際は変わらないみたい。

前置きが長過ぎました。
さて今日も赤でいくかな。
red-carpet はお馴染みですよね。丁重なもてなし、扱いを意味します。日本でもお雛様は緋毛氈だよね。
red-blooded は赤い血、という訳で意気盛ん、動詞で see red 赤を見る、つまり目の前が真っ赤、かっとなる。
さて本番。あまり赤との関係が明白でないけど、よく使われるのが red tape。赤いテープは何を意味しているのでしょう。辞書を引けばもちろん載っていますが、考えてみませんか。ちょっときついかな。でも珍答迷答も面白いじゃないですか。遊んでみましょう。

ヒントとしては職場など、仕事に関係して使います。




わかったよ。 投稿者:鳥星  投稿日: 8月 2日(金)19時36分41秒
考えても思いつかずに・・・辞書を引いて。
お役所的手続・・・何故でしょう? 仕事が同じことを繰り返しやるから? でもRedは?

Red breast:コマドリ [赤い胸をしてますが、コマドリはRobinといいます。鳥星]
Red wing:ワキアカツグミ
なども載っていました。                     編集済




ツバメの雛があぶない! 投稿者:今多 迷道  投稿日: 8月 5日(月)15時36分43秒
わが事務所は建設会社(家主さん)の三階に間借りしている。今年の春 ツバメが玄関入り口の真っ正面に巣作りを始めた。人が出入りする真上にあたるところにである。これじゃ-ツバメの巣は叩き壊されるだろうと思っていたら どうも壊される様子はない。そのうちツバメの糞が玄関に落ち始めた。するとその位置にダンボ-ルが敷かれ、”ツバメの糞にご注意下さい”という張り紙が貼られた。
ところが玄関である、人の出入りが頻繁である。親鳥が帰ってきたところで 人に出くわすとUタ-ンしてどこかへ逃げていくのである。その繰り返しである。ピ-チクパ-チク黄色いくちばしを大きく開けて餌をねだっている姿は、僕は一回しか見ていない。普段極めて静かである。雛がまだ居るのか居ないのか?同僚に聞いてみると、”親は時々帰ってきてるみたいですよ!”それにしてもいつまでも静かなのはおかしいと思っていたら、今日子供の姿を確認しました。一応ホッとしたが、よく見ていると2匹か3匹しか姿が見えない。それに子供のくせに泣かないし、元気も無いのである。今ごろはもう巣立っていてもおかしくないのでは?餌が少なくて成長が遅れているのでは? 鳥星さん どう解釈したらいいんでしょうか?




今田 迷道 さんへ 投稿者:鳥星  投稿日: 8月 6日(火)07時37分02秒
ツバメ

いま時分の雛は二番子(にばんこ)です。春に一番目、6-7月に2回目の繁殖をします。
親が近くにいない限り雛は静かにしています。しょっちゅう鳴いていたら外敵に狙われやすいからだし、また無駄なエネルギーの消耗にもなりますから。
このところ暑い日が続いていますのでいくらか元気がないのかもしれませんね。でも人がいないときを見計らって、親鳥はしっかり餌を運んで来ているはずです。
様子からするとあと1週間もしないで巣立ちするのかもしれませんね。なぜなら、餌運びの頻度が少なくなるのは(…親鳥があまり頻繁に来ない)、巣立ちの準備をしているからです。
2-3羽の雛はかなり大きくて、喉のあたりが薄い茶色味を帯びていませんか、そして巣から伸び上がるように、立ったりしていませんか。
そんな状態だったら、始めに孵化した成長の早い雛はすでに巣立ちをしています。近くの電線などにとまって、親鳥から餌を貰っている雛を見かけませんか。

いずれにしてもそう心配しなくてよさそうです。


二番子の育雛(いくすう)で餌運びをするのはその雛の親とは限りません。一番子が給餌に携わります。この行動をする個体をヘルパーといいます。将来の自分の繁殖のために、トレーニングをしているのだといわれています。ヘルパー行動はすべての鳥がするわけではありません。種類は限られています。
                                     おわり



シネマの話 投稿者:kazu.k  投稿日: 8月 6日(火)10時12分16秒
H.G. Wells原作の 宇宙戦争、 透明人間、月世界旅行等の有名なSF小説の一つ
であるタイムマシーンの映画を見た。

The Time Machine
[SciFi/Action/Adventure]
製作総指揮 アーノルド・レイボヴィット / ローリー・マクドナルド イ
製作 ウォルター・F・パークス / デビッド・バルデス
監督 サイモン・ウェルズ
脚本 ジョン・ローガン
原作 H・G・ウェルズ
出演 ガイ・ピアース / サマンサ・ムンバ / ジェレミー・アイアンズ

1890年代のニューヨーク。冬。雪の降る公園で、結婚の申し込みをした、その日に恋人のエマを暴漢に殺された、物理学教授アレクサンダーガイ・ピアースは、4年をかけてタイムマシンを完成させた。彼は4年前のその日に戻り、エマを助けようとするが今度は交通事故によって亡くなってしまう。「過去は変えられないのか?」という命題を求めて、彼は80万年後の世界に旅立つ。

この映画を選んだのは小生として「この暑さで頭が狂った」としか思えない結果であった。
そんな予感はあった。隣で上映の「海辺の家」を止めてH.G.Wellsの名に惹かれた連れ合いの意見に従ったまでである。

その映画の話はお粗末で、タイムマシーンの時空の旅の最後は必ず元に戻るのが筋であろう。そして「過去は変えられないか?」という命題の解答もないまま、80万年後の世界でそのマシーンを壊してしまい帰れなくなったというお粗末な話。その続きの第2作を目論んでいるであろうか・・・。
結論として見ない方がよい。金掛けて作る労力と時間の大いなる浪費、従って今回の批評として☆なし。

はずれもまた経験のうち。今度は良い映画を紹介するからね。




鳥星さんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 8月 6日(火)15時45分42秒
先生の言う通り 今朝会社へ入る時にしばらく覗いていたら、ツバメが二羽飛んできました。親鳥が飛んできたのかと思いましたが、よく見ると型が小さい。子供たちだったのです。もう飛行訓練中だったのです。巣の中には一羽しか見えなかったので間違いありません。立派に成長していたんです。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 8月 8日(木)10時21分27秒
先週8月3・4日、横須賀は開国祭で賑わった。黒船が浦賀沖に姿を現し、開国から150年目が来年にあたる。従って本番は来年、今年はその予備練習ということであった。
黒船来航時、日本国中大騒ぎとなり、黒船を一目見ようと色んな人が横須賀を訪れているが、坂本竜馬もその一人 彼は妻のお遼さんを同道した。ところがそのお遼さんが発病、横須賀でなくなっている。お墓が横須賀にあり、毎年11月にお遼祭なるものが催されている。
ところで坂本竜馬は誰が殺ったか?はいまだはっきりしていないが、司馬遼太郎は直参の佐々木唯三郎説をとっている。当時の京都には新選組のほかに見廻組があった。直参の子弟から志望者を募って組織し、官営テロの指揮を取った。佐々木唯三郎は特命があった場合、その都度腕ききの者を選んで出動、清河八郎の暗殺もやっている。
刺客がいかに腕達者だったかといえば 竜馬が受け止めた鞘ぐるみの刀を、打ち込んだ刀で 鞘を削ぎ 刀身まで削いでいた。坂本は初太刀で頭をやられて ほどなく死んだが、中岡慎太郎の方は めった切りにされながらも 数日生きて死ぬのだが、かすかな意識のなかで 立ち去って行く敵が 小唄と詩吟をうなってゆくのを聴いたという。中岡は「たいしたものだ 幕府に人無しと見くびっていると ひどい目に会うぞ!」
当時 殺すも殺されるも 双方スポ-ツの様に 乾いた気持ちがあったのかもしれない。




お元気ですか 投稿者:O-chan  投稿日: 8月 9日(金)12時46分17秒
暑い暑いと久しぶりに仕事場に復帰。何と今日は日直なのです。色々仕事を持ってきましたよ。
メール、手紙の返事、書類の書きこみ、本(読書会のため)、そしてゆっくりホームページに
も書きこみましょう。家では臨時の同居人がほとんどPCを専用しているので、中々落ち着いて
書けません。

近況としては非常に金運が悪い。がっくりきています。損害保険を2つ、火災保険、地震保険
に入っていた大成火災が例のテロ事件がらみで倒産し、掛け捨ての地震保険以外、満期が七割
強しか返ってこない、と通知がありました。誰のせいでもないにしてもショック。けがなど全く恩恵を受けて来なかったこともあり、損したーという気持ち。
その上、勤務先から年金の決定額が通知され、何と年54万円。主婦とフリーが長かったから
仕方ないけど、これでは万一の時はと思っていた生活保護も夢ではないかも知れない。築31年にもなる我がマンションの修理積立額も値上げになるようで、月4万いくらでは管理費を払うとあまり残らない。高額所得者の収めた税金で何とか生き延びるのも世の巡り合わせ、ということになるかな。怠けてきた訳ではないよ。運が悪かっただけ。
三億円ジャンボはもちろん買いました。でも今まで300円以上は当たった事ないからなあ。
と、しょぼい話ばかりしても面白くないので(他人の不幸ほど楽しいものはないとも言うけど)、
この一週間のホームページ批評といきますか。
迷道さん、ほんとに有難う。楽しくためになる話ばかり。話の種類が一定でなく、バラエティに富んで、教養と趣味の深さが窺えます。どなたかは存じませんが、どうかこの調子で続けてください。
何より頻繁に書き入れて下さるのがとても嬉しい。

鳥さんは今更ながら驚嘆します。彼の鳥に関しての知識はすごい。紙の上ではなく、実地の知識だからね。彼とはそれ程長い付き合いではないけど、ひょんなことから奥さんと意気統合し、お互い電話で本人の悪口を言い合っています。奥さんの場合はこれものろけ。
鳥というだけではない、彼は自分が興味を持った事柄については徹底している。仕事、絵、植物、習い始めた英語、全てきっと同じレベルでしょう。ジオスなんかに大金を払わないで私のところで格安に教えることにします。ふー、これで少し生計のめどが見えてきたかな。

和さんは斜光を本気でしっかり考えてくれている大事な幹部です。こだわりを持つという私には縁のない、だからこそこれまた驚嘆する人。狭間シリーズでもわかるように、じっくり物事を見極め様という態度、私にはもちろんない性格。つい茶々を入れたくなってしまうほど真面目。私の憎まれ口をまともに取る人は少ないから、これも楽しみ。へっへっ、反省の色なしね。
だから例え斜光が先細りになり、読者も投稿者も少なくなってきても、ごそごそと自前で印刷製本(ほっちぎすでとめても)する仲間の中にいるでしょう。もちろん私も。私の場合はこだわりではなく面白ければOK。

読書人さん、こだわりというか、彼の中に私はまだ生き生きとした青春の香りをかげそうな気がする。昔はすぐ反応していたものに時間がかかり、そのうち反応すらしなくなるような、そんな恐れを自分の感性に感じるこのごろです。本を読んでもそうか、というだけ、時には大きな?印を残したまま、欲求不満を感じることもなく、そのまま過ごしてしまう。そんな中、多くを得るにはこちらにもそれなりの覚悟と積極性がなければと、彼の書評を読んで我が身を戒めています。

そして仮面ライターさん、どうしていますか。最近あまり姿を見ませんが。私にとって憧れの人です。本性がわからないからこそ、言いたい放題がいえるけど、やっぱり知りたい気もする。社会という私にとってはどこからどう扱ってよいかわからない怪物に、なんとか少しは近づく方法を示唆して
もらった気がします。またよろしく。




お元気ですかパート2 投稿者:O-chan  投稿日: 8月 9日(金)12時54分51秒
あまり長くなったので一度に入りきれず、パート2にします。もっとも話は全く関係ないから、
慌てて書き入れる事もないけどね。あまり長いと読む気がしないかな。

今日職場に来る時に乗ったタクシーの中で面白い話をラジオで聞きました。
ある映画監督との対談で、映画の名前は覚えています。「アレクセイと泉」というチェルノブイユの事件で汚染され、人が住めなくなった場所の中にこの村があり、どういう訳かそこの泉の水は汚染されていないので50数人の人々がそこに居ついて生活をしている、というドキュメンタリー的な映画のようでしたよ。映画監督は坂本に音楽を頼みたかったけど、全く知らない人だったので、知人を通して依頼し断られ、ヴィデオを送りつけ、それを見た坂本はそこに小さい希望を見出し、それからは溢れるように音楽が次々と生まれ、長すぎたくらいだったそうです。坂本はテロの時ニューヨーク暮らしで(今も)あれ以来恐怖にさいなまれ続けてきたそうです。戦争はやらないという趣旨の小さな団体も作っては見たものの、音楽活動にも支障があったほどのショックだったそうです。それがその汚染された植物などと共に生きていく人々、何故か清らかな水を生み出し続ける泉、の中に彼が希望を見出したんだそうです。どんな映画か見たいですね。でも商業レヴェルで出でしょうか。誰か情報を得た人は教えて下さい。
とりとめなくてすみません。短い時間で途中でついてしまったし。
この前NHKで著作権のことをやっていて、ディズニーの物にアメリカが企業利益を保つため、中々著作権を外さない、という話でしたが、その番組のテーマ音楽が坂本竜一で、彼はパブリックドメイン(公の領域)という考えを尊重したいと言っていました。自分の音楽の著作権といっても、ある意味で本当に自分固有の音楽ではない、昔の多くの作曲家の作品のつなぎ合わせのようなものだ、という考えです。死んでしまった人が著作権なんて主張することも出来ないし、するはずもない、というのがこの考え、やっぱり商売に毒されているんでしょうね。

英語表現は明日にします。じゃまた明日。




O-chanさんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 8月 9日(金)14時28分36秒
僕もあまりお金には縁がないほうですが、2年程前銀行員に勧められて宝くじを買いました。それがなんと10枚のうち1万円・3千円と3百円と3枚当たっていました。こりゃ-自分にもお金が廻ってくるようになったのか?とおおいに期待をして、その後ず-と買っていましたが、3百円しか当たっていません。それで半年ほど前からもう買っていません。それでも 貴女より僕のほうがいくらかお金に縁があることがわかって 幸福です。
しかし 買い続けている貴女のほうに 一発逆転の可能性があるわけで、そうなることを祈ってます。僕は明日より、9日間の夏休みにはいります。しばらくご無沙汰します。




消夏法 投稿者:大山  投稿日: 8月10日(土)08時05分09秒
 連日の猛暑、小さい頃は家にエアコンなどはありませんし、このようなものはなくて夏を過ごしていました。今はエアコン無しでは、とてもこの猛暑乗り切れません。「・ん十年前」は、<うちわ、うち水、怪談、お化け屋敷、木陰、>といったようなもので「涼」をとっていたような気がしますが、みなさんいかがですか?
 「暑い!暑い!」と言っている内に暦の上では、立秋も過ぎましたが、この暑さはまだ、当分続きます。この当分続く暑さを乗り切る良い消夏法あったら教えて下さい。



英語表現 投稿者:O-chan  投稿日: 8月10日(土)11時20分15秒
大山さん、暑さを押さえるのが無理なら、忘れる、というのはどう?つまり、何かに夢中になれば暑さ寒さを忘れる。心頭滅却すればなんとやら(果たしてこの字でよかったかな?)、さあ、お勉強に夢中になりましょう!

英語の時間です。
先週の答えはずるした鳥さんの正解。ずるも上手にやれば別にどうということはありません。もちろん人に迷惑をかけたり、自分だけよい目を見ようというのはだめよ。

英語に入る前にまた雑談を一つ。先週は色、赤を使っての英語表現だったよね。
今月末の読書会のために韓国語についての本を読んでいます。くだけた調子の内容なので楽しく読めますが、その中に色の話が出てきます。日韓語とも色の使い方がよく似ている。それだけでなく、「色」という単語そのものを別の意味、つまり「性的」に使うところまで同じだそうです。

色目、色事、色気ちがい、色っぽい、色に溺れる、色を好む、俺の色、など、多いですよね。欧米語にはないと思います。一体どこから来てるんでしょうね。

英語には色を使った表現はそれ程多くありません。今日は緑にしましょう。。
1 青物 2 まだ青く熟していない、つまり未熟だったりうぶだったり 3 枯れていないまだ青く元気 4 青ざめた、心身に異常があるの4通りの内容です。緑の色から推測できるものばかりですね。さてそれではクイズ、ずるしてもよいよ。
次の表現を上の内容と照らし合わせて、意味を当てて下さい。
a. green-horn b. green-eyed c. green fingers d. a green X'mas

もちろん、ひねった問題ばかりだよ。
それにしても日本語は緑の代わりに青を使うんだよね。これもちょっと解明してみたい。はまた来週。




大山さんへ 投稿者:鳥星  投稿日: 8月11日(日)21時39分16秒
暑さを凌ぐ方法
その1. 暑いときは暑さをたのしむ。
     夏のない国のひとは暑いところをあこがれます。暑いのもいいなぁ~。
その2. お庭があれば夕方水撒くだけで2‐3度は下がります。風が吹くとまたなんとも    いえない涼があ     ります。
     マンションの方はベランダに。これ最高。
その3. プールに行く。市立、町立のスポーツ施設へ(料金が安い)。
     男性だったら、キレイな若い娘を見るだけで暑さを忘れます。でも、大昔オ
     ネェサンが多いけど…、でも行く価値はあります。
     女性だったら、水泳の適度な運動は美容にいいですからね。お薦めです。
     でもいまこの部屋は「あつ~ぃ」。なにしろ扇風機だけだから…。
その4. ガマンする。当然コストはゼロです。             以上




英語表現の受講者より 投稿者:鳥星  投稿日: 8月11日(日)22時03分03秒
よくわからない!

早く教えてください。
辞書を引いても、green hornとgreen eyed しかありません。ショックだな。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 8月13日(火)14時26分18秒
夏休み中はご無沙汰の予定でしたが、会社にちょっと顔を出しましたので、ホ-ムペ-ジを覗いています。田村先生の出題・赤のイメ-ジは日・英とも共通だということが解りましたが、グリ-ンとなるとどうですかね?日本では青とも言いますので これは共通とはいかないのでは?なんて考えていたら 無い知恵を絞っても迷答にしかならないという結論になりました。回答は誰かに譲りましょう。
江戸の笑い話
「あのお客さんの荷物には 高価な品物がいっぱい詰まっている。何とか忘れていかせる方法はないかしら?」宿屋の女房が亭主に耳打ちした。「だったらミョウガを食べさせるといい」と亭主が言った。ミョウガは物忘れをさせる食べ物と信じられていたようだ。その晩、女房は汁にも菜にもミョウガをたくさん入れて、客にふるまった。ところが翌朝、客が出立した後に 部屋を探しても 何一つ忘れ物は無かった。「お前さんミョウガは効かなかったようだよ」「そんな事はないよ!宿賃払うの忘れていっちまったよ!」
そういえば伊藤さんちでもミョウガが出たが、俺はシャ-プペンシル忘れてきたよ!



雑感 投稿者:大山  投稿日: 8月14日(水)07時52分23秒
この暑さでうだってます。夕方、庭に出ていたら「つくつくほうし」の蝉の声。どこにいるのだろうかと木の枝をのぞいていたら、3回ほど鳴いてどこかに行ってしまいました。まだ、俺の出る時期ではない、少し早すぎたかとの思いがあったようです。
みなさんのところでは、もう「つくつくほうし」鳴いてますか?




窓辺にて-「水駅」 投稿者:Tea Pot  投稿日: 8月15日(木)11時28分13秒
若い頃島崎藤村や室生犀星などの詩集を愛読したが、現代最先端の詩は
最早私の理解を遙かに越え難解になってしまった。韻を踏むことや、
七五調の快いリズムや、五・七・五といった定型の呪縛から脱出を目論で
いるようであり、散文に近いものもある。

水駅

妻はしきりに河の名を聞いた。肌のぬるみを引きわて、わたしはすすむ。

みずはながれる、さみしい武勲にねむる岸を著けて。
これきりの眼の数でこの瑞の国を過ぎるのはつらい。

ときにひかりの離宮をぬき、清明なシラブルを吐いて、
なおふるえる向きに。だがこの水のように移りは決して、
いきるものにしみわたることなく、また即ぐにはそれを河とは呼ばぬものだと。

妻に告げて。稚(わか)い大陸を、半歳のみどりを。
息はそのさきざきを知行の風にはらわれて、
あおくゆれるのはむねのしろい水だ。

国境、この美しいことばにみとれて、いつも双つの国は
うまれた。二色の果皮をむきつづけ、錆びる水にむきつづけ、
わたしたちはどこまでも復員する。やわらかな肱を輓(ひ)いて。

青野季吉は一九五八年五月、このモルダビアの水の駅を発った。
その朝彼は詩人ではなかった。沈むこの邦国を背に、
思わず彼を紀念したものは、茜色の寒さはなく、
草色の窓のふかみから少女が垂らした絵塑の、
きりつけるように直ぐな気性でもなかった。
ただあの強き水の眼から、ひといきにはげしく視界を隠すため、
官能のようなものにあさく立ち暗いんだ、清貧な二、三日付であったと。

水を行く妻に告げて。

         荒川洋次 詩集「水駅」よりり

148

 

2002年7月後半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月 8日(火)20時49分4秒
  田村さんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 7月16日(火)17時14分52秒
      自分の片割れ捜しは、私自身が間違っています。他人様に教えるほどのものを持ち合わせておりません。諦めずに頑張ってみるしかありません。そのうち何とかなるだろう!神様・仏様にお願いしましょう。




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 7月18日(木)09時58分42秒
      レ-ガン大統領は2月6日 僕と同じ日に生まれている。誕生日が同じというのは 365分の1の確率であるから、結構自分のまわりにも居るはずであるが、あまり見当たらないのは どういうことか?
俳優あがりの大統領として はじめて彼の写真を見た時、”あっ!彼は見たことあるぞ!”
僕は高校・大学時代 相当西部劇を見ているが、その中のひとつで見ている。題名は忘れてしまったが 牧童の下っ端で、非常に卑怯な男の端役であった。あれほど後年の彼のイメ-ジとかけ離れた役をやっていたとは!アメリカとは 面白い国である。
彼はユ-モアのセンス溢れる政治家として とみに有名である。

精神病らしい青年にピストルで撃たれ、担ぎ込まれた病院でのこと。手術の為に全身麻酔をかけられる寸前、医師に向かって”君が共和党の支持者であることを祈るよ!”とウィンクしてみせた。
政治家としての度胸を上手く伝えている。




書評をひとつ 投稿者:月間読書人  投稿日: 7月18日(木)10時06分33秒
      KAZUさんの映画評面白く読ませてもらってます。私もここ一年、新聞などの映画評で面白そうだなと思える映画はよくみてます。それで今月は、映画に関する本の私の書評です。

日活ロマンポルノ全史
                        松島利行 著(講談社)

 私にとって「映画遍歴」といえるほどには、映画に凝ったことも、今までに特別印象に残る映画を観たということもない。しかしそれでも60年代、70年代の頃は、東映任侠映画や日活ロマンポルノ映画はよくみたほうである。前者では、スクリーン上での高倉健、鶴田浩二、藤純子らが演じる侠客道の情念、血と暴力、滅びの美学に拍手を送り、後者では、単なる劣情心をそそるピンク映画と違い、当時の時代相を象徴的に詰め込み、性や風俗をシニカルにあるいはコミカルに描かれていたことへの共鳴と、若さ故の性への強烈な関心と刺激とが相まって、よく観にいったものである。

 本書は、1971年に出現し、やがて姿を消した日活ロマンポルノに連なるあの不思議な映像群を巡るドキュメントである。つまり著者はこの映画が出現した背景や時代の変転、日活ロマンポルノの興亡史、それにこの映画に関わりをもった映画人(監督、カメラマン、女優・男優、脚本家などなど・・・)の人物評や履歴、映画自身の紹介や評論などを几帳面に記述していく。いやそれにしても、なんと多彩な人士がこの世界とかかわりを持っていたことか。ということは著者がいかにこれらの関係者と幅広い緻密な交友関係を築いていたかが分かる。批評家として後に東大学長になる文学者、東大卒の多くの監督や脚本家、新劇出身の女優、いまをときめく個性派の俳優には、ロマンポルノ出身者が少なくないが、登場する人物はまさに多種多才である。
あの時代、好景気と経済成長がもたらした豊かさをバックにして、人々の恋愛・結婚・性についての意識も大きく変化していき、風俗現象の象徴的な役割を日活ロマンポルノにも見出すことが出来た。ただ確かに言えることは、ロマンポルノが性的シーンのためだけに、物語をあつらえるような安易な構成ではなく、その時代性や脚本の構成の中で性的シーンをリアリステイックに表現する手法をとっていた。それに世相を映しだし個性豊かな監督や脚本家が作るとなれば、当然ながら「反社会的」題材に集中し、そのうえ反体制的「滅びの美学」の色彩まで帯びるにいたる。著者は本書に登場するあまたの映画人に代弁させて、「ロマンポルノとは単に性への刺激と風俗を描写しただけの映画ではないよ」言いたげである。私にとっても、シラケ時代といわれた70年代を回顧する時、怠惰で、せつなくて、過激で、エロスいっぱいの、あの日活ロマ
ンポルノの怪しげな映像が今になっても鮮やかである。




英語表現10 投稿者:田村道子  投稿日: 7月18日(木)13時20分06秒
さて今週の英語表現10は、 予定した物の代わりに、 busybody にします。先週久しぶりに友達と笛を吹きました。その仲間の一人がイギリス人、
今こんなことをやってるの、とこれまでの例を話したら、 busywork との関連でこれを教えてくれました。 個人的なことまで音掘り葉掘り聞きたがる人をそういうようです。おせっかい?でもないし、日本では何と言うかしらね。
もう夏休み、またしても付録。サービスいいでしょう。謎なぞです。

What bird is essential to eating?
語呂合わせです。鳥星さん、いかが? 答えはこの次にするので、 challenge してみて下さい。




Ans. 投稿者:鳥星  投稿日: 7月18日(木)20時00分26秒
      What bird is to eat essential oil?
ならわかるような・・・

まだまだ修行が足りません。give up です。




バードウォッチングってなあにNo.5 投稿者:鳥星  投稿日: 7月18日(木)20時10分22秒
      来週は忙しくなりそうなので、今日No.5を開講します。

その前に、いま多摩湖(奥多摩ではありません。狭山湖・多摩湖:東京都の貯水池)に、なんとコグンカンドリが来ている! 大風のお土産です。明日19日早朝見に行きます!

さて今回はムクドリです。

ムクドリ Grey Starling(英名) Sturnus cineraceus(学名) 体長24cm 留鳥

 身近な鳥の5番目はムクドリです。ヒヨドリに較べると尾が短くずんぐりしています。
 体色は灰黒色で頭部と尾は黒味が強く、頭の部分は白い羽毛がごま塩状です。雌雄同色。
 飛んだ時の姿は、翼巾が広く尾が短いので、頭部を頂点に三角形に見えます。子供の頃紙飛行機を作りましたね。ちょうどそんな風な形をしています。
 大きさはスズメの2倍。飛翔時の腰の部分は白色です。クチバシはと足は橙色です。スズメ、キジバト、シジュウガラとはここが違います。冬にはこのクチバシの色がより鮮やかなり、顔の白い斑点もはっきりしてきます。顔つきの印象はが歌舞伎役者のように見えます。ほんと?と思われる方はぜひご覧になってください。
―――――――――――
 鳥の覚え方のコツ
 何かに似ている…という覚え方は有効です。友達の○○君のような顔つきだ、とか彼みたいに忙しなく動き回るとか、この鳥はスタイルがよく美人の○○さんみたいとか…。
―――――――――――

 西日本では少なく冬鳥です。中部地方からきたでは一年中見られます。秋には大きな群れをつくって騒がしく鳴きます。塒(ねぐら)入りの前に集結して、高圧線などにびっしり留まります。
 ときどき、鳥害だ、などどその対策におおわらわの町がTV放映されることがあります。塒は大きな竹薮や独立木です。鳴き声は、キュルキュルキュル、ギャー とかです。
 芝生や農耕地に降りて昆虫などを採ります。朝早く学校のグランドなどに降りていますのでよく観察できますから、ちょっと早起きの散歩がてらに見てください。
―――――――――――
 BW必需品
 双眼鏡と図鑑、これだけで充分です。さらに小さなポケットノートと筆記用具があれば完全です。お薦めは以下のとおり。
  双眼鏡:ニコン、8×30EⅡ、575g 標準小売価格:50,000円(ビッグカメラ約3割引)
  図鑑:日本野鳥の会出版「山野の鳥」「水辺の鳥」各524円
 初期投資としては双眼鏡が大金ですが一度買えば半永久使用に耐えます。

 「退職後の新たな楽しみの為にまた後に引けないように高級品を揃えたい」との向きには、双眼鏡:ニコ   ン、8×32HG D CF、標準小売価格:110,000円(ビッグカメラ約3割引)
     これならあの世に行っても使えます。選ぶのにお悩みの方ご一報ください。
  図鑑:日本野鳥の会出版「フィールドガイド日本の野鳥」3、204円(2000年)

                          (次回はホオジロです)




みんな夏休み? 投稿者:kazu.k  投稿日: 7月24日(水)09時50分33秒
      暑い日が続きます。
皆さん夏休みのようでございますね。
投稿も一休みの方々、楽しい旅、山登り、帰省、観劇などの報告をまっています。

当方はと言えば、深山幽谷の中の避暑を夢見ながらねじり鉢巻きで山積した仕事をこなすべくコンピューターとにらめっこしています。そしてその間隙(観劇)を縫ってまたまた、夕刻(幽谷)シネマを見に行く心算(深山)。

退屈したら、旅先からでもアクセスしてね!!(^_^)




みなさん! 投稿者:鳥星  投稿日: 7月24日(水)15時56分00秒
      そうですね。kazuさん。
いつ開いても「BWってなあにNo.5」より後に書き込みがないので、「myCPU」がおかしいんじゃなとか、と思ったりしてました。
暑いからみんな疲れたとちゃうんやろか。

I have plenty of time on my hands.(習ったばっかり)
なので我がホームパージを更新しました。

時間と興味のある人はアクセスしてください。
spell違いなどご指摘ください。徐々に直して行きます。
      http://homepage3.nifty.com/KNakajima-SHOWYOU/




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 7月24日(水)17時01分37秒
      先週(レ-ガン大統領)の続き。
ピストルで撃たれた後。退院して間もなく、どこかの州の共和党大会で、押しかけた満員の党員達を前に演説中のこと。景気づけに持ち込まれていた 沢山の大きな風船のいくつかが、手を離れ天井に溜まってしまい、その一つが大音響と共に爆発した。全員がぎょっとして身を竦ませた瞬間、壇上の彼もまたはっとして身を縮めた後、風船の爆発音をピストルの音と勘違いして慄いた聴衆に向かって、ニヤッと笑い”弾は外れた!”言った瞬間、大笑いだけでなく 大歓声・大拍手の嵐だった。

鳥星さんへ
紹介のあった小鳥達をじっくり観察する余裕は 僕にはありませんが、この欄を覗くのは楽しみにしていますよ!声無き声を聞いてください。樹間の中で姿なき声をいつも聞いているように!




謎なぞの答え 投稿者:O-chan  投稿日: 7月24日(水)21時08分41秒
      先週の英語謎なぞの答えです。

食べる時に必要なことは飲み込むこと、つまりswallow つばめです。
明日また英語表現でお会いしましょう。

PCが固まり、何やかやであまりゆっくり書けません。こんなところで勘弁ね。




(無題) 投稿者:kazu.k  投稿日: 7月25日(木)09時05分03秒
      ランドルフ・スコットと双璧、大根役者のレーガン元大統領のユーモアは出演した西部劇の場面を想い出させてニヤリとしました。周りをシラッとさせる小生の親父ギャグが恥ずかしいかぎりです。

これからも続々とこの手の小話が続くことを期待します。

みっちゃんのなぞなぞ難しかったが、辞書で下記の文をみつけ、納得。
She swallowed the dry bread with difficulty.  彼女は乾いて堅くなったパンを
やっとのことで飲み込んだ.



バードウォッチングってなあに No.6 投稿者:鳥星  投稿日: 7月25日(木)12時46分21秒
      外は雨。きょうはしのぎやすい。さて、時間をもてあましている小生としては、BW No.6を開講します。
夜に開いて、BWの反応があれば満足じゃぁ~。

 ホオジロSiberian Meadow Bunting(英名)Enberiza emberiza(学名) 体長17cm 留鳥

この鳥を見つけるためには近くの畑や林の縁部まで出かけなくてはいけません。
双眼鏡があったほうが便利です。一番身近な鳥スズメに似ています。確かに名前の由来は頬白ですがそれほど目立った白さではありません。顔の模様はその黒い部分の下が白く、また目の上が白いという複雑な模様です(やっぱり双眼鏡が必要ですね!)。
体色は明るい茶褐色、腰の部分は赤褐色、腹の中央部分は白い色です。スズメよりも尾が長くスマートです。雌雄同色ですがよく観察すると、雄の顔は黒い部分がはっきりとしています。メスの顔は雄にくらべるとぼんやりとしていて体色もぼやけて見えます。

背丈の高い木のてっぺんや電線に止まって囀ります。
地鳴きは(じなき:普通の鳴き方)チチッ・チチッと2回鳴くことを繰り返します。草むらや藪の中で鳴きます。チョッピーチリーチョ、チーツクというように複雑な声で鳴きます。この鳴き声を「一筆啓上仕り候」との聞きなしますが、とてもそんなには聞こえません。私にはチョッツピリーリー・チョピリーリッと聞こえます。高い木の頂上に止まり、胸を反らしてくちばしを上に向けて鳴きます。高いところで鳴く場所をソングポストといいます。それは縄張りの宣言場所なのです。

種子島以北の全土の山地から平野部の林や畑地で観察されます。私たちが普通に見る鳥で個体数が多いものはスズメですが、全国で一番多い個体数を誇っているものはこのホオジロです。ホオジロは人家の近くにはあまりいませんので、少ないのではないかと思いがちですが、もっとも多い鳥なのです。


---------おさらい---------

 大きさが同じくらいの3種:スズメ、シシジュウカラ、ホオジロ のちがい。

●スズメは人家の近く、ホオジロは郊外の畑地や林野。
●ホオジロは頬の白い斑は小さい、頬が白いのはシジュウカラ。
●シジュウカラは白黒コントラスト、白い頬に黒い帽子。

                          次回は7番目の鳥です。




英語表現11 投稿者:O-chan  投稿日: 7月25日(木)16時22分39秒
      さて今週も定番です。何にしようかここ1、2週間迷っているところです。とりあえず、方針を決め、数回色でいきましょう。色は日本人と同じ感覚もあればちょっと違うというのもあります。そこらへんは面白いよ。
    今日は赤。赤に対する感じかたも色々ですが、これは日本も同じという表現。

           red-faced です。

    赤い顔は欧米の人も当惑した時になるようですね。どきどきした時にも
    なるけど、恥ずかしい、困った、という時の顔をいうようです。

She's got red-faced when she found out she had forgotten her husband's name.

これからはこういう事も十分起こり得ます。ポケットの中に住所と電話番号を忘れない様に。

夏休みに入り、ゆっくり色々書き込もうと思っていたのに、我が家に住人がふえ、彼女がほとんどひとりじめしているので、なかなか難しい。今はたまたま出掛けたので、慌てて書いています。主婦は大変だろうと今更ながら、感心しています。なにしろ3食作るというのもめったになく、献立を考えるのも苦痛になりはじめています。男性諸君、奥さん孝行してあげてね。

読書会の報告は明日娘が同窓会に出掛けた後に書きます。楽しみに。




色 投稿者:鳥星  投稿日: 7月26日(金)20時00分05秒
      やっぱり。書き込みが少ないですね。暑いから?

O-chanの「色」に関連して。
キセキレイという鳥がいます。もちろん水辺にいるセキレイの仲間です。長い尾を上下に振っている鳥をご覧になったことがあるでしょう?
キセキレイは額から背・肩羽が青灰色。腰・上尾筒・下面は黄色です。
本題:
日本人は黄色い部分に着目して黄鶺鴒(きせきれい)。
英国人は灰色に着目してGrey Wagtail。
「観るところがちがう」でした。

これ書いていて・・・つまらないなぁ・・・と思った。
次回はチョット気がきいたことにします。

ではまた。




暑い、の一言 投稿者:O-chan  投稿日: 7月27日(土)11時33分52秒
      今日は久しぶりに仕事場です。減って行く金づるを集めようとキャンパス見学会をやっています。この暑さ、あまり外に出たくないだろうね。

いつも仕事場で書きこみをしてきたため、すっかり慣れてしまい、ここのほうが落ち着いて書けます。それにエアコンがきいて涼しいし。

さて、まずは読書会の報告。
大体支離滅裂型の頭なので、ちゃんと報告できるかどうか。

第一回はイスラムについて。各自念入りに、またはおざなりに、自分の興味ある点を述べ、好き勝手に判断を下す、という具合でした。一番お座なりにネットからダウンロードしてきた古賀和彦さんが、唯一、念入りに紙の資料(そのコピー)を人数分用意して、それが拠り所、という感じで皆で読み合わせ、そうか、と確認しあう程度。
私のように4冊も読みだはよいけど、能力をこえる分量の知識だったので、色々思い惑った上、結局ちゃんとしたことは何も言えず、これまたお粗末。

感想になってしまって失礼。結論はイスラム教は中々純粋な宗教である、という感想と、一応は宗教が国家より優先する社会らしい、という判断、それでも石油が出てからは貧富の差はますます激しくなり、金持ちは西洋化しがちである、という推測が出されました。
多分異論は山の様にあると思います。読書会員の諸君、是非間違いを正して下さい。そうでないとあまりにも低級な集まりと見られて恥をさらすことになりますよ。自分で書いておいて、人のせいにするのも申し訳ないですね。

まあ、あまり肩を張らず、能力以上のこともやってみて、だめならだめで、その内段々追いついて行いくだろう、というような会です。興味のある人はどうぞ連絡下さい。

次回は8月下旬、テーマは韓国、朝鮮です。密接な関係にありながらあまり知ろうとしなかった国、多分欧米に集中しすぎて回りを見なさ過ぎた気がします。知っているような知らないような、という国なので、私はテーマを絞りたいと思っています。でも中々一つに絞りきれません。

さて、そろそろ仕事をしなくちゃ。また書きます。

鳥さん、セキレイは本当にきれいよね。明治神宮で始めての鳥見をやった時、池に飛んできて、それをしっかり見せてもらったのを覚えています。思い出すだけでも何だか、ふーと心がなごんできて、あの時の木々や池、澄んだ空気の味を実感できます。思いでというのはこういう風に働くとよいね。

もちろん、沖縄ではドラマチックだったね。また内輪の話になってすみません。生物部の旅行です。秋になったら鳥見を計画してくれそうです。皆是非よい、絵になり、味になる思い出を作りましょう。

重いでについてはアメリカの作家でアーヴィングという人の映画(結構問題作が多い)の中で、年を取ることは思い出を作ることだというせりふがあり、今年齢を重ねてきて、その意味が実感できます。            じゃまた。



HP再更新 投稿者:鳥星  投稿日: 7月27日(土)23時52分06秒
      HPは
●画面が大きくてスクロールしないと見れないので魅力半減。
●情報量サイズが大きすぎてひらくのに時間がかかってかなわない。
と不評をいただきました。

そこで早速変更しました
●画面を多少小さくしました。
●150dpiから96dpihへ解像度を落としました。
●この際、画像を半分ほどいれかえました。(別のスケッチへ)
○今回3個所は縦に2点の絵をいれました。(よけいなことかな・・・と思いましたが)

前回のHPに[重くてかなわない]とお思いでしたら、
再挑戦してみてください。
あんまり変わらないようでしたら、ご容赦。
更の画面を小さくしてみますので、ご一報いただければ・・・と思います。

では




訂正とお詫び 投稿者:O-chan  投稿日: 7月28日(日)10時44分35秒
      昨日の読書会の報告について、多少の誇張と大きな間違いがありました。訂正いたします。

古賀和彦さんが一番お座なりと書いたのは、いつものように受け狙いで、実際は皆さんよく勉強し、ちゃんと本も読み、よい意見を出し合った中で、彼の用意したペーパーを拠り所にイスラム教の内容、イスラム世界の現実を確認しあいました。彼は2冊も読んだ上での、周到な準備をしてくれました。資料がなければまとまりのない雑談のような感じで終わっていたでしょう。

事実は私が一番お座なりでした。

和彦さんから抗議のメールをいただき、御本人に謝ると同時に、誤解を誘った文章の訂正を、ここでいたします。

口は災いの元、大分災いをまき散らしながら人生を送ってきましたが、その都度ご指摘をいただければ有り難いです。

なんのこっちゃ、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、それはそれで結構です。

お詫びの印に、謎なぞを一つ、

      What animal is in every baseball game?

野球の試合に必ずいる動物は何? という問い。今度も語呂合わせ。どうぞchallenge してみて下さい。




O-chanへ 投稿者:kazu.k  投稿日: 7月29日(月)09時23分04秒
      読書会の件、余り気にしないでいいよ。一寸拗ねただけであります。

What animal is in every baseball game?
it's a bat. ではありませんか。

辞書には bat one's eyes [eyelashes] at a man  男に色目を使うという慣用句も
ありました。最近心当たりは?




小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 7月30日(火)11時24分20秒
      先日28日(日)横須賀芸術劇場(横須賀にもこういうハイカラなものがあるんです!)にて、YOKOSUKA JAZ DREAMS 2002 という催しがあり、久しぶりに音の世界に遊んできました。
第一部、小曾根 真(ピアノ)と GARY BURTON (ビブラフォン)との二重奏。小曾根のピアノのテクニックはそれはすばらしいものでした。第二部、原 信夫とシャ-プ&フラッツ、17名のビッグバンドの猛獣達の咆哮の様な迫力を満喫。ここにジョ-ジ川口が特別参加!彼は75歳の高齢・原 信夫も恐らく70台?シャ-プ&フラッツの3分の1は若いが あとは高齢者ばかり、まるで敬老会の様な組み合わせでしたが。ジョ-ジ川口、一頃の汗を滴らせてのエネルギッシュなドラムではありませんでしたが、チンドンヤみたいに派手な背広に身を包み、終始にこやかに、楽しそうにやっていました。好々爺。最後は渡辺 貞夫と彼のグル-プ。そこにアフリカン・パ-カッションの
N'GOMAMAKAMBA というグル-プが合流。重層の 打楽器だけの叩きつける様なアフリカのリズムは
陽気・激しい情熱の中に鬱積した怒りも混入しているように感じた。そこに渡辺貞夫の 澄んだフル-ト?が加わると、奥底のほうに 深い悲しみが漂う・・・・・。
一転してブル-ス調の静かな曲に変わると、哀調を帯びたサックスが やさしくゆりかごを揺らす。それにしても渡辺貞夫の 円熟し達観した境地、仲間達とのハ-モニ-を 自由にのびのびと楽しむ姿・挙措が非常に印象的であった。アンコ-ルがまた圧巻、全出演者が揃っての舞台は、一流どころがうち揃っての豪華も豪華!極めてゴ-ジャスなフィナ-レでした。

Progressive English-Japanese Dictionary, Third edition Shogakukan
1980,1987,1998/プログレッシブ英和中辞典 第3版 小学館 1980,1987,1998




バードウォッチングってなあにNo.7 投稿者:鳥星  投稿日: 7月30日(火)20時35分40秒
      明日で7月が終ります。週末まで暑い日が続きそうです。
暑い最中、庭木の剪定を続けて、もはやぐったりの状態ですが、ここでBWの7回目を開講します。
この講で「野鳥基本7種」が終ります。

基本7種は
①スズメ、②キジバト、③シジュウカラ、④ヒヨドリ、⑤ムクドリ、⑥ホオジロ
そしてきょうの⑦カラス;ハシボソガラス/ハシブトガラス です。

ハシボソガラス  Carrion Crow(英名) Corvus corone(学名)体長50cm 留鳥
ハシブトガラス Jungle Crow(英名)Corus macrorhynchos(学名)体長56cm 留鳥

日本にはカラス科の鳥が10種います。
私たちがよく見る身近なカラスと呼ぶ鳥はハシボソ・ハシブトの2種です。基本7種の7番目ですが、カラスの2種をまとめて覚えましょう。
そうです、カラスという名前の鳥はいません。ほとんどが○○ガラスといいます。
黒い色の大きな鳥です。知らないというひとはいないでしょう。
ちなみに私たちが佐賀で見たカチガラス(標準和名はカササギ)はカラス科の鳥です。

いつでも近くで簡単に見ることが出来ますから、これからもっと注意深く観察しましょう。
遠目には真っ黒ですが両方とも紫ががった青黒い光沢のある体色です。地上ではホッピングしますがときどきウォーキングもします。学習能力が高く鳥の中では一番賢い鳥です。滑り台をすべったり、電線にぶらさがったり、ピンポン玉をもてあそんだりなかなかの知恵者です。
BWにでかけたらきっとこんな場面をみることが出来るでしょう。

ハシボソガラスは名前のとおり、クチバシが細い。林、農耕地、川原、海岸などにいます。
    鳴き声はカラーッカラーッカラーッと濁った声、カポンカポンと鳴くことも。
ハシブトガラスは太く湾曲したクチバシ。おでこがでっぱっています。街中に進出。
    鳴き声はカアーッカァーカアーッと澄んだ声、アーアーアー、アハハハとも鳴く。
基本7種のおさらい
1. スズメ     :黒いほくろに黒くて太く短いクチバシ、人家に寄って暮らす。
2. キジバト    :二羽で行動、頭が小さい、茶っぽいキジ模様、デデッポーと鳴く。
3. シジュウカラ  :白黒コントラスト、黒い頭に白い頬、雌雄識別はネクタイの幅で。
4. ヒヨドリ    :ごま塩頭のモヒカン風、尾が長く姿がいい。ヒィーヨッと鳴く。
5. ムクドリ    :黄色いクチバシ、白い腰、歌舞伎役者風、飛翔形は三角、群れる。
6. ホオジロ    :頬は黒、スズメに似るが尾が長く、赤褐色、高いところで鳴く。
7. ハシボソガラス :クチバシがハシブトに比べ細い、濁った声、郊外で暮らす。
   ハシブトガラス :クチバシが太く、おでこが出る。澄んだ声、街中に多い。

これで完全。図鑑はあるし、双眼鏡は新品だし(手持ちの双眼鏡でもいいですよ、ただし8倍から10倍くらいのものが最適)。
早速バードウォッチングにでかけましょう。きっと「ありゃなんだ、基本7種にはない鳥だ!」という鳥を次々に見つけることうけあいです。
図鑑で調べる。それでもわからなかったら、鳥星にお聞きください。よろこんでお報せします。なんでもお気軽にご相談ください。

   / /
   //
  ☆
⑦講座が終りました。いかがでしたでしょうか?
次回は鳥に関する小話を予定していますが・・・。
如何なものでしょう。



kazuさん当たり! 投稿者:O-chan  投稿日: 7月31日(水)10時44分27秒
      なぞなぞの正解は bat です。易しすぎたかな?もちろんこおもり。佐賀では子供の頃くれかかった空によくちいさいのが群れているのをみかけました。今もいるかな。

鳥さん、ごくろうさまでした。いつも楽しみに読ませていただいて、これで終わるのは淋しい。ちょっと郊外に行くと群れて可愛い声で鳴いている目白や春をつげるうぐいす、子育てを間近にみせてくれるつばめ、などもっと知りたい鳥がいます。追加をお願いできるでしょうか。

からすは群馬の寮にもどこにもたくさんいますが、鳴き声はほんとに色々あることを発見しました。かーかーと鳴くとばかり思っていたけど、だみ声でぎゃあぎゃはもちろん、かぼんかぼん、はホントにからすかと思ったほどです。鳥星さんから鳥の観察の楽しみを教わらなかったら、きっと注意も払わなかったでしょう。

そこで質問。からすはどうみても昼間が行動時間帯と思えますが、夜中12時過ぎても大きな鳴き声を聞きます。それも一度や二度ではありません。一体何をしているのでしょう。夢を見て寝ぼけたのでしょうか。鳥目といって夜行性以外の鳥は夜目が見えないと習いましたが、都会の街灯のせいで寝られないのでしょうか。

迷道さん、素晴らしい経験が出来て、よかったですね。今度はぜひお誘い下さい。一緒に連れていって、というのではなく、情報をここでいただければじゃ行こうということ間違い無し。それとも独り占めしたい?大勢で共有してこその楽しさとひっそり独りで噛み締める味とあるものね。推薦して結果が悪いということもあるでしょうけど、それは運が悪かっただけで、迷道さんのせいじゃないから。

暑い中、しばらく暇になりました。今日は玄関の脇に置いてあるプランタンの撤去作業を行います。2部屋先(アパートなので)の家のネコがうちのプランタンをトイレにして、糞だらけ。ほんとはペットは家で飼う規則なのに、一度外に出てからはもう放し飼い、戸を開けっ放し。ちゃんと文句を言えるけど、恐い。前にもネコのことでトラぶった両隣りとけんかになり、結局両方とも出ていきました。それだけが理由ではないでしょうけど、中には自分が悪くても言われれば腹を立てる人もいるからね。何年も飼っていて、今年から家のをトイレに使いはじめました。年を取って下の庭まで行くのが億劫になったのか、それとも下の部屋の人たちが柵をして入れなくしたからか。

トラブルなんてどこにも転がっていますね。




お久しぶり 投稿者:忠SANN  投稿日: 7月31日(水)10時52分57秒
      猛暑が続いてうんざりの毎日なので、暑い涼しい?お話をひとつ。9日間の短い夏休みに入り28~30日と新潟県のスキー場で有名な苗場へ”富士ロックフェスティバル”(以前は富士山の麓でやっていたので”富士”という冠がついているもの)見物と”高原テニス”をやりにいってきました。フェスティバルは夜を徹して開催され、耳を劈くロックにうん十年ぶりに酔いしれ、暑さと疲れに翌朝はぐったり、ひと寝入りをしてテニスコートへ足を運びテニスを始めたものの一時間ほどでダウン、高原だから涼しいと思いきや日中になると30℃近くになり、年を感じたあ!しかし夜になるとさすが高原で20℃くらいに気温は下がり久しぶりの涼しい眠りにつけた。さて、一ヶ月ぶりくらいに本HPを開いたのですが、高尚で知的な投稿ばかりで俺のような下衆の話題提供は影を潜めたなあと感じた。以上、ひがみ根性のみで知的センスのない代表者よりの投稿でした。                       編集済



鳥の巣 投稿者:月間読書人  投稿日: 7月31日(水)13時11分02秒
      暑いですね、毎年暑くなっていく感じです。それでも皆さん暑さに負けず、それなりに人生を、いや日常をエンジョイされてるようで、なによりです。
鳥星さんの講座終わるかと思うと少し残念。しかし次回からの「鳥の小話」期待しましょう。
ずーと前の話、(一年前ぐらいかな、多分鳥星さんはお忘れになってるでしょうが)、私が「若い時、山が好きで結構登ったものだけど、定年後、また登りたいと思って、朝日新聞が毎週発行してる“日本百名山”(シリーズ本)を購入している。その週に出る本のなかに一羽ずつその山にすむ鳥を写真入りで紹介してるページがある。写真を見るだけで、その鳥の名前わかる?」鳥星さん「そうだな、だいたい400羽ぐらいは知ってるつもりなので、わかると思うよ」・・・・・・・この時からでした“このひと、スゲェ―ナアー”と思ったのは・・・・・・・・・・・・。
さて、鳥は鳥でも鳥の巣に関してのちょっとした出来事。(実はこの話、7月初旬頃のことですが、この落書き帳に載せるつもりで書いた文章がパソコンのミス操作で消えちゃって、そのままにしてたら変なところから出てきちゃったので、また載せることにしました)

伊豆、一碧湖の近くの小さな家に行ったときの話。4ヶ月ぶりゆえ、着くやいなや、まず空気の入れ替えをしようと思い、2階の窓の雨戸を戸袋に入れようとするけど、何かにひっかかったようで入れることできない。それで雨戸をレールからはずして、わずかな隙間から戸袋の中を見たけど、暗くてよく見えず、何か黒い塊のようなものがあるみたい。この塊を室内にあった鐵のカーテンレールで突いてみた。少しやわらかくって、くずすことが出来そうなので、数十回突ついては、ばらして、レールの通る隙間から少しずつ運んで外へ出してみた。それは羽毛の残った実に柔らかい枯草や枯葉、およそ外へ出したこれらは新聞紙4面では入りきれないぐらいの量であった。
よくぞまあこれだけの量を、あのわずかの隙間から(雨戸は閉め切った状態なので、隙間といえばわずかに手を出し入れできるスペース、幅3~5cm,長さ10~15cmぐらい)巣づくりのため鳥たちは何十回、いや何百回この隙間を往復したのだろうか、そしてどんな鳥たちが、どこからこんな柔らかい枯草をピック・アップしてきただろうか、またひな鳥たちはどのような巣立ちをしただろうか・・・・・・・・・と想像力はいくらでも広がっていく感じでした。
巣立ちが終わったあとの巣とはいえ、それらを非情にも簡単に崩し捨ててしまったことの悔恨の情は残りましたが、翌日帰京するまで、同行したカミさんとの会話はもっぱらこの巣を作った鳥たちのことが中心でした。
鳥星さん、何かわかることあれば教えてください。




窓辺にて-思い出してはいけない 投稿者:Tea Pot  投稿日: 7月31日(水)15時27分00秒
       ベランダの前の公園では8月に近づくと、一斉に蝉が鳴きだした。
 その声を聞くと急に不安になり、まだ半分も過ぎていない
 というのに、残りの夏休みの日を数え始めた少年の頃。
 なつかしい詩の数々は、いつになっても思い出すその頃の己の
 心象風景を。

思い出してはいけない

ぼくはどうにも 自分の
名前が思い出せないのだった。
そんなに遠い夢の中の廃墟。
そのほとりには
傷ついた動物の形をした森があり
ぼくは日かげを求めて坐り
きみは日なたを好んで坐った。
きみを見たときから始まった。
ぼくの孤独に
世界は はげしく
破片ばかりを投げ込もうとしていた。
そのとき ふと吹き抜けて行った。
競馬場の砂のように埃っぽく
見知らぬ犯罪のように生臭い
季節はずれの春。
それともそれは 秋であったか?
風に運ばれながらぼくの心は歌っていた
―――もう 愛してしまった と。
それは今日までつづいている
きみもどうやら 自分の
名前が思い出せないのだ。
                 清岡卓行 詩集<日常>より


147

 

2002年7月前半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 4月 8日(火)18時47分16秒
編集済
  ご苦労様 投稿者:今多 迷道  投稿日: 7月 1日(月)08時31分13秒
      鳥星さんへ
大変永い間ご苦労様でした。私もつい最近定年退職のお祝いをしてもらったばかりです。
我々の世代は真珠湾攻撃で始まった太平洋戦争の緒戦の時期に生まれ、戦後を生き、昇竜の日本を支え、そしてバブルが弾けて停滞の中に居ます。結構波乱の歴史を生きてきました。
ちょっと息抜きをして下さい。あなたは沢山趣味を持っているので、暇を持て余すこともないでしょう。



鳥星さん 投稿者:kazu.k  投稿日: 7月 1日(月)09時55分27秒
      会社勤め無事卒業とのこと、おめでとう。これからは悠々自適の後半をお楽しみください。
小生、若いとき怠けたおかげで、死ぬまで現役のありさま。とほほ・・・・。

家のベランダのミントの葉を虫がさんざん食いちらしていましたが、どうしても見つかりませんでした。しばらくしたら居なくなり、どうも雀に食われたようであります。その後、味をしめたのか、その雀の餌場のコースになっているようです。
ところで雀に鞠、雀の角、雀の糠喜び、雀の酒盛り、雀の上の鷹猫の下の鼠、雀の千声鶴の一声雀の巣も構うに溜まる、雀の鷹の巣に近付けるが如し、雀の涙、雀の脛から血を絞るよう
雀脅して鶴失う等々、どうして蔑みの形容詞につかわれるのでしょう。またどうして
あのような地味な姿をしているのでしょうか、鳥博士殿ご教示ください。

ついでに6月29日から7月1日までの2日間でこの落書き帳へのアクセスが27であります
(そのうち小生が5・6回)。多いのか少ないのかは意見の別れるところです。


先週末はにぎやかだったね 投稿者:田村道子  投稿日: 7月 1日(月)13時35分39秒
      職場でしか見られないので、今日も楽しみに開けてみたら、まあ嬉しい事。和さんによると一週間で27回もみてくれた人がいるとは。また匿名が多くなって推測の楽しみも増えました。公けになるともう無理だから、その時はやっぱりわかるようなペンネームがよいね。それを工夫する楽しみもあるし。

鳥星さんの連載もいよいよ始まり、数年前、やっぱり雀からコーチしてもらったことを思い出します。たかが雀ですが、双眼鏡でみるとその可愛いしぐさがとても衝撃的で、それまで物をよく見ないで通りすぎてきたことを残念な思いで自覚したものです。良く見れば、またよく聞けば、どれも独特で素晴らしいハーモニーを奏でています。自然物だけでなく、我が家の冷蔵庫も不平不満をいやみたらしく、訴えていて、哀れになります。
しばらく鳥見がないので、また計画してね。


七月に思うこと 投稿者:若葉  投稿日: 7月 1日(月)21時03分58秒
      今日から七月。4日は独立記念日→我々には関係ないか。七日は七夕。早く織姫が現れないかなーと、胸をワクワクさせた頃がなつかしい。夜空を仰ぐも曇空のために星は見られず残念。60才を過ぎても「夢と希望と若さ」を失わずに生きたい。チャップリンは、世の中を楽しく生きていくには、「希望と勇気とサムマネー」が必要だと言ってます。皆さんはどう思いますか?



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 7月 3日(水)09時33分27秒
      これは関西のある大学の先生の話です。
最近の学生は授業中なかなか私の話を聞いてくれませんでね。彼らの注意を引く為に私はよくダジャレを使うんです。
(例)私は最近ちょくちょく沖縄へ行くことが多いんです。行くついでにヘビの研究をはじめました。面白いですね!さすがに沖縄のヘビは英語が解るんです。私はヘビに尋ねました。お前毒を持ってるだろう?そうだろう? ヘビは答えました。”Yes I ハブ”。
田村先生!どうですか?一度使ってみたら?

小話の箱では この様な ユ-モア、ダジャレ、エピソ-ド、名言、等々、話の種になりそうな小話をゴチャ混ぜにして乗せようかなと 思っています。しかしながら私の箱には ほんの少ししか入っていません。そんな話ならこんなのがあるぞ!といくらでも出てくる諸兄が居られるはず、私の箱の空白を埋める意味で ドンドン発表して下さい。



バードウォチングってなあにNo.1 投稿者:鳥星  投稿日: 7月 3日(水)09時37分28秒
      ●スズメ(雀)、Tree sparrow(英名) Passer montanus(学名)体長14.5cm
雌雄同色。最も身近な鳥。今ごろは巣立ち雛がうるさいくらいに親を呼んで鳴いています。
山奥の人家のないところにはいません。人里に暮らしています。

さて、雀は歩かずに両足を揃えて軽やかにピョンピョンと跳ねて移動します。これをhopping。
今年生まれの雛が親から口移しで餌を貰っているところはカワイイ。捕れるところにあっても自分では捕まえず、両羽を垂らして震わせながらおねだりしているところを見たことあるでしょう。
巣立ったばかりでうまく飛べない鳥を見つけてカワイソウなどど拾わないで下さい。近くの樹の中に親鳥がちゃんと見ていますから心配要りません。

頬には黒い大きめのホクロ、そして正面から見ると黒いよだれかけが見えます。クチバシは黒くて太い。頭は茶色。背中は複雑な細かい茶色の模様、下面(腹部)は灰白色をしています。
飛んだときの羽ばたきは細かく連続的に羽ばたきます。

特徴を覚えるコツ。
先ず顔の模様を見る。目の回りの模様、頭の模様色などが識別ポイントとなります。
くちばしの色と形を見る。黒いか、白いか、細長い短いか、太いか、直線的か、反っているか。
飛んだときの羽ばたきの様子を見る。飛行スタイルは、つばめとスズメの飛び方の違いなど。
モチロン鳴き声を聞くとです(スズメはチュンチョン、チュッ、チィーです)。

モウ一度スズメを見つめてください。散歩の途中や通勤の行き帰り、窓の外のとなりの屋根の上などいつでもどこででも観察できます。鳴き声も聞いてください。
スズメの特徴をしっかり記憶すれば他の鳥の識別は、スズメとの違いでわかります。つまり比較で違いをしっかり認識する訳です。
次回までによく見ててくださいね。
●次ぎはキジバトかシジュウガラにしましょう。おたのしみに。



おもろい! 投稿者:鳥星  投稿日: 7月 3日(水)10時16分41秒
      今多迷道さんへ
オモシロイ!Yes I ハブの次ぎをハヤク教えてください。田村さん!がんばってー!

Kazu.Kさんへ
雀は小さい、小さい、僅かなことから蔑称の意も。または小さくてカワイイことから雀を冠した名前が多い。スズメノテッポウ、スズメガ、スズメノエンドウ、スズメノヤリ、スズメフクロウ、スズメバト、・・・。
「雀色時」はあの茶色い目立たぬ色のような暮色をいう。
目立たないということは極めて重要なこと。敵に見つかりにくいから!保護色の意味もあるのではないか?街中の雀はすすけた色をしています。田舎の雀は綺麗です。小雀も顔の模様はぼやっとしているし、輪郭がはっきりしません。これなんか目立たぬ自己防衛の極み。
目立つ派手な鳥もいますがこれはこれで意味があります。
・・・とこんなところですが・・・。



連載がこれで3個、楽しみだね 投稿者:田村道子  投稿日: 7月 3日(水)10時49分57秒
      だじゃれ、私も大好き。ところが中々思いつきません。頭の構造が関係するのかな。早速教室で使ってみましょう。ありがとう。ハブは英語で何というんだろうと辞書をひいたら、habu だって。ホントかな鳥さん、雀は hopping じゃなかった?
それと質問。性差を勉強しているけれど、動物にも雌雄同じと違うのがいるよね。雌雄同じは大抵一夫一婦制と書いてあったけど、雀もそうかな?もちろん一夫一婦の鳥も時には浮気をするらしいけどね。

よいシリーズが登場したから私も頑張らなくちゃ。じゃ明日見てね。



田村さん、ありがと。 投稿者:鳥星  投稿日: 7月 3日(水)10時54分47秒
      そうでしたhoppingでした。
早速修正します。前ので何人開いたのかな。
スズメは歩かないでhopping!



仮面ライターさんへ 投稿者:田村道子  投稿日: 7月 3日(水)14時20分30秒
      仮面ライターさん、本が届きました。やっぱり紙だと読みやすい。もう一度読みかえすことが多い(解りが悪いから)ので、画面だと辛い。明日また登場するけど、手に入ったら嬉しくてつい。
確かに時勢には遅れているので(2月に校了)、最新のは画面で読むしかないけど、文体にも慣れるでしょうし、基礎知識は少しは増えるでしょう。

具体的な感想は読み終わってから書くね。分量は紙が厚いだけで、そんなにないからすぐ読み終わるでしょう。



性差、鳥について 投稿者:鳥星  投稿日: 7月 3日(水)22時11分20秒
      ●
鳥の雌雄は大部分は雄のほうがキレイ。ホモサピエンスも同じだと思いますが・・・女性は化けますからね。イケネェ、これ差別?


雌雄同色{注意深く観察するとそれなりに差異はありますが}の種はたいがい雌雄で子育てをします。体色が地味なのは周囲の色にまぎれて外敵から発見されにくいからです。特に営巣・抱卵・育雛の期間は巣にいる時間が多くなりますからね。 (ナルホド)

雌雄同色の種は一夫一婦が多いですが、生涯一夫一婦であるとは限りません。ツバメは雌雄同色で両親が子育てします。しかし早く渡って来た雄が後から渡ってくる雌を待ちますが、めぐり合えずに他の雌と番形成することがあります。
カモの類は毎シーズン相手が代わります。(イイデスネェ)
おしどり夫婦といいますがオシドリも毎年相手が違います。(シンセンデスネ)

浮気します。人間社会(一夫一婦制の)では深刻な問題になりますが、鳥の場合は・・・。
アマサギという鳥がいます。コロニー性(集団繁殖)の鳥です。ちょうど今時分南方から渡ってくるサギのなかまです。
この鳥で観察された例は、番形成した雄がほかの巣にいってそこの雌にEPCしようとしている時、その最中に、近くの自分の巣にいる雌(妻)が他の雄からEPCされそうにになって、あわてて交尾を中断して自分の巣へ戻った。(ハハハハ・・)

これは進化的に(行動の進化)トレード・オフとよばれる状況です。

つまり、餌取りにどれだけ時間がかけるか、という問題と留まった場合に、自分がEPCをしに出かけて行くべきが、留まって妻を守るべきかという二つの問題をこのサギは抱えている。サギの雄はこの問題を、自分の力と回りの巣の繁殖状況、雌が授精可能かどうかなど条件式を作って解かねばならない訳です。

くだんの彼が慌てて戻ったのは、自分の遺伝子をいかに子孫につなげるかが、これが最大になる方向へ行動した訳です。EPCばかりにうつつを抜かしていると餌も充分にとれないし、自分の妻を守って子育てを成功させなければなりませんし、効率よく自分の遺伝子を拡散しなければならないからです。彼は妻を守って雛を育てることが最上策と判断した訳です。

話しがそれてきました。切りがないのでここら辺でやめます。
雄がキレイな訳はまたの機会にします。

今日はこれまで。
鳥に関しての質問はなんでもどうぞ。



英語表現8、、、他 投稿者:田村道子  投稿日: 7月 4日(木)14時12分09秒
      今週は鳥星さんと仲良く画面で会話してしまった。鳥の性差についてはもっともっと知りたい。
見かけで区別はつかないから、毎年相手が変っているのかもわからない。せいぜい籠の鳥しか観察してないものね。籠の鳥は変えたくても相手が限られているからあきらめるのかな。
人間も男が体も大きく強そうだから、昔は一夫多妻だったのではないか、という説もあるらしいよ。これも家庭という籠に入れられてから仕方ない、となったのかな。

若葉さん(ペンネームからしてさわやか)、天気が回復してきたけど、七日はどうかしらね。彗星の時はこちらにいたから、夜中に起きだし、学校前の芝生に寝転がって待っていたけど、たった一個だけ。でも一個でも素晴らしかった。昔田舎の夜空は星で一杯だったね。天空の端から端を雄大に天の川が横切っていた気がします。

仮面ライターさん、本は半分読み終わりました。思ったよりついていけました。まとめただけに焦点がはっきりしているから、多分メールより解りやすいでしょう。でも慎重に読み終わるまでコメントは控えます。

さていよいよ英語表現。罵詈雑言ばかり覚えてもらっても困るので、時々はさむ事にして、今日は
        buttonhole 英語らしい発音だと、ばトゥンホウル(ば、が一番強い)

ぼたんほーる、と日本語式にならないように気をつけましょう。さあ、どういう意味でしょう。
例文から当てて下さい。 A really boring guy buttonholed me at the party.

答えは パーテイで退屈な男につかまって話を聞かされた です。
引きとめて話をする、という意味。ボタン穴に指を入れて引きとめる、というところから来て
います。

年をとると何故か淋しい、構ってくれる人を探してあちこちのボタン穴に指を入れている人はいませんか。

来週まで皆さんお元気で。



(無題) 投稿者:スズメが気になる人  投稿日: 7月 5日(金)21時19分43秒
      7月に入り蒸し暑い毎日が続いており、朝夕の通勤がとても大変です。一方、朝の通勤時に見かけるスズメは、さわやかなすずしい顔をして<?>、朝の散歩を楽しんでいるようです。ところでスズメというのは、この蒸し暑さというのを、感じているのかどうかが知りたいのですが、どなたか教えて下さい。

バード・ウォッチングってなあにNo.2 投稿者:鳥星  投稿日: 7月 4日(木)21時02分17秒
       まだスズメも見とらんのに!またか!
という御仁もおいででしょうが、チト事情があってNo.2を掲載します。したがって来週
のBWは休講!

・・・では本日はキジバト。スズメをよく見ていない人はキジバトも一緒に比較して覚えま
しょう!!

キジバト Turtle Dove(英名) Streptopelia orientalis(学名) 体長28cm 留鳥

 身近な鳥の2番目はキジバトです。ヤマバト(山鳩)ともいいます。キジバトの名前の由来    は体の茶色の鱗模様がキジのそれに似るからです。留鳥というのは一年中見られる、つまり
  年から年中留まっている鳥のグループをいいます。スズメも留鳥です。

 大きさはスズメの4-5倍に見えます。たいがい2羽の番(番)で行動していますので気をつ
 けて観察すればすぐわかります。首のところにある少し青い鱗状の模様が特徴です。英
 名はturtle‐neckのタートルです。私がbwを始めた頃、首のところの特徴、と覚えま
 した。全体の印象は頭部が体に対して小さいこと。これはハトの仲間の共通する特徴です。
 飛び方はパタパタと羽を打ってその後はグライダーのようにスーッ飛ぶことをくりかえ
 しながら直線的飛びます。

 駅構内、神社や公園にいるハトはドバト(ドウバト:堂鳩:お堂の鳩)。キジバトとは違
 います。ドバトは伝書鳩が野生化したもの。ドハトは羽に二本の白い線のあるものが多
 く、また模様は様々ですから区別は容易。キジバトとドバトは一緒にいることもありま
 すので、気をつけて見ましょう。キジバトは番でいますからね。きっとわかります。

 さてこのキジバトは一年中、時を選ばずに繁殖します(ヒトと同じ!?)。年中卵を生む
 野鳥は 珍しい。たいがい春夏に繁殖するからです。子育てはMilkです。(エェッ? マ
 サカぁ)ホントです。雛に与えるのは半分消化したミルク状の液体をもどして口移しに与
 えます。
 そうそう、キジバトは雌雄同色、両親が子育てします。巣はこれがなんとまあいいかげ
 んな巣で、下から見上げるとスケスケの粗雑なもの。これ鳥の巣?というような出来の
 ものです。探してみて下さい。きっとあなたのお庭にもありますよ。
  (発見した方はこのフォーラムに一報ください)

次回はシジュウカラの予定です。




窓辺にて-吉行理恵詩集 投稿者:Tea Pot  投稿日: 7月 6日(土)23時10分15秒
      公園の向こうのビルディングの夏蔦はすっかり茶褐色の無惨な姿に
なってしまった。あのまま根を絶たれなければ勢いよく壁面を覆い
尽くして、涼しげな装いで人々の目を楽しませてくれただろうに。

「吉行理恵詩集」を三省堂で求めてきた。田村さん紹介の詩人である。
本を手にとってみると、「立原道造」について傾倒していることを知った。
これもこの本を買う気になった理由でもある。
立原道造は建築を学び、パステル画をよくし、また詩人でもあった。
しかし二十六歳の若さで夭折したのが惜しまれる。
数ヶ月前東大の周りを散歩中、偶然弥生町に瀟洒な三階建ての
「立原道造記念館」をみつけた。絵や小さな建物のスケッチや
詩集を眺めながら、東大に学んだ彼のために隣接したその地に
記念館建てられたということは、よほど愛され、早世を惜しま
れたにちがいない。

流れ星

猫は
明るい星
窓枠に 肘をつき
部屋のなかを 見守っている

日の中で
綾取りを繰り返す 姉妹

縁者たちにかこまれて
お婆さんはうわごとを言う
「うたたねしながら 死にたいわ」

その瞬間 星が流れた

          吉行理恵詩集より



スズメが気になるひとへ 投稿者:鳥星  投稿日: 7月 7日(日)10時56分41秒
      梅雨の晴れ間は真夏です。朝から暑い!

ところでスズメは暑く感じるか?との問いがありました。
そうです、感じます。陽が高くなると益々気温が上がるので、軒の下や樹木の中で暑さを凌ぎます。もちろん中には暑い中動き回る個体もいますが…。
一般に気温が上がる前、日の出前30分くらいから10時くらいまでが活動時間です。だから鳥見はこの時間がベストです。
スズメは夕方にもう一度採餌行動をとります。気温がさがってから。
――――
アジサシとかコチドリは川原や海岸の小石混じりの地面に巣をつくります。雛を日差しから守るために、羽を広げて気温を下げます。
サケイという鳥は親が胸の羽に水を含ませて巣に戻り、その気化熱で温度を下げるそうです。
鳥の種類によって耐えられる温度は違います。
――――
この夏の暑い時はどこかに行ってしまい、見かけない鳥がいますね。彼らにはこの時期の温度には適応できず(ほかにも理由がありますが)、北の地に渡ってしまいます。ガン、カモ、ハクチョウなどのおおかたはこのグループです。
                                     おわり



(無題) 投稿者:スズメが気になる人  投稿日: 7月 7日(日)23時25分36秒
      鳥星殿
早速の回答ありがとうございます。私が知りたがったのは、スズメは蒸し暑さ、温度も然る事ながら<湿度>を感じるのだろうか、という意味だったのですが・・・。文章がまずくてスイマセン。
<<再度、御教示下さい>>



!! 投稿者:鳥星  投稿日: 7月 9日(火)22時55分50秒
      W杯も終り、ウインブルドンも終って、いきなり梅雨の晴れ間の暑い夏日で、みんな疲れた?
私の方は、BWの反応がないので、ちょいとばかりガックリコンです。
次回のシジュウカラについての原稿が進まないデース。



この暑いのに 投稿者:ランゲルハンス島の住人  投稿日: 7月10日(水)09時00分46秒
      いつも事務所に出勤する近所の道筋にサッチーにそっくりのペルシャ猫がいます。
このクソ暑い中、目がどこについているのか、口はどの辺なのかも判らないほど
深い毛皮を着込んでいます。口のまわりはそのため、飲み物や食べ物をくっつけ
フェルト化しているのを見ると気の毒になります。いっそのこと毛皮を脱いで、
きりっと糊のきいた浴衣でもきて氷菓子でもつつきながら夕涼みしたらどんなに
よろしいか、見るたびに可愛そうになります。

鳥星さん、どうぞこの暑さに腐らないでBWの企画を続けてくだされ。



隠れファンじゃわからないよー!! 投稿者:田村道子  投稿日: 7月10日(水)12時45分50秒
      鳥さんの気持ちよくわかります。

でも実際このページを開いて一番楽しいコラムはこのバードウォッチング。ちょっとしたコメントも思わず微笑ってしまうほど愉快だし、何より鳥の生態が生き生きと伝わってくる文章力に脱帽。
真面目に鳥の本を読む気になりませんね。コメントも人間味もない無味乾燥な内容だもの。まあ、絵だけはプラスかな。

隠れファンは多いと思うよ。ただ私のコラムと同じく、感想の言い様がない。それがどうした?
という感じの内容だから。でもきっと面白がってくれていると思う。止めてもいいよ、という意見はないし、脅すと慌てて、誰かが止めないで面白いから、と書いてくれる。
だからなるだけ多くの人が楽しみに開いてくれる様、工夫していこうよ。一週間に一つもなかった時は私も製作者の気持ちになって皆協力して、と叫んだけど、あなたと私、それにだじゃれさん、読書感さん、と常連も出来たじゃない。

先週末からの風邪であまり威勢があがらないけど、鳥さんのしょんぼりした様子を読んだら、エールを送る気になりました。大体またどこやらへ遊びにでかけたのではと疑っていたところ。しっかりシジュウカラの話書いてよ。

辻喜美子さんの原稿を斜光用に入力したけど、彼女はあなたのファン、残念ながらCPの方はまだそう。でもあなたのコラムをファックスしてあげようと思っています。あまり詳しく書くと斜光を読む楽しみがそがれるからやめるけど、鳥については並大抵の関心ではないよ。

川副さんに知らせたら、暇だねえ、だって。そう言う冷めた口を利く人とは遊んであげないから。開いてみると言ってたので、本当に開いたのなら、ここに返事してね。

明日の英語表現お楽しみに。


英語表現9 投稿者:田村道子  投稿日: 7月11日(木)11時16分36秒
      昨日は内輪の話っぽくなって失礼。まだ公になっていないからとつい家族的な感覚になって
しまいました。

今日は   has-been をやりましょう。

高校時代にはさっぱり解らなかった現在完了。その完了を活かして、もう済んだ人、過去の人、を言います。 a has-been movie star   過去の栄光は今はどこへ、、、昔でも栄光があっただけよいよね。

過去の人の登場だけでは淋しいので、今日は特別付録、昔の恋人 も登場させましょう。色々あるけど、今日は  old flame をどうぞ。 昔の炎、まだ燃え滓が残っていて、再び、ということもあるかな?無理かな?



スズメが気になる人へ 投稿者:鳥星  投稿日: 7月11日(木)20時55分26秒
      前回はあらぬ方向の答えですみません。
鳥は蒸し暑いときにはあまり行動しませんから・・・、湿度を感じるのではないでしょうか。

将来、彼らと話す機会があれば聞いておきます。
(鳥の種類:日本の野鳥は約530種、うち自己確認種数が450くらいになるともう鳥と交信できる といいます。私は現在332種ですから・・・)

ではまた。



バードウォッチングってなあにNo.3 投稿者:鳥星  投稿日: 7月11日(木)21時16分18秒
      みなさん、台風6号の被害はありませんか?
台風の後には珍鳥が見られることが多いんです。早速鳥見に出かけたトリキチもいたにちがいありません。

休講の予定を変更して、今日はシジュウカラです。


シジュウカラ Great Tit(英名) Parus major(学名) 体長14.5cm 留鳥


 身近な鳥の3番目はシジュウカラです。庭にちょっとした樹木があれば必ずやってきます。公園や街路樹でもよく見られます。ちょうどスズメと同じくらいの大きさですが、尾が長いので体はスズメより小さく感じます。白黒のコントラストがはっきりしていて、黒い頭と白い頬が印象的です。活発に動き回るのも特徴です。スズメと違うところ
白黒のコントラスト、黒い頭、背中は黄緑色などが識別ポイント。
(頬が白いので「ホオジロ」と間違えてしまいますがご注意を。ホオジロは街中でにはいません。ここで図鑑が手元にあれば比較してください)

 スズメは道路など地面に降りて餌をとりますが、シジュウカラはめったに地面に降りません。キジバト同様に2羽の番(つがい)で行動しています。5月6月の間はその年生まれの子供を連れて、家族で動き回っているのを見かけます。雌雄同色、子育てはもちろん両親がします。冬に庭先にひまわりの種を置いておくと、必ずやってきて、ひまわりの種を両足で押えながら器用に皮を剥いて食べます。そのしぐさはかわいいですよ。庭先の巣箱に巣を架けるのはたいがいこのジジュウカラです。利用する巣箱はその巣穴の大きさで決ります。専用の巣箱をけないといけません。

 さてスズメとキジバトを見てきたので、このシジュウカラについてもう少し熱心に観察しましょう。春先に公園などでツッピー・ツッピー・ピーピーとよく澄んだとおる声で鳴きます。繁殖の子育て時季にはこの囀りはめったに聞けません。ジュクジュクジュクという警戒音はよく聞かれます。
 雌雄同色のシジュウカラのオスメス識別ポイントは胸にあるネクタイのような黒い模様です。雄のネクタイは幅広、雌のネクタイは幅が狭い。この一点が決め手です。
―――――――――――――――――――――
 おさらい
スズメ:茶色い、ホクロがある、黒くて太いクチバシ、人家の近くにいる。
キジバト:スズメの4-5倍の大きさ、頭が小さい、背中は茶色いキジ模様、首の脇に鱗斑、2羽で行動。
シジュウカラ:スズメと同じくらいの大きさ、白黒のコントラスト、頬が白い、クチバシは黒くて小さい。
―――――――――――――――――――――
 基準となる鳥7種―――この識別がわかれば、あとはらくらく。BWがおもしろくなる。
1. スズメ 2.キジバト 3.シジュウカラ 4.ヒヨドリ 5.ムクドリ 6.ホオジロ 7.ハシボソガラス・ハシブトガラス                      (次回はヒヨドリです)



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 7月12日(金)06時50分58秒
      西欧の神話
むかし昔の そのむかし、人間には性(男女の区別)がありませんでした。手や足は4本ずつ、頭は2つ、当然目や鼻も2セット、前後を同時に見ることができます。当時の人間は山野を駆け、谷を跳躍し、それはそれはすばらしい力を持っていました。人間達はその自らの力に溺れ、神の国に攻め入って宇宙を支配しようと企てました。それを聴き知った神神は、この不届きな人間どもをどうしてやろうか?と考えた末、人間を真っ二つ断ち割ってしまいました。その後の人間は 誰かが側に居てくれないとどうにもならない、現在の弱い人間になってしまいました。
しかしながら 昔のその片割れを探しあてれば、もとのあのすばらしい力を回復することが出来るそうです。

僕はこの話を 結婚式の スピ-チで何度か使っている。
それはともかく、我が女房殿は 僕の昔のこの片割れでないことは間違い無い。



またまたシネマの話 投稿者:kazu.k  投稿日: 7月12日(金)09時42分23秒
      毎週映画館通いの有閑老人と思し召しではございましょうが、事実は違います。根が怠け者故、若い頃より脇道が好きで色々のことに勢を出し、どちらが本業だか、どちらが趣味だか判然としない当人ですが、今では毎日まじめに「世のため」・「人のため」キッチリと労働していて、生涯現役を貫く心算だからね。
 さて、またまたシネマの話

■ VA SAVOIR (恋ごころ)
2001年  フランス・イタリア・ドイツ合作フランス映画
監督:ジャック・リヴェット
主演:ジャンヌ・バリバール、セルジオ・カステリット、ジャック・ボナフェ
   イタリア劇団の主演女優カミーユはフランス人、久々のパリ公演中、昔の恋人
   のピエールに再接近。愛人の座長ウーゴは、パリジェンヌに急接近。彼女の兄
   はピエールの妻に接近中・・・。男女6人の恋の糸がもつれ合うコメディトーン
   の幸福感溢れるリヴェット・ワールド。

   なんだかシェークスピアの「ファルスタッフ」や「真夏の夢」をミックスした
   どたばた喜劇と言ったところ。最後は関係者が一同に会し、もつれた難題も解決し
   大団円といったお話。

■ BANDE A PART (はなればなれに)
 1964年 フランス映画
 監督:ジャン=リュック・ゴダール
 主演:アンナ・カリーナ、サミー・フレイ、クロード・ブラッスール
   ヌーベルヴァーグ絶頂期のゴダール長編第7作。
   アンナ・カリーナと2人の男性と踊る「マディソン・ダンス」シーン等は、その
   ポップセンスにタランティーノはじめ、ヴェンダース、ジェームッシュ、ハートリート

          多くの映画人に影響を与えたキュートな作品。

    サルトルやボーボアールの実存主義はなやかなりし時代の3人の若者の物語で、
    アメリカ映画と違った時間と空間がみものであります。アメリカ映画のテンポ
    の早い策に長けた物語が好みの人には退屈かもしれないが、私はこの出た所
    勝負の行方知れずの手法が我が生き方に合っていて好きです。



雑感 投稿者:大山  投稿日: 7月14日(日)20時48分17秒
      久し振りに「落書き帳」を覗いて見たらカウンターが1000件を越えており、<諸兄、諸姉>の活発な落書きぶりが偲ばれます。私はもっぱらこのページを開いて、皆さんの落書きを見るのが楽しみの一つになっています。私も何か書きたいと思っていますが、気の利いたことは何も書けないのが残念です。




シネマに星印を。 投稿者:鳥星   投稿日: 7月15日(月)13時34分10秒
      真夏の日が数日続いたと思ったら、またまた大風がやってきます。
今年の大風は一ヶ月くらい早いんでないかい?

シネマの話しのKazuさん。あなたはほんとに詳しいですね。
私なんぞの映画鑑賞は戦争もの、スパイもの、冒険ものしか見ていません。
今度まじめにご推奨のものを鑑賞しようと思います。
シネマのタイトルの後に一つ星・ふたつ星などをつけてください。
おねがいします。


またまたシネマの話 投稿者:kazu.k   投稿日: 7月15日(月)09時42分15秒
      またまたシネマの話

■ MULHLLAND DRIVE (マルホランド・ドライブ)
2001年 アメリカ・フランス合作映画
監督:デイビット・リンチ
主演:ナオミ・ワッツ、ローラ・エレナ・ハリング
   車の衝突事故で記憶をなくしたブルネットの女と、同情したブロンドの女優の
   卵・・・。細部にわたる伏線と謎に満ちた登場人物、常識を破壊する展開・・・。
   マルホランドドライブで始まるリンチ・ワールド。

   どこまでが幻想でどこまでが現実なのか筋がほとんど判らない。多少とも
   アバンギャルドに興味を持つ私でさえ理解不能でありました。これでも第54回
   カンヌ映画祭の監督賞を受賞しているのであるから、ハッシュで頭を浄めて
   鑑賞するか、またまたその前衛作品に着いて行けないほどこの私が古びたの
   か、その理解出来ない理由は謎であります。


■ THE SHIPPING NEWS(シッピング・ニュース)
 2001年 アメリカ映画
 監督:ラッセ・ハルストレム
 主演:ケヴィン・スペイシー、ジュリアン・ムーア、ケイト・ブランシェット

    父親に抑圧され、自分をもてないまま生きてきた男が、妻にも裏切られ、
    父の故郷である凍てつく北国・ニューファンドランド島に戻り、人の温か
    さに触れ、自分を取り戻していく。「ショコラ」につぐヒューマン・ドラマ。


    自己表現が不器用で人を引きつけるようなエピソードも持たない、世間の
    話題にものぼらない、どこにでもいるような平凡な男でさえ、たいした変
    化もない日常の生活の中にすでに感動を与える生き方をしていることを私達
    に想い起こさせる物語。


    大山さん、投稿者がすべて、語りや体験において一流のプロの経歴を持って
    いるということではありません。
    むしろ、平凡にして通俗な中になんとかもっと自己表現して、己の生きる証を
    と「田作(ごまめ)の歯ぎしり」をしているというところです。
    どうぞ感じたことや伝えたいことなどを、たとえ自己満足、独断と偏見と思
    われようともそれをものともせず言い放ちましょうや・・・。

   追:みっちゃん、主人公の叔母が自分の過去の秘密を知られて”shit”
     と囁いたのをこの映画の中で確かに聞きました。指導のお陰です。謝謝!!



バードウォッチングってなあにNo.4 投稿者:鳥星   投稿日: 7月15日(月)13時54分39秒
      前回の講で誤りがありました!
基本となる野鳥7種で6番目はホオジロです。
7番目はカラスの2種(ハシボソガラス・ハシブトガラス)です。

今日ははヒヨドリです。

ヒヨドリ Brown-eared Bulbull(英名) Pycnonotus amairtis(学名) 体長27.5cm 留鳥


 身近な鳥の4番目はヒヨドリです。庭にもやってきます。スズメよりふたまわりくらい大きく、体色は地味です。キジバトの体長より長いのは、尾羽根が長いからです。体つきは キジバトよりも一回り小さく見えます。雌雄同色。
 大声でうるさく鳴きますからわかります。鳴き声は名前の由来のとおり、ヒーョ、ヒーョ、です。また飛びながら、ピーッ、ピーッ、と鳴きます。体は青灰色、黒っぽくも見えます。耳のあたり(耳羽)は褐色‐栗色です(英名の由来)。それに頭はベッカムモヒカンとまでいきませんがボサボサで、メッシュを入れたような頭です。W杯で俄かファンとなった人は是非ヒヨドリを見てください。きっとファンになりますよ。

この鳥は一年中いますが、10-11月には群れをつくって暖地に移動するのが観察されます。渡りをするグループとしないグループがいるのではないかと思っています。俳句では秋の季語となっています。本来冬鳥であるがこの40-50年前くらいから夏でも観察されるようになったという人もいます。これは温暖化に伴う行動変化かもしれません。
鳥の渡りはきっとこのようにあるものが渡りをしてその習性を獲得し、渡らない個体群は環境の変化に耐えられず死滅し、その結果種全体が渡りをする…というように行動の進化が起こるのではないかと思います。

飛び方は深い波型をえがいて力強く飛びます。電線などに止まっている姿勢は体を起こしぎみにシャンとしています。この止まった時の姿勢も識別には重要です。よく観察しておきましょう。
樹上生活。公園、庭、果樹園、人家付近の樹木、街路樹にも多くいます。雑食性で、蜘蛛、昆虫、木の実、花の蜜、花弁なども食べます。早春サザンカの充を食べにやってきます。顔が花粉だらけの黄色い顔になっているのはは滑稽です。
晩夏に油蝉を追いかけているところを見たことがあります。蝉のほうも必死に不定形飛行をしていました、遂にヒヨドリは捕まえてしまいました。

冬場には庭の餌台にる先客の鳥を追い払ってひとり占めをする気の強い鳥です。春先には盛んに鳴き交わして2羽連れの行動をします。茂った樹木の中で低い声で他の鳥の鳴き真似もします。あれっなんだろう…と耳を澄まして探すと、そこに盛んに鳴き真似をして悦にいっているヒヨドリを見たことがあります。
                           (次回はムクドリです)



鳥星さん 投稿者:kazu.k   投稿日: 7月15日(月)13時56分57秒
      いつも貴重なアイデアありがとう。
独断と偏見の強い小生ですから星の数がはたして正当な評価を表すか疑問ですが、
好みの度合いと読み替えてください。

尚、「ぼくの神さま」---------☆☆☆☆
  「ムーラン・ルージュ」------☆☆
  「はなればなれに」--------☆☆☆
  「恋ごころ」-----------☆☆
  「マルホランド・ドライブ」----☆
  「SHIPPING NEWS」--☆☆☆

  異論・反論大歓迎!!



 

2002年6月後半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 3月28日(金)13時30分3秒
 
■3月13日にOPENしてから三ヶ月。訂正削除の方法や、画像添付の方法等の質問も
 出てくるようになりました。

■英語表現講座が不評?と書き込みがあると、もそもそと優しい応援者たちの声が立ち上
 がります。

■新顔がまた登場しました。本人曰く「パンドラの箱」、ならぬ「小話の箱」シリーズ第
 一回とともに今多氏初登場です。このシリーズはこのあと三年もの間皆を楽しませてく
 れました。





皆どうしたの 投稿者:田村道子   投稿日: 6月18日(火)19時05分27秒

      空けて見たら先週の私のが最後。皆みるだけで書かないのかな。
先週の釣りの話を書きます。一言でいうと、本当に大変な仕事でした。楽しかったけど、重労働。次から次に大きいさばがかかり、大急ぎで引き上げるため必死にリールを巻き上げ、すっかりへたばりました。
よい師、石井さんに道中からイメージトレーニングをおそわり、やり方を習い、最初からプロ並につれ始めたのはよいけど、2匹一度に釣れたりするととても急いであげることは無理、暴れ回るさばが他の釣り糸にからまり、迷惑をかけてしまう。だから一本だけにして、それでも釣れるので一休み。石井さん、藤戸さんは電動なので一息であげ、藤戸さんはさばは要らないと捨てるくらい。

船宿の人によればあじ、さば、と日によって違い、たまたまその日はさばの日だったようです。私もあじは一匹だけ、でもさばは大好物なので喜んで釣りました。なんであれ、釣れるのは楽しい。
ただ、長年の釣り歴を持つ人も船酔いをする、ということがわかりました。私はちゃんとよい止めを飲んで、全く元気。酔った人は気の毒でした。体調にもよるんでしょうね。石井さんも薬を飲んでいたので、船に酔わない人が釣りをする、というのは思いこみでした。
家に帰ってからがまた大変、近所にあげまくっても10何匹ものさばが残り、鮮度の落ちないうちに料理をするのに追われ、くたくた。食べる気もしないで寝ました。何しろ船の上が長かったので体がまだ揺れている感じ。船上では釣りに夢中で揺れも感じなかったのにね。
でも差し上げた人からは大好評のお礼の電話をもらい、気を良くしたよ。また行きたい。
ホームページは見るだけでなく、書いてね。それが作った人へのねぎらいです。きっと皆喜んで読んでくれていると思うけど、思うだけでは不充分。気持ちは言葉にして伝えなければわからないでしょう。そうじゃないと気持ちがないと思ってがっかりしてしまうよ。少なくとも私だったらがっかりしてしまいます。よろしくね。



そのタフさに脱帽 投稿者:Kazu.k   投稿日: 6月18日(火)22時32分34秒

      先日の潮干狩りの感想を書いたその日から喉がいたくなり、ダウン。久しぶりの日の下での作業に、日頃のモグラ生活の小生も故障、いわゆる”骨病み”にて3日寝込んでしまいました。さすがにその不快さに文学がどうの、音楽がどうのというゲージュツの領域に
遊ぶ余裕もなくただただ熱にうなされていました。
その次の日に釣りに出かけるあなたは偉い。その野次馬精神は尊敬にあたいします。これからもその根性で落書き帳をひっぱって行ってください。



Bonsoir!Madam Monsieur! 投稿者:鳥星  投稿日: 6月18日(火)22時54分57秒

      落書き帳は見るだけではダーメ・・・と誰かさん。そうだよなー・・・といいつつ書いてます。

南仏はよかったよ! 雨に降られたけど。下手の横好きのスケッチ104枚!!! 我ながらよく描けた!

セザンヌのアトリエ・ゴッホの跳ね橋・・・

ルーブルのモナリザは暗くてがっかり!!

この落書き帳にファイルが添付できれば早速掲載したいくらいいいスケッチができた!!
(添付の方法、KAZU・Kさん教えて・・・私がやることかな?)



  潮干狩りの次の釣りは週だよ 投稿者:田村道子   投稿日: 6月19日(水)13時58分53秒

      和さん、誤解です。毎週行事があるのは確かだけど、潮干がりの翌日ではなく、翌週です。
私の書き方が悪いんでしょう。鳥星さん投稿ありがとね。今週末の斜光編集委員会でスケッチ見せてね。それとも自分のホームページに入れた?

皆勤じゃないかと言われたけど、ゴルフだけはやっておりませんよ。理由は色々。まあきかないで。
まだ現役なのでこのくらいにしているけど、退職したら毎日が日曜どころか毎日が出かける日に
なるよう、頑張ります。

明日またいつものレッスンで登場します。待っててね。




(無題) 投稿者:鳥星  投稿日: 6月19日(水)22時01分59秒

      さて、今月末日をもって長かった勤め人生活が終る。
会社から完全に開放されて勝って気ままな生活ができる・・・。

と思ったらなんとなんと「勝手にはさせないぞ」という目つきの同居人(?)がいるのではないか・・・。
こりゃいかん。嗚呼!!



もしかして最後の英語表現 投稿者:田村道子   投稿日: 6月20日(木)11時17分56秒

      今日は他の表現を予定していたけど、たまたま週末テレビでみた ’English Patient’という
映画で看護婦がプラムを拾ってきて患者に食べさせたとき、彼が "This is a plum plum." と口篭もりながら言い、それを字幕は”プラムらしいプラム”と訳のわからない日本語にしていました。この種の誤訳はよくあることです。

そこで、plum の解説。 熟れて落ちたくらいのものが特においしいというところから、その種では最高の、または労力の割には報酬のよいもの、つまり、おいしい仕事、という風に使います。どっかに転がってないかしらね。
語呂合せを活かして日本語にするのは大変、誰かやってみる?
自己満足でやってきたけど、あまりの反応のなさに不安。
本当に自己満足だけで、読むほうは面白くないのかな。



面白いよ!めげないで 投稿者:kazu.k  投稿日: 6月20日(木)13時20分39秒

      反応の気配はないけれど、じっと目を懲らして読んでる人はきっと居ます。かく言う小生も
コメントはしなかったのは、今のところそれらの英語を現実に使って楽しむ環境になかった
理由で、どう参加すべきか思案中でした。止めるかもしれないと言われると急に慌てて引き
留めにかかる己がいじましい。
ところで、子供などは「ばか」とか「くそたれ」とかの汚い言葉から覚えるとよくいわれる。
小生の物語の主人公に「Bird Brain」を登場させ、日本語で「能なし野郎」と
ルビをふりましたが、田村さんの解釈を問いたい。その「Bird Brain」が長じて
馬鹿にされる名前に「Smart Brain」-秀才野郎-、
「Brilliant Brain」-天才野郎-に改名したいと願ったものですが、
これも非道すぎる違約ですかね?
その他、silly nut、vaccum headなどの嘲笑する言葉の数々と
その違いを教えてくだされ。
鳥星さん、最近はピロッともしないと思いきや、フランスに行っていたのですね。
しゃっきんバード「借金取り」となって走り回っていたのかと思いました。
そろそろこの画面構成を一新する仕事に掛かりたいので一度来社ください。また、
会社から解放されて戸惑う貴君のやるべき仕事は私がたくさん押しつけますからご心配なく。



田村さんへ 投稿者:鳥星  投稿日: 6月21日(金)00時03分46秒

田村さん!!
一口英語続けてくださーい!
大変に役立っています。感謝。
この単語を使って、得意になっていますから、ネタ切れになると困ります!
      梅雨のあいまに 投稿者:仮面ライター  投稿日: 6月20日(木)16時39分21秒
      久しぶりに落書きします。まず、MS.Tmura さん、ひとくち英語、大変ためになってます。いろいろな人たちの出会いの中で、英語のできそうな友にあうと、わざとこんなEnglish 知ってるかと知ったかぶりに話したりします。いままで知ってる人、あまりいなくて気持ちいい。これからも続けてください。
さて、斜光のホームページも1日に1回は開いてますが、同じように私がよく見てるホームページを紹介します。興味ありそうだったら見てください。
その1)錦織 淳(Nishikohri-Atsushi)公式ホームページ
    http://www.linkclub.or.jp/~nisikori/
錦織さんとは、本職は弁護士、かって昨年の参議院選挙で民主党から立候補したとき、選挙応援したことあります。弁護士としては、今まで水俣病や中海干拓問題に取組んだ実績がありますが、今は我々の故郷にも関係ある、有明海ノリ問題、諫早干拓問題について被該者組織の弁護団長として活動してます。このホームページは有明海の漁民といっしょになっての活動報告や地域の情報を「漁民ネット通信」として発信してます。奥さんはパキスタンやアフガンの子供たちの救援運動されてます。
その2)池澤夏樹 「新世紀へようこそ」http://www.impala.jp/century/index.html
    池澤夏樹とは沖縄在住の作家というのはご存知の方も多いでしょう。このページは昨年9.11(米国同時多発テロ)以降、作家の立場から、発言せずにはいられない、自らの感情や論理をコラムとして、アメリカやアフガン、あるいはイスラエルヤパレスチナの問題を載せてます。その時折の事件に対しても(心情的な面はあるにしろ)コメントは専門的な解説書を聞くよりも胸をうつものがあります。
北さんから呼びかけのあった読書会のさいしょのテーマも「イスラム」と聞いてます。これと関連しても面白い読み物です。



Canada Quebec 投稿者:鳥星  投稿日: 6月21日(金)19時11分02秒

      ケベック州政府観光局のホームページに私の作品が掲載されました。
私は多いに期待して開いたのですが・・・・。
どこにあるか分からないいくらい小さなコマ!・・・ガックリ・・・。
現物は迫力のある出来のいいものなのにぃ。

興味のある方はどこにあるか隅から隅までズズズイーットご覧あれ。
日本語版の中にあるケベック州を旅行した人からの感想文写真募集のところでーす。

きょうお礼の記念品が宅配されました。
それが大きいサイズのポロシャツ! まいったなぁ。これくらい大きく掲載すればいいのに!キャップがひとつ、これは気に入りました。
小さなバッチと観光案内パンフレット4-5種類。

まぁいいか。でもポロシャツの小さいサイズのものほしいなぁ。
催促しようかな・・・けち臭いかなぁ・・・


我が家の愛犬チビが亡くなった。
拾った時は体調が具合が悪くて病院通い。
年老いた雌犬だったけど、よく言うことを聞くおとなしいぃ犬でした。

丁度丸3年で、この半年間は右肩の腫瘍が肥大して
三本足で歩くのがとても痛々しかった。
享年16歳。                   合掌



石川さんへ 投稿者:Kazu.k  投稿日: 6月23日(日)22時37分22秒

    先日「斜光」の編集に関わる皆さんと歓談していた時その話になり、
どういう事か理解できました。

投稿者の欄にはいつも皆さん各自の名前が常に入っていて、いつでも
自分の名前を書かないで投稿出来るようになっています。今も小生の投稿者
の欄にはすでにkazu.kと自動的に記載されています。
だから匿名やペンネームで投稿する時は夢々書き換を忘れずに!!



(無題) 投稿者:エセ読書人  投稿日: 6月24日(月)10時24分39秒

    初めてお目にかかりやす。先日、斜光の仲間から「何でもいいから落書き帳に書いてよ」と云われ恐る恐る・……こんなのでもいいかなーと思いながらも「書評」をひとつ。ある市民運動グループの発行している機関紙に(毎月一回発行)載せてるものです。読書にも各々、好みもあることだし、問題あるかと思いますが、読書会も始まったことだし、辛抱して読んで見やれ……・・…

ウドンゲの花(松下竜一全集・第四巻)
松下竜一(河出書房)

本好きな人はそれぞれ好きな作家が何人かいるものだが、私にとって松下竜一とは大好きな作家と言っていいひとりであり、彼の作家としての出発点『豆腐屋の四季』を読んで以来、ほとんどの著書を愛読してきた。そしてできればその全てをこの書評欄に載せたいとも思ったものである。それはこの作家の本を読む人たちとその読後に残る─日常の中にある何かさりげない、それでいてとっても大切にしなければ成らない─そんな感情を共有したいとの思いからかもしれない。

著者は九州、大分県中津市在住、長男であるため、高校卒業後、豆腐屋家業を継ぎ(母親が亡くなったことにもよるが)家族を養っていたが、生まれながらの虚弱体質、持病(喘息や隻眼など)、体力のなさで、激務の豆腐屋家業(朝の2時から夜までの過酷な労働)を続けていくことができず、30代半ばで豆腐作りをやめ、ペンひとつで生計をたてようと決意した地方作家である。しかしなかなか書く本は売れず、とことん貧乏生活を続けながらも、近郊で発生した反公害、環境権等の市民運動にも積極的に参加していく。(この辺の事情は『底抜け貧乏ぐらし』『本日もビンボーなり』『ビンボーひまあり』など一連の『貧乏シリーズ』の著書で、明るくユーモアたっぷりに紹介されている)

この本は、一地方作家の暮らしの日々を綴ったこの作家の唯一の随筆集であり、どこからかの注文に応じて書いたものではなく、発表の当ても無いままに書きおろした短文集(ひとつのコラムが600字以内)でもある。それは書きとめねばたちまち忘れられていくような小さな感情の動きや、出来事ともいえぬほどの家庭でのささやかな起伏を丹念に拾い集めて十二ヶ月に編んでいる。草花や鳥や虫や気象の変化に心をひそめての平凡な日々の生活記であり、いわば過酷な大都会でのでビジネス社会とは対極的な日常生活へのこだわりの書といっていいだろう。
この作家は『ルイズ-父に貰いし名は』が第四回講談社ノンフィクション賞を貰った以外は、ほとんど文学的な賞には無縁で、決して世間受けする作風でも、文壇で名の売れた作家でもない。それに数ある著書のなかでも、この本は最も売れなかった本であり、内容的にもインパクトのあるものでもない。しかし「あとがき」でも述べてあるように、日々のなんでもない出来事や泡のように消えてしまう心の波紋、それでいてその積み重ねこそが生きることの懐かしさかもしれぬ・・・・とそんな素直な思いにとらわれていく本でもある。



皆さん、有難う 投稿者:田村道子   投稿日: 6月24日(月)14時32分27秒

    今週はどうかな?と覗いて見たら、たくさんある!!!
英語表現も誉めてもらった!たちまち木に登って、良き眺めをみやり、全く降りる気
のない豚状態です。
読書人さん、貼り付けに成功したようですね。ウドンゲの花は他でも話題になったような
気がする。早速今日学校の図書館で借りてきます。このごろは英語のクロスワードが睡眠薬
だけど、今夜はほんのりよい気分で寝られそう。
仮面ライターさん、これまたトライしなくちゃ。イスラムの本を3冊も読んで勉強したのに
もうほとんど忘れかけています。早速池田さんのホームページを見てみましょう。見てからまた
書きます。時間を作って読書会に来ませんか。

格調が高すぎて投稿出来ない、という本音か建前かわからない断りの理由を、斜光、ホームページの
両方に聞きます。kazu さんの注文もあるし、今週は思いきり下げた英語表現にしましょう。期待
して下さい。毎週木曜です。伏字じゃないと掲載してもらえないかな。

鳥星さん、チビが死んでしまって私もがっくり。斜光の読者もきっと同じ気持ちでしょう。見たこと
はなくても、何となく鳥星さんに似てほんわか、やさしく、我慢強い(これは似てないかも?)犬
を思い浮かべていました。淋しくなったね。

先週の様に開けて見て私の英語表現だけ、という週があったらストを起こして投稿拒否しようかな?
これは脅しで本当はそんな気はないんだけど、でもやっぱりめげます。豚も登ったからには木の上が
一番安全なんだから、突き落とさないでね。



!? 投稿者:鳥星  投稿日: 6月25日(火)00時28分46秒

    Everything is smelling sweet なんて覚えちゃいましたよ。
なんてったて完全リタイヤだもんね。
「あいつ暇そうだから、今度引っ張り出すか」なんで思っているかたがたそれはチョット
甘いよ。
moonlightがmain jobになることなんだから「Leave me alone!」というかも・・・。
・・・とちょっくらきつかったかな?
とにかくやることイッパイ!次ぎから次ぎとわいてきてこのところ困っています。
Unbelievable! やAre you serious? などとという声が聞こえてきそう・・・。
ああしんど!英語がんばらなくっちゃ・・・。



池田夏樹のホームページ他 投稿者:田村道子  投稿日: 6月25日(火)15時41分06秒

    仮面ライターさん、開いて見たけど、本の紹介しかわからなかった。新世紀へようこそ、という
本がその集約のようだから、読んで見ましょう。図書館で取り寄せます。

鳥星さん、引っ張り出そう、何て思ってもらえる内が華、お声がかかったら必ず行こうね。声を
かけるからね。断るともう Let's leave him alone. となって淋しい思いをするから。と私も
常に自分に言い聞かせています。

それにしても私の英語表現を活用してくれてありがとう。やる気が沸いてきます。



田村さんへ 投稿者:仮面ライター  投稿日: 6月25日(火)16時24分33秒

    早速開いてもらってありがとう。
開いたページの最初のページの3番目ぐらいに(赤印の)「バックナンバーはこちらから」というタイトルの「お選びください」をクリックすると池澤夏樹さんの日付ごとのメセージがでてきます。また「バックナンバーはこちらから」の右隣の「緊急特集」のイスラエル・パレスチナ問題をクリックするとやはり日付ごとに彼のコメントがでてきます。もう一回 try してみてください。



(無題) 投稿者:kazu.k  投稿日: 6月26日(水)09時02分36秒

    仮面ライターさんへ

今朝(6月26日)の朝日新聞のオピニオンというコラムに弁護士錦織 淳氏の
「有明特措法-利益誘導ではなく再生を」という論文が載っていました。

氏の主張のように、単なる生活補償だけではなく、ながい目でみたより新しい
産業育成なり、新しい価値みだす事に向けてもらいたいと考えます。

仮面ライターさんの時を得た紹介ありがとう。

エセ読書人さんへ

ウドンゲの花(松下竜一全集・第四巻)紹介ありがとう。
ただ、小生今手元に「イスラーム文化」・「イスラームと国際政治」・「エレガントな宇宙」
「小説の秘密をめぐる十二章」・「ウィトゲンシュタイン入門」等々、積ん読(つんどく)
状態、さらにbusyworkに振り回されているので、いつその本を手元に置けるかが問題
です。



開けました。ありがとう 投稿者:田村道子   投稿日: 6月26日(水)11時37分53秒

    仮面ライターさん、今度はちゃんと読めました。「新世紀へようこそ」という本はもう注文してしまったけど、それでよかっと思ったところです。このコラムをネットで読み果たすのは大変。
紙の上でじっくり読みます。何個が取り出して読んでみましたが、私の知識不足と脳の回転不足で充分理解するところまでいかなかった、というのが正直なところです。ただ、読者のコーナーは現地からのものなど、新聞などでは伝わらない現状の片鱗があり、心して読みました。また利子論は何の話かと思って読んで見たら、結構面白い、農業がその発想の根源、また将来への不気味な展望など、共感できるものばかり。

推薦なさっただけあるホームページです。私の感想では逆効果かも知れませんが、皆さんも読んで
みませんか。特に読書会員の方がたはイスラムについては必読、と思ったところです。

このホームページから本当に色々学べて有難いことです。機会を与えてくれた人たちに感謝します。



小話の箱 投稿者:今多 迷道  投稿日: 6月27日(木)14時31分38秒
      時は天正10年5月の事。このところ鬱々として楽しまない明智光秀が、心知ったる盟友達を集めて、連歌の席を設けたのは 5月28日のことでありました。(この頃は旧暦なので 今で言えば約1ケ月ずれる)
  光秀   「時は今 天が下しる 五月かな」 超有名な句。それを聞いた 西ノ坊、里村紹巴
     「むむむ・・・!」光秀の腹の底を悟ります。
  西ノ坊    「水上まさる 庭の まつ山」
  里村紹巴   「花落つる 流れの末を 堰とめて」 と結びます。
そして日本の歴史上の希有の大天才 織田信長が、本能寺の紅蓮の炎の中に没したのが 享年49歳
6月2日のこと。約400年前の 丁度今頃、梅雨の 真只中の事でありました。



英語表現7、、、かな? 投稿者:田村道子   投稿日: 6月27日(木)14時35分34秒
      さて予告で言ったように今日は curse(呪う) または swear(誓う) と呼ばれるいわゆる罵詈雑言の一例。

最も頻繁に、また気軽に使われるのは shit でしょう。文字通り ”糞ったれ!””Oh shit!" やっぱり
うんこは和洋を問わずののしりに使われる様ですね。

紳士や女性(どういう訳か特別扱い)はこういう言葉使いは控えるのが常識ですが、禁断の言葉は一旦知ると中々頭から離れない。何かやらかした時に“えーくそ!””Oh shi..." といいかけ我にかえり、"shoot" とごまかし、やがてこれが人前で許容範囲のののしり語になりました。私もよく使ったものです。

悪態でなく感嘆語でも神の名を軽軽しく使うとは何事、という訳で、Jesus の代わりに Gee, Godlyの代わりに Golly など、 ごまかし語が結構あります。日本語にはない現象ですね。

長くなりますが、この shit は日本人には失敗談の多い語です。

この発音 シットは楽ですが sit のほうは出来ない人が多い。スィット のように上下の歯を合わせてその間に息を通して出します。

そのため、電車の中や居間で Can I sit here? と訊くつもりが、 Can I shit here? と聞こえ、Go to the toilet. と言われかねません。鳩や烏のレベルにならない様に気を付けましょう。

それではまた来週。



バードウォッチングってなあに 投稿者:鳥星  投稿日: 6月27日(木)20時55分55秒
      日本語では野鳥観察とか探鳥(たんちょう)と言っています。
「野鳥観察に行きます」というと堅苦しいしきざっぽいですよね。また「探鳥に行きます」というと「えっっタンチョウって単調?」と言われそうです。
私は鳥見(とりみ)と言っています。

さてその鳥見とは、これまたいろんな言わば好き勝手なやりかたができるからオモシロイ。
ただ見るだけ、種類をカウントする、回りの自然の景色を楽しむ、繁殖行動を観察する、春秋に違いを較べる・・・・などいろいろ。ひとりででもできますし大勢でもたのしい。
●著名なバードウォッチャー曰く、
「ある者にとっては科学であったり、芸術であったり、気晴らしであったり、仕事であったり、あるいは退屈なことである」といっているが私はこれに「自然に親しみ、生を学ぶこと」を加えたい
。(キザ?かな)

というわけで、いつでも、どこででも気軽に始めることができます。
何しろ双眼鏡と図鑑さえあれば万事OK。
次回は、先ずは身近な鳥「スズメ」を見ることからはじめましょう。
スズメってホクロがあったっけ?スズメって歩くんだっけ?寝起きの目をこすりながら眺めてみてください。



訂正法? 投稿者:今多 迷道  投稿日: 6月28日(金)08時56分56秒
      小話の箱で誤字あり、訂正したいが どなたか方法を教えて下さい。
  凶年→享年



原稿の編集・削除について 投稿者:kazu.k  投稿日: 6月28日(金)09時20分30秒
      原稿の編集・削除の方法を下記に示します。

1.この落書き帳の一番下に「管理者メニュー」という欄をクリックしてください。
  (そのまえの空欄のパスワードの記入は不要です)
2.自分の投稿の削除と編集メニューの画面にかわります。
  目的の原稿の「編集」をクリックします。
3.原稿の修正を終了し、「この内容で修正する」及び
  「掲示板に戻る」をクリックしてください。


老婆心ですが、直接投稿欄に書き込むのもいいですが、何かの拍子に画面が飛んだり
して、せっかくの文がだめになるケースがあいますので、メモ帳やwordで作成
した原稿を投稿欄にコピー・貼り付けした方が安全です。



kazu.kさんへ 投稿者:今多 迷道  投稿日: 6月28日(金)17時13分14秒
      訂正できました。サンキュウ!
一昨日テレビで今日の運勢をやっていました。何となく見ていたら今日の最悪の運勢の人は「水瓶座」えっ!と思っていたら、息子が車をぶつけ、仕事では客先からクレ-ムはくる、このようなミスはする、マ-ジャンでは負ける。このところ ツイていません。



独りごと 投稿者:ランゲルハンス島の住人  投稿日: 6月28日(金)23時07分25秒
      その昔、郷里で墓参りの際、一族の墓が傾いているのを兄弟で直したことがありましたが、
信心深い兄は「仏」が取り憑いたといって具合が悪くなり寝込んでしまいましだが、私は
平気でピンピンしていましたので、「仏」が憑いたいたと宣う「拝屋」(おがみや)に、
なぜ俺には取り憑かないのかと問うたところ「不信心の人には取り憑かない」とのご託宣
でありました、信心のある人は厄から守られるというのなら納得しますが、返って厄を背
負わされるという言い分にはなにか論理的に矛盾があるような気がしたのでありました、
今までそのような事はあまり気にしない方でありましたが、身近に「60は男の厄」と聞
けばなるほど、ここ2、3年あまりいい目に会っていないなと思えるのであり、バブル
崩壊の世相と言い切ればそうでありますが、自ら招いた結果の言い訳にはならず、2度に
おける失業の憂き目にあい、この前の「骨病み」といい、確かに厄はあるのかな?と半分
信じ、半分馬鹿にしこれからもう一勝負せんと力んでみても、こほこほと咳が止まらず、
ああ俺も年かと諦念の境地にて老け込む夢を見た、こりゃいかん散髪でもしてさっぱりし
た気分でもう一度螺旋を巻きなおそうと想うのでありました。



「斜光」編集会議報告 投稿者:kazu.k   投稿日: 6月29日(土)08時32分47秒
      みなさんへ
このフォーラムもおおくの仲間が開いてくれています。
同人誌斜光への関心も一層深まってきております。そこで斜光編集の様子もお報せしてはどうかとの意見も出始めましたのでここに編集会議内容を掲載することにします。なお編集に関してご意見ご要望があればこのフォーラムへ書き込んでください。

1. 開催日時;平成14年6月22日(土)
2. 出席者;編集委員10名
3. 主な打ち合わせ内容
・ これまでの投稿者…31名
・ 投稿を予定はしているが、現時点での未投稿者…13名
 →6月末期限で投稿をお願いする
・ 「編集後記」、「色眼鏡」、「風の便り」、「作品に一言」等の原稿にはそれぞれの
  タイトルを明記のこと
・ 「斜光ホームページ」のPR。ホームページアドレス<URL>を裏表紙下部に掲載する
・ 「ふうけもん会」「読書会」「鳥見会」等のサークル活動を風の便りで紹介する
・ 10月19日の<佐賀;同窓会>に間に合わせるために、今後次の予定で進める
(1) 8月10日(土)校正会議→校正チェック完原稿の返却期限<8月末>
(2) 9月初原稿の最終チェック
(3) 9月中までに印刷渡し
(4) 9月末までに印刷完了
(5) 10月初からの発送

                                   ―以上



777番目の訪問者 投稿者:鳥星  投稿日: 6月29日(土)20時13分41秒
      昨日が38年間の会社勤めの最終日でした。正確にいうと38年と2ヶ月。
なんというか、やはり一抹の寂寥感を禁じ得ません。
一足先にリタイヤーされた先輩のみなさんはどうでしたか?
これからそのときが来る後輩?のみなさんはどんなお気持でしょうか?
まだまだ元気に会社勤めの現役諸兄ももうそろそろそんなときがきます。

そうだ!だワールドカップ見なくちゃぁ。

143

 

2002年6月前半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 2月18日(火)00時24分6秒
 
■3月13日にOPENしてから三ヶ月が経ちました。
 はじめまして挨拶、潮干狩り報告、投稿記事削除方法解説、とブランニューらしさが続きます。

■干支を一回りした現在と比べ、掲示板機能が異なっていることにも気が付きます。


はじめまして、久留米より 投稿者:井手元子  投稿日: 6月 2日(日)16時38分22秒
      はじめて投稿します。九州からは、辻さんんに次いで二番目でしょうか?私もこの2月にパソを買って、インターネットの世界とメールをたのしんでます。古賀さんからの年賀状でこのURLを知り、以前に見たときは投稿者が数人でしたが、こんなに賑やかになって面白そうなので参加してみました。そうそう、3日に上京します。上野の都立美術館「日本水彩展」に出展してるのを見ること、それよりもっと見たいのはコレ!「木村忠太展」ご存知とおもいますが、笠間日動美術館で6月30日まで開催されてるので観に行きます。東京の皆さんともお会いしたいなと思いつつ失礼してます。でもこれからは、このページでお喋りでき楽しみが増えました。笠間の感想は帰ってきてから、また・・・それから田村さんの「絵のある風景」ちらっと見ましたが私も同感よ!ちっとも可笑しくないと思います。


シネマの話 投稿者:kazu.k  投稿日: 6月 3日(月)09時31分49秒
      飯田橋の神楽坂をもう一本後楽園寄ったところに軽子坂(かるこさか)という路地がありました。その坂の由来は知りませんが、横町を曲がったすぐの所に一軒の映画館をみつけました。
約200席のいわゆる懐かしの名画をみせるという場末の小さなもので、そこは貧乏学生時代のノスタルジーを彷彿させるに十分な面影を残した、狭さと昔を懐かしむような老年の人たちや若い学生といった客筋で満ちていました。よき時代の雰囲気が廃れていない時空が未だ存在するんだなーと嬉しくなりました。もちろん入場料はシルバー料金の1,000円ぽっきり。この値段で5時間近く楽しめる娯楽はそうめったには見つからないと思います。

往年のアン・マーグレットを思わせる美貌の女優と、アラン・ドロンに似た男優の演ずる
「ムーラン・ルージュ」のファンタスチックな物語を主に鑑賞するつもりでしたが、もう一本の方「ぼくの神様」が思いもよらず秀逸でした。第2次大戦のポーランドが舞台。ナチスのユダヤ人狩りから逃れるため親元を離れ一人疎開させられた児童の物語でした。美しい田園風景の中で起きる大人の戦争という不条理の世界に、子供までが巻き込まれ厳しい現実に直面する話でした。

このような素晴らしい映画は大作でないだけに、あまり宣伝されず埋もれてゆくのかと思うと
残念です。そのような訳でたまには誇大に宣伝された大作だけではなく、こまめに優れた小品を探しだして映画鑑賞を楽しんではいかがでしょうか。

ようこそ井手さん、距離や時間の制限を受けず遙か離れた友人と交流するためにあるホームページですから、より遠い人のアクセスを歓迎します。絵、音楽、散文、詩、俳句、釣り、ゴルフ、その他のあらゆる趣味の人、この場所で侃々諤々語り合いましょう。


潮干狩り情報ー念のため 投稿者:田村道子  投稿日: 6月 3日(月)14時51分29秒

      また新しい週が始まります。

元子さん、会えなくて残念。

潮干狩りに参加希望の人は水曜までに申し出て下さい。北原さんか私に連絡をお願いします。
私はメールxxxxxxxxxx.jp か、電話02XXXXXXまで。


驚きました 投稿者:大山  投稿日: 6月 3日(月)21時46分35秒

      久し振りにこのページを開いたら沢山の投稿にびっくり。傍観者ではつまらぬと、落書きをしたくなりました。
近々仕事で、佐賀に行きます。仕事よりも佐賀に行くと言う事で「ワクワク」しています。上手く行ったらみなさんに報告します。<<南十字星>>


(無題) 投稿者:大山投稿日: 6月 3日(月)21時50分58秒
      落書き帳;バックグラウンドミュージックも入るようになり、一層楽しくなりました。曲が月一回くらいの頻度で別の曲になるといいですネエ。勝手な事ばかり言ってすいません。


南十字星さんへ 投稿者:kazu.k  投稿日: 6月 4日(火)08時47分12秒
      ぜひ佐賀の情報を書いてください。待っています。

この落書き帳はまだ試運転の段階です。同人誌「斜光」第7号の発行と同時に
正式に認知してもらうために皆さんに公報したく、その時は画面ももう一層の
工夫と各要望もとりいれて一新する心算です。BGMも色々集めて違う曲を変
えるのもいいアイディアですね。是非採用したいと思います。

佐賀の同胞によろしく!


英語表現4 投稿者:田村道子  投稿日: 6月 6日(木)11時11分42秒
      今日は  moonlight という表現です。

何かロマンチックな情景を想像してしまいますが、なんのことはない、
本業を持つ人のアルバイトを言います。副業だから夜間の
仕事が多かったため、この表現が出来たようです。

part time という表現は full time ではない、というだけで、副業という意味はないので、
区別して使われます。例えば

I'm working as a part-time teacher but moonlighting as a bartender.

どっちが本業かは本人の意識でしょうけどね。今は夜昼問わず使うようです。

まだ4,5つはストックがあるけど、そろそろ探さなくちゃね。それも楽しみの内。
ではまた来週。


六月の旅 投稿者:井手元子  投稿日: 6月 7日(金)01時11分47秒
      東京から帰ってこのページを開いたら、まだ自分の名前とメールアドレスが残っていたのでびっくりしました。編集と削除のコーナーをあれこれクリックしてたけど解りませんので教えてください(Help!)よろしかったら管理者の方で削除お願いしますね。
笠間日動美術館の「木村忠太展」は魂の印象派と称されたその色彩と構成の素晴らしさに感激、まだ竹の皮のついた竹林や彫刻庭園と常設展など遥々行った甲斐ありました。その他
あと三展ほど楽しんで帰ってきました。


井出手さんへ-編集と削除の件 投稿者:kazu.k  投稿日: 6月 7日(金)09時42分51秒
      ご質問の意味がどのようなことなのかはっきり分かりませんが。一応考えられることを書いて
みます。もし「そぎやん意味じゃなかと」ということであれば、改めて質問して下さい。
そこで、e-mailとこの落書き帳のシステムが違いますので説明します。

e-mailは特定の相手にのみ送るもので、一度電送すればsaveしなければ消えて
しまいます。しかし落書き帳の方は掲示板みたいなもので、書き込んだ記事は自ら消すか、
管理者が削除するまで残っています。

そこで、井手さんが自らの意志で削除を望む場合の方法を次に示しますので試みてください。
当方としては消さないで!!と祈ります。

自分の文の編集及び削除方法
 1.この落書き帳の画面の一番下の欄にパスワード[    ]管理者メニューという文字が
   あります。
 2.パスワードは記入しないで、管理者メニューをクリックしてください。
 3.自分の投稿の削除・編集メニューの2番のなかの削除または編集欄をクリックして
   ください。
 4.原稿を削除・編集をして「この内容で修正する」をクリックして掲示板に戻ります。

以上投稿文の削除・編集の成功を祈ります。なるべく多くの人に近況や感想を見て貰いたい
ので再度お願いします・・・「消さないで」!!(^o^)


ありがとう! 投稿者:井手元子 投稿日: 6月 8日(土)00時32分48秒
      お答え頂いたこと全部やってましたの。文章を削除するつもりは毛頭ありませんが、一番上の投稿者の欄に、このページを開いた時いつも自分の名前が出るのが気になります。
よく解りませんが、それは自分のパソコンにのみ出るのか、空欄のはずの欄にある名前を削除したいのです。うまく説明出来なくて御免なさい。


  潮吹き貝 投稿者:忠SANN  投稿日: 6月 9日(日)20時23分18秒
      今日は北原さん主催の私にとって初めての潮干狩りに参加してきました。北島さんのお子さんにお世話になり、総勢9名で品川駅に集合し東京アクアラインを通って40分位の所にある木更津市久津間海岸に着きました。到着後、靴をサンダルに履き替えるとすぐに入園券と大漁の漁果を持ち帰る網を手に入れ、海岸に向かった。漁場に着くやいなや、熊の手を砂の中に入れると手ごたえがすごい、実際に多くの貝に当たっている、何だこんな感じだと10分もすれば制限重量の2kGになるなと調子よく網の中に収めていたら、まわりにいる人が、お兄さんそれはアサリでなく”潮吹き貝”だよと教えてくれた。食用にはなるが美味くないとのこと。それから苦戦がはじまり、延々3時間近くかけても2kGに達せず、最後は北原さんからゲットして制限重量になった。何せ潮吹き貝10~20個に対してアサリ1個という感じで、本日はBEGINNER'S”LUCK”なく”SO BAD”でした。帰途はアクアラインの”海ほたる”で一休みして無事、品川駅に辿りつきました。北原さん、北島さんありがとう。次回は生物部だった面目をかけてもう少し勉強してくっからね。来年は多くの方々が参加されんことを期待しています。


Good News です 投稿者:井手元子 投稿日: 6月11日(火)23時51分32秒
      九州からGood Newsお知らせします。来月久留米の石橋美術館で開催される「西日本美術展」で佐賀の「川本達也さん」が上位三席に次ぐ優秀賞を受賞されました。この公募展は九州では「青木繁公募展」に次ぐもので、大賞は200万円だからみんな狙うんですが・・新聞で見て「オメデトウ!コール」したらもう少し上を欲しかった・・・と。
次は大賞を取って欲しいですね。とにかくおめでとうございます!


(無題) 投稿者:kazu.k投稿日: 6月12日(水)08時49分14秒
      川本君の受賞、おめでとう。皆さん第一線を引いても益々の活躍関心します。
忠さん先日の「潮干狩り」の報告ごくろーさん。机仕事で何の運動もしていない小生には
中腰で半日もの貝掘りはさすが体に堪えました。階段の上がり下がりをまるでマリオネットのようにぎくしゃく動いています。

強風と日照りの強さに辟易しましたが、帰りの「海ほたる」での歓談は心地よかった。
これから時々はアウトドアーもいいなと思いました。
それほど専門的な山登りでなくてもよい、無理せずゆっくり楽しむ登山を指導・企画
      してくれる有志はいませんか?


英語表現5 投稿者:田村道子 投稿日: 6月13日(木)12時06分45秒
      さてまた一週間がたちました。お勉強の時間です。心待ちにして下さるとよいのですが。
今回は西部劇でいきましょう。   smoking gun  です。
たった今人を撃ったばかり、その発射口からはうっすらと煙がただよっています。これこそ動かぬ証拠。という訳で決定的は裏付けとか、証拠、という意味で使われます。
どうも女房の言動がおかしい、浮気をしているのではないか、思い当たることはそこそこあるが、smoking gun がない、、、という訳です。

ではまた来週。今週末はあじ、さば、運が良ければいさきを釣ってきます。フィッシーイレブンさん、よろしくね。

110

 

2002年5月後半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 2月 1日(土)18時33分36秒
 
■ 英文投稿有り、英語講座有り、潮干狩り案内/読書会案内有り。
  色とりどりの投稿です。




!! 投稿者:鳥星  投稿日: 5月15日(水)21時50分24秒
      責めを負う仕事ももなく
ただ時は過ぎゆく
これを浪人といふか

Ileaned one of techniques about drawing with pen in GW.
The colore is sepia and after drawing itis blotted with water.
An artist taught me this technique last month in Australia.
The artist lieves in Sydney and he has a picture gallary in the hotel.
The hotel's name is Sales in The Desert at Ayers Rock Resort.
And the artist's name is Robert Wilson. He is landscape painter.
He said "You can use a cup of coffee when you have no water colore paint."
Really,that is good idea!
                                 The end

(無題) 投稿者:田村道子  投稿日: 5月16日(木)15時45分20秒
      さて今週もここでさようならです。楽しく読みました。詩もよいですね。全部は覚えていないけど、例えば、こぶしの花をみると、”こぶしの花はてんじょうに”という三好達治の詩の一部が頭に浮かびます。
さて、定年になるまで待つこともないですね。教え魔の私は週一回、簡単な英語表現をお知らせしましょう。なんだ、もう知ってるよ、というレヴェルです。今日は
a piece of cake という表現。簡単だよ、まかせてという意味。映画などで聞いた方もいらっしゃるでしょう。じゃまた来週。


(無題) 投稿者:田村道子  投稿日: 5月21日(火)12時04分10秒
      潮干狩り情報です。やることになりそうです。

6月9日(日)場所は千葉のようです。詳細については北原さんから入り次第ここでお知らせします。参加希望の方はその日を空けておいてください。


帽子やサングラスを調えなくちゃ 投稿者:kazu.k  投稿日: 5月23日(木)15時05分38秒
      私の潮干狩り体験はいつだったか。たぶん小学生になったばかりの頃と思われる。

私の祖父の家業は海運業であった。その輸送船に乗ることを一番嫌っていた本家の伯父が、家業を止めてから随分経っていたにもかかわらず、それとも時間とともに急に懐かしくなったのか、遊ぶための一艘の船を持った。遊ぶには大き過ぎ、そうかといって荷を運ぶ営みを再び
始めるのでもなく、まさしく惣領の甚六を地で行くごとき道楽であった。

5月の大潮の日、酒や食い物をしつらえ一族郎党4,50人ほど乗せて塩田川を下り
有明海に出ていったのである。そして私の潮干狩りはこれが最初であり最後であった。

そのようなわけで、田村女史解説のbusyworkに奔走すると思しき私も50年
ぶりの潮干狩りに心が高鳴っている。


(無題) 投稿者:田村道子投稿日: 5月23日(木)11時13分30秒
      さて今週の英語表現は  busywork です。皆さんきっとbusyworkしていらっしゃるんでしょうね。いかにも働き者に見えるこの表現は、見える、というところだけ。みかけだけで実際は価値の低い時間つぶし的な仕事のことです。

では又来週。

この試みは反応があってもなくても、しばらくは続けましょう。


窓辺にて-あじさいの詩 投稿者:Tea Pot投稿日: 5月24日(金)11時28分39秒
      様子がおかしい、何かが変だ、窓越しの空気に漂う不快さ。
一瞬の逡巡、一瞬の沈黙
悲しむべきか、ビルの壁に勢いよく這い登っていたあの夏蔦が無惨にも刈り
取られていた。
もうすぐ梅雨。今まで通ったことのない路地を好んで歩く癖は、永い彷徨の結果
染みついた私の趣向であり、今日も真砂図書館までの未踏の路地裏を探した。
そこには蛇苺やあじさいの花がさく路地であった。そしてその時あじさいの花の詩を
思い出したがそれは記憶違いであった。それはあじさいそのもを詠った詩ではなかった。

 こころ

こころをばなににたとへん
こころはあぢさいの花
ももいろに咲く日はあれど
うすむらさきの思ひでばかりはせんなくて。

こころはまた夕闇の園生のふきあげ
音なき音のあゆむひびきに
こころはひとつによりて悲しめども
かなしめどもあるかいなしや
ああこのこころをばなににたとへん。

こころは二人の旅びと
されど道づれのたえて物言ふことなければ
わがこころはいつもかくさびしきなり。


      萩原朔太郎 「純情小曲集」より


お久し振り 投稿者:K.AKIZUKI投稿日: 5月25日(土)19時40分32秒
      小生は5月16日より22日まで、中学校の同窓会で帰佐しておりました。1週間飲みっぱなしで、かなり疲れました。又、その余韻を引きずった24日のGOLF(ふうけもん会)は、疲れと練習不足の為か小生のワースト記録となってしまいました。この間の楽しかった事やニュース的な事の報告は別の機会に考える事とします。
ところで、田村女史の英語教育は良いですね!恥ずかしながら?小生は二つとも知りませんでした。是非、週1回は継続してください。
又、斜光の原稿締切りが迫っていますが、暇な割には、遊んでばかりいた為に、未だ手を付けておりません。只今現在も、前述の「飲みすぎ」と昨日の「ゴルフ」の為、疲れが可也残っていますが何とか投稿しますので、よろしく!



>読書会への勧誘 投稿者:北 勲 投稿日: 5月28日(火)18時27分40秒
      南方熊楠は伝説の大読書家で、和漢の膨大な書籍の読破はおろか、次々にものし
ためぼしい外国語でも読み進め、明治大正のあの当時それはエチオピア語にも及ん
だそうです。
 立花隆も大の読書家です。学生時代に既に、世界文学の読破は自分の右に出る者
はなかろう、と豪語しています。彼は、学生を終えるころ不忍池近くの根津に住ん
でいました。アパートを訪れると、おびただしい書籍がミカン箱に入っています。
自分の例にならって「三分の一ぐらいは読んでる?」ときくと、「全部読んでるよ」
と不快げな答えが返ってきました。
 世の中は不思議がいっぱい詰まっています。宇宙論は現在多宇宙まで論じられて
います。相対性理論と量子力学は統一されようとしています。科学の知見は産業革
命以来といわれる未曾有の変革をもたらそうとしています。外国人から見た日本の
文化は、海の文化・木の文化と映るそうですが、我々はこれらについてどこまで知
っているでしょうか。逆に外国へ目を転ずると、我々が「イスラム」に関していか
に無知であるか、あの昨秋の同時多発テロ以来、明らかになりました。同人の一人
田村道子さんは、大学で教えている関係で、今ジェンダーに興味を持っています。
古賀和彦君は、河野多恵子はじめ黙々と純文学関係の本を読んでいます。世の中知
りたいことがいっぱいです。
 この度、我々同窓生の間で、「読書同好会」を持つ運びとなりました。同人の北島
浩之君は、種々雑多月々五六冊は読み上げている本好きです。古賀恵義君は、もっ
ぱら専門書読破の生涯であり、時間のできたこれからは一般書を読んでみたい、と
のことです。中島勝彦君も専門の鳥に厚味を持たせたいもののようで、意欲を見せ
ています。
 読書会の進め方はいろいろあって、この本を読もう、というよくあるしばり方も
一つですが、テーマしばりもその一つかな、ということで、今回第一回は上記「イ
スラム」でいこう、ということになりました。「イスラム」関係の本を、新書、文庫
など薄い物でもいいですから、一冊は読んで月に一回(または二月に一回)程度の
会に持ち寄り、これが面白かった、「イスラム」とはこういうことだって、と茶菓を
つまみながら(一杯やりながら)、わいわい述べあうことになると思います。テーマ
は誰が提案してもよく、面白そうだとそれが次のテーマになります。
 六十を過ぎるとやにわに「人生の秋」感、「人生の黄昏(たそがれ)感」が強くな
りました。いいじゃありませんか。秋から冬にかけ、また夕方から夜にかけ、時間
はたっぷりあります。読書会であなたも人生をさらに豊かにしてはいかがでしょうか。

(同人・北勲記す)


!! Wow! 投稿者:鳥星投稿日: 5月28日(火)20時09分53秒
      なんと書き込みが多いことか! これはおどろきだ!
さて busywork を早速つかったら、
Are you busy? Your work is hard maybe.
と答えが返ってきた。
斜光の原稿がまだだぁ-。
なのに・・・I'm going to leave for Provence next month.


潮干狩り情報 投稿者:田村道子投稿日: 5月29日(水)16時11分08秒
      企画担当の北原さんより以下のお手紙をいただきました。
車が出せる方はそのむねも含め、北原さん、または私(田村)まで御連絡下さい。

潮干狩りの御案内
平成14年6月9日(日)千葉県木更津子久津間海岸で行います。
干潮時間が午前10時頃なので前後各1時間(9時から11時)までは大丈夫です。
参加者の数と車の手配を確保したいので、ご連絡ください。
JRだと内房線の岩根駅です。東京駅からだと京葉線(快速)で蘇我駅まで行き、内房線に
乗換えて2時間弱かかります.

集合時間:  海岸に9時ごろ
持ち物 :  空のペットボトル1.5リットル
       熊手  サンダル  ビニール袋小5個程度  タオル
       昼食は持参、または海岸の食堂。
収穫候補:  あさり、まて貝、ハマグリ、青柳
便があまり良くないので、なるだけ車に便乗を計画しています。車を出せる方は
参加申し込みと同じにお申し出ください。
車の手配の関係で出来るだけ来週草々までに電話下さい。
北原さんの文を多少省略してお伝えしました。
連絡先は
北原 義久   三鷹市下連雀2-15-7
        ℡ 0422-48-5069  ファックスなし
(彼に連絡がつかない時のため)  田村道子  03-XXXX


英語表現その3 投稿者:田村道子投稿日: 5月30日(木)11時14分11秒
      tea pot さんの詩はとてもよいですね。朔太郎は昔から好きだったけれど、このごろは詩を読むこともなくなってしまった。でも立ち寄った本屋で詩のコーナーを探し、しばらく立ち読みをしてしまったのは久しぶり。
tea pot さんの影響でしょう。始めて読む吉行理恵にひかれたよ。

さて、今週の英語表現。 face-lift というのはいかが。
女性には特になじみの言葉かもしれませんね。
普通は顔の皺をのばすために皮膚を引っ張る手術のことを言いますが、それが転じて他の物の
改修、手直しに使うようになりました。
このホームページもそろそろフェイスリフトが必要だね、という具合。

では皆さん、また来週。反応がなくても続けるつもりが、早速反応があり、とても嬉しいです。

82

 

2002年5月前半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 1月24日(金)12時47分38秒
編集済
  ■台紙の色を変えたり、BGMを入れたり、カウンターを入れたり、新しい試みを次々とのしている様子が良く分かります。画像(写真や絵)を貼り付けてみたいと研究する方も現れました。 今はすっかり当たり前になっていることばかりですが、掲示板をいじる方。投稿を試す方、覗く方、皆さんのワクワク感が伝わってきます。
■「はじめまして」とまた新たな訪問者も。
■障害時をめぐる話や詩の紹介、近況報告、色々な話題へと広がり始めます。




少しづつ進化するホームページ!! 投稿者:kazu.k  投稿日: 5月 1日(水)16時50分32秒
このホームページの画面の変化に気付きましたか?

1.訪問客のカウンターを左上部に入れた。
2.有料掲示板にして、バナー広告のないすっきりした画面になった。(出会い系サイトに懐かしむ人には不満か?)
3.BGMが入った。(落書き帳意外の画面)。この画面にも写真及びBGMを挿入するよう研究中。
以上、皆さんの「こうすれば良くなる」というアイデアを歓迎します。


きのうよりも今日そして明日へ 投稿者:鳥星  投稿日: 5月 1日(水)20時27分47秒
という具合に良くなってきますね。
管理者のご苦労がわかります。
さて、この書き込みにイラストが添付できればいいなと常々思っていましたよ。
わたしも研究しましょう。


休閑 投稿者:忠SANN  投稿日: 5月 2日(木)10時32分08秒
10連休で毎日テニスにビール飲みにゴールデンウイークを楽しんでいます。今日は一休みで久しぶり、HPを覗きました。投稿者はそんな増えていないみたいですね。多分多くの人がこのHPを知っとらんのとちゃうのかな?? それとも、毎日会社でディスプレイとにらめっこして
自宅に帰ってまでも見るのは、もううんざりというのかな??(笑・・)
北原さん、潮干狩りのシーズンはもう終わったけえ?


忠さん、久しぶり 投稿者:田村道子  投稿日: 5月 2日(木)11時03分46秒
あなたの噂をしていたところでした。投稿者が増えていないという感想、もっともです。そう思うなら是非貢献して下さい。書いてね!!! 潮干狩りは北原さんが企画、6月9日でどうかと検討しています。実現出来そうだったら、即、ここで皆さんにお知らせし、募ります。だからまめに覗いてね。

10連休はすごい。皆そんなものかしら。私はもともと金、土は休みだし、月曜は授業がないので全く本業に影響なし。でも夏休み、冬休みのある身としては文句は言えません。

潮干狩りだけじゃなく、色んな企画もここで知らせるので、乗り遅れないでね。


はじめまして。 投稿者:辻佳子  投稿日: 5月 2日(木)21時29分26秒
いいお部屋ができましたね。これから時々覗かせていただきます。
担当のみなさん、ありがとうございます。


真張り付けtest中 投稿者:kazu.k  投稿日: 5月 3日(金)10時57分50秒
写真貼り着けのテストをしています。



出来た! 投稿者:鳥星  投稿日: 5月 4日(土)00時14分51秒
私のHP最新版が今出来た!
新作満載です。
覗いてくんしゃい。

kazu.kさんへ
貼りつけの件、有料ですって、わたしの加入HPでは・・・。
http://homepage3.nifty.com/KNakajiam-SHOWYOU/


ホームページのアドレス 投稿者:鳥星  投稿日: 5月 5日(日)19時13分49秒
アドレスが違っていました。
そそっかしいのはいつものこと!
あらためて記載します。
今度はひらけますよ。
http://homepage3.nifty.com/KNakajima-SHOWYOU/


帰省 投稿者:熊井 浩二  投稿日: 5月 6日(月)11時04分08秒
中学校の同窓会の案内に欠席のはがきを出したら、直ちに電話がかかってきました。今俺病院からなんだ。糖尿がひどくて同窓会に出れても今回が最後だと思う。わかった!わかった!飛行機が取れたら必ず帰るからと言って、九州に帰ってきました。同窓会の名簿を見て驚きました。
9クラスありましたが、全クラスとも5名強が無くなっていました。佐賀高校もそうですかね?
死の問題は 自分が思っている以上に近くにあるんだぞ!


落書き帳その4 投稿者:kazu.k  投稿日: 5月 6日(月)15時41分02秒
赤穂浪士、吉良邸に討ち入る

 ★少々(少将:吉良上野の介の官位)は吉良れたふりをする家来手作りの傷で恥の上ぬり

 ★今までは浅いたくみと思いしに深いたくみに切られ上野

 ★少将は吉良ずにもおけ去りながら首取りてこの上杉はなし

 ★吉良討ちてあさの帰りをたくみしは大石くらが重き分別

 ★大石が小桶〔高家〕に余る茎の押し元は上野今は香漬け


吉良上野介は忠臣蔵で敵役できわめて評判の悪い欲深く業腹な人とされたが、
事実はそうでなかったらしい。風流な茶人であると同時に、領地では名君として
知られている。領地は愛知県幡豆郡吉良町一帯。
刃傷の原因は文化に接していたやや片意地な老人と、礼式をわきまえぬ短気な
田舎大名の意見のくいちがいによる衝突とみられる。ともかく名君は浅野内匠頭
ではなく、むしろ吉良上野介の方であったらしい。  以上 落首辞典より


おしらせ 投稿者:kazu.k  投稿日: 5月 7日(火)09時33分27秒
第7号に竹内一郎氏と渋田正幸氏の投稿を確認しました。おおいに期待しましょう。

このホームページへ辻さん熊井君の登場、大歓迎します。


ちょっといい話 投稿者:仮面ライター  投稿日: 5月 7日(火)14時59分46秒
最近読んだ本のなかから、ちょっといい話を載せます。神奈川県小田原市のある中学校で起こった実際にあった話です。
《運動会を半月後にひかえ、2年1組の生徒たちは『大縄跳び』の練習に余念がなかった。大縄跳びとは、クラス36人全員が、二人の生徒が回す20メートルほどの大縄を跳び、連続して跳ぶ回数を競うものである。1組はこの競技の優勝候補だった
 ところが矢部ちゃんという生徒がどうしても大縄を跳べない。いろいろと練習するのだが、ダメなのである。矢部ちゃんは勉強も運動も他の生徒よりちょっと遅れている問題児で、そののんびりしたキャラクターが皆に好かれている生徒である。しかし彼が跳べない限り、『大縄跳び』で勝つことは不可能であった。
 一緒に跳ぶのが平等なのか、はずすのが思いやりなのか。担任の柏木先生は迷いながらも、矢部ちゃんをはずし、カウント役にした。本人も納得したかのように見えたのだが。運動会の前日のこと。ある女子生徒が『大縄とびで矢部ちゃんをはずして跳ぶのはいやなんです』クラス全員の意見を聞いた。36人中『勝てなくなるからいれない』が13人。『チームワークが大切だから一緒に』が11人。後半にだけ矢部ちゃんを入れる折衷案も出た。『この折衷案で落ち着くかな』と思った先生は採決した。ところがこれには23人が反対。『彼には全部出ないよりつらい』『みんながバラバラになっていくのはイヤ』さらに『跳びたくないのって彼に聞いたら、跳びたいって。だから入れたい』パチパチっと拍手が起きた。別の生徒が立つ『勝ち負けなんて』拍手が大きくなる。
『本音聞かせて。それでいいのか?』先生は涙声になっていた。全員がいっせいに手をあげた。
 本番では五クラス中のビリだった。それでも彼は初めて続けて跳べた。友達と手をつないで、次はひとりで、全部で71回も跳んだ。彼は後で作文に書いた。『とびはねるほどうれしいです。今日の僕は絶好調でした。』心配でみんなの足元ばかり見ていた先生が、ほかの生徒の作文で知ったことがある。『みんな、跳びながら泣いていました』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・》

とかく不登校だの学級崩壊だのと荒れる学校現場にもこんなに心の温まる実話があります。不穏でギスギスした世相のなかで、このような話を聞くと、今の子も捨てたもんじゃないと救いを感じさせるものです。
 上記の本はタイトル「みんなで跳んだ」、滝田よしひろの文で「みんなで跳んだ」編集委員会編の小学刊から発刊されてます。公立図書館にはあると思いますが。


熊井さん、仮面ライターさん、感動です 投稿者:田村道子  投稿日: 5月 7日(火)17時48分54秒
我が家のパソコンが気まぐれで家ではここが開けないので、職場に復帰したら楽しみに開いています。今日はこの2つの話、共通する感動がありますね。同級生思い。熊井さんも中学の同窓生でしょう。個人とは又違う集団の付き合いというか、同じ時、場所に行き合わせた者同士の思いが伝わってきます。
個人では味わえない物がある、一緒に何かをやる、そこまで行かなくてもただ一緒にいる、というだけでも
不思議な連帯感が伝わる。

私も昔母校で教育実習をした時、同じような光景を見ました。小児麻痺で片足が歪曲し、歩くのもやっとという
子が運動会でびりになりながら、最後は片足でけんけんをしながら、観衆の大声援を受けながら、ゴールにたどりつくのも。

足以外に異常はないので、普通校に入ったけれど、やはりいじめの対象になり、皆がびっこ、びっことあざけるから学校に行きたくない、とべそをかいて親に言った時、父親は彼にこう言ったそうです。

「おまえはびっこだ。そうだろう。びっこがびっこと言われるのは当たり前だ。」
ある意味では過酷に聞こえる父親の言葉に、彼はびっこの自分を肯定し受け入れ、あらゆることに積極的に取り組み始め、その前向きな姿勢はやがては級友に大きな影響を与え、クラスそのものが変って行ったそうです。
人は皆違っている、違いを認め合えばよいんだ、違いを恥じることはないんだ、それぞれが自分の出来ることで頑張ればよいんだ、という風に。誰が説教したわけでもなんでもなく。
そこに居合せた級友、先生、私は幸運だったと思う。
今でも、白く長い鉢巻を靡かせながら、駆けるというより飛び跳ねて通り過ぎて行った大柄な男の子の姿が目に浮かびます。どうしているかな。


あれ! 投稿者:鳥星  投稿日: 5月 8日(水)20時13分06秒
この斜光のトップページに曲があったんですね。
私はパソコンはノースピーカーで使っていたんで知らなかった。
それとも最近挿入しました?

・・・とこんなこと聞くのは俺だけ?


よけいなことかも? 投稿者:kazu.k  投稿日: 5月 9日(木)09時04分29秒
音楽を挿入したのは10日前ごろからです。また各ページにいれていますので一度まんべんなく開いてみてください。
ただ、人によってはBGMを挿入することはよけいなお世話かもしれません。「黄色の線までさがってください」とか「ドアーが閉まりますのでご注意ください」などと懇切ていねいに子供を諭すように五月蠅く放送する駅のホームの鬱陶しさに聞こえるかもしれないと考えます。
今はこのホームページの環境をいかに快適に整えるかという技術的な可能性を追求している最中ですのでご勘弁を。そのうちどれがよくてどれが余計な物かあらためて皆さんのご意見を伺うつもりです。

ご意見、ご感想はおおいに参考になりますので、研究途中でも大歓迎!!


今週はこれでさようなら 投稿者:田村道子  投稿日: 5月 9日(木)13時54分01秒
今日はこれから家に帰ります。
来週の月曜日まで覗けないのは残念ですが、きっと一杯入っているでしょう。
楽しみに、さようなら。



鋪忤殍潘ク 投稿者:熊井 浩二  投稿日: 5月 9日(木)16時00分56秒
仮面ライタ-さん、田村さんの投稿を読んで思い出しました。私が山形に居た頃 山形国体(べにばな国体)がありました。その後すぐに障害者の催しがありました。県ではボランティアを募っていましたので、応募しました。徒競走を見ていました。スタ-トしました。すぐに早いものと遅い者とは明瞭に落差ができました。ドンジリの子はもうはるかに後方に置いていかれました。当然重度の
障害者です。身を大きくよじらせ、苦悶の表情で走っています。他の者は皆ゴ-ルし、ひとり残されました。苦悶の表情は更に険しくなりました。それでも彼は頑張るんです。必死の形相で頑張るんです。私はドッと涙が溢れてきて、とうとう会場を逃げ出しました。



(無題) 投稿者:kazu.k  投稿日: 5月10日(金)17時40分52秒
音楽をどうぞ。URLをクリックしてください。
http://member.nifty.ne.jp/COLUMN/relax.mid  *( 2014.1現在 リンク不可)



窓辺にて-若きころ 投稿者:Tea Pot  投稿日: 5月15日(水)11時02分41秒
上京したての頃、あまり詩歌と縁のなさそうな風貌の
Tという友人がおしえてくれた詩を思い出して。

旅上

ふらんすへ行きたしと思えども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背広をきて
きままなる旅にでてみん。
汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもわむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。

地下鉄道(サブウエイ)にて

ひとり来りて地下鉄道(サブウエイ)の
青き歩廊(ホーム)をさまよいつ
君待ちかねて悲しめど
君が夢には無きものを
なに幻影(まぼろし)の後尾燈
空洞(うつろ)に暗きトンネルの
壁に映りて消え行けり。
壁に映りて過ぎ行けり。

   *「なに幻影の後尾燈」「なに幻影の恋人を」掛け詞    萩原朔太郎詩集より

71

 

2002年4月後半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 1月13日(月)14時14分21秒
編集済
  何電感電  流れ弾 ウイルス 色々なペンネームのの登場です。
それぞれ、選んだ人のそれなりの理由、遊び心があるのでしょう。

■[匿名(ペンネーム)書き込み]、[落書き]の心理分析、誰が書いたかを探る楽しみ、
 そんな投稿もありました。

■「壁の色が変わった」「朝から暇つぶしにずっと見ている」「PCの勉強になった」
どの投稿も、立ち上げすぐの独特の雰囲気です。好奇心に満ちあふれ、新鮮なものばかりです。





投稿者が増えない理由 投稿者:鳥星  投稿日: 4月15日(月)11時04分22秒 >
                  ひょっとすると
この表示されているデスプレイの上に表示のあるFreeBBSやCHAT!とのリンクを恐れて・・・
ではないのかな。


!! 投稿者:鳥星  投稿日: 4月15日(月)11時05分11秒  
      壁の色が変わりましたね!


匿名の楽しみ 投稿者:o-chan  投稿日: 4月15日(月)13時03分50秒 >
投稿者が増えない理由はまだアドレスがそれ程知られていないことと、book markにでも入れてすぐ立ちあがるようにしてないと面倒で開ける気にならない。またお気に入りに入れる作業も面倒でしょ。この長いアドレスを間違えないで一回で入れるのはこの年になると結構辛い。やっと開けられても、一本指で間違え間違えタイプするのも考えただけでもういい、と思ってしまう。鳥星さんみたいに一行でもよいのにね。とりあえずはお宅っぽい暇人(精神的な)が色んな事を書きあって楽しめばよいんじゃない?さあて今日はペンネーム論争の口火をきろうかな。あほな愛人さん、身元の追及はやめてくれ、とのことですが、全国からの投稿じゃないから、ある程度的は絞られてきます。とは言っても随分あちこちに宣伝したから、20人以上は候補者がいます。その中で一体誰か、これこそ匿名に関する楽しみの一つじゃありませんか。追求をはぐらかし、煙に巻き、偽りの手がかりを残し、あわよくば他の誰かに濡れ衣をきせ、追及者とおっかけっこをするのも匿名者の楽しみでしょう。何事も遊び心です。私も正体がすぐわかるペンネームを使っているのは、ここではある程度責任のとれることしか書かないからです。でも変身願望は誰にでもあるんじゃない?私も思いきり変身してそのうち登場します。
それから山菜の会の詳細は以下の通りです。

日時:4月20日(土)10:00から
場所:神奈川県大野山乳牛育成牧場周辺
集合時間、場所:10時 JR御殿場線「山北駅」
会費:2,000
持ち物:山菜入れ、小刀、鎌など。食べ物は用意あり、差し入れは歓迎
雨天延期
幹事:西村篤  電話:XXXX

参加希望者は西村さんに御一報下さい。



落書き帳のこと 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月15日(月)17時26分53秒
匿名の話題がおもしろそうなので一言
そもそも落書きとはなにか?
個人または不特定多数に何かを伝えるために直接ではなく間接的にそれとなく
表現するもの。
1.時の権力者に対する批判や、社会の風潮に対する風刺やあざけりの意をふくんだ匿名の文書。
  人目に触れやすい場所に落とし人に拾わせたり、相手の家の門壁などにはりつけたもの。
  平安時代からみられ、詩歌形式のものを落首(らくしゅ)という。
2.平安末期から中世にかけて、社寺の集会などで行われた無記名の投票。犯罪者を決める場合
  などに用いられた。      (マルチメヂア総合辞典)

以上落書きのいわれを見るに、-見つかれば斬首の覚悟をしながら-批判や風刺をふくむ匿名で書かれた文書ということであろうか。
しかしいまの自由な世の中、そこまで腹をくくる必要もなく、マスメディアの低俗さに腹がたったり、政治の茶番に憤ったり、若い者に無視されたりなどの怒りをぶつけ、世直しするのもよし、
今までかなわなかった夢の数々をこのページに記して自分だけの妄想の世界を創るのもまたよい。
匿名の中に見え隠れする二つの相反する望を感じるのは小生だけであろうか?
「隠れていたい、でも自分とわかって欲しい」
匿名、そうでないは兎も角、生きている自分自身の証をここに・・・。



(無題) 投稿者:何電感電  投稿日: 4月15日(月)20時02分41秒
みなさんの中で英会話に強い関心を持っている人、または現に習っている人、勉強しているひと、またはちかい将来やろうとしている人などさまざまだと思います。
わたしなど実際に必要があるわけでもないし、海外生活を計画してるわけではありませんが、むかしからの憧れがあったにもかかわらず、とうとう身をいれて勉強しないまま今日をむかえてしましました。わたしの家内も実はここ3~4年ほどですが、例の「駅前留学」ってとこに週に1~2度飽きもせずかよってまして、特別干渉もせずになすままに横目でみてました。そこで彼女の勉強の一端ですが、これが実におもしろく、みなさんにもお知らせして役に立つかもとおもいキーをたたくことにしました。
最近非常に身近になってきたDVDですが、彼女は映画の気に入った物を買ってきたり、ビデオ屋さんから借りてきては
 ●音声を英語にして、字幕を日本語にする(これは、普通の見方です)
 ●つぎに音声を日本語にして、字幕を英語にして見る。
 ●音声を英語にして、字幕を英語にしてみる。
など音と字幕を組み換えて、一つの映画をなんども繰り返して見ては、会話の補助教材としてます。色んなタイトルがありますが、一般てきに子供がストーリーのテーマになっているものは初級者むけで分かりやすいとのこと。たとえば「スタンバイミ-」とか「ギルバートブレイク」「ホームアローン」などですが、大人向きの映画のなかでも会話の分かりやすいものでは「ボディガード」「レオン」(是非おすすめします)「マトリックス」(映画としても最高!)懐かしいものからですとヘップバーンの「麗しのサブリナ」など、いろいろあります。さらに中級者むけ、上級者むけなどお勧めがありますが、関心のあるかたはお試しください。初級者むけにもっとタイトルを知りたい方はおっしゃれば、次回この場をかりてお知らせしましょう。
DVDをそろそろと御考えのかたに参考になれば、少しですがお知らせしておきます。
DVDプレーヤーは各社から幾つもの機種が、価格もピンからキリですが、とくにオーディオマニアでなければわざわざ高価なものでなくてもけっこうです。1万円台からあります。
再生するテレビ(モニター)の画面が大画面(36インチいじょう)であれば、一万円台はちょっと画質に不安(ソフトにもよりますが)になります。この場合なんんとか2万円だいのものすれば安心です。それ以上高価なものは画像や音質の再生の能力の違いによるもので、一般の家庭での使用にはその効果は現れにくいので必要ないでしょう。同じ価格帯で迷うようでしたらパイオニアにすれば、まづ間違いありません。先行開発メーカーでもあり、同価格帯であれば機能的にランクが一つうえのものになるのでお勧めできます。(パオニアの宣伝係ではありませんが、業界人の意見によるものです)
ついでにもっと自宅での楽しみを倍増したいかたはホームシアターの音響セットが大変安く発売されてます。重低音の迫力、音楽の繊細は弦の響きなど、その効果は想像いじょうです。ショップで体験してみてください。わたしはこういう便利なものが売ってなかったころからのファンなので相当な投資をして楽しんできました。さらに自宅でホームシアターをたのしみたいかたはボディソニックをおすすめします。これは安楽椅子に振動板、スピーカーが組み込まれていて音を体で感じ、音が後ろから駆け巡ります。戦争映画(最近のは凄いです。「プライベートライアン」「シンレッドライン」「パールハーバー」などはまさにおどろきです。むかしの映画ですが「地獄の黙示録」のヘリコプターの編隊の爆音、ワーグナーのテーマ音楽、機銃や炸裂する砲弾の音などは体中に振動と音でガンガンに効いてきます。
「プラトーン」もいいです。「未知との遭遇」でマザーシップが降りてくるシーンの振動は言葉ではいいあらわせません。わたしのは10年以上前のものですがショップでは8万円台で売ってました。これはほとんど昔のとあまり変りなく改良はされてません。少し大きめですのでそれなりの場所をとります。
というようなことで、すこしの投資でこれから時間の余裕のできたかたに勉強かたがた楽しめるDVDの世界について素人だまし程度ですが、まったく知識のない人のためにお知らせしてみました。タイトルについてもうすこし色んな事を知りたいかたはこの場を借りて問い合せください。では豊かで、いい日々をおすすごしください。



ホームシアターいいですね! 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月15日(月)23時23分32秒
何電感電さん久しぶり
小生も将来すばらしいホームシアターを創ることが夢で、秋葉原に時々ひやかしに行きます。
ダイナミックオーディオのスタジオの設備は数十万から数千万円もするセットが無料体験でき、一見の価値おおいにあると確信します。詳しい情報が欲しいかたはご連絡ください。(^_^)v



(無題) 投稿者:o-chan  投稿日: 4月16日(火)12時41分28秒
実は私もDVDを買いました。でも液晶の小さな持ち運びが出来るもの。音響、画面は期待できないけど、泊りがけの旅行先でカラオケが出来ます。英語のからおけ500曲というのも買いこみました。最近の曲は難しくて大変だけど、そのうち披露して皆をアッと言わせたい。アッと言って帰ってしまうかも。DVD20冊ほどあるのでトライしたい人にはお貸しします。

英語字幕はもともと盲人のためで最初から入っています。ただ、ヴィデオではdecorderがないとそれが画面に出てきません。DVDがなくてもそのdecorderをつければ大丈夫。これも一万ぐらいで買えるし、簡単に付けられます。学生用に使っているし、一度フランス語を始めた時にもよいと思いました。ただし、今はまたもとの木阿弥でフランス語はちんぷんかんぷんですが。英語は書けば大抵わかるけど、聞くのは至難の技。方言と同じで書いてもらえば大半はわかるけど、べらべらやられるととっかかりがつかめず、あれよあれよというまに終わる訳です。だから字幕が出るとなるほど、今聞こえた訳のわからぬ言語はこういうことだったのか、と納得が行き、次にはそれに似た響きの場合は多分こうだろうと推測が出来、それを文字で確認出来る。特に短い簡単な表現はあっという間に聞き取れるようになります。

私が退職してシルバー英会話教室をはじめるにはもう少し時間がかかります。それまではこのように自学して、高い授業料を倹約しましょう。ヒアリングはスピーキングに繋がるということを身をもって体験しているので、ぜひやって見て下さい。



!!! 投稿者:鳥星  投稿日: 4月16日(火)19時11分00秒 >

投稿者はその後増えませんねぇ。
でも、1回の投稿文字数がドンと増えた感じ・・・いや中身もね。

今日の午後はやや強い風。これがそのぉ薫風というのかいな。
若葉の白い葉裏の光り具合もいいですねぇ。
ソウ言えば「葉裏の天子」との異名の歌人がいましたねぇ。
えーとほらあの葉の裏の白いのが風でよく見えて綺麗だとか言う歌・・・思い出せない!
わが棲み家から見える加治丘陵はまさに、ほんとに「山笑う」です。

こんなに気持のいい季節にちょいとばかり南半球へ出かけます。

出かける前にK's homepageをNew Versionにしようと思っていましたが、時間がなくなってしまいました。
帰国後にやり変えます。
ご期待ください・・・・期待している人はいないかもねぇ。

きのう智光山(ちこうざん)公園にブラりでかけました。この時季平地林で見れるセンダイムシクイなる名の鳥を期待して。
この鳥の鳴き声を紹介しましょう。
なんとなんと「TYOTYOBII TYOTYOBII SYOUTYUU IPPAI GUII !」です。
おわかりいただけたでしょうか。
でも居ませんでした。
かわりにマヒワの200羽以上の大群に遭遇!
このマヒワは全体がしぶいオリ-ブ色であざやかな黄緑の頬がなんとも綺麗な鳥です。
見たことないひとにみせてあげたかったなぁ。

これで!が3っになりました
それではまた。
K's homepage Adress:念の為



何電感電さんへ 投稿者:鳥星  投稿日: 4月16日(火)20時00分54秒
            その正体は?
おおよそ見当つきましたよ!



漢字変換 投稿者:K.AKIZUKI  投稿日: 4月17日(水)19時24分44秒
小生のパソコンでの漢字変換不可の件、只今 修復しました。kazu.kさん心配かけてすみませんでした。息子に買ってやったPCが(息子は東京に別居中のため、現在、小生が使用していますが)ゲームソフト・音楽等色々インストールしている為、重いので「不要と思えるもの」を削除している時、間違って漢字辞書をDELETEしてしまった訳ですが、修復用CDをインストールする前に、BACK-UPを念のため取っていましたので時間がかかってしまいました。「羹に懲りて膾・・」
的になってしまいました。
結果的にはMICROSOFT IME97のCD-ROMよりセットアップしたら一発でOKとなりました。
kazu.kさんが貸してくれたCDは使用しないですみました。CDは次回お会いする時に お返しいたします。どうもすみませんでした。
でも今回は小生にとってPCの勉強になりました。



落書き帳その2 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月17日(水)22時07分36秒
「落書き帳のこと」の中でかいた落首の面白いものを紹介します。

  ★天野酒振りさけ見れば粕がある三盃も飲まはやがてつきなん

名高い安倍仲麿の歌「天の原ふり先見れば春日なる三笠の山に出し月かも」のパロディ
ある人が、酒を贈るのに、これは遠来の名酒であると、いろいろ自慢を並べて、そのくせ量は
小さな樽に少しばかりいれて持参させた。貰った人の返事に、この狂歌があった。品質一等の
天野酒にしては粕がある。それに盃三ばいも飲めば終わりだという皮肉である。

  ★犬は泣き民は悦ぶ丑の年長き返報に報は喰らわせん
  ★見渡せば犬も病気もなかりけり御徒士(おかち)小人(こひと)のひまの夕暮れ
  ★町方はいまぞ静かになりにけり犬馬の沙汰もあらじととぞ思ふ
  ★心なき身にもあわれは知られけり犬医者どもの秋の夕暮れ
  ★追腹を切るべきものはお犬様御恩の末の身の様を見て

この歌はいうまでもなく犬公方綱吉の悪報生類憐れみの令に対するもので、人民の
怨嗟のまとであった。綱吉死後六第将軍家宣が立つと、早速これを廃し、大いに歓迎
された。

                     以上 落首辞典より

k.akizukiさんが華やかに再登場。これからおおいに蘊蓄を傾けて
ください、期待します。 !(^^)!


(無題) 投稿者:ウイルス  投稿日: 4月18日(木)13時58分41秒
匿名だのなんだの、はっきりしない、自分の恥じをさらすにも陰に隠れる輩は、お天道様の光を浴びて、灰になれ。落書きなどと洒落てみせても、卑怯者のざれ歌よ。ざまーみろ。



(無題) 投稿者:o-cyan  投稿日: 4月19日(金)10時06分01秒
                                                                                  Date: Thu, 18 Apr 2002 20:49:23 EDT
From: Michitamu@aol.com
To: BXU00133@nifty.ne.jp
Subject: Re: RE:家ではどうしても落書き帳が開けない
我が家のパソコンがひねくれて、落書きをさせてくれないので、古賀さんにはメールで正体を明かしておきました。
以下が彼に昨日送ったメールです。

さて、私の送った強烈なメール、きっと腹を立てながら読んだ事でしょう。私がウイルスです。ふざけ半分、警告半分。誰でも何でも書けるというのは、斜光ももちろん、問題ありでしょう。まして、外部から自由に書き込めるからね。
そこらへん、どういう風に対処するか、来週話し合いましょう。まだ投稿者の数が限られているから、誰かを推測することもそれ程無理ではないけど、一旦斜光で発表したらそれは不可能。無責任に放任するのは考えものです。今でさえ、全く関係ない者が好き勝手に書く事も出来る訳でしょう?やっぱりパスワードは作った方がよい気がします。

思いきり嫌味に変身してみたけど、皆腹を立ててくれて、非難やら論争やらしてくれるとよいと思っています。
古賀さんには正体を明かしておきます。他に言う言わないは自由です。
と、ここまでが古賀さんあて。この後はやっぱり古賀さんあてにメールして落書き帳に貼付けてもらいます。皆のけんけんがくがくがある程度でてから、と思っていたけど、慌てたのは他の人が無実の罪をきせられそうになったからです。自由になんでもというのはそういうことも合わせて考えて行動するということですね。匿名はやはり重い。こんなひどいことでも本名で出せば、その責任は本人がおうからね。一つに匿名論争の続き、一つに管理の問題を提示したつもり。

でも盛り上がる前に皆頭に来るだけのようだから(古賀さんの感じだと)、大急ぎで名乗り出ます。ちょっと火遊びが過ぎて、皆様の神経を逆なでし、せっかくのホームページの盛り上がりをそぐようなことをしてしまったかと、反省しています。

いつものことなので、まあ仕方ないと思ってくださり、建設的な意見を出し合っていただければ、多少は役にたつでしょう。それでは来週また落書き帳でお会いします。



無題 投稿者:みなとみらい  投稿日: 4月21日(日)15時47分12秒
3週間振りに覗いてみたら、沢山の書きこみがあり驚きました。なかなか奥の深い意見、考えさせられる意見などいろいろあって面白い。中には長い文章があり、スクロールして読むのに苦労させられるものもあるようです。
今日の日曜日(4月21日)は、朝からずっと雨。暇つぶしに覗いてます。


楽しかった山菜採り。 投稿者:近藤 勝  投稿日: 4月22日(月)09時08分04秒
ゴールデンウイークも目前。なにかと計画も有ることでしょうが、そろそろ斜光の原稿が未だの方は計画の一端に入れておいてはいかがでしょう。
この場でも案内が出てましたが、西村篤君のお誘いの山菜採りと野草の勉強、食べて飲んで楽しむ集いに出かけてきました。今後のこともありますので、記憶の薄れないうちにお知らせ方々レポートしておきます。

当日は、強い日ざしもなく、さわやかな高原の風を受けて、なごやかに、たのしく、気持のいい一日をすごさせてもらいました。首都圏からほどよい距離にありながら実にすばらしい眺めを前にして、めいめいに米袋みたいなのとかビニール袋をさげ(かっこうよくするにはミレーの“落穂ひろい”もどきに、肩から大きめの袋をたすきがけにすれば格好いい)採った山菜を放り込んでいく。親切で野草のことを実に良く知っているリーダーがいて、同じようにしか見えない草でも、これはこの根のすぐ上からこういうふにもぎ取ればかんたんす。とかこのはっぱのすぐしたをちぎるようにとればいい、とか、美味しい時期がすこしすぎてますね、とか実にていねいに教えてくれました。
西村君の永年の仲間たちとの合同での開催で総勢19名の参加でした。
同級生は今思えばみんな斜光の投稿者ばかりでした。
同級生参加者は中溝芳子さん、野中桂子さん、田村道子さんと彼女の妹、北原君夫妻(婦人は佐賀出身)、熊井君、秋月君(別名サケズキ君)、私と愚妻、それと西村夫妻。
会費は男性2千円、女性千円。うちの奥さんは私の三倍は飲むので男性料金でといいましたら、近藤君があまり飲まないのでちょうどいいといって結局千円のままでした。
料理の道具立て、したく、段取りは実に立派で感心しました。食べきれない程の山菜のテンプラ、サラダ、具めし、おこわ(?)ごはん、うどん、果物、飲み切れないほどの酒類など、わたしの釣りのキャンプなどとはくらべものにならないくらいのリッチなものでした。ほとんどを西村君の好意によるもので、奥さんの理解と援助のたまものだと思いました。かれはこのような時のために奥さん孝行をしているとのことでした。彼自信ほとんど酒を飲
まず(飲めず、またはわたしと同じ位か、それ以下)仲間やわれわれをもてなすのに身をおしまず、気遣ってくれてまして実に感心したり、感激したり驚かされたりで、斜光の思わぬ収穫が嬉しくなりました。
彼の仲間の山菜採りの皆さんは、今が年のうちでもっとも恵まれた貴重な(短い)時期だけに、ほとんど毎週のように野山にでかけているそうです。
秋にはキノコとりを企画があるとのこと。みなさんも是非、同級生、御家族お誘いのうえ参加しませんか(私が勝手にお誘いするのは筋違いですね。お誘いがあった折には是非参加をお勧めします)。
べつの参加者からもレポートがあるかもしれませんが、とりあえずブリーフ・レポートをおとどけしておきます。
この場を明るく、楽しいものしたいものです。スカーっといけばと願って期待しております。おおくの人がここを覗いてみたくなるような、もっと楽しみにできるような場になれば
と願ってます。意外にも早いストーカーの出現かと驚き、あの凄みにはショックでしたよ。年寄りの心臓への影響が心配になりました。ここを覗くのにおそるおそるという日がつづきました。とりあえず、こんどいつ集まろうか。



匿名論争の終結? 投稿者:o-chan  投稿日: 4月22日(月)15時34分51秒
皆さん心優しい、穏やかで危うきに近寄らずという用心深い方々ばかり。論争などという恐ろしいものには加わりたくない、ということのようですね。どうも刺激が足りない、とか思う私のような者はあまりふさわしくないようです。お騒がせいたしました。しばらく退場いたします。今後の匿名について長い捨て台詞。例のローマ字の君が、今だからこそ匿名が誰かに思いを馳せる楽しみ(彼の憶測はほとんどはずれ、私のも一つはずれ、今もってわからず、くやしい!!!)はがあるけど、斜光上でオープンになり、大勢が匿名で投稿すると誰が誰やら、もう面白くもない、と言っていました。果たしてそんなに大勢投稿してくれるか、その中で匿名が何%か、解らないけどね。今週末ホームページの話し合いを和彦さんのところでやります。興味のある方は問い合わせて下さい、などと

久しぶりの雨に若葉が洗われ、柔らかい若緑をもっとつややかに見せてくれます。一番よい季節ですね。こんな時は外に出て、と思いますが、タイミングよく山菜取りがあったようで、参加なさった方々はさぞ自然を満喫なさったことでしょう。次回は是非行きたいものです。まだ動けるうちはなるだけ外へ、まあ、夕方以降自然の光がなくなってからは色とりどりの人工のもので我慢することにします。それでは今日はこれで。



斜光編集委員の皆さんへ 投稿者:近藤 勝  投稿日: 4月23日(火)16時22分30秒
斜光編集委員の皆さんあてに、お知らせとお願いのメールを送信しております。
見落としがあるといけないと思いこの掲示板を拝借したしました。
詳細は各自自分のメールを開いて確認ください。
まづはこの場を借りておしらせまで。
この掲示板をみて編集会議に顔をだしてみたいかたはおしらせください。
ご案内を差し上げます。



!?!!! 投稿者:鳥星  投稿日: 4月25日(木)00時23分45秒
1週間ぶりに開いたら(ラクガキチョウを)、なんとなんとまあ沢山の書き込み!
あらためてもう一度、明日にでも読み返します。



窓辺にて-遠い昔の話 投稿者:Tea Pot  投稿日: 4月25日(木)12時21分16秒
いつも側に一匹の犬と数匹の猫そして時には兎がいた
飼っているようで、そうでないようで
なんとも悠長な関係であった
猫や兎の名前はそのときどきで変わったが
犬の名は代々「ベル」であった
「ベル」が死んだり、行方不明になると
どこからともなく野良犬が住みつき
「ベル」という名を引き継いだ
不思議なことに彼らのほとんどが
雑種のおとなしい性格の赤犬であった
近所の子供にも親しまれ
友人の妹に私のことを「ベルのようにやさしかね-」と
形容詞として使われるほどであった
大人になった私は家をでていったので
「ベル」がその後何代続いたかは知らないままである



絵のある風景 投稿者:田村道子  投稿日: 4月25日(木)14時26分41秒
昨日確か佐賀出身の画家中島画伯の話をラジオでやっていました。出かける前でほとんど聞けなかったけど、彼の絵を評価する人は多いようですね。風の画家、と呼ばれているそうです。確か伊藤洋子さんも彼の画風を誉めていましたよね。ところが私はどうもその画風がいやなんですね。あの角度、メルヘン調に反発がある訳ではないけど、だめですね。岩崎ちひろも子供を画材にして独特の雰囲気をだしていたけど、次元が違う。中島画伯には天真爛漫よりも媚びを感じてしまう。ちひろは置いても邪魔にならないし、心が和むこともあるけど、彼の絵はとたんに反発が優先してしまう。そしてそんな私はどこかおかしいかしら、と思ってしまう。ひねくれものなのか、単に絵をみる目がないだけなのか。何か自分でも覚えていないトラウマがあるのか。とにかく彼の絵はあまり見たくない。そう感じる人は他にいないのか、やっぱり私はおかしいのか、孤独なのか、ちょっと心配だけど、思いきって告白することにしました。反応を期待しています。


絵のある風景について 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月26日(金)15時42分48秒
田村さんの絵のある風景、興味深く読みました。神田の三省堂に行ったついでに中島画伯の絵を探しましたが見つからず、そうだとも、違うとも批評のしようがありません。たぶん唐子のような姿の童子を描いた作品ではなかったかと思いますが、あまり真剣に鑑賞したこともなく印象に残っていないのでその人の絵についての感想はよしておきます。

ただ作者や作品の好き嫌いは私にも大いにあります。まず日本画は余りにも様式化、パターン化していて、色彩や形は洗練されているがおもしろくありません。歴史的に見てたぶん装飾として発達してきた部分が強すぎるから、洋画の個性的な感性を押し出し作品とはまるでちがいます。私の好みから言うと、東郷清児や橋本明治やその他の日本画の美人は金太郎飴のようにどこから切っても同じで、様式の中に押し込められていて、生き生きした印象を与えないのが気に入らない理由です。一度修得して名声をえた手法に満足して新しい境地を開かない、様式に閉じこもった安易な世界がみられます。そのようなものに安心立命を感じる人も多いでしょうが、私にとっては息苦しく、もっと自由闊達、躍動感が欲しいと感じます。

漫画の世界に「下手上手」(へたうま)という言葉があり、あまりにも綺麗すぎる絵はだめで、一見稚拙な個性的な絵が良いとされているそうです。「美の中に醜を、醜の中に美」を見る私もまた捻ているの、変わっているのか、思い切って告白します。



早速の返事ありがとう 投稿者:田村道子  投稿日: 4月30日(火)15時54分32秒
私が思ったほどには知られていないようですね。カレンダーでよくみますが。まあ、装飾画家なんでしょう、とやかく言うほどのことはないのかもしれません。

古賀さんも動きに惹かれるようですね。私も今は静かな心なごむ絵、音楽にはあまり反応しません。
そうでない時もあったので、やっぱりその時の自分の心の動きなのでしょうね。ある時期には嬉しかったり淋しかったりだと、静を求め、その中で反芻する、という風だった気がします。
今は動きのあるもの、身体が自然に動くようなリズム感のあるものや、躍動感のある風景、例えば激しい流れや滝、険しい山肌、などに惹かれます。若さへの最後のあがきかも知れません。
でもそんな自分の変化を面白がっています。自分の中にプラスマイナス様々なものがあり、それが組み合わさってたまたま今の自分かな。これからも変り続けられるといいなと思います。
話が終わった感じで面白くないですね。そう、変化を話題に誰か投稿しませんか?

'14.1.13/ 36

 

2002年4月前半

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2014年 1月 9日(木)21時14分32秒
編集済
  kazu.k 氏、鳥星氏に加え、四月一日には、踊りと歌と「斜光」の近藤氏の初登場です。




新入生(珍入生?) 投稿者:近藤勝  投稿日: 4月 1日(月)11時48分05秒
今日から4月ですね。荒天まじりの花見はいかがでしたか。
今日から私も新入生として仲間にいれてください。
このH.P.がこのままで過ぎてしまわないように頑張りましょう。
それにしても古賀君、よく頑張りましたね。なにかにつけてのスターターはいつも君なのかな。あとは皆の努力、協力、応援で有意義で楽しい情報の集積場として賑あうようにしましょう。
先週ですが「斜光7号」のアーティスト岡留裕子さん(旧姓海田酸/3年組、福岡市近郊在住)から作品、写真などが送られてきました。またあたらしい顔の表紙が楽しみですね。
そろそろ皆さんの作品もまとまってきてるでしょうね。いまのところ西村篤くんからの投稿が一番のりとなってます。花見がおわったところでそろそろ本気になろうかなとおもってます。投稿者の名前は本名でないほうがいいのですか。おもしろくするためになにか考えたほうがいいのかな。


鳥星氏のHPはなかなかのもの 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月 1日(月)12時55分57秒
鳥星氏のHPはなかなかの物で、この斜光のHPから立派に翔立ちしました。
これから彼の世界を覗くのが楽しみです。
みなさんも一度開けて見ることを進めます。

小生に送ってくれた最近のメールの鳥星氏のHPのアドレスが間違っていました。
         http://homepage3.nifty.com/KNakaji,a-SHOWYOU/に
なっていましたのでお知らせします。


(無題) 投稿者:o-chan  投稿日: 4月 2日(火)17時13分02秒
久しぶりに投稿、といっても二回目。何せ忙しい。春休みというのに今日(月曜)から金曜まで学校。昨日は団交でした。今日は何もないけど行ったり来りは大変なので明日の会議のために泊まっています。時間があるので開いて見ました。こんな風はなかびがあると、部屋の掃除、昨年度の書類の処分、気にはなっていてもいつも忘れるこうしたメールの連絡が出来ます。私的にも娘のルームメートの一人(三人で住んでいる)が犯罪者だということがわかってパニック。今警察沙汰で恐れおののいているけど、今日で三日目、最初はすぐいかなきゃと思ったほどでした。娘のカードの番号を書きとめ、使い、電話も使い、勝手に出入りしていたようで、証拠も集め、警察に行き、逮捕されたようです。それでもまだ家にいるので、どうしようと怖がり、結局早く新しいところを見つけ、こっちが出て行くことになりました。まあ、色んなことがありますね。
まだ入ってから半年もたっていないアメリカ人で、中年の男。二人とも若い娘だから何をされるか、それが心配で大きな鍵をつけ、裏口から出入りしているようです。
それはそうと、江島さん主催の花見に行って来ました。妹夫婦を連れて結構楽しみましたよ。秋月さん、久美さん夫婦と私たちで15年ぐらい続いていて、私も誘われたことはあるけど、いったのは始めてでした。港南台から大部はいったところの高台で、桜もまだまだあり、とてもきれいでしたよ。山桜が多かったようです。妹たちも楽しんでいたようです。ほとんと英語はしゃべれたので、問題なかったようです。帰りはからおけで久美さんの旦那が得意ののどを披露し、8時ごろ帰りました。うぐいすが大部上手に鳴いていました。ここの寮にも我が家の桜にも来て鳴いています。3月末には付属の同窓会で20人ほど集まり、いつのまにか来年の幹事を江島さんと野中(忠)さんとすることになっていました。そうそう忠さんもきっとここに書きこんでくれるでしょう。UCRを教えることになっています。今やります。佳子さんにも教えとくね。そうそう、その同窓会で北原さんから潮干狩りを企画したら人が集まるかと聞かれたので、大丈夫、私が集めるから企画して、と頼んでおきました。だから、少なくともここの4人には知らせたので、そのつもりでいてね。詳細がわかればまたここで披露します。西村さんの山歩きも次が4月20日(土曜)です。それも知らせましょう。最新情報とかお知らせにいれるとよいでしょう。じゃ、またね。


雑感 投稿者:Old-Par  投稿日: 4月 3日(水)22時21分29秒
「斜光」ホームーページの完成のお知らせありがとうございます。こんな立派なホームページができて・・・。佐賀高11回生のパワー大したものですネエ。これでまたひとつホームページを見る楽しみが増えました。このホームページを立ち上げられた関係者に感謝!感謝!
このホームページを見て、この5月末締め切りの「原稿作成の未着手」を思い出してしまいました。<まだ、題名が決まらないので・・・>これから頑張らねばと・・・。


my homepage 投稿者:鳥星  投稿日: 4月 4日(木)21時53分17秒
なんとか立ち上げたHP。
その後NewEditionを作成中!
ところが・・・なかなか思い通りに進まず苦戦中。
ご覧になった方、ご感想などお聞かせ下さい。
http://homepage3.nifty.com/KNakajima-SHOWYOU/
http://homepage3.nifty.com/KNakajima-SHOWYOU/


RAKUGAKI-TRY 投稿者:K.AKIZUKI  投稿日: 4月 5日(金)15時36分43秒
RAKUGAKI-CHOU NARUMONO HAJIMETE TUKAIMASU.  JITUWA,WATAKUSINO PASOCON HA 'KANJI-
HENKAN'GA DEKIMASEN. PASOCON GA OMOINODE FUYOU TO OMOERUMONO WO SAKUJYO SITEITATO
KI MACHIGATTE 'KANJI-JISHO'WO DELETE SITESIMAIMASITA. OS(WINDOWS95) WO RE-INSTALL
YOTEIDESUGA BACK-UP WO TORUNOGA TAIHEN DESU. DAREKA HELP SITEKURERU HITO IMASENKA? KYOUWA MUKASINO TELEX TO OMOTTE MITEKUDASAI. DEWA MATA!


無題 投稿者:野中洋次  投稿日: 4月 5日(金)21時25分41秒
還暦を過ぎて、皆さん時間の余裕ができたみたいですね。とはいうものの自分もそうでした。
紙の時代は過ぎつつあることは現実であり、会社社会等では、いまやDISPLAY上でしか情報を得ることも交換することもできなくなっていることを皆さん痛感されていることと思います。今はやりのISO14000では、紙はエネルギーを消費し、この美しい地球環境を破壊する原因物質です。あまり電気をつかってキーボード入力していると、これもエネルギーを必要だったわ・
まあ、とにかくHomePage開設おめでとうございます。田村の道っちゃんに先日の中学同窓会で開設のことを聞きましたので、まずはごあいさつまで・・・


四月になったらとたんに・・・ 投稿者:鳥星  投稿日: 4月 6日(土)19時16分21秒
・・・とたんに落書き帳が賑やかになりましたね。
四月から暇になった人が増えたからかな?
しかし、先ずは目出度し、ですね。kazu.kさん!
これから開くのが楽しみです。


花の命は短くて 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月 7日(日)12時48分11秒
4月7日、目当てのしだれ桜は見頃であろうと小石川後楽園まで散歩に行った。しかし管理人によれば3月25日あたりが満開であったとか、花の盛りをすぎた我が身を思う心境でありました。
鳥星さん、O-cyan、Old-Parさん、K.Akizukiさん、何電感電さん
野中洋次さん、新入生(珍入生)さん今後ともよろしく。
投稿者が増えることは嬉しいことで、金も友も多々益々弁ずであります。


はな・樹木 投稿者:鳥星  投稿日: 4月 8日(月)09時44分19秒
さてと、今日は月曜日。
またHPの新バージョン作成に挑戦するか、それとも庭の草取りでもするか。
我が家の庭で今咲いている花は
ニオイスミレ、ジゴクノカマノフタ、ムスカリ、サクラソウ、シュンラン、コデマリ、アメリカハナミズキ、チュウリップ、サツキ(クルメツツジ)、ヤブツバキ、シバザクラ、ジュリアン、それにミヤコワスレ。
新葉がきれいな樹木はヤマモミジ、エゴノキ、シデコブシ、シラカシ、アカシデ(ソロ)、小さい新葉がではじめたキミノウメモドキ、リョウブ、ヤマボウシ、シャラ、ヒメシャラなど。

夏鳥が来ているというのに、キーボードをたたいてなんかおれないな!
これから(時間が案が遅いが)でかけようっと。


(無題) 投稿者:o-chan  投稿日: 4月 8日(月)18時19分42秒
今日も組合で明け暮れています。この年でこんな面白い場面に出会えて運がよい、と思うことにしています。でも外はさんさんと日が注ぎ、あまり中にいたくないですね。20日に山歩きの会が楽しみ。鳥星さんも早く鳥見を企画してね。それにしても彼の庭には実のなる木なあまりない。今度植えてみない?
また書くね。


FEPのインストールは? 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月 8日(月)21時51分48秒
K.AKIZUKI君
FEP(atok)のインストールはうまく行きましたか?
投稿がないところをみると未だ日本語入力のできない状態で四苦八苦しているのでは
ないかい?早く修復して戻ってきてください。     以上


New Homepage 投稿者:鳥星  投稿日: 4月 9日(火)00時08分57秒
やっとこさ改定版ができました。
なにせ画像の取り込みが面倒でした。
注意深く作品を選んでいませんのでいまいちです。
英語のキャプションは自信がありません。どなたかご指摘いただければ幸いです。
http://homepage3.nifty.com/KNakajima-SHOWYOU/


(無題) 投稿者:o-chan  投稿日: 4月10日(水)16時46分45秒
にぎわってきてほんとによかった。私も開けるのが楽しみ。ただ、誰だかわからない匿名の方々、私の送ったアドレスの宛先と人柄から推測する余地が、まだ今のところはあるね。もっとこの存在が広く知られれば無理だけど。彼かな、、、???それとも彼女が遊び心で?さあて、無実の罪を着せられたくない人は名乗りでましょう。テロの時みたいに別人が名乗り出たりして。私もそのうちペンネームで登場します。じゃまた。


この世も捨てたものじゃない? 投稿者:仮面ライター  投稿日: 4月10日(水)15時47分52秒
初めて参加します。面白い落書き読んでたら、私もちょっと書いてみたくなりました。それは昨夜、久しぶりに感動的なドキュメンタリー映画を見たこと。「人らしく生きよう」というタイトルで、1987年国鉄の分割民営化の時、解雇、差別にあった人たちの15年にわたっての家族ぐるみの職場復帰への15年の苦闘の記録です。行商・アルバイトをし、生きるための最低の生活を強いられながら、敗北につぐ敗北、労組幹部のうらぎり、それでもプライドを捨てずに生きようとする彼らの姿は、このギスギスする現代日本社会にあって、ひとすじの光を放つ感じでした。とにかく「人間らしく」という少々、古典的な言葉が、素直に真摯にストレートに感情移入できる映画でした。
ところでO-Chan,20日の山登りのプランの内容教えてください。


追加 投稿者:o-chan  投稿日: 4月10日(水)16時51分41秒
山登りの情報、今週末やっと家に帰れるので、必ずここに書きます。それまで待ってね。それから来てね。何しろ登りのほうより収穫が主な企画です。山菜のてんぷらでおおいに春を楽しむというのが魅力。何も収穫がなくても多分ショボクレテ帰るというこはないよ。


新しい論客登場!! 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月10日(水)22時51分02秒
歓迎!!
新しい投稿者、あわや落花狼藉の隠微な世界に通じているらしい”痴人の愛”人さんようこそ
シリアスな話題に強そうな「仮面ライター」さん、今後ともよろしく。

話はかわって、おしらせ・・・
自分の投稿原稿を修正・削除する場合はこの画面の一番下の「管理者」の欄をクリックしてください。そのまえのパスワードは入力しないで。そうすると自分の原稿の編集・削除が出来る画面になります。
推敲を重ねて編集・修正しなおして名文にするのもよし、都合の悪い情報を削除するもよし、
そんな訳で、恐れず、気楽に投稿しましょう。


(無題) 投稿者:“痴人の愛”人  投稿日: 4月11日(木)08時40分01秒
物心がついたあの頃から、思えばひたすら愛し続け、そして今も、情熱の衰えることもなく、ためらうこともなく、すなおに、純粋に、愛を求め、恋の喜びに心を焦がし、人に知らさず、知れることもないようにそっと育ててきました。
そんな私が思いきって自分心の開放と思いを分かち合える人、場がここに求められれば、私は救われます。本当にこの場がこういった者にたいしても受け入れられるのでしょうか。
お願いですが、私のことをあまり詮索しなようにねがいます。そのときは私はここにいることができなくなるときです。
すこし疲れた私、やすらぎと開放をもとめる自分、共通の会話のできる人と場、今必要なのはこういうところだったのです。
許されるなら時折、ここにお邪魔させてください。家人の手前、あまりパソコンの前でこそこそ出来ません。家人に対して、この場の秘匿性をどうやって確保すべきかが問題です。知恵を貸して下さい。そっと送信します。


え-っと、それで何人? 投稿者:鳥星  投稿日: 4月11日(木)08時58分54秒
kazu.k、鳥星、o-chan、近藤勝、Old-Par、K.AKIZUKI、仮面ライダー、野中洋次、”痴人の愛”人・・・9人?
もうひとり何電感電氏を入れて合計10人?


これからHPを開くのが楽しみ! 投稿者:鳥星  投稿日: 4月11日(木)09時07分15秒
だんだん乗ってきたましたね。
痴人の愛人氏もなかなかですなぁ。


HP New version 投稿者:鳥星  投稿日: 4月12日(金)16時19分16秒
今, HP 3rd Version ができあがりました。


鳥星さん 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月13日(土)08時46分07秒
New VersionのHP見ました。
ちょっと画像が重いような気がします。もう少し解像度をおとして軽くしたもの創り
比較してみて、大差なければ一考の余地ありと思いますが如何?


kazu.kさん 投稿者:鳥星  投稿日: 4月13日(土)09時10分20秒
ありがとう。
画像撮り込み法でメール添付用を使っています。
コントロール方法がわからない。勉強します。


あれ投稿文が消えた 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月13日(土)09時43分31秒
”痴人の愛”人さん
第1回めの投稿文を消去したのですか?どこにも見あたりません。
投稿文の修正・削除の方法を教えるのではなかったと悔やんで
います。


窓辺にて-その1 投稿者:Tea Pot  投稿日: 4月13日(土)09時37分01秒
一気に初夏の季節になったかのように
半袖で花見した3月末の陽気も
しまい込んだセーターを再び探す今日の寒さは
裏切られたような気持ちで
それならそうと花の季節をいっそのこと少し遅らせて欲しかった
頭の隅でどこそこの垂れ桜はいつ頃、牡丹はいつ頃の算段はあるものの
あれやこれやでついつい見逃すこのごろ
しかし窓の外、公園を隔てたビルディングの壁には
もう枯れて死んでしまったかと見えた夏蔦が
薄緑の芽を吹き出し日を追うほどに勢いを増す

今日から tea time(やすらぎのひととき)に
窓辺から望む情景や心に浮かぶ思いの数々をスケッチし
-願わくば毎日-シリーズとして書き留めたいと思う


みてみてhomepage 投稿者:鳥星  投稿日: 4月13日(土)20時06分23秒
頻繁に改装作業をやっていましたので「No found」の表示がでていたかも。
4月13日20時現在完了しました。
みてみてほーむぺーじ。
開けなかったら、最後のSHOWYOU/の後にindex.htmlをつけてみてください。
http://http://homepage3.nifty.com/KNakajima-SHOWYOU/


鳥星さん 投稿者:kazu.k  投稿日: 4月14日(日)09時52分12秒
HP出ません。index.htmlを加えてもだめです。
理由がわかりました。HPのaddressにhttp://がダブっています。
正式には http://homepage3.nifty.com/KNakajima-SHOWYOU/ ですね。


窓辺にて-その2 投稿者:Tea Pot  投稿日: 4月14日(日)10時41分59秒
いい本にいきあたるのは至難のわざ
年間数100万部出版されるものの中
昼下がりのひととき静かに
まず、帯の文字を読み
ゆっくり急がず扉を開く
読み終えるまで三日
反芻すること数日
もう手当たりしだいに読む時間は
私にはゆるされていない
願わくばひとときでも
至福の時をあたえる本にであいたい


みてみてhomepageのアドレス 投稿者:鳥星  投稿日: 4月14日(日)13時34分34秒
アドレス違っていました。
http://がだぶっていました!
こんどのが正しいです。
kazu.kさん、ありがとう。

開けなかった方、もう一度試してください!
http://homepage3.nifty.com/KNakajima-SHOWYOU/


! 投稿者:鳥星  投稿日: 4月14日(日)19時59分55秒
窓辺にて・・・のシリーズにはサブタイトルが欲しい・・・と思いました。

窓辺にて―その2:例えば「読書」
窓辺にて―その1:例えば「花冷えのころ」など。
いかがでしょうか。


鳥星さんありがとう 投稿者:Tea Pot  投稿日: 4月14日(日)23時52分37秒
サブタイトルはなかなかいいアイディアですね
さっそく採用させていただきます。

23

 

2002年3月 出発進行

 投稿者:資料管理請負人  投稿日:2013年12月29日(日)17時03分10秒
編集済
 



今から12年前、2002の3月に産声をあげた掲示板です。
出発の月、初めはおそるおそるの製作した人と今も「万華鏡」(名前を変えて出発)に色々な絵を掲載している鳥星氏だけの書き込みです。
このお二人の頑張りが実って、次の4月から驚くほどたくさんの人が書き込みをし始めました。

新しい落書き帳について 投稿者:kazu.k  投稿日: 3月 5日(火)13時29分35秒
新しい落書き帳をつくりました。みなさんのユーモアある落書きを期待しています。
さらにそれに対する感想・意見の交換で楽しみましょう。


(無題) 投稿者:kazu.k  投稿日: 3月13日(水)13時53分03秒
こんにちは
ご機嫌いかがですか


(無題) 投稿者:kazu.k  投稿日: 3月13日(水)13時54分04秒
今日は中島さんが見えました。

(無題) 投稿者:kazu.k  投稿日: 3月13日(水)14時15分32秒
みなさんの投稿を期待します。

落書き帳 投稿者:鳥星  投稿日: 3月15日(金)21時48分40秒
スタイル、新しくなっていました。
以前のHPアドレスをお気に入りに登録していて、これを開くと、以前のスタイルのまま。
あらためてHPアドレスを呼び出して開くと、この新しいスタイルで入力できました。
この方が入力した文字が広範囲に見れてやりやすい!


(無題) 投稿者:kazu.k  投稿日: 3月16日(土)13時56分06秒
LOTO6の6個の数字を自動発生するソフトを試作しました。
EXCELの乱数を発生する関数を使い1から43までの数字を
6個AからE欄までの枠に発生させるものです。
サイコロや鉛筆よりは早いし、簡単ですよ。
興味ある人は申し出ください。当たる確率は
熟慮しても、そうでなくても同じだそうです。

    老後を宝くじに託した人生を選んでしまったコーロギより

はなぐもり 投稿者:鳥星  投稿日: 3月17日(日)19時53分47秒
終日外出せず。
独居、端居。
花曇、庭のしでこぶし満開。

いい本を紹介します。
「BIG FAT CAT」向山淳子。幻冬舎。
今書店で山積み中、4/17朝日新聞の書籍欄でも紹介あり。


図書館に行きました 投稿者:kazu.k  投稿日: 3月18日(月)09時18分06秒
昨日の日曜日湯島図書館にいきました。
その前に真砂図書館から電話で借りていた石川淳・開高 健・富岡多恵子の本の返却を迫られました。10間の期限オーバーです。
そのついでにK氏から推薦された「エレガントな宇宙」 B・グリーン及び「コンタクト」 田口ランディを予約し、三好達治・金子光晴・草野心平の日本詩人全集を借りてきました。
鳥見氏の紹介された「BIG FAT CAT」も早速探してみましょう。


アカツクシガモ 投稿者:鳥星  投稿日: 3月20日(水)20時47分04秒
上野の不忍池にアカツクシガモ(Female-type)1羽飛来。
モンゴルの鳥。鉄さび色。翼鏡は緑。
1982年千葉幕張で12羽観察して以来のもので感激!
英名:Ruddy Shelduck


Big Fat Cat 投稿者:鳥星  投稿日: 3月20日(水)20時52分27秒
世界一簡単な英語の本。
これを読めば、英語はこわくない。
英語コンプレックスのひとにお薦めの1冊です。
今、本屋さんで山積み中。
大きな太った猫のイラストだからすぐに見つかります。

やっと開けた 投稿者:o-chan  投稿日: 3月25日(月)16時12分14秒
あまりここもにぎわっていないね。あちこち宣伝しなくちゃ。
これからちょこちょこ書きます。今日は学校、あれこれあるけど、やっぱり春休み、気分が違います。ちょっとのんびりかな。またゆっくり書くね。今からまた団交の打ち合せ。

早すぎる桜開花 投稿者:kazu.k  投稿日: 3月22日(金)08時54分48秒
鳥星氏の報告を聞き、昨日21日秋葉原にノートパソコンを売りに行ったついでに
上野不忍池まで花見と鳥見に行くつもりでした。しかし上野広小路まで歩いてき
ましたが、公園までの人の波に恐れをなしそのまま家に帰りました。そうゆう訳で
珍しいアカツクシガモを見る機会を逸しました・・・残念。

3人目登場 投稿者:kazu.k  投稿日: 3月25日(月)18時56分45秒
やっと3人目の論客登場。これからが本番、毎日この帳面を開けるのが楽しみになるよう
どんどん書いて下され。

ほーむぺぇじナルモノ 投稿者:鳥星  投稿日: 3月28日(木)08時32分26秒
やっとかっとHomepageば開いたっとよ。
あっちゃこっちゃ不揃いばってん、そいで
誤字があっけんば、よかろうもん。
だんだんよくしてゆくけんね。
よろしくおねがいします。

http://

 

レンタル掲示板
/1